特撮館Top
特撮事典

ライラの冒険

黄金の羅針盤


<amazon>
<楽天>
2007年
クリス・ワイツ(監)
 この地球とは次元を隔てて存在する並行世界。ここでの人間はその魂をダイモンという守護精霊が持っており、一蓮托生の関係にあった。この世界に住む少女ライラ(リチャーズ)は、両親が事故で死んでしまい、今は伯父であるアスリエル卿(クレイグ)が後継人となり、学生寮に住んでいた。ある日コールター夫人(キッドマン)という女性が現れた時から彼女の運命は大きく変わっていく。彼女にしか使えないという黄金の羅針盤を託されたライラの冒険の旅が始まる。
 私は読んでないのだが、世界的ベストセラーの児童小説の映画化作。原作は三部作なので、これが第一部となる。
 
『ハリー・ポッター』『ロード・オブ・ザ・リング』『ナルニア国物語』と、このところ長編の児童文学の映画化が結構多い(特殊な例の『ゲド戦記』もあるが)。こどもの頃にお世話になった人達も多いことから、幅広く視聴者を得られることと、CGの発達に従って見所をしっかり作れるようになったことが最大の要因だろう。その最新大作が本作となるのだが、他のファンタジー作品と較べると、多少執筆年代が遅いのが特徴(1990年代に入って)。
 本作は結構前からネットでキャンペーンが張られていて、随分力が入った映像なので、とりあえず押さえておこう。という気持ちで拝見。
 とりあえずキャラに関しては問題ないと思う。実物でもキッドマンやクレイグといった旬の役者が出ているほか、声の出演がイアン=マッケラン、フレディ=ハイモア、キャシー=ベイツとなかなか豪華。そしてそれらに一歩も引かずに堂々と演じたライラ役新人のリチャーズもたいしたものだ。
 だけど、褒めるところはそこしかなかった。
 まさに息も継がせぬスピード感と見所感に溢れた作品なのだが、それが私には苦痛。
 これだけ冒険一杯で見所満載。画面映えする作品というのに、はっきり言って退屈でたまらない。実はものの30分程度で飽きてしまった。これは前に
『シン・シティ』でも感じたことなのだが、たとえ見所が連発されようと、一本調子でただ派手にするだけではアクションは映えない。物語も次に来る展開が事前に分かるようになっていて、驚きがないので、ただ淡々とやかましい音を聞かされてるだけの気分。正直音響の良さを雑音としか感じられなかった。
 結局それは演出のチープさ。と言うことだろう。見所は詰まっているとはいえ、基本的に話は一本調子。
ライラは「はい」と「いいえ」の選択肢を選んでいくだけで物語が展開していく感じだし、都合の良い時に都合の良いキャラが次々に登場。ちょっと画面に違和感がある登場人物が出れば必ずそれが伏線となってる。などなど、意外性どころか一貫した物語性を全く顧慮しない展開。しかも物語を詰めすぎたために緩急もない。アクションも一本調子が続くと、観てる側は無関心になってしまう。たとえ同じ物語であっても、見所をちゃんと押さえて作ってくれれば、そんな感覚に陥ることもないはずなのだが、どうにもこの息継ぐ暇のないアクションというのは、さほど楽しいものではなくなってしまった。
 総じて言えば、
まるで他人がやってるゲームのRPGを眺めてる感じ
 単に私が歳食ったからそう言うのに耐えられなくなったのかも知れないが、だったらこどもを連れてくるお父さんお母さんにもっと優しい作品に仕上げて欲しかったもんだ。

 

アスリエル
【あすりえる】
 ライラの伯父で冒険家。ダストと呼ばれる粒子を研究し、北極に向かったが行方不明になってしまった。 甘崎
イオレク
【いおれく】
 イオレク=バーニソン。北極に住む鎧グマの一族。かつて王位争奪戦で一対一の決闘に敗れ、仲間からは追放されてしまい人間世界にいる。大酒飲みで、大切な鎧も人間にだまし取られてしまった。ライラによって鎧と活力を取り戻す。 甘崎
黄金の羅針盤
【おうごん-の-らしんばん】
 本来の名前は“アレシオメーター”。世界の真理を示すとされる特殊な機械。世界に6つあったが、教権によってそのほとんどは破壊され、残されたのはたった一つ。ライラだけがこれを読み解くことが出来る。 甘崎
教権
【きょうけん】
 ライラの世界を統べる組織。その格好や行いなどがこの世界のカトリックのものに似ている。 甘崎
ゴブラー
【ごぶらー】
 こどもをさらっては北極に連れて行ってしまうという謎の集団。実は教権の擁する特殊部隊だった。 甘崎
ジプシャン
【じぷしゃん】
 流浪の民。主に船で世界各地を移動している。仲間の結束力はかなり高い。 甘崎
ジョン
【じょん】
 ジョン=ファー。ジプシャンの王。 甘崎
セラフィナ
【せらふぃな】
 セラフィナ=ペカーラ。魔女族の女王。度々ライラの前に姿を現して危機を救う。 甘崎
ダイモン
【だいもん】
 ライラの世界に存在する守護精霊の事で、人間がその心の形を動物の形にしたもの。こどもの頃は様々な形を取るが、大人になった時に姿は決定する。 甘崎
ダスト
【だすと】
 ライラの世界に降り注いでいる光の粒子。実はこれは他次元との境に存在する物質で、これを使えば他の次元に行くことも出来る。アスリエルがこの研究を行っているが、教権はこれを一般の目からは隠そうとしている。 甘崎
パンタライモン
【ぱんたらいもん】
 ライラの持つダイモン。まだ形は様々に変えることが出来る。通称“パン” 甘崎
ライラ
【らいら】
 本名ライラ=ベラクア。幼くして両親を失い、今は全寮制の学校に通っている少女。黄金の羅針盤を唯一読み解くことが出来る人物。彼女のダイモンはパンタライモン。 甘崎
リー
【りー】
 リー=スコーズビー。飛行船乗り。ジプシャンと共に旅をするライラを見かけて助力を申し出、イオレクを仲間にするよう助言する。 甘崎
ロジャー
【ろじゃー】
 ライラと同じ寮生で仲の良い友達。ゴブラーにさらわれてしまう。 甘崎