読書日誌

Home

既レビュー 索引
2002年 08-10月 11-12月 
2003年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2004年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2005年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2006年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2007年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2008年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2009年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2010年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2011年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2012年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2013年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2014年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2015年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2016年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2017年 01-03月 04-06月 07-09月 10-12月
2018年 01-03月 04-06月
書籍 コミック 著者
ア行 ア行 ア行
カ行 カ行 カ行
サ行 サ行 サ行
タ行 タ行 タ行
ナ行 ナ行 ナ行
ハ行 ハ行 ハ行
マ行 マ行 マ行
ヤ行 ヤ行 ヤ行
ラ行 ラ行 ラ行
ワ行 ワ行 ワ行

Amazon.co.jp 和書トップ100


↑↑ コミックセットはこちら ↑↑

映画
18'09'14 鏨地獄
野村胡堂 (検索) <amazon> <楽天>
 江戸一番の仏師と呼ばれる小瀬川桂堂は、ある夜、美しい娘がさらわれる瞬間を目撃してしまう。彼女が連れ込まれたのが幽霊屋敷として名高い来栖屋敷だと分かり、彼女を救うために弟の佃珊之助と共に屋敷を探ることにするのだが…

 江戸時代を舞台にした半分怪談のような物語。ガストン・ルルーっぽさがある。ただちょっとまとまりに欠き、オチもなんかもやっとした感じ。
<A> <楽>
18'09'12 へうげもの2
山田芳裕 (検索) <amazon> <楽天>
 このままでは織田家だけが力を持つことになることを危惧した明智光秀により、本能寺の変が起こった。だがそこで信長の前に現れたのは、なんと毛利と戦っているはずの秀吉だった…

 素直に武将として上に上がりたいと願う織部だが、自分の思いなど本物の野心を持つ人間の前には何の意味も持たないことを痛感させられるという話になった。野心もある数奇者という立場では越えられない壁があり、中途半端な存在となっていくのだが、逆にその中途半端っぷりが魅力になってるのが面白い。
<A> <楽>
18'09'08 女性の秘密
野村胡堂 (検索) <amazon> <楽天>
 幕末は江戸の町も騒乱の中にあった。中でも旗本の次男三男たちによる乱暴狼藉は激しく、彼らを束ねる大須賀は恐怖の象徴となっていた。そんな大須賀が次に狙ったのは江戸一の美女と謳われる藤沼家の一人娘操だった。彼女を拐かした浪人連中だったが、彼らの前に立ちふさがる者があった。

 著者お得意の時代劇小説だが、無理矢理ファンタジーをねじ込んだために設定に随分無理が生じてしまい、ぐだぐだな物語になってしまった。ちょっと色々詰め込みすぎだな。
<A> <楽>
18'09'05 双亡亭壊すべし 6
藤田和日郎 (検索) <amazon> <楽天>
 一旦撤退を命じられた双亡亭探索班。だが凧葉はこの奥にいる人間に呼ばれているような感触があり、更なる探索を提案した。そして双亡亭の奥深くで幽霊の群れを発見した凧葉たち。更に深奥を目指す彼らについて行くが、そこで見たものは。そして双亡亭に新たに青一と縁朗が近づいていた。

 双亡亭の核心一歩手前までやってきたところで第一部が終わったと言うところ。これから中心人物を変えての話が始まることになる。なんだかんだ言って、著者はみんなのために命を賭けて戦うと言う展開の描き方は名人芸。本作で遺憾なくそれを発揮していた。
<A> <楽>
18'09'03 湖心亭
野村胡堂 (検索) <amazon> <楽天>
 奇譚クラブのメンバーの一人で世界的に有名な水泳選手の三国潔によって語られた不思議な物語。それは三国の友人で若き実業家の伊東一郎が山奥に作ったというまるで要塞のような建物についてだった。その別荘湖心亭に招かれた三国はそこで不思議な女性と出会う。

