特撮館Top
特撮事典

事典目次

仮面ライダークウガ

ストーリー解説
ソフト

VOL.1

VOL.2

VOL.3

VOL.4

VOL.5

VOL.6

VOL.7

VOL.8

VOL.9

VOL.10

VOL.11

VOL.12

特別

新春SP

Blu‐ray 1

Blu‐ray 2

Blu‐ray 3

KAMEN RIDER BEST 2000-2011 SPECIAL EDITION (DVD付)
仮面ライダークウガ(amazon)
仮面ライダークウガ(楽天)
書籍
仮面ライダークウガ超全集 (上巻)  (下巻)  (最終巻)
仮面ライダー 平成 vol.1 仮面ライダークウガ
小説
小説 仮面ライダークウガ荒川稔久 書評
コミック
仮面ライダークウガ1 書評 2 3 井上敏樹、横島一
集合
愛蔵版 仮面ライダー全戦士超ファイル 1971-2016仮面ライダー〜ゴースト
語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】クウガ〜龍騎
仮面ライダー 感動のエピソード仮面ライダー〜鎧武
仮面ライダーディケイド&平成仮面ライダーシリーズ10周年記念公式読本クウガ〜ディケイド
仮面ライダーの常識 乱世激闘篇仮面ライダー〜鎧武
仮面ライダーの超常識仮面ライダー〜ゴースト
仮面ライダー 平成 vol.0 31大仮面ライダー集結仮面ライダー〜ドライブ
キャラクター大全 仮面ライダー大全 平成編 AD2000-2011クウガ〜フォーゼ
拝啓、平成仮面ライダー様 ―「変身」と言う名の過去と未来―クウガ〜W
全仮面ライダー大全集 GREAT HISTORIES OF MASKED RIDER(書籍)
9人の 仮面ライダー クウガから キバまで だいしゅうごう!(書籍)
仮面ライダーディケイド&平成仮面ライダーシリーズ10周年記念公式読本(書籍)
平成イケメンライダー91クウガ〜W
平成仮面ライダー怪人伝仮面ライダー〜OOO
平成仮面ライダー変身伝クウガ〜OOO
平成仮面ライダー英雄伝クウガ〜OOO
仮面ライダーオーズ&オールライダー
語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】クウガ〜龍騎
仮面ライダー変身ベルト大全 (DENGEKI HOBBY BOOKS)仮面ライダー〜W
「平成仮面ライダー」徹底ガイドクウガ〜OOO
全仮面ライダー大全集 GREAT HISTORIES OF MASKED RIDER仮面ライダー〜ディケイド
僕たちの「仮面ライダー」怪人ランキング仮面ライダー〜鎧武

アークル
【あーくる】
 雄介がクウガに変身する際腰部分に現れるベルト。玩具では「ソニックウェーブ」と呼ばれている。 甘崎
アークル<amazon> アークル<楽天>
相変わらずそそる奴だな 8話 椿秀一
【あい-かわらず-そそる-やつだな】
 五代雄介の身体を調べていた椿医師が五代のレントゲン写真を見ながら言った台詞。マッドが堂に入ってる。 甘崎
朝比奈奈々 五代雄介
【あさひな-なな】
 喫茶店ポレポレのマスター飾の姪。生まれは京都で、関西弁を喋るが、役者を目指して上京している。休みがちな雄介に代わってボレボレの手伝いをしている。雄介の大ファン。 甘崎
アマダム
【あまだむ】
 ベルトを装着することにより、五代雄介の身体の中に入り込んだ霊石。これがクウガとなるパワーを与えるのだが、戦いを繰り返すたび、徐々にパワーアップしていく。 甘崎
アメイジングマイティ 46話、47話
【あめいじんぐ-まいてぃ】
 クウガが二度目の電気ショックを与えられることによってライジングフォームを超える変身が可能となって誕生した黒の戦士。アルティメットフォームの前段階でもある。 甘崎
アメイジングマイティ<amazon> アメイジングマイティ<楽天>
アメイジングマイティキック 46話
【あめいじんぐ-まいてぃ-きっく】
 別名ダブルライジングマイティキック。アメイジングマイティとなったクウガがゴ・ガドル・バに放った両足によるマイティキック。 甘崎
アルティメットフォーム 48話
【あるてぃめっと-ふぉーむ】
 “凄まじき戦士”と呼ばれる、クウガの最終形態。同じ黒の戦士でも、他とシルエットが変わらないアメイジングマイティとは異なり、全体的に重装甲となり、更に頭部のツノが四本になってる。進化の最後で目が黒くなると“究極の闇をもたらすもの”となるはずだが、最後まで目は赤いままだった。ン・ダグバ・ゼバとの最終決戦時に一度だけ変身。技も何もなく、ひたすら互いを殴り合うシーンの凄まじさ。尚、設定上この形態が全ライダー中最も戦闘力が高いとされる。 甘崎
アルティメットフォーム<amazon> アルティメットフォーム<楽天>
RAH リアルアクションヒーローズ RAH DX 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
一条薫
【いちじょう-かおる】
 長野県警所属の刑事だったが、広域指定された未確認生命体事件を担当するため、本庁に転属される。当初雄介を民間人を巻き込んだと思い、戦いから離れるように勧めたりもするが、雄介の決意を知り、全面的にバックアップするようになる。本作のもう一人の主人公であり、クウガの良きサポート役。警察という組織の中で、雄介の存在をちゃんと捉えていたところに本作の特徴がある。雄介のことはきちんと「五代雄介」とフルネームで呼ぶのが特徴。 甘崎
一条薫<amazon> 一条薫<楽天>
稲森麗子 椿秀一
【いなもり-れいこ】
 椿がつきあっている女性。デートの時に限って一条から連絡が来るため疎遠になり、ついには椿はふられてしまったようだ。 甘崎
馬の鎧 ゴウラム
【うま-の-よろい】
 リント文字で書かれたゴウラムのこと。 甘崎
笑顔
【えがお】
 本シリーズのキー・ワードであり、これが実は雄介の最大の武器だった。最終回で明らかになるが、“凄まじき戦士”アルティメットフォームが本当の闇に飲み込まれずに済んだのは、“みんなの笑顔を守りたい”という雄介の思いが戦士としての本能を押さえ込んだからと言うことが明らかにされる。2000の技を持つ雄介の第1番目の技でもある。 甘崎
榎田冴 榎田ひかり
【えのきだ-さゆる】
 榎田ひかりの息子。母のことが大好きだが、研究に明け暮れて全然家に帰ってこられないのでかなり拗ね気味。 甘崎
榎田ひかり 7