特撮館Top
特撮事典

事典目次

ブルースワット

ストーリー解説
ソフト

VOL.1

VOL.2

VOL.3

VOL.4

VOL.5
書籍
メタルヒーロー最強戦士列伝
ブルースワット(amazon)
ブルースワット(楽天)

RB8
【あーる-びー-えいと】
 防衛局が開発を進めていた高性能液体爆薬。試作品をセイジが手に入れたが、それをショウが浴びてしまう。空気に触れると問答無用で1時間後に爆発するとか。 甘崎
麻生すみれ ブルースワット
【あそう-すみれ】
 通称:スミレ。
広告に載っていたブルーリサーチにアルバイトに来たが、ショウたちが死亡していたというニュースを見て、彼らに疑問。
彼らが隠れて戦うブルースワットだと知ると、仲間としてブルースワットをサポートし続ける。
ショウの先生であるブライアンの特訓にも彼らと共に戦うために耐えた。つまり、組織としてのブルースワットに入る事も可能だったのではないかというくらい、身体能力や武器の知識は高い。 マサル
イサム 29話
【いさむ】
 遠藤敦子と肝試しをしていた少年の一人。 甘崎
稲垣 18話
【いながき】
 癌の特効薬を発明した博士。本人は他界している。 甘崎
インヴェード
【いんゔぇーど】
 エイリアンが人間の肉体に入る能力。死体にはインヴェード不可能らしいが、広瀬剛のように意識のない人間には可能。
その他特殊な例として、サイボーグにインヴェードしたザイバーや武器や乗り物にインヴェードできるクイーンなどがいる。
また、インヴェードした人間の記憶を手に入れることも可能。
そして、便利な点として足の不自由なシンヤにインヴェードしたグラガは、歩行が可能になっていた。
インヴェードされた人間は、シグのように体の血の色が変わることもあるようだ。 マサル
インヴェード解除ビーム 45話 奥山梨奈、ミール
【いんう゛ぇーど-かいじょ-びーむ】
 奥山梨奈がシグト共同開発していた、エイリアンをインヴェードした人間から強制的に出してしまうというビーム。解析されたミールの歌声をベースにしているとか。 甘崎
インターセプター
【いんたー-せぷたー】
 シグとサラの専用バイク。最高時速205キロ。
シグのものは黄色、サラのものは赤色のラインがついている。
ディクテイターを設置させることも可能。 マサル
宇佐美星児 ブルースワット
【うさみ-せいじ】
 通称:セイジ。
組織としてのブルースワットが壊滅したあとのメンバー。
並外れた頭脳を持つ天才で、コンピューターや機械知識に長けている。
だがいつもの様子を見るととてもそういう風には見えにくい。
泳げない。 マサル
浦野五郎 26話 ダル
【うらの-ごろう】
 海岸で倒れていたおじいさん(実際は35歳)。記憶をなくして「浦島太郎」を名乗っていた。
カメを助けて水中にある竜宮城(のような場所)で乙姫と共に宇宙生物ダルの研究を行った。が、そこでエイリアンに遭遇。おじいさんにされてしまう。
実は問題を起こした海洋学者で、その腕を買われて、ダルの研究のために利用されていた。
最後は、35歳の若々しい姿に戻ると、もう一度海洋学者として夢を追おうとした。
スミレは、こういう男(もちろん、35歳のときの)がタイプらしい。
彼もブルースワットのサポーターの一人に仲間入りした。 マサル
SS−17 17話
【えす-えす-せぶんてぃーん】
 ブルースワットの監視衛星。偶然スミレによって発見され、隊員教育用プログラムのブライアントアクセスする。 甘崎
エナジーF2 35話
【えなじー-えふ-つー】
 片瀬教授が研究している、海水から作り出された夢のエネルギー。ドクター・ネロンによって人間を凶暴化させるネロンガスとして完成される。 甘崎
エバ 30話
【えば】
 マドモワゼル・エバと呼ばれる女性型エイリアン。スペースマフィアの内部監察官。ジスプの地球侵攻作戦に遅れが生じていることから、その叱責に現れた。ザジの身体から分離して本性を現したジスプによって倒されてしまった。 甘崎
恵理 15話 檜山孝志
【えり】
 監督志望の檜山孝志を支える恋人。孝志が突然変わってしまったことに危惧を覚える。 甘崎
遠藤敦子 25話 26話 29話 凸凹探偵団
【えんどう-あつこ】
 凸凹探偵団のひとり。メンバーの中で一番多く登場。 マサル
大垣大吾 3話
【おおがき-だいご】
 柔道家。宝石強盗を捕まえている途中でインヴェードされてしまう。 甘崎
大垣千晶
【おおがき-ちあき】
 大垣大吾の娘。失踪してしまった父を探すためブルーリサーチに初依頼する。 甘崎
奥山梨奈 33話、45話
【おくやま-りな】
 バイオ工学研究者。その研究成果を巡りエイリアンに狙われる。助かった後、シグと共にインヴェード解除ビーム装置を作り上げる。 甘崎
鬼塚剛三 23話 24話 スペースマフィア
【おにづか-ごうぞう】
 元・仮面ライダーストロンガーの荒木しげるが演じる悪役。ZO(シグ)との世代を超えた共演は敵同士という形で実現してしまった。
鬼塚コンツェルンの総帥。ザジを養子にしたが、それは彼がエイリアンにインヴェードされていると知った上でのことで、彼らが地球を支配したら、自分も支配する側に回ろうとしていた。
いかにも悪役……といった変なマントを着用する。
最後はザジたちに裏切られ、逮捕される。 マサル