 女の情念について描いたような話だったが、魔術やら奇術やらがやたらと出てくるペダンチックな話であり、そんな蘊蓄を読んでる内にいつのまにか有耶無耶に終わってしまった。肝心な物語が全然駄目。
<A> <楽>
18'08'30 新仮面ライダーSpirits14
村枝賢一 (検索) <amazon> <楽天>
 仮面ライダー1号と2号の力を借り、風見志郎はV3に変身することが出来た。だが半透明となったボディと、沸き上がる破壊衝動に戸惑いつつ、感情に飲み込まれていく。一方、サザンクロスで龍の制御を試みていた結城丈二は、決意を胸に大首領にコンタクトを取る。

 四国編で壊れた風見のダブルタイフーンの修理が完了して、あっけなくジェットコンドルを粉砕。引っ張った話の割に終わり方はあっけなかった。それ以降は少しの休息で、仮面ライダー達の周囲の人間関係を少し整理。こう言うのが好きな人も多いね。
<A> <楽>
18'08'26 魔の笛
野村胡堂 (検索) <amazon> <楽天>
 奇談クラブに集まった面々の中から語られる、人の血を吸う度に音色が冴え渡る魔笛“鈴虫”。いかにしてその笛が人の血を吸うようになったのか、そしてそれがどのように処分されたのかが語られる。

 奇談クラブの一編。怪談っぽい物語で、こういうのもありか。いろんなパターンの小説を書いているんだな。
<A> <楽>
18'08'25 アオイホノオ18
島本和彦 (検索) <amazon> <楽天>
 原作付きで月間サンデー連載が決まったホノオ。だが原作者の雁屋哲から送られてきた原稿のレベルが高すぎて到底自分の手に負えるものではないことに気づかされる。それでも何とかネームを切ろうと四苦八苦するのだが…

 いよいよ初連載となる「風の戦士ダン」に手を付けるまで。劇中劇で「もし今描くのなら」という仮定の物語が描かれている。こんなハードな設定の物語がギャグ満載の作品になろうとは思いもしないが、その突拍子の無さをひっさげて連載を開始したため強烈なインパクトを与えることになったのも事実。
 実際私が初めて連載の作品を読んだ時に、「なんじゃこりゃ?」と思ったくらいだから。少なくともこれまでに無かった画期的な作品だったのは確かだ。
<A> <楽>
18'08'23 紅唐紙
野村胡堂 (検索) <amazon> <楽天>
 珍景博士の異名を持つ読書家の珍田が古本屋で稀覯本を格安で手に入れる。そして大学へと帰る道すがら、その本を10倍の値段で売ってくれと言う人物が現れた。つっぱねる珍田だったが…

 「銭形平次」原作者として知られる著者の現代劇シリーズの一編。
 変わった話を持ち込んで話すという奇談クラブの紹介から、実際にどんな話がなされているのかまで。話自体にきちんとオチをつけ、何も知らなかった人物がクラブにはまり込むまでしっかりと描いている。
<A> <楽>
18'08'21 荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟
荒木飛呂彦 (検索) <amazon> <楽天>
 映画好きを公言する漫画家の著者が、「サスペンス映画」という括りで大好きな映画を紹介する作品。

 単純に著者名で、どんな映画の観方をしてるんだろう?という興味で読み始めたが、なんとも熱く、しかもポイントをちゃんと突いていて面白い。
 サスペンス映画の紹介だが、ちゃんと「何故この映画が好きなのか」を映画の構造から分析して語っているので考察が深い。
 知らなかったが、著者の映画紹介としては本作は続編に当たるそうだ。
<A> <楽>
18'08'19 河童の三平 下
水木しげる(検索) <amazon> <楽天>
 死神の予言は避けようがなく、死ぬしかないと悟った三平。せめて生前の父が言い残した、母の元へ行こうとするのだが…

