特撮館Top
特撮事典

事典目次

大鉄人17

ストーリー
<amazon> <楽天>
ソフト
VOL.1
<A> <楽>
VOL.2
<A> <楽>
VOL.3
<A> <楽>
書籍
大鉄人17図鑑(書籍)
超絶自動変形 大鉄人17(玩具)

アッカーマン 30話
【あっかーまん】
 ミサイルの権威。Uミサイルを作るため、ハスラーによってさらわれる。 甘崎
田舎っぺの山猿 17話 ハスラー
【いなかっぺ-の-やま-ざる】
 ブラックタイガーがいないところでハスラーが毒づいた台詞。 甘崎
岩山エミ
【いわやま-えみ】
 鉄次の妹。結構きかん気の女の子。31話ではお母さんに怒られて家出までしてる。 甘崎
岩山鉄五郎 16話〜
【いわやま-てつごろう】
 通称ガンテツ。東大を目指している浪人生。「柔道四段、空手四段、浪人四年」が口癖。レッドマフラー隊に憧れ、半ば無理矢理入隊する。家は比較的裕福なようで、実家にはクラシックカーのコレクションがある。 甘崎
岩山鉄次 16話、22話
【いわやま-てつじ】
 鉄五郎の弟でルミの幼なじみ。度々登場する。 甘崎
海野
【うんの】
 レッドマフラー隊員。意外なカーマニアで、名車を見ると任務そっちのけになってしまう傾向がある。ガンテツとは良い喧嘩友達。 甘崎
エイコ 20話
【えいこ】
 高校は違うが、甲子園に言った立花高校の私設応援団をしている。 甘崎
大爪プレス 大爪ロボット
【おお-つめ-ぷれす】
 大爪ロボットの巨大な手を使って敵を押しつぶす攻撃。その際手から3万度の熱線を放出する。 甘崎
大爪ロボット 11話〜13話
【おお-つめ-ろぼっと】
 両手だけの巨大ロボット。本体のロボットと合体することで、巨大な手を持ったロボットとなる。両手で17の体を傷付ける事でグラビトン攻撃を防いで見せた。ブレインプログラムに則り17を破壊寸前まで追いつめたが、グラビトン回路が修復した17によってあっけなく破壊されてしまった。 甘崎
オートダイオード17
【おーと-だいおーど-わん-せぶん】
 17に用いられている回路。これによって17は「ワンセブン」とよばれるようになった。 甘崎
尾崎シゲミ 20話
【おざき-しげみ】
 高校は違うが、甲子園に言った立花高校の私設応援団をしている。 甘崎
鬼の剣持
【おに-の-けんもち】
 剣持隊長についていたあだ名。古くからの剣持の知り合いであるキャプテンゴメスやチーフキッドがよく使っていた。 甘崎
小野
【おの】
 レッドマフラー隊の通信員。佐原千恵とは仲が良いらしく、度々一緒にいるところが描写される。 甘崎
お前はいらない 24話 17
【おまえ-は-いらない】
 破壊活動を止めようとしない18に対し、17が言い放った台詞。 甘崎

