特撮館Top
特撮事典

事典目次

鉄人タイガーセブン

ソフト

VOL.1

VOL.2

VOL.3

VOL.4

VOL.5

鉄人タイガーセブン(amazon)
鉄人タイガーセブン(楽天)
書籍
ビープロ特撮映像の世界 マグマ大使 スペクトルマン 快傑ライオン丸 鉄人タイガーセブン

肝心な時にお前はいない
【かんじん-な-とき-に-おまえ-は-いない】
 タイガーセブンに命を助けられた高井戸グループの面々が、タイガーセブンが戦っている間にいなくなってしまった滝川剛をなじって言う台詞。特撮の見立てを全て無視した恐るべき台詞である。 甘崎
ギル大使
【ぎる-たいし】
 古代ムー帝国のムー大帝から地上侵略を任せられた幹部。最終回ではムー大帝と合体してパワーアップするのだが、実にあっさりとタイガーセブンに負けてしまう。 甘崎

人工心臓SP
【じんこう-しんぞう-えす-ぴー】
 滝川博士により息子の剛に移植された心臓。寿命はそう長くなかったことが最終回で発覚してしまう。 甘崎
スパーク号
【すぱーく-ごう】
 タイガーセブンの愛車のオートバイ。この上で滝川剛はタイガーセブンに変身するのだが、恐るべき事に23話では、ジャンプしたタイガーセブンを失ったまま迷走し、なんと子供を轢いてしまうという… 甘崎

タイガーカッター
【たいがー-かったー】
 タイガーセブンの必殺技だが、見た目単なる大きな手袋を横殴りにして敵をまっぷたつにしてしまう技。 甘崎
タイガースパーク
【たいがー-すぱーく】
 タイガーセブンの必殺技だが、見た目単なる大きな手袋。これでぶん殴ることにより敵は爆発する。 甘崎
タイガーセブン
【たいがー-せぶん】
 滝川剛が父の形見のペンダントを掲げることで変身する正義のヒーロー。全身タイツ(しかも青い)に虎のお面をかぶっているだけというかなり安っぽい造形。 甘崎
高井戸グループ
【たかいど-ぐるーぷ】
 滝川剛が属する研究集団。ムー原人の襲来を察知し、現場に向かうのだが、実は彼らに特殊技能は全くないため、常にムー原人に追いかけられるばかりで、しかもいつも肝心な時にいなくなってしまう滝川剛をなじるしかない。 甘崎
高井戸博士
【たかいど-はかせ】
 滝川博士の友人で、日本でムー原人のことを知る数少ない人物。高井戸グループを結成し、ムー原人と戦いに赴くのだが、基本的に何も出来ない。最終回で戦いを放棄したタイガーセブンに代わり、単身ギル大使に挑むが、あっさり殺されてしまう。なんとも可哀想な人物である。 甘崎
滝川剛
【たきがわ-ごう】
 父の発掘チームに加わって古代ムー帝国の遺跡を発見するが、そこから出てきたムー原人に襲われて重傷を負ってしまう。滝川博士より人工心臓SPを移植されることで人間を超える力を得、更に父の形見のペンダントを用いることでタイガーセブンに変身する能力を得る。しかし、ヒーローとしてはあまりに悲惨な運命を背負うことになる。「肝心な時にお前はいない」と言われたヒーローはこいつくらいだ。役は南条竜也。 甘崎
滝川博士
【たきがわ-はかせ】
 剛の父。古代ムー帝国の発掘に心血を注ぐが、同時に人工心臓の計画も進めており、更に息子の改造手術までこなす。一体何が専門なのか分からない人物。剛の手術が終わった時点でムー原人の襲撃を受けて死亡。 甘崎

ムー原人
【むー-げんじん】
 地底王国の古代ムー帝国の住民。地上を支配するために地上侵攻を開始する。 甘崎
ムー大帝
【むー-たいてい】
 古代ムー帝国の帝王。自分では動けないのだが、最終回ではギル大使と合体する。 甘崎