 本作が完結編となる。横浜、東京、猫の街、そして本当に死んでしまい、あの世に行く前に故郷に帰るという話になってる。その際友達の河童に自分の身代わりになって親孝行するように言い残し、結果として本当に「河童の三平」となって物語は終わる。なんだこのオチは?と言う気もするが、著者の作品は不条理だから面白いので、実に著者らしいとも言えるか。結構いろんな特徴あるキャラが出てくる割に描写不足が目立つが、それも著者らしさ。
<A> <楽>
18'08'17 夜歩く石像
フランク・ベルナップ・ロング (検索) <amazon> <楽天>
 マンハッタン美術館の博物館長となったアルジャノン・ハリスは博物館の目玉展示となるものを世界中から集めていた。次々に集まる古美術品の中に、奇怪な像が持ち込まれてきた。これを持ち込んだウルマンによれば、これこそが邪神クァウグナール・ファウグンそのものだと言うのだが…

 クトゥルフものに寄せた物語だが、人間側の努力によって邪神が封じられるというパターンなので、伝奇アクションっぽいものに仕上げられた。このままB級映画にしても良いくらい。ただ、ラヴクラフトのものとは大分離れたような感じ。
<A> <楽>
18'08'16 夏目友人帳13
緑川ゆき (検索) <amazon> <楽天>
 的場一門が一堂に会する会合に招かれた夏目。的場とは距離を置きたい夏目だったが、半ば強引に連れてこられてしまった。実は妖怪が見える夏目の目が必要だというのだが…

 長編は夏目にとっては天敵とも言える的場に協力させられるという話が展開。妖怪を使役する的場に反発していた夏目だが、これでおかしな意味で縁が作られてしまった。ちらっと名取も出てくるけど、夏目は夏目で自分の能力を単なる呪いではなく、何か役に立てたいという思いも持ち始めているようで、人間関係に少し変化が起こり始めているようでもある。
<A> <楽>
18'08'12 電気処刑器
アドルフ・デ・カストロ (検索) <amazon> <楽天>
 会社の金を持ち逃げしたフェルドンという男を追えと命じられた“私”は半ば無理矢理メキシコ行きの列車に乗り込む。少しウトウトした“私”の前に発明かを名乗る謎の人物が現れ、実験を手伝うよう語りかける。

 ラヴクラフトものとは全く異なるコメディタッチのホラー作品。クトゥルフものとは全く関係のないのだが、本書に収められたのは、この作品もアイディアだけが著者が出して、それを文書化したのがラヴクラフトだからだとか。
<A> <楽>
18'08'11 YASHA3
吉田秋生 (検索) <amazon> <楽天>
 静の身柄を手に入れた雨宮家は、静の双子の弟凜を使って静の頭の中にあるはずの研究ノートを手に入れようとする。だが静のボディガードのケンやゴールドバーグ財団の横槍が入ったために実験は失敗。静と凜の記憶が混濁してしまう結果に…

 指向性の強い殺人ウイルスを追う話となり、どことなく「BANANA FISH」を思わせるところもあるが、そこに静と凜という二人の主人公を配し、舞台を日本にしたことでぐっと親しみやすくなっている。しかし本当にバイオテロが起こってしまうと言うのは容赦ない。
<A> <楽>
18'08'08 俘囚の塚
ゼリア・ビショップ (検索) <amazon> <楽天>
 オクラホマ州にあるネイティヴ調査に向かった“わたし”は、ネイティヴも近寄らない不思議な遺跡のことを耳にする。何人もの行方不明者が出ているという遺跡を調査してみようと思い立った“わたし”は、できる限りの人を集め、衆目の中で発掘を行った。その結果、古い金属筒に入った文書を見つける。スペイン語で書かれたその文章を読み進めていくが…

 ラヴクラフト作品の正統なる後継者と言った感じの作品で、いかにもと言ったギミック満載。それもそうで、本作の著者はアイディアを出して、ラヴクラフトと共同執筆したらしい。読みやすい作品だった。
<A> <楽>
18'08'07 巨娘3
木村紺 (検索) <amazon> <楽天>
 池袋にある焼き鳥チェーン鳥吉4号店店主、ジョーの破天荒な日常生活を描く第4巻。愛するオニイチャンがさらわれたり、他の人たちの恋愛相談に乗ったり。今回では初めてジョーが倒れるという描写もあり。