ガイラー 14話 戦艦ロボット
【がいらー】
 戦艦ロボットの初代パイロット。17の反撃に遭い死亡する。 甘崎
ガスタンクロボット 7話
【がす-たんく-ろぼっと】
 ガスタンクにカモフラージュしていた。転がって攻撃する。あまり強くなく、17のグラビトンにあっけなく倒されるが、それは作戦だった。 甘崎
キャプテンゴメス 3話〜15話
【きゃぷてん-ごめす】
 ブレイン党の最高幹部の一人。ブレイン自らが攻撃隊長として招いたのだが、ブレインに忠誠を誓いつつ、ハスラー教授と組んで隙あらばブレインを支配しようと狙っている。教授の裏切りに遭い、ブレインにばれてしまう。最後は戦艦ロボットに搭乗し、17に特攻をかけて散る。演じるのはかの平田昭彦。 甘崎
恐竜島 28話
【きょうりゅう-じま】
 ニュージーランド沖にあるという島で、ネッシーが住んでいるという。 甘崎
グスタフ 9話、10話 大砲ロボット
【ぐすたふ】
 第二次世界大戦中、ナチスが開発した超重砲。ブレインはこれを元に、大砲ロボットを造った。 クラタ
グラビトン
【ぐらびとん】
 17の必殺技で、胸ががばっと開き、反射板のようなものが出てきて、それがピカッと光るだけの技なのだが、その威力は絶大で、ブレイン党のロボットはほぼこの一撃で破壊される。ただし一度発射されると15時間は使用不可となる。
 特に前半、ほとんど喋らなかった17がこの技の瞬間だけ「グワヴィ、トン」とマシンボイスで喋る一言がとても好きだった。後半になって喋るようになると今ひとつ。 甘崎
黒田大介 32話 ゴールドネッシー
【くろだ-だいすけ】
 雷のエネルギーを転換させる研究をしていた博士。ブレイン党にさらわれ、ゴールドネッシー製作を強要される。 甘崎
剣持保 3話〜
【けんもち-たもつ】
 中井の後任としてレッドマフラー部隊隊長として就任した。通称「鬼の剣持」。 甘崎
剣持やすし
【けんもち-やすし】
 剣持隊長の弟。既に死んでいるが、剣持は三郎にその面影を重ねている。 甘崎
鋼鉄巨人 1話、2話 17
【こうてつ-きょじん】
 未だ正体の分からない17にレッドマフラー部隊が付けた呼称。 甘崎
小林清 27話
【こばやし-きよし】
 小林伸吉の息子で鉄次の知り合い。 甘崎
小林伸吉 27話
【こばやし-しんきち】
 金庫破りの名人で刑務所にいたが、出所後自分の正体を隠して息子をコンコルドの公開に連れてきていた。 甘崎

細菌ロボット 16話
【さいきん-ろぼっと】
 円柱型のロボットで、そこから手や足が生えてくる。ブロック構造で、攻撃を受けるとパーツに分離してダメージを防ぐ。17も溶かしてしまい、更に東京の町々を細菌で消し去っていく。 甘崎
サタン回路 24話
【さたん-かいろ】
 18に搭載されていたブレインに絶対忠誠を誓う回路。佐原博士によって除去され、17の味方となった。 甘崎
サチコ 20話
【さちこ】
 高校は違うが、甲子園に言った立花高校の私設応援団をしている。 甘崎
佐原
【さはら】
 レッドマフラー部隊の司令官であり、かつてブレインを作り出した科学者。 甘崎
佐原千恵
【さはら-ちえ】
 佐原博士の長女。レッドマフラー隊員であり、通信を担当している。レッドマフラー部隊隊長の仲井をブレイン党に殺された。 甘崎
佐原ルミ
【さはら-るみ】
 佐原博士の次女。三郎と同じくらいの年齢で、なにかと三郎の面倒をみようとする。三郎とは違い普通に学校に行っているようだ。 甘崎
サブマシン 6話〜
【さぶ-ましん】
 17が超生産力を用いて作った三郎専用の万能マシン。基本的には三郎の操縦により運転が行われるが、必要に応じ17の脳波コントロールで操縦する。ちなみに英語表記はSAB−MACHINEで、三郎専用という意味となる。 甘崎
さようなら。三郎君 35話 17
【さようなら-さぶろう-くん】
 ブレインに特攻をかけた17が三郎を射出した際に三郎にかけた言葉。 甘崎
シグコンジェット 15話〜
【しぐ-こん-じぇっと】
 シグナルコントロールジェット。17の背中に収納されている無人飛行機。偵察に用いるほか、催涙ガスを搭載して戦艦ロボットに体当たりさせ、中にいるルミを眠らせたりもした。 甘崎
シグコンタンク 12話〜
【しぐ-こん-たんく】
 シグナルコントロールタンク。17の左脚に収納されている万能戦車。 甘崎
地震ロボット 3話、4話
【じしん-ろぼっと】
 巨大なパイルバンカーのような姿をしたロボットで、パイルバンカーを地上に叩き付けることで地震を生じさせる。 甘崎
柔道四段、空手四段、浪人四年 岩山鉄五郎
【じゅうどう-よだん-からて-よだん-ろうにん-よねん】
 ガンテツの口癖。東大受験を四年間も失敗してることを自慢げにしゃべってる。 甘崎
新幹線ロボット 18話、19話
【しんかんせん-ろぼっと】
 新幹線の先頭車両がそのまま立ち上がったようなデザインのロボット。三郎の乗る新幹線が変形した。水爆を積んで第二ブレイン破壊に向かうが、17により宇宙に運ばれて破壊された。 甘崎
全ての文明を破壊する ブレイン
【すべて-の-ぶんめい-を-はかい-する】
 ブレインの最終的目的。地上で唯一残るのは自らの生み出した機械文明だけであることを明言した。 甘崎
戦艦ロボット 14話、15話
【せんかん-ろぼっと】
 空飛ぶ多砲塔戦艦で、その主砲からの攻撃は絶大。遠距離からの攻撃で17を痛めつけるが、逆にその砲弾を投げ返されて敗退する。ブレインロボでは初めての有人ロボットとなる。その後さらった佐原ルミを洗脳してパイロットとするが、ゴメスの裏切りでルミは助け出され、ブレインを裏切ったキャプテンゴメスの最後の任務として乗せられ、特攻をかける。 甘崎
戦闘ワンセブン
【せんとう-わん-せぶん】
 17のロボット形態。敵ロボットと戦う時はこの形になる。必殺技は胸部に収められているグラビトン。 甘崎
戦略に卑怯もくそもあるものか 19話 チーフキッド
【せんりゃく-に-ひきょう-も-くそ-も-ある-ものか】
 のぞみを人質にとって第二ブレイン破壊に向かったチーフキッドが剣持に言った台詞。大切なのは勝つか負けるかだけというのだが、こういう事を言う人間は特撮では小者扱いされる。 甘崎
それはないよ 35話 ハスラー
【それは-ないよ】
 ハスラー要塞ごと爆死したハスラー教授の末期の言葉。まあこの人らしい終わり方でもある。 甘崎