柏木英次 14話
【かしわぎ-えいじ】
 運送業者のアルバイト。ロックで世界征服すると言い放っているが、結構気が小さいらしく、彼女に頭が上がらない。瀕死のエイリアンにインヴェードされ、自らの思いそのままに暴走してしまう。 甘崎
片桐 35話
【かたぎり】
 海水から夢のエネルギーであるエナジーF2を作り出そうとしている科学者。ドクター・ネロンによってインヴェードされてしまう。 甘崎
ガバナー
【がばなー】
 ブルースワットの移動基地である特殊装甲のバン。
コンピューターや、武器の入っているロッカーが設置されている。
このバンの内部が映ると、「絶対こんな広くないだろ」とツッコみたくなる。 マサル
ガム爆弾 24話
【がむ-ばくだん】
 インヴェードされた男性がかんでいた変なガム。
吐き出すと爆発する。しかし、吐き出すシーンはすごくダサい。
名称がないため、とりあえずそのまんまで「ガム爆弾」と表記しておいた。 マサル
河井大 25話 26話 凸凹探偵団
【かわい-まさる】
 凸凹探偵団のひとり。勇敢な少年。 マサル
川崎 18話
【かわさき】
 本田の部下の刑事。 マサル
神崎綾香 1話 2話 シンクタンク 宇佐美星児
【かんざき-あやか】
 シンクタンク所長。セイジの上司である。
エイリアンにインヴェードされた。 マサル
神田ルミ 14話
【かんだ-るみ】
 柏木英次の彼女。英次にはまともになれと言っているが、本人がヤンキー呼ばわりされている。 甘崎
ギム 37話
【ぎむ】
 スペースマフィアからタイムマシンを奪って脱走したエイリアン。 甘崎
恐怖電波 25話
【きょうふ-でんぱ】
 スペースマフィアが支配した世界で住民を絶対服従させるために用いる電波。地球人用に調整中、その電波が漏れてしまう。 甘崎
ギルガビジョン 43話 ギルガ
【ぎるが-びじょん】
 ギルガによって作り出される幻覚。現実を曲げて見させる。 甘崎
ギルガ 43話
【ぎるが】
 かつてスペーススワットによって全滅させられたエイリアンの一派の一員。幻覚を見せつける能力を持ち、シグに同士討ちをさせようとした。 甘崎
キングジスプ 48話 ジスプ
【きんぐ-じすぷ】
 肉体改造を受け、洗脳ガスを出せるようになったジスプが自ら名乗った名。 甘崎
金原良介 9話
【きんばら-りょうすけ】
 大金持ちの青年。理想の結婚相手を探してもらうためにブルーリサーチに調査を依頼する。実は理想的な女性の入れ物を探すエイリアンに憑依されていた。 甘崎
クイーン 49話〜51話 重甲ビーファイター52話&53話 スペースマフィア
【くいーん】
 スペースマフィアの首領で、女性型エイリアン。最強のエイリアンらしいが、従来のボスに比べると強くない。
恥ずかしい格好の人間の姿と、不気味な怪物の姿の二つの形態を持っていて、あらゆるものにインヴェードできる。
最終回では、ガバナーやブルーストライカー、シグやセイジにもインヴェードした。
最期はハイパーショウにやられてブラックホールへ消えていった。
重甲ビーファイターの最終回にも登場。でもどうせ登場させるならジスプのほうがよかった気がする。 マサル
グラガ 28話 シンヤ
【ぐらが】
 元・スペースマフィアの死刑囚。昔は凶暴だったらしいが、登場時には罪もない人間を殺すことに嫌気が差し、ブルースワットに協力した。
セイジの友人・シンヤにインヴェードし、スペースマフィアに操られてブルースワットを襲ったが、その後は彼の母の死に目に会うために協力する。
銃が武器で、彼がブルースワットを庇って死亡した時にはその銃だけが残った。 マサル
グラビオン
【ぐらびおん】
 ゴールドプラチナムが使用する金色の銃。フルパワーでは惑星さえ破壊出来る。 甘崎
倉橋 4話
【くらはし】
 バブリオを妊娠させられた男性。キヨシという息子がいる。 マサル
倉橋キヨシ 4話
【くらはし-きよし】
 倉橋の息子。ブルーリサーチに父を探してくれと依頼する。 マサル
グラビオン ゴールドプラチナム
【ぐらびおん】
 超振動破砕エネルギー弾を撃つ、超強力銃。ゴールドプラチナムの武器。
スペースマフィアのエイリアンを一撃で倒すほどの威力がある。 マサル
ゲドン 31話
【げどん】
 スペースマフィアの戦闘エイリアン。身一つで数々の星の侵略の先兵をしてきた歴戦の戦士で、圧倒的な力を持つが、凶悪な宇宙バクテリアが寄生していた。別段仮面ライダーアマゾンと戦ってはいない。 甘崎
ケル
【ける】
 宇宙人の種族の一種。体色は緑で呼吸器のようなものを装着している。上位の宇宙人らしい。1話目でブルースワット隊長の不破にインヴェードした。 甘崎
ゲルマ 33話
【げるま】
 研究員奥山梨奈にインヴェードしたエイリアンで、その頭に残してしまったデータを取り戻すために再びインヴェードを試みる。 甘崎
ケン石神 34話
【けん-いしがみ】
 アメリカでグリーンベレーの一員だった元傭兵。怪我によって除隊し、現在は幼稚園バスの運転手をしていたが、デスキーラ三兄弟にバスジャックされたことにより戦士の血が騒ぎ、ブルースワットの装備を奪って戦いに身を投じる。ただしその依頼主はジスプの方だが。 甘崎
ケンタ 21話
【けんた】
 松下老人の孫。 マサル
見城守 40話
【けんじょう-まもる】
 フリールポライター。当初ブルースワットをテロリストと思い込んでいたが、エイリアンと戦っているブルースワットを目撃し、その広報係に立候補した。役は和田圭市。 甘崎
ゴールドプラチナム グラビオン スターフォートレス
【ごーるど-ぷらちなむ】
 ショウが怒ると、ハイパーラプチャーから時空を超えて現れる。シグも彼の噂を知っていたため、恐らくは宇宙では有名。
ショウにシルバニックギアを渡すなど、ブルースワットにかなり協力的。彼もグラビオンを使い、少しの間だけだがエイリアンと戦う。
登場したての頃は、敵に止めを刺す存在だった(つまりただの必殺技)。
もしかして、ウエイトレスが注文を間違えた時とかも出てくるのだろうか? マサル
古賀繁 6話
【こが-しげる】
 疫学の専門家。スペースマフィアにインヴェードされ、トカレフ18の改造を行おうとした。 甘崎
ゴク 34話 デスキーラ三兄弟
【ごく】
 デスキーラ三兄弟の長男。エイのような顔が特徴。 甘崎
コズマ 47話
【こずま】
 スペースマフィアの一員。役立たずとされて処刑されそうになっていたところをブルースワットに助けられる。花を愛でる優しい性格をしている。 甘崎
ゴナ 4話
【ごな】
 暴走したエイリアンを抑えるために現れた特殊なエイリアン。 甘崎