 2巻刊行時から随分経って、連載再開していたことが分かり即購入。相変わらずとても好みのクオリティで、何度読んでも飽きが来ない。
 現役プロレスラーすら一撃でノックアウトさせるというジョーが初めてダウンしたという描写もあるが、病気のためというオチがついた。
<A> <楽>
18'08'02 怪魔の森
フランク・ベルナップ・ロング (検索) <amazon> <楽天>
 家でくつろいでいた小説家ハワードと友人フランクの元に半病人となった共通の友人ヘンリーが転がり込んできた。森で何者かに襲われたというヘンリーの容態を看たフランクは、その頭に大きな穴が空いているのを見てしまい…

 脳髄の化け物に襲われるという怪奇を描いた作品で、なんか映画『顔のない悪魔』の怪奇バージョンみたいな趣がある作品。
 ラブクラフトのものとは異なるが、話の構成は真っ当な冒険小説っぽく仕上げられている。
<A> <楽>
18'07'31 幻魔大戦
平井和正 (検索) <amazon> <楽天>
石ノ森章太郎 (検索) <amazon> <楽天>
 銀河を二分する幻魔と銀河連盟との戦いも、幻魔の勝利で終わった。この勝利によって幻魔は銀河全ての生命を滅ぼそうとする。そんな中、何も知らない地球では連盟の長フロイによって強力なテレパシストのルナが見いだされていた。フロイの意思に従い、幻魔に対抗出来る地球の超能力者を集めるルナとサイボーグ戦士のベガ。高校生東丈は二人の接触を受けて超能力を開眼させるのだが…

 小説版の原作を受けて描かれた漫画版。小説の1〜2巻をベースに、その後は独自展開をしていくが、その物語はまんま映画版に受け継がれていく。
 映画版の問題点は、本作の描写が足りなかった部分を補強することなく作ってしまったからあんな出来になったのかと妙に納得。
 しかし、本作が出たのが40年近くも前。以降散発的に漫画版が描かれ続けていることもようやく分かってきた。色々知らないことが多いようだ。
<A> <楽>
18'07'30 妖魔の爪
ソニア・グリーン (検索) <amazon> <楽天>
 マーティン・ビーチで海水浴を楽しむ人々。その中で一人の人間が突如海に引きずり込まれようとしていた。彼を助けようと多くの人が手を貸すのだが、どれだけの人が手を出そうとも、引きずり込む力は衰えること無く、しかも彼らに触れた途端、身体が外せなくなってしまう…

 真・ク・リトル・リトル神話大系の一編。著者は女性で、なんとラヴクラフトの奥さん(当時)だという。
 作品そのものはなんということもない話だが、綱引き状態の人間がじりじりと海に引きずり込まれ、それをただ観ていなければならない人々というシュールな構図だけが見所の作品。
<A> <楽>
18'07'27 へうげもの1
山田芳裕 (検索) <amazon> <楽天>
 織田家に仕える古田家当主の古田織部。数奇者として知られながら、自分の栄達も夢見て、時にライバルに先んじるために忠義に励み、時に賄賂を送り、そして時にお宝に目がくらみ…そんな人間味溢れる織部だが、千利休を師として仰ぐようになってから、少しずつ風向きが変わってきた…

 織田信長〜豊臣秀吉の時代を描く歴史大作だが、その主人公にあまり有名でもない人物を配したのが面白い。単なる狂言回しのように見せつつ、俗物としての欲望、数奇者としての審美眼などを兼ね揃えているからこそ、このような魅力的な人物となるのだろう。時代に翻弄されつつも、独自の生き方を貫く面白い作品となった。
<A> <楽>
18'07'24 廃都
H・P・ラヴクラフト (検索) <amazon> <楽天>
 探検家の“私”はアラビアの砂漠の中にお宝のような古代都市が眠っていると聞きつけ、その廃都を探す旅に出た。偶然からその入り口を発見することが出来、好奇心を抑える事が出来ずに一人で入り込むのだが…