タイガー号 31話
【たいがー-ごう】
 ブレインからブラックタイガーに与えられた蜃気楼衛星。宇宙から攻撃するだけでなく、貯水池を干上がらせてしまう。その後オアシスの蜃気楼を見せる。 甘崎
第二ブレイン計画 18話
【だい-に-ぶれいん-けいかく】
 佐原博士が主導して開始されたブレインに対抗するためにもう一台ブレインを作る計画。 甘崎
大砲ロボットグスタフ 9話、10話
【たいほう-ろぼっと-ぐすたふ】
 第二次大戦中ドイツが開発した重砲グスタフをロボットに改造したもの。車体の前面にはドリルも装着され、地下に潜ることも出来る。 甘崎
大レーダー
【だい-れーだー】
 要塞ワンセブン形態で頭部から出ているレーダー。半径100キロ以内に攻撃の意志があるものが近づくと眠っていても即座に目をさますことが出来る。 甘崎
タダシ 32話
【ただし】
 黒田博士の孫。 甘崎
立花高校 20話
【たちばな-こうこう】
 ガンテツの母校。野球部が初めて甲子園に出ることになった。 甘崎
WQ30 22話、23話 ピンクジャガー
【だぶる-きゅー-さーてぃ】
 第二ブレイン計画のため、レッドマフラー隊に派遣された秘密諜報員。既に殺され、ピンクジャガーに入れ替わっていた。尚、劇中では「ダブルキューサーテン」と言われている。 甘崎
チーコ 31話 岩山エミ
【ちーこ】
 岩山エミが飼っているカナリヤ。 甘崎
チーフキッド 3話〜21話
【ちーふ-きっど】
 キャプテンゴメスの片腕で、ブレイン党の実働部隊を指揮する指揮官。レッドマフラー部隊の剣持とは因縁を持っている。上司のゴメスを陥れ、死に至らせる非情さを持つ。ビルロボットの作戦失敗によりブラックタイガーによって粛正される。役は山口あきら。 甘崎
超生産力
【ちょう-せいさん-りょく】
 ブレインの持つ能力。スプーンから宇宙ロケットまで何でも製造できる。自分自身が破壊されてもあっという間に修復できる。 甘崎
電磁フィルター 26話
【でんじ-ふぃるたー】
 ロボットの機能を停止させる機械で、ハーケンキラーに搭載されていた。それを18が使い、17を機能停止させる。 甘崎
ドクター宇野 11話 キャプテンゴメス
【どくたー-うの】
 ブレイン対策国際会議で佐原博士こそがブレインを操る黒幕であると発言した博士。実はキャプテンゴメスの変装だった。 甘崎
トミー 30話
【とみー】
 アッカーマン博士の息子。父と共に拉致されていたが、逃げ出したところを偶然三郎と出会う。 甘崎