ザイバー 11話、22話
【ざいばー】
 別名「皆殺しのザイバー」。アメリカで警察官だったサラの所属していたロスのスワット部隊とシグのスペーススワット部隊を壊滅させた張本人。全身をサイボーグ化したテロリストTR−99にインヴェードしている。22話にも同じ姿で同じ名前のエイリアンが登場してるが、この名前は個体名ではなく、種族名なのか? 甘崎
坂井陽子 44話 高中真吾
【さかい-ようこ】
 パルスにインヴェードされた高中真吾の恋人。 甘崎
坂口レイ 42話
【さかぐち-れい】
 クイーンの化けたティアという女性に騙された少女。ティアによってブルースワットが悪の組織であると吹聴する。 甘崎
ザザンガ 21話
【ざざんが】
 高速移動とパワーで敵に噛みつき攻撃を得意としているモンスターで、スペースマフィアの最も凶暴なモンスターと言われている。 甘崎
ザジ ジスプ 広瀬剛 シグ
【ざじ】
 シグがインヴェードしている男性・広瀬剛とその妻のフランス人の息子。
10年前に家族全員が事故に逢い、ずっと意識がなかった。
ジスプにインヴェードされ、しばらくずっとブルースワットと戦っていた。 マサル
佐野ミチコ 7話 玉井照夫
【さの-みちこ】
 玉井照夫の恋人。宇宙人基地の写真を撮影した。 甘崎
サラ 美杉沙羅
ブルースワット コンバットクロス 3 スワットサラ
【さら】
 美杉沙羅の通称。また、美杉沙羅がプロテクトギアを装着したときの表記。
メタリックパープルのプロテクトギアを装着する。 マサル
C−11 27話
【しー-じゅういち】
 高性能爆薬。横山博士によって研究されている。 甘崎
JX 45話
【じぇい-えっくす】
 エイリアンの多重合体を可能とさせる融合促進役。 甘崎
J-3000 22話
【じぇい-さんぜん】
 別名「死神のキス」。雄花の花粉はエイリアンに毒で、雌花の花粉は地球人に毒。
 ただし、雄花には雌花、雌花には雄花の中和作用がある。 マサル
シグ 広瀬剛 ブルースワット スペーススワット
【しぐ】
@ブルースワットの隊員ナンバーは011。元・スペーススワットのエイリアンで、広瀬剛という男性にインヴェードしている。
地球年齢で800歳だが、他メンバーからはタメ口で話されている。だが、彼はいたって丁寧な喋り方をしている。
特殊な聴力を持っていて、超能力も使用できる。
戸籍上、広瀬剛ではなくシグとして登録されているのか、新聞の死亡ニュースでは「シグ」の名前で載っていた。
Aシグがプロテクトギアを装着した姿の表記。
メタリックブラック(グレーに近い)のプロテクトギアを装着する。 マサル
ジスプ ザジ ムッシュ・J スペースマフィア
【じすぷ】
 スペースマフィアの地球攻撃指揮官。
ザジ、ショウ(一瞬)、ムッシュ・Jなどにインヴェードした。
両手から炎を出す技を主に使う(インヴェード中でもこの能力が使える)。
後の「重甲ビーファイター」で彼の顔がジャグールの一部で登場する。 マサル
ジタン 47話
【じたん】
 スペースマフィアの一員。役立たずとされて処刑されそうになっていたところをブルースワットに助けられる。義理堅い性格をしており、命を救ってくれたブルースワットのために命を投げ出す。 甘崎
支配とは、されるものではなく、するものなのだ 48話 ジスプ
【しはい-とは-される-もの-では-なく-する-もの-なのだ】
 ジスプが告白した自らの哲学。過去植民惑星に生まれ、スペースマフィアによって搾取され続けてきたことから。 甘崎
ショウ 鳴海翔 ハイパーショウ
【しょう】
 鳴海翔の通称。また、鳴海翔がプロテクトギアを装着した姿(変身後)の表記。
メタリックブルーのプロテクトギアを装着している。 マサル
城南地質学研究所 1話
【じょうなん-ちしつがく-けんきゅうじょ】
 極秘裏にブルースワット基地として建てられた秘密基地だったが、1話目でスペースマフィアに関知されて破壊されてしまう。 甘崎
ジョン 9話
【じょん】
 サラのスワット時代の上司。TR-99との戦闘で死亡する。 マサル
シルバニック・ギア ハイパーショウ ゴールドプラチナム
【しるばにっく-ぎあ】
 ゴールドプラチナムがショウのパワーアップのために持ってきた。
その名の通り銀色のリベントロニウム製のリアクティブアーマー。
ゴールドプラチナムがいる間しか使用できないが、ビーファイターに登場した際はショウ一人で装着している(プラチナムが力を与えたため)。 マサル
シンヤ 28話 グラガ 宇佐美星児
【しんや】
 セイジの友人。そのコンピューター技術はセイジもしのぐ。
アメリカの大学の内定をもらったが、事故に遭い車椅子の身になってしまい、内定を取り消しにされる。
そのときに車を運転していた母を怨んでいたが、セイジから母危篤のメールが送られると、不安になっていた。
スペースマフィアに協力した(自ら悪魔に魂を売った)が、最終的には決別する。
母の死に目に会えなかったが、そのときにインヴェードされていたため、母は最期に息子に会えた事になる。 マサル
人類半減作戦 26話 ダル
【じんるい-はんげん-さくせん】
 ダルを使用して、人類の半分以上を殺害しようとした作戦。
ザジが指示し、乙姫=ヤミニが実行に移した。 マサル
スターフォートレス ゴールドプラチナム
【すたー-ふぉーとれす】
 ゴールドプラチナムが地球にやってくるときに使用する時空移動用メカ。
最終回、ショウとサラがコレに乗って旅立った。 マサル
須藤浩一 10話
【すどう-こういち】
 故買屋。エイリアンにインヴェードされ、マイクロチップを埋め込んだ特殊な仏像を探している。 甘崎
ストライカー
【すとらいかー】
 ショウ専用の車。最高時速312キロで走行する。
武器を搭載している。 マサル
スペーススワット シグ
【すぺーす-すわっと】
 シグが所属していた宇宙の対スペースマフィア組織。
シグ以外全滅しているらしい。
ディクテイターの前身となる銃を使用していた。 マサル
スペースマフィア
【すぺーす-まふぃあ】
 悪のエイリアン集団。地球制服を目的としている。
彼らのザコ怪人は特に個性が無く、使いまわしが多い。同じ星の宇宙人と思われるが、全く同じであるため、スペーススワットが違う人を逮捕したりしそうだ。 マサル
澄田瞳 9話
【すみだ-ひとみ】
 宇宙人ラビにより理想的な美女として選ばれた女性。ラビがインヴェードし、科学者達を次々に籠絡する。最後にショウまで骨抜きにされてしまった。 甘崎
制服図鑑
【せいふく-ずかん】
 ショウとセイジがこっそり持ってた本。ヒーローとしては微妙な愛読書。 マサル
戦士のナイフ スペーススワット シグ
【せんし-の-ないふ】
 スペーススワット隊員の証。シグが持っていた本物の戦士のナイフと、ショウとサラのために作ったレプリカの三つが存在する。
最終回で爆発し、壊れてしまう。 マサル
ゾドー 19話〜
【ぞどー】
 ジスプを護衛する特別なエイリアン。 甘崎