 著者から始まった「クトゥルフ」作品の肝となる「ネクロノミコン」の名前が最初に出たと言う記念すべき作品。
 内容は、古代に滅んだと思われた旧人類が、実は今も生きていて、その恐怖を味わって現実世界に生還するという、いかにも著者のものという感じ。久々に心地良い気分にさせられた。
<A> <楽>
18'07'21 KEYMAN12
わらいなく(検索) <amazon> <楽天>
 バトラーの狙いが分かり、異世界の扉を開く鍵となるボビーの保護に動くアレックスとピート。だがそんなアレックスの前に立ちふさがる者がいた。その姿は…

 いよいよ残り1巻。ラストに向けて疾走中だが、この巻はクライマックスに向かう幕間的な意味も大きく、これまで出てきた、特に獣人たちがちょっとだけ次々に出てくるようになった。軽く間延びといった感じだけど、全ての人物の役割分担を完了するという意味はあった。後はラストに向けて駆け抜けるだけ。
<A> <楽>
18'07'19 日本人改造論
ビートたけし (検索) <amazon> <楽天>
 著者が今の日本に対して考えている事を歯に衣着せずに語るエッセイ集。

 随分大上段なタイトルだが、内容的には、過去から現在に渡って様々な人間につきあってきた著者が、いかに人間とは取るに足らないようなものかと書いているだけ。
 自分が立派な人間でもなんでもなく、馬鹿者であるということを通説に分かっているからこその発言なんだろう。
 しかし、これこそがこのタイトルにつながる訳だろうな。
<A> <楽>
18'07'18 YASHA2
吉田秋生 (検索) <amazon> <楽天>
 有末静を巡り、銃を持つ外国人が行き来するようになり、一気に不穏な空気が流れる洛北大学。当の静は自分の研究を続けようとするが、そんな彼の前に現れた全く同じ遺伝子を持つ弟の凜に、身柄の安全を保証する代わり、自分の研究を手伝うように言われる。そんな静を守ろうとする永江十一の思いは空回りしっぱなしだった。

 静を取り巻く混乱が主軸になるが、いろんなキャラが登場して、それなりに描写されるためにストーリーの進みがちょっと遅いが、話自体はかなり面白い。結局お邪魔にしかなってないのに、ちゃっかり主人公っぽい活躍をしてる十一の存在感も良し。
<A> <楽>
18'07'15 地球発狂事件
海野十三 (検索) <amazon> <楽天>
 自称フリーライターのアイスランド人ドレゴがある日深酒をして目覚めると、窓の外から見える山の頂に巨大な船が突っ込んでいる奇怪な光景を目にする。友人の記者水戸と共に確認に行くのだが、それは地球を揺るがせる大事件の発端だった。

 ファーストコンタクトを描いたSF作品と言うことになる。結構面白いのだが、後半の展開が強引すぎて、もうちょっと工夫が必要だったかと。
<A> <楽>
18'07'12 はじめの一歩120
森川ジョージ (検索) <amazon> <楽天>
 華々しい復帰戦となるはずのゲバラとの対戦は、パンチドランカー症状が発症してしまった一歩の敗北に終わる。ボクサー人生どころか人生そのものに支障が出るとされた一歩の決断とは…

 ここまで引っ張って「やっぱりパンチドランカーでした」という酷いオチ。少なくとも前2巻の引っ張りはなんだったの?という話。
 スポーツ作品は落として上げるが基本だが、120巻も引っ張ってそれをやられても困る。
<A> <楽>
18'07'10 瑠璃の方船
夢枕獏 (検索) <amazon> <楽天>
 小説家として一定の成功を収めた“僕”は、ここまで小説家を続けて来られたのは一人の男との出会いによるものだったと述懐する。最強のアマチュア棋士と謳われつつ、切望したプロになれず、下手な生き方しか出来なかった河野城平という男のこと。彼と“僕”との交流を通し、著者の反省を総括する。