中井 1話、2話
【なかい】
 レッドマフラー部隊隊長。ブレインが凶悪犯人を集めていることを知り、自ら銀行強盗を演じてブレイン党内部に侵入。しかしその正体はブレインに見透かされており、そこで殉職してしまう。 甘崎
長崎 35話
【ながさき】
 佐原博士の助手として、ビッグエンゼルの現場管理を任されている。 甘崎
ネッシーの子守歌 28話 ネッシーロボット
【ねっしー-のこもり-うた】
 ネッシーロボットをコントロールする笛。 甘崎
ネッシーの卵 28話
【ねっしー-の-たまご】
 藤木教授が保有していた巨大な卵。藤木はこれがネッシーの卵であると主張するが、実際はブレインが送り込んできた爆弾だった。 甘崎
ネッシーロボット 28話、29話
【ねっしー-ろぼっと】
 ネッシーの姿をしたロボット。17を罠にはめ、動けなくなった17に攻撃する。ピンクジャガーの笛の音によってコントロールされている。 甘崎
のぞみ 18話、19話
【のぞみ】
 九州旅行に出かけた三郎達と一緒の車両に乗っていた女の子。一人旅をしていた。 甘崎
飲まない、食べない、腹壊さない 31話
【のまない-たべない-はら-こわさない】
 三郎やガンテツが蜃気楼の家に入る時の合い言葉。 甘崎
野村孝 9話、10話
【のむら-たかし】
 レッドマフラー部隊隊員。妻と娘を人質に取られ、ブレイン党入隊を強要される。 甘崎
野村絵里 9話、10話
【のむら-えり】
 野村隊員の娘。野村隊員を罠にはめるための人質に取られる。 甘崎
野村里枝 9話、10話
【のむら-さとえ】
 野村隊員の妻。野村隊員を罠にはめるための人質に取られる。 甘崎