隊員コード ブルースワット
【たいいん-こーど】
 ブルースワットの隊員コード。ショウは153、シグは011、サラは071。
メットや制服にナンバーが書いてある。恐らく、入隊順でつけられるものと思われる。
つまり、ブルースワットには153人以上のメンバーがいたことがわかる。
トレーディングカードゲーム「レンジャーズストライク」にはシグとサラの隊員コードが入れ違っているミスがある。 マサル
高中真吾 44話 パルス
【たかなか-しんご】
 パルスにインヴェードされてしまった男。たまたま虫歯で激しい痛みを覚えており、そのためパルスが出られなくなってしまった。 甘崎
忠沢 3話
【たださわ】
 宝石強盗。柔道家の大垣に追いつめられるが、そこに現れた二体のスペースマフィアによって一緒にインヴェードされてしまう。 甘崎
玉井照夫 7話
【たまい-てるお】
 貧乏カメラマン。偶然宇宙人の基地の写真を写してしまったためスペースマフィアに命を狙われる。 甘崎
ダル 26話 人類半減作戦
【だる】
 宇宙生物。カメのような姿をしていて、水中から飛び出して人を襲う。
猛毒を持っていて、48時間以内に解毒剤を打たなければ危ないらしい。
人類半減作戦のために使用される。 マサル
地球良いとこ一度はおいで 15話
【ちきゅう-よいとこ-いちど-は-おいで】
 スペースマフィアの宇宙人用CMで語られている台詞。画面そのものはエイリアンのレトが踊りまくっている。台詞全文は「地球良いとこ一度はおいで。緑のそよ風青い空。地球はエイリアンのパラダイス。地球で稼ごう大儲け。インヴェードも最高」 甘崎
ティア 42話
【てぃあ】
 人々の夢の中に入り込んで世界の危機を訴えた女性。聖女として新興宗教の教祖となったが、実はクイーンが化けて、人類を滅ぼす計画に人間を利用しようとした。 甘崎
TR−99 11話 ザイバー
【てぃー-あーる-きゅうじゅうく】
 ザイバーがインヴェードした人間。ロサンジェルスのスワット部隊を全滅させた折、肉体は死んでしまったが、サイボーグ化され、ザイバーに操られることになる。 甘崎
ディクテイター アーマーピアシング弾
【でぃくていたー】
 エネルギーで強化されたアーマーピアシング弾を10発撃てる銃。
ブルースワットたちが主に使用している武器。 マサル
デーモンキッド
【でーもん-きっど】
 ザジの尊称。 甘崎
凸凹探偵団 25話 26話 林孝 河井大 遠藤敦子
【でこぼこ-たんていだん】
 林孝、河井大、遠藤敦子の少年三人組。ブルースワットのサポーターで、スペースマフィアの存在を知っている。
仲がいいんだか、悪いんだか……。 マサル
デスキーラ 15話、34話
【ですきーら】
 宇宙を股にかける兄弟の盗賊団。スペースマフィアが流したCMを観て、地球に標的を定める。その後正式にスペースマフィアから依頼を受け、ブルースワットに化けて悪事を繰り返し、丸腰のブルースワットをおびき寄せて一網打尽にしようとした。 甘崎
ドウ 34話 デスキーラ三兄弟
【どう】
 デスキーラ三兄弟の次男。セミのような顔が特徴。 甘崎
TRUE DREAM
【とぅるー-どりーむ】
 作詞・作曲:伊藤薫/編曲:戸塚修/歌:前田達也
「君の泣き顔 見たくないから 背中から見守るよ」というストーカーのような歌詞の歌。名曲だと思って聴けば名曲になる。
ブルースワットのOPだが、ブルースワットのストーリーに関係ないし、歌詞にブルースワットに関連する用語が出てこない。 マサル
トカレフ18 6話
【とかれふ-えいてぃーん】
 某国で作られた細菌兵器。致死率90%で空気感染させる。スペースマフィアが手に入れ、それを培養しようとする。 甘崎
ドクター・アルド 48話
【どくたー-あるど】
 スペースマフィアの科学者。ジスプの身体の改造手術を行う。手術後、口封じのために殺されてしまうが、電子頭脳に遺されたデータからセイジが服従フェロモンを分析する。 甘崎
ドクター・ネロン 35話
【どくたー-ねろん】
 スペースマフィアお抱えのマッドサイエンティストで、その科学力を用いてこれまで数多くの星を滅ぼしてきた。スペースマフィアに協力を要請され、排気ガスの研究をしている片桐教授にインヴェードし、強力な凶暴ガスを作り上げる。 甘崎
鳥羽勝也 5話 12話 鳴海翔
【とば-かつや】
 ショウのライバル。始めは死人に対して悪口をテレビで堂々と言うようなイヤなヤツだったが、5話の最後で悪いヤツじゃないことが発覚。
しかし、5話のいいシーンのあとに、すぐいやなシーンが。勝也はエイリアンにインヴェードされてしまう。
インヴェードが解けたあとは、ショウを庇って死亡した。
彼の墓にはショウと共に映っている写真と自転車が飾られた。 マサル
ドラムガンナー ハイパーショウ ドラムガインファイヤー
【どらむがんなー】
 ハイパーショウの左腕に装着される、超振動破砕エネルギー発射機。
ディクテイターと合体させることで、ドラムガンファイヤーにもなる。
ゴールドプラチナムがショウに与えた。 マサル
ドラムガンファイヤー ハイパーショウ ドラムガンナー ディクテイター
【どらむがん-ふぁいやー】
 ハイパーショウの武器。ドラムガンナーとディクテイターを合体させた武器。
エイリアンへの止めで使う。 マサル

