特撮館Top
特撮事典

事典目次

超獣戦隊ライブマン

ソフト

VOL.1

VOL.2

VOL.3

VOL.4

35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011
超獣戦隊ライブマン(amazon)
超獣戦隊ライブマン(楽天)
書籍
超獣戦隊ライブマン―はっしん!スーパーメカ
集合
スーパー戦隊ぴあゴレンジャー〜ゴーカイジャー
スーパー戦隊画報〈第2巻〉正義のチームワーク三十年の歩み (B media books special)マスクマン〜カーレンジャー
CD
スーパー戦隊 全主題歌集
TVサイズ!スーパー戦隊主題歌全集

ガードノイド・ガッシュ 武装頭脳軍ボルト
【がーどのいど‐がっしゅ】
 ビアスの護衛と頭脳獣の巨大化が主な役割。武器はガッシュガンという銃と終盤で使用した長剣。 戦隊大好き

大教授ビアス 武装頭脳軍ボルト
【だい-きょうじゅ-びあす】
 30代前半にして宇宙の全知識を極め、決して老いることのない悪の大科学者。後継者としてケンプらを育てその知力を競わせるが、実の目的は千点頭脳の弟子を育ておのれのエナジーとするところにある。すでに彼は千点頭脳を十二人ぶん集め、そこから放射される「ギガ・ブレイン・ウェイブ」によっておのれの若さと愚民を跪かせ、奴隷となす力を得ているのだ。実はかなりの老齢である。演じたのは中田譲治。 水那岐
ドクター・アシュラ 武装頭脳軍ボルト
【どくたー-あしゅら】
 本名は毒島嵐。ニューマフィアと呼ばれる暴力団のボスであり、本来きわめて粗暴で場当たり的だった(そんな男によく暴力団のボスが務まったものだ)。1+1=2のような簡単な式の計算もできないような男であったが、ビアスが「人間の可能性の極限を極めるとどうなるか」という実験のサンプルに彼を選び、見事悪の超天才に生まれ変わった。しかし凶暴であるのは変身してからも変わらない。
おのれの体改造により「シュラー三人衆」という3つの分身を自在に出没させることに成功するが、レッドファルコンにその技を破られ、ビアスにも見捨てられて、元の1+1も判らない毒島嵐に戻ってしまった。最後はかつて蹴落としたライバルであり、今や同じ落ちこぼれになってしまったオブラー=尾村豪に優しいことばをかけ、自らケンプの創り出した頭脳獣に突撃、絶命した。 水那岐
ドクター・オブラー 武装頭脳軍ボルト
【どくたー-おぶらー】
 本名は尾村豪。ケンプらとともにボルトに入った。ただ他の二人と違うのは、母親を喜ばせようと努力して成り上がった秀才であり、決して生まれながらの天才ではなかったこと。「貧弱な坊や」そのものの肉体にコンプレックスを感じ、独自のウィルス研究で肉体を強化し、獣人となった。しかしいかに怪力を誇ろうともそもそもの気の弱さを変えることはできず、仲間から攻撃されたショックで元の姿に戻ってしまい、ビアスに破門された。その後おずおずとながらライブマンに心を開き、協力するようになる。根っからの悪人ではなく、こころ優しい男なのだ。演じたのは坂井徹。 水那岐
ドクター・ケンプ 武装頭脳軍ボルト
【どくたー-けんぷ】
 本名は月形剣史。ナルシストの二枚目気取りで、話しかけてくる女性はみな自分に気にいられたいのだと考えるタイプ。アカデミーのコンピュータにビアスのメッセージを隠した暗号を見出して以来、ビアスを盲目的に敬愛している。戦闘時には体改造により成った「美獣ケンプ」に変身を遂げるが、度重なる失敗の結果350点という屈辱の最低点をとり、自らの全知を傾けて再びの改造をおのれに施して「恐獣ケンプ」に生まれ変わる。その姿でライブマンを圧倒、見事千点頭脳となり、命を絶ってその頭脳をビアスに捧げる。だが、その肉体を失って初めてその人生の空しさに気づき、自己崩壊を起こして自滅する。演じたのは広瀬匠。 水那岐
ドクター・マゼンダ 武装頭脳軍ボルト
【どくたー-まぜんだ】
 ケンプらとともにボルトに入った紅一点。本名は仙田ルイ。完全な自己を醜く老いる前の姿に保つために、体をサイボーグ化している。その際、優しさや愛情も一緒に取り払ってしまい、のちにそのエッセンスを注入した自分そっくりの頭脳獣を創り、ライブマンを欺こうとしたこともあった。そんな彼女も自己愛の感情だけは人一倍であり、優れた頭脳だけはそのままに保っていたが、千点の頭脳を持つとビアスに頭脳を捧げなければならないのを心底嫌い、完全なロボットに自己改造してしまった。それを知ったビアスは激怒し、彼女を処刑するのだった。演じたのは来栖明子。 水那岐

ビューティフル・ウインク ドクター・ケンプ
【びゅーてぃふる-ういんく】
 非常に恥ずかしい名前のケンプの必殺技。美獣形態のケンプが敵にウインクを贈ると、衝撃波が起こり敵は吹っ飛ぶ。普通この手の技は女性専用なのだが、ボルトの紅一点マゼンダが朴念仁なのでそれは最初から期待できなかった。 水那岐
武装頭脳軍ボルト 大教授ビアス
【ぶそう-ずのう-ぐん-ぼると】
 大教授ビアスによって創造された、天才たちだけの軍団。地球を汚すだけの存在である愚民たちを粛清し、正しくコントロールしてゆくだけの頭脳を持つ人間だけの地球の建設を目指す。ライブマンの三人の級友であった三人もビアスの勧誘を受けて入団し、それぞれケンプ、マゼンダ、オブラーの新たな名前を授かって地球攻撃の任についた。だがビアスが実験として天才に育て上げた野生児や、宇宙の彼方より呼び出した天才たちの方が成績に勝ることがままあり、ある者は自分の体を改造してまで頭脳の向上を目指し、ある者は敗北を背負って淋しく脱落してゆく…。 水那岐