ハーケンキラー 25話
【はーけん-きらー】
 対18用にブレインが作ったロボットで、中世騎士を思わせる風貌を持つ。手にした盾でグラビトンを防ぐほどの強力な力を持つ。盾が無くとも動き回ることで結果的にグラビトンを防いでしまう。裏切った振りをした18が押さえつけたところでグラビトンが炸裂した。 甘崎
ハスラー教授 ブレイン
【はすらー-きょうじゅ】
 ブレインを盗み出した張本人。ブレインをコントロール出来ると高をくくっていたが、実は彼こそがブレインに使役される存在であった。自分の立場を認めてしまってからは、大変エキセントリックとなり、時折関西弁で喋るようになる。一体どこの国の人だって設定だったんだろう?最後にハスラー要塞で東京を爆撃するが、復活した17によって放り投げられて爆死。役は大月ウルフ。 甘崎
バラモンボタラー ブラックタイガー
【ばらもん-ぼたらー】
 ブラックタイガーが使う呪文。このキーワードによってピンクジャガーとブルージャガーを動かす。 甘崎
ハリケーンロボット 2話
【はりけーん-ろぼっと】
 巨大な扇風機の刃のようなロボット。人型をしていない。強烈な突風を巻き起こし、凶悪犯人達を連れ去る。刃の一つ一つをナイフのように飛ばして攻撃する。 甘崎
B計画 22話〜
【びー-けいかく】
 佐原博士が主導する第二ブレイン計画のこと。 甘崎
BWLSI 13話
【びー-だぶりゅー-える-えす-あい】
 17の膝部分にあるグラビトン増幅装置。これを破壊されたことによって17はグラビトン攻撃が出来なくなった。 甘崎
飛行ワンセブン
【ひこう-わん-せぶん】
 要塞ワンセブンの形態のまま飛行を行う形態。 甘崎
ビッグエンゼル 28話〜
【びっぐ-えんぜる】
 佐原博士が作っている第二ブレインの正式名称。 甘崎
ビルロボット 20話、21話
【びる-ろぼっと】
 ビルに擬態して中に入った人間を次々に殺す。野球にちなむ作品だけに、体から巨大な爆弾を出して投球フォームで投げつけるとかいうシーンもある。 甘崎
ピンクジャガー 22話〜34話
【ぴんく-じゃがー】
 ブラックタイガー配下の女スパイ。当初秘密諜報員に扮してレッドマフラー隊に潜り込み、第二ブレインの設計図を盗み出した。カエルが大の苦手。「この手を血で汚したことはないのが唯一の自慢」で、ブレインに捕らえられた三郎を助けて殺された。 甘崎
藤木 28話、29話
【ふじき】
 佐原博士の友人の生物学者。ネッシーの卵を保有していると言って、佐原博士に助けを求める。 甘崎
藤木みどり 28話
【ふじき-みどり】
 藤木教授の娘。ルミの友達。 甘崎
ブラックタイガー 16話〜33話
【ぶらっく-たいがー】
 東南アジアの犯罪組織を束ねる伝説的黒幕。ブレイン党二代目指揮官となる。非情な性格と並外れた精神と肉体を持ち、最後は超能力でビッグエンゼルを破壊しようとするが、その行動は予測されており、ビッグエンゼルに細胞を破壊されて死亡。 甘崎
ブルージャガー 22話〜
【ぶるー-じゃがー】
 ブラックタイガーの配下でピンクジャガーのコンビの女スパイ。冷静な女戦士だが、ピンクジャガーの裏切りの責任を取らされ、ゴールドネッシーに乗って17と戦い、グラビトンを受けて爆死。 甘崎
ブレイン ハスラー博士
【ぶれいん】
 世界平和のために作られた、超生産能力を持つ巨大コンピューターで、人類の希望として作られたが、設計スタッフのハスラー教授と共に、一夜にして消えてしまう。実はブレインは自我を持ってしまい、人類は地球に害を及ぼす存在と判断。人類抹殺を自らの使命とする。そのため多くのロボットを設計するが、17番目に作り上げたロボットのため、その野望は潰える。自己修復機能を有し、たとえ爆破されても急速に自らを修復してしまう。又、近くにあるコンピュータを全て自分の配下に置くことが出来るため、17も近づくことが出来なかったのだが… 甘崎
ブレインエリア
【ぶれいん-えりあ】
 ブレインの直径2キロ範囲。ここに入ると全てのコンピュータはブレインの支配下に置かれてしまう。17がブレインに対して攻撃できなかったのはこれが理由だった。 甘崎
ブレインコンコルド 27話
【ぶれいん-こんこるど】
 コンコルドに偽装したブレインのロボット。変形はしないままだった。 甘崎
ブレイン党 ブレイン
【ぶれいん‐とう】
 人工頭脳ブレインが人類抹殺の為に結成した組織。強大な軍事力を持ち、メンバーもハスラー教授を初め、キャプテンゴメス、チーフキッド、ブラックタイガーなどの凶悪なテロリスト達が幹部で、党員達も世界中からさらってきた犯罪者で構成されている。
だが、ブレインにとってそれらの党員達は只の道具に過ぎず、いずれは抹殺するつもりだった…。 クラタ
ブレインプログラム 11話〜13話
【ぶれいん-ぷろぐらむ】
 日本の全兵力を葬り去るブレインの作戦。そのために佐原博士の立場を危うくして自らに取り込み、更に17のグラビトン回路を破壊。その間に日本に対し波状攻撃をかけるというもの。 甘崎
ぼんさん 18話 ハスラー
【ぼん-さん】
 ハスラーがブラックタイガーを称して言っている呼称。 甘崎

ミキサーロボット 7話、8話
【みきさー-ろぼっと】
 ガスタンクロボットにグラビトン攻撃をかけた17を倒すために現れたロボット。機体全体に棘をつけた球体ロボットで、飛行して体当たりして攻撃する。 甘崎
南加代 1話
【みなみ-かよ】
 三郎の姉。結婚式に向かう途中でローラーロボットに殺されてしまう。 甘崎
南三郎
【みなみ-さぶろう】
 ブレインの放つロボットに両親を殺されてしまった中学生。偶然17を甦らせ、17から脳波ヘルメットをもらい、17と心を通わせる。そのためブレインに狙われることになる。そのため、ブレインに対抗する組織レッドマフラー隊に入隊。17と共に戦う。
最後はブレインの脳波コントロールを逃れるため、17を操縦してブレインに特攻をしかける。このシーンは涙なしには見られない格好良さである。 甘崎
南徳造 1話
【みなみ-とくぞう】
 三郎の父。三郎の姉加代の結婚式に向かう途中で家族毎殺されてしまった。 甘崎
南松代 1話
【みなみ-まつよ】
 三郎の母。徳造と加代と共に殺されてしまう。 甘崎
ミラーアタック 31話
【みらー-あたっく】
 17の腹部を展開して鏡にして、敵の光線を反射させる技。 甘崎
武藤剛 20話、21話 立花高校
【むとう-つよし】
 ガンテツの母校立花高校の野球選手。母親を失ったばかりだった。 甘崎
村中 11話〜13話、16話、17話、24話
【むらなか】
 レッドマフラー部隊隊員。火に対するトラウマがある。三郎と共に17の体内に入り、修復工事を行うことでトラウマを乗り越えた。17の修理を一手に引き受けている。 甘崎