 自らの小説家人生を振り返って描く、メタ小説。おそらくここに登場する河野城平という男は著者が関係した何人かの人間をくっつき合わせて作られた虚構の人物だと思われるが、とても気合いの入った作品だ。
<A> <楽>
18'07'09 河童の三平 中
水木しげる(検索) <amazon> <楽天>
 不思議な事に次々に妖怪が三平の家にやってくるようになった。人間の学校にも行かねばならない三平にはもてあますばかりなのだが、前に別れたはずの死神が三平の前に現れ、三平の死を告げる。

 前の話を引きずりながら次々に新しい妖怪が出てくるので、話がどんどん拡大してごちゃごちゃになっている。著者の作品の特徴だが、死というのが消えることを意味しないので、余計ややこしいことになる。対する三平が完全に受け身なので、ただ流れていくだけというのがなんとも。
<A> <楽>
18'07'04 Re:ゼロから始める異世界生活4
長月達平 (検索) <amazon> <楽天>
 5人目の龍の巫女候補が現れたことにより、いよいよ本格的に王選が始まることとなった。自分がこの世界に呼ばれた理由はレムリアを王にすることだと信じるナツキ・スバルは、エミリアが止めるのにも構わず、なんとか城に潜り込む手立てを考えるのだが…

 いよいよ王選が始まる。新キャラも多数登場してるし、意外なキャラが意外なところで登場もしてる。話自体はとても盛り上がっているのだが、常人離れした思考と行動をする主人公に全く共感できず、その痛々しい描写にめげてなかなか読み進められない。
<A> <楽>
18'07'02 サカモト
山科けいすけ (検索) <amazon> <楽天>
 幕末。京の町でしのぎを削る佐幕派と討幕派。その間でどちらの陣営にも人望がある坂本龍馬を中心とした人間模様をコミカルに描く。

 30年ほど前だろうか?同じ4コマギャグの著者の「SENGOKU」が好きで繰り返し読んだものだが、お陰で色々戦国武将についての知識が歪んでしまったものだ。本作は戦国時代ではなく幕末になるが、パターンは同じで、かなり懐かしく思い出す。
 主人公の坂本龍馬はとらえどころがない。これは現在でも共通する認識だが、その精神がモロにムー系のオカルト傾倒。薩摩の人間はみんなサツマイモのことしか考えておらず、長州の人間は基本全員テロリスト。新撰組にあっては、土方歳三はバイセクシャルで男女構わず手を出し、沖田総司は過食症のぽっちゃりと、まあ著者らしさに溢れていて、読んでいて楽しいし、やっぱり繰り返して読むに適している。
<A> <楽>
18'06'30 オーバーロード1
丸山くがね (検索) <amazon> <楽天>
 かつて大人気だったMMORPG(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game「大規模多人数同時参加型オンラインRPG」)のユグドラシルもサービス終了を迎えようとしていた。その中で何年もかけて42人の仲間の協力で強大な居城を築いたアインズ・ウル・ゴウンというパーティがあった。既にほとんどのメンバーはログインを放棄している中、たった一人この城を守り続けてきたアンデッドの王“オーバーロード”の姿を取ったプレイヤー“モモンガ”は、最後に世界の終わりにつきあおうとしていた。だが、サービス終了となったにもかかわらず、ゲームは終わらず、世界には異変が起きていた。あるはずの無い肉体感覚があり、ログアウトが出来ない状態で、これ又突然意思を持ち始めたNPCの部下達に命じ、状況を調べさせるのだが…

 ゲームの世界に閉じ込められてしまう一種の異世界転生ものの作品。この世界で主人公が強大な力を持ち、その力を存分に振るうという、一種の無双もので、読んでいてとても心地良い。会話のキャッチボールも良く、すらすら読める。
<A> <楽>
18'06'27 河童の三平 上
水木しげる(検索) <amazon> <楽天>
 山奥で地主のおじいさんとひっそり暮らす孫の三平。河童にそっくりな顔つきの三平は河童の子に間違えられて河童の国に迷い込んでしまった。へそを抜かれて人間世界に戻された三平は、人間には見えないものを見ることができるようになっていた。最初に出会ったのが死神で、おじいさんを連れて行くというのだが…