仲村啓介 36話
【なかむら-けいすけ】
 仲村祐太の弟。スペースマフィアに捕まり、生体エネルギーを抽出されそうになる。 甘崎
仲村麻衣子 36話
【なかむら-まいこ】
 仲村祐太の妹。スペースマフィアに捕まり、生体エネルギーを抽出されそうになる。 甘崎
仲村祐太 36話
【なかむら-ゆうた】
 弟と妹と共にスペースマフィアに捕らえられてしまった少年。なんとか脱出してサラに助けを求める。 甘崎
鳴海翔 ブルースワット
【なるみ-しょう】
 通称:ショウ。
恐らく彼が主人公。隊員ナンバーは153。元トライアスロン選手で、ライバルだった鳥羽とは後に再会する。
第1話以降は、戸籍上死んだ事になっているが、ブルーリサーチを開業している。
金が目的でブルースワットで働いていた。 マサル
ネロンガス 35話
【ねろん-がす】
 片桐教授が作ったエナジーF2をベースにドクター・ネロンが作った、人間を凶暴化させるガス。 甘崎
ノボル 29話
【のぼる】
 遠藤敦子と肝試しをしていた少年の一人。 甘崎

ハードエンジェル 12話
【はーど-えんじぇる】
 エイリアンによって作られたドラッグ。これを服用した人間はエイリアンと人間を区別できなくなってしまう。 甘崎
ハイパーショウ ショウ ゴールドプラチナム
【はいぱー-しょう】
 29話から登場する、ショウのパワーアップ形態。
ゴールドプラチナムから与えられたシルバニック・ギアを装着した姿。
戦闘力が2倍にアップしたらしいが、その程度でははっきり言って全然強くないと思う。
「重甲ビーファイター」でもこの形態に変身した。 マサル
バブリオ 8話
【ばぶりお】
 エイリアンが倉橋という男に移植したエイリアン。下等な寄生生物だが、極端な繁殖力を持つ。 甘崎
林孝 25話 26話 凸凹探偵団
【はやし-たかし】
 ブルースワットのサポーターの一人。小学生。
セイジに匹敵するコンピューター技術を持っている。小学生だからといって侮ってはならない。
何気に二話にまたがって登場した。三人組で行動する子供版ブルースワットのようなものだが、彼以外はいまいち存在感がなかったし、名前がちゃんと出たのも多分彼のみ。 マサル
原田徹 16話
【はらだ-とおる】
 サラを人質にとった詐欺師。
乗用車でエイリアンとカーバトルを繰り広げる際に巻き込まれ、どんどん憎めない存在になっていく。
最後は逮捕された。 マサル
ハル 31話 ゲドン
【はる】
 ゲドンの恋女房。ゲドンの身体が宇宙バクテリアに冒されていることを知りつつ、健気に支え続ける。 甘崎
バルボレラ菌 19話、20話
【ばるぼれら-きん】
 人類に寄生する近類。繁殖した菌はエイリアンの食料となる。この菌は冷凍保存しないと保たないため、寄生に成功した人間は隔離される。 甘崎
ハロー。ダディ 50話 サラ
【はろー-だでぃ】
 手術によって人間化したシグに向かってサラが言った台詞。昏睡中の息子のザジの代わりだが、なんだかちょっと違和感がある。 甘崎
卑怯でどこが悪い。支配者は全て卑怯なもの 49話 ジスプ
【ひきょう-で-どこ-が-わるい-しはい-しゃ-は-すべて-ひきょう-な-もの】
 ザジとの決戦で卑怯者とののしられたジスプが返した台詞。 甘崎
檜山孝志 15話
【ひやま-たかし】
 夢を追う志のあまりエイリアンに手を貸してしまったカメラマン。 マサル
広瀬剛 シグ ザジ
【ひろせ-ごう】
 シグがインヴェードしている人間。フランス人の妻とザジという息子がいた。だが、交通事故に遭い脳死状態となり、いつか必要となるであろうザジへの臓器移植のために冷凍保存されていた。
 フランス人の妻はその交通事故で死亡している。