矢崎勇 20話〜26話
【やざき-いさむ】
 三郎のクラスメイト。キャンプに同行するが、母子家庭の母が行方不明になってやさぐれた行動をしている。 甘崎
矢崎加代 24話 矢崎勇
【やざき-かよ】
 矢崎勇の母。交通事故に遭って記憶喪失になっていたが、18の肩に乗っている勇をテレビで見て記憶を取り戻した。 甘崎
友情
【ゆうじょう】
 本作のキーワード。17と三郎の間の絆のこと。このために17は何度でも三郎を助けに行くことになる。34話では自らの死を覚悟してブレインに捕らえられた三郎を助けようとしていた。 甘崎
Uミサイル 30話
【ゆー-みさいる】
 元々は大規模火災消火用のミサイル。ハスラーはこれを東京に撃ち込もうとして、アッカーマン博士を拉致する。 甘崎
要塞ワンセブン
【ようさい-わん-せぶん】
 17の収納形態。この状態で体内工場を動かし、グラビトンのチャージを行っている。 甘崎

冷凍ロボット 5話、6話
【れいとう-ろぼっと】
 頭部に巨大な砲塔を持ったロボットで、砲塔から冷凍ガスを放出する。一度は17に敗北を喫するが、その後パワーアップして再登場。グラビトンによってあっけなく倒されてしまった。 甘崎
レッドマフラー部隊
【れっど-まふらー-ぶたい】
 国際平和部隊。元々はブレインを開発した組織だったが、ブレインの反乱を前に、対ブレイン組織となった。 甘崎
ローラーロボット 1話
【ろーらー-ろぼっと】
 ブレインロボット第1号。三郎の両親と姉を殺した張本人である。 クラタ
ロボター
【ろぼたー】
 正式にはオートダイオード17。17の体内にいる等身大のロボットで、17を修復している。最初は言葉も喋らなかったが、17が話すようになってから、女性の声で喋るようになった。 甘崎

18 17
【わん-えいと】
 17の弟としてブレインにより作られたロボット。17と同様、自立した意志を持ち、ブレインの元から逃げたと主張するが、実はブレインの送り込んだ罠だった。しかし、最後の最後、兄の17を助け、破壊されてしまうと言うなかなか健気なキャラクターだった。
 17と18の二人(?)で特訓する姿が妙に外したり、微妙にデザインがダサイとか、そう言うことは言ってはいけない…言ってるけど。実は石ノ森自身がデザインしたため、スタッフも文句を言えなかったという話もあり。 甘崎
17 大鉄人17
【わん-せぶん】
 身長50メートル、体重200tの鋼鉄の巨人。ブレインと呼ばれる超コンピュータにより作られた17番目のロボット。意志を持ち、母たるブレインを裏切って人間の味方をする。回が進むに連れ、どんどん人間くさくなっていく描写が面白く、しかも最後は…あれ?ひょっとしてこれって『ジャイアントロボ』のリメイク的作品だったのかな? 甘崎
α合金 大鉄人17
17、三郎 35話 ビッグエンゼル
【わん-せぶん-さぶろう】
 ビッグエンゼルがオーバーヒート直前にブレインの破壊を示した言葉。これが特攻を意味するのだと悟った三郎は17と共にブレインに突っ込もうとする。 甘崎
17は不滅のナンバー 35話 岩山鉄五郎
【わん-せぶん-は-ふめつ-の-なんばー】
 最終話のタイトルにもなっているが、最後にこの言葉を呟いたのはガンテツだった。 甘崎
名称
【】
  甘崎