 著者の何作かある長編作品の一編で、全く設定を変えて後にリメイクされ、テレビ番組にもなったという、著者らしい経緯を持つが、本作は貸本のために書かれた最も古いバージョンのもの。人間と妖怪では道理が違うため、人間にとっての当然が妖怪では全く異なるという基本設定は全ての作品に共通しており、死もとても軽くされている。
 妖怪の世界に片足突っ込んだためか、三平自身の生きる意思も弱く、いつしんでも良いという達観に彩られ、かなりペシミスティックな内容になってる。
<A> <楽>
18'06'23 犬とハサミは使いよう2
更伊俊介(検索) <amazon> <楽天>
 死んだ後で意識だけそのままミニチュアダックスになってしまった春海和人は、憧れの作家秋山忍に拾われ、本に囲まれた生活を送っていた。本さえあれば満足という和人にとってこの生活も決して悪くなかったのだが、秋山忍本名夏野霧姫がスランプ状態に落ち込んでしまう。編集者の勧めもあって、今街で起こっているという通り魔の調査を始めた霧姫と和人だが…

 新キャラが二人。ドMを自覚している編集者柊鈴葉と主人公の妹で超ブラコンの春海円香。とにかく分かりやすいテンプレキャラだった。
 物語自体は本当に全く面白くないのだが、会話のキャッチボールがとにかく心地よく、読み進めているだけで気分良くなる。酷い作品かも知れないけど、最低限ラノベにほしいものが揃ってるのはありがたい。
<A> <楽>
18'06'20 日常2
あらゐけいいち(検索) <amazon> <楽天>
 ゆっこ、みお、まいの三人の学園生活を描く、不条理で変な日常生活。

 2巻になって主要三人の性格は固まったようで、ツッコミ担当、ツッコミとボケを行き来する担当、そして最初から最後までボケ倒す担当で上手いこと回ってる。ロボットの“なの”と博士の話は基本4コマになり、これも特徴付けられてる。
<A> <楽>
18'06'19 Re:ゼロから始める異世界生活3
長月達平 (検索) <amazon> <楽天>
 ロズワール邸にて何度も死に戻りを経験したナツキ・スバルは、死を回避しつつ館を守る方法を模索し始める。だが誰にも相談できない頑張りが精神的な不安定を引き起こしてしまうようになってしまう。
 二回目の死に戻りもなんとか回避が出来たという話。相当困難なミッションを無事クリアできたことで、物語としては読み応えのあるものだった。
 ただ、本当にこれ読みにくい。その理由を考えるに、主人公スバルの行動が全く理に適わないため、一切共感できないからだと分かった。物語を進ませるためにこういう行動を取らせるのだろうが、それが無理ありすぎるように思えてしまう。
<A> <楽>
18'06'16 夏目友人帳12
緑川ゆき(検索) <amazon> <楽天>
 妖怪を見ることが出来る夏目が出会った妖怪達や友人達との交流を描く短編3編。「代答」「怪しきものの名」「硝子のむこう」を収録する。

 初期のようなちょっとしたほのぼの系から、過去の祖母レイコにまつわる哀しい話、そして新たな物語を予見させるちょっと重めの話と、かなりバラエティに富んだ物語展開となっている。同じような話を続けるのではなく、そろそろ新たな動きが出てきそうな感じ。
<A> <楽>
18'06'13 風博士
坂口安吾(検索) <amazon> <楽天>
 突然失踪してしまった“風博士”。警察は殺害を疑い、助手の“私”を尋問する。そこで“私”が体験した“風博士”失踪の顛末を語り始める。

 ファンタジックというか、SFというかよく分からない話で、あまりに荒唐無稽なため、“私”の妄想で全て片付けた方がしっくりくる気がする。
 分かりづらいけど、著者流のコメディなのかも知れんな。
<A> <楽>
18'06'11 大家さんと僕
矢部太郎(検索) <amazon> <楽天>
 自称“売れない漫才師”の“僕”矢部太郎はそれまで住んでいたアパートを追い出され、新しいアパートを探していた。不動産屋から紹介された物件は、一軒家の二階を貸してくれる人がいると言う事で、半分大家さんと同居するような住居だった。“僕”を見かねたのか、何かと面倒を看てくれる大家さん。そして体のあまり上部ではない大家さんを気遣う“僕”の交流を描く。