 また、インヴェードされたことにより、血がなぜか緑色になっている。インヴェードした場合、血はエイリアンのものになってしまうのだろうか? マサル
服従フェロモン 48話 キングジスプ
【ふくじゅう-ふぇろもん】
 キングジスプがドクター・アルドに命じて自らの身体に組み込ませたガス。 甘崎
ブライアン 17話 SS17
【ぶらいあん】
 ブルースワットの隊員を教育する、SS17の教育用プログラム。
ショウやスミレを教育したが、プログラムは消去される。 マサル
プラグローダ 冷凍弾
【ぷらぐろーだ】
 冷凍弾・ゴム弾・電撃弾・煙幕弾・曳光弾・炸裂弾・ワイヤーネット弾・ショック弾・麻酔弾と様々な弾丸を発射できる銃。
特殊な状況で撃つときに使用することが多い。 マサル
プラチナム無力化作戦 46話 マニー
【ぷらちなむ-むりょく-か-さくせん】
 マニーが開発したエネルギー吸収装置を用いてゴールドプラチナムのエネルギーを吸収してしまった。 甘崎
ブラハム 41話
【ぶらはむ】
 凶悪な宇宙昆虫。生物を襲って身体の中に入り込み、そこで成虫となって飛び出る。 甘崎
ブルーストライカー
【ぶるー-すとらいかー】
 破壊されたストライカーが修理され、デザインが一新されたもの。
時速400キロで走る。 マサル
ブルースワット 鳴海翔 シグ 美杉沙羅 宇佐美星児 麻生すみれ
【ぶるー-すわっと】
 隠れてエイリアンを倒していく組織。
ショウ、シグ、サラは元々これに所属して戦っていたが、第1話で組織は壊滅。仮面ライダー剣を思い出させる(剣の方があとだが)。
その後は、セイジ、スミレなどと共に少人数でブルースワットを名乗り戦っていた。
だが、他のヒーローに比べて装備が現実的すぎるので非常に弱い(ウルトラシリーズの防衛組織以下)。ザコ敵相手でも結構やられてしまうヤツら。
それでも知的戦略を駆使してなんとかエイリアンたちを倒した。
ショウ、サラ、シグの三人は後に「重甲ビーファイター」にも登場する。 マサル
ブルーリサーチ ブルースワット
【ぶるー-りさーち】
 ショウが作った会社。アルバイトの広告もあるが、実際にアルバイトに来たのはスミレのみ。
探偵のような仕事をしていて、エイリアンに関係する仕事がよく来る。
だが、スペースマフィアにブルースワットの本拠地であることがバレたために、中盤から登場しなくなった。 マサル
フレイムスローワー
【ふれいむ-すろーわー】
 10〜15メートル先の敵に高熱火炎をあびせる武器。
最高600秒の連続放射が可能。 マサル
プロテクトギア シルバニックギア
【ぷろてくと-ぎあ】
 ブルースワットが装着するヘルメットとプロテクター。
松下老人が装着したことから、サイズが合えば誰でも変身可能であると思われる。
センサーなどのヒーローらしい能力も備わっているが、それでもウルトラシリーズの防衛軍レベルの装備としかいいようがない。 マサル
 『紅い眼鏡』を初めとする押井守の犬狼シリーズとは関連を持たない。 甘崎
不破 1話 ブルースワット
【ふわ】
 組織としてのブルースワットの中でも地位は高い方なのか、ショウたちに命令する男性。
善人だが、エイリアンにインヴェードされて銃で組織を全滅させてしまう。はっきり言って、武器がたくさんあるのに銃だけで全滅させられる組織って一体……。
強い精神力で少しの間だけ自我を取り戻し、自殺する。 マサル
ボナ
【ぼな】
 宇宙人の種族の一種。体色は赤で口には牙が見られる。前半に良く出ている。 甘崎
本田 18話
【ほんだ】
 銀行強盗(実はブルースワット)を捕まえようとした熱血刑事。
逮捕よりも被害者の安全を優先する、正義の刑事。 マサル

マザーブラハム 41話
【まざー-ぶらはむ】
 ブラハムの母体となるエイリアンで、身体の中に無数のブラハムを飼っている。 甘崎
マザーブルー 17話
【まざー-ぶるー】
 SS−17のリセットコード。口頭でこのコードを言うことによって初期化されることで、ほとんどのプログラムは使用できなくなり、ブライアンも消滅する。 甘崎
松下長之助 21話
【まつした-ちょうのすけ】
 ボケ老人だといわれるとキレる老人。ガバナー内の武器を警察に言う、とブルースワットを脅迫して仲間に入れてもらおうとする。
ブルースワットの仲間として戦うことに生きがいを感じた……が、「足手まとい」といわれてしょんぼりと帰る。
だが、彼がつくったハチマキのお陰でショウはエイリアンを撃破。知らぬ間に一緒に戦っていた。
最後は、正式にブルースワットの一員として認められる。
ショウのプロテクターをつけたため、ブルースワットは誰でも変身できることを証明した。 マサル
マニー 46話
【まにー】
 元々はスペースマフィアの分析班で、戦闘経験は全くなし。あらゆるエネルギーを吸収してしまう装置を開発し、ブルースワットの武器全てを防いでしまう。 甘崎
ミール獣 39話
【みーる-じゅう】
 宇宙の小動物。その歌声はエイリアンの中枢神経に作用して激しい苦痛をもたらす。そのためスペースマフィアによって根絶やしにされたが、唯一の生き残りが地球へとたどり着く。 甘崎
ミサイルランチャ
【みさいる-らんちゃ】
 超パワーのミサイルを撃つ武器。
肩にかついで使用する。UFOを爆破させたこともある。 マサル
美杉沙羅 ブルースワット
【みすぎ-さら】
 通称:サラ。
ブルースワットの隊員ナンバーは071。元・ロス市警スワットのメンバー。
超一流の射撃能力を持っていて、いつも冷静に行動する女性。 マサル
モーグ 32話
【もーぐ】
 機械に取り憑き、自在に操る事が出来る。次々に機械に乗り移りながらRB8の中和剤を求めるショウを妨害する。 甘崎
籾山耕一 28話 籾山ちはる
【もみやま-こういち】
 ちはるの父親。爆弾・C-11を研究していた。
エイリアンにインヴェードされる。 マサル
籾山ちはる 28話 籾山耕一
【もみやま-ちはる】
 木製のフルートを父親からもらった少女。
エイリアンに狙われるが、ショウと共に助かる(ショウはその際、記憶喪失になってしまう)。 マサル
モン 34話 デスキーラ三兄弟
【もん】
 デスキーラ三兄弟の三男。セミのような顔が特徴。 甘崎