 最近はやっている、いわゆる“日常系”と呼ばれるジャンルになる四コマ漫画だが、主人公が中年男性で、一緒に登場するのが80代後半のおばあちゃんという、変な設定の作品となっている。というか、ほぼ実話ベースの話らしい。
 この手の作品を描いて読ませるのは大変難しいはずなのだが、それを易々と超えて面白く読ませるのは流石。絵の素朴さも良い味を出してる。
<A> <楽>
18'06'10 ヘルタースケルター
岡崎京子(検索) <amazon> <楽天>
 女の子に絶大な人気を誇るモデルのりりこ。完璧とも称される美しさを誇るりりこだが、実は全身整形による作られた美だった。しかも術による肉体的精神的に苦痛が続き、それを紛らすためにマネージャーの羽田に激しいイジメを与えていく。それでもかいがいしくりりこを支える羽田。そんなりりこに違法手術の臭いをかぎつけた検事の麻田。

 かなり凄まじい出来だった映画版を前提に読んでみたけど、あの映画ってちゃんと原作準拠だったことが分かった。ただ、あまりに精神的な痛みを与える描写が多く、読んでいて結構苦痛。よくもまあこんな漫画描けるものだと素直に感心した。
<A> <楽>
18'06'05 掟上今日子の備忘録
西尾維新(検索) <amazon> <楽天>
 何故か人から疑われやすいという体質を持つため、どこに就職しても長続きしない隠厄介(かくしだてやくすけ)。これまでの人生経験から、何か疑いがかけられたらすぐに探偵に連絡するようにしているのだが、その中で最も早く事件を解決できる探偵がいた。彼女の名は掟上今日子。眠ってしまうと一日分の記憶を全て失ってしまうと言う「忘却探偵」。厄介が遭遇したいくつもの事件と、それを解決する今日子の活躍を描く連作短編。「初めまして。今日子さん」「紹介します。今日子さん」「紹介します。今日子さん」「お暇ですか。今日子さん」「失礼します。今日子さん」「さようなら。今日子さん」の5編を収録する。

 探偵小説は著者にとっては原点だけに、結構のびのびと描いてる感じの作品だった。推理そのものよりも探偵の個性の方に物語の重点が置かれるのも著者らしさかな。
<A> <楽>
18'06'03 仮面ライダークウガ8
井上敏樹(検索) <amazon> <楽天>
横島一(検索) <amazon> <楽天>
 死んだはずの五代雄介の体が変質していき、やがて目を覚ましていく。そんな変化だけでなく、グロンギによるゲゲルが少し変質している事に気づいていく一条。一方、自らの肉体までもが変化していく恐怖を抑えようとする津上。

 クウガがタイタンフォームとなったが、話自体は7巻からほとんど変化がなくぐるぐる同じ所を回るだけの津上翔一と、お節介すぎる五代雄介の鬱陶しさが強調されただけの話になっている。クウガVSアギトをやりたいのだろうけど、展開が間延びしてるようにしか見えないのが問題。
<A> <楽>
18'06'02 Re:ゼロから始める異世界生活2
長月達平 (検索) <amazon> <楽天>
 レムリアの徽章を守ることが出来たものの、重傷を負ってしまったナツキ・スバルはレムリアの後見人というロズワール辺境伯の元に連れ込まれ、一命を取り留める。レムリアと一緒にいたいというスバルの願いで、館の使用人として働き始めることとなった。つっけんどんな双子のメイド、ラムとレムと司書のベアトリーチェとも打ち解け始めるが…

 1巻でループから脱出できたが、2巻になって又しても死のループに巻き込まれるスバル。主人公の能力が死に戻りなので、そのような展開にならざるを得ないし、これはこれで大変面白い。ただ、スバルの性格が少々とんがりすぎているので、読みにくいところもある。
<A> <楽>