ヤニミ
【やにみ】
 当初から登場していたスペースマフィアの女幹部。その本性を現したのは25話になって。人間態の時もプロレス技を駆使したパワフルな戦いを見せていた。役は西脇充子。元女子プロレスラー、ファイヤー・ジェッツのメンバーだった。 甘崎
山田ショウイチ 5話 ショウ
【やまだ-しょういち】
 潜入捜査をしたショウが使った偽名。 甘崎
ユキオ 25話 恐怖電波 凸凹探偵団
【ゆきお】
 電波発声装置の恐怖電波のせいで「怖いよ〜怪物怖いよ〜」と膝を抱えて怯えるようになってしまった少年。
凸凹探偵団の友人。勉強がよくできる。
ただし、治ってもそれがエイリアンのせいだとは思わなかったようだ。 マサル
許さねえ。許さねえぞ ゴールドプラチナム、ショウ
【ゆるさねえ-ゆるさねえ-ぞ】
 ショウがゴールドプラチナムを呼び出す時に叫ぶかけ声。いくつかのパターンがあり、「絶対許さない」とか「許せねえ」とかと言う事もある。 甘崎
陽平 39話
【ようへい】
 山奥に住む少年。裏山に落ちてきたミール獣と友達になる。 甘崎
横山新一 27話
【よこやま-しんいち】
 高性能爆薬C−11を安全なものにしようと研究を続けている博士。学会から追放され、スペースマフィアの後援を受けて研究を続ける。 甘崎
横山ちはる
【よこやま-ちはる】
 横山新一の娘。記憶喪失になったショウを介抱する。 甘崎

ラビ 9話 澄田瞳
【らび】
 女性型エイリアン。澄田瞳にインヴェードした。
条件にあった女性にインヴェードすることで、その星の男性を美貌で腑抜けにすることができる。ショウもその犠牲者。 マサル
リーガ 19話〜
【りーが】
 ジスプを護衛する緑色の特別なエイリアン。鞭を武器とする。 甘崎
レーザーライフル
【れーざー-らいふる】
 1000メートル先までレーザーを撃ち込む武器。 マサル
レト
【れと】
 宇宙人の種族の一種。体色は青で口が触手状となっている。前半に良く出ている。 甘崎

ワジワジ星 35話
【わじわじ-せい】
 スペースマフィアに反抗する星。毒の雨を降らされて、住民は全滅させられた。 甘崎
私はキングジスプだ 49話 キングジスプ
【わたし-は-きんぐ-じすぷ-だ】
 キングジスプの末期の台詞。 甘崎
私は平和を願う者達の思いの結晶に過ぎない 51話
【わたし-は-へいわ-を-ねがう-もの-たち-の-おもい-の-けっしょう-に-すぎない】
 巨大彗星に体当たりをかけて散っていったゴールドプラチナムがブルースワットの面々にかけた言葉。この後で「いずれ次なる私が誕生する」と告げている。その言葉を受け、第二のプラチナムとなるためにショウとサラはスターフォートレスで旅立つ。 甘崎
名称
【】
  甘崎

 

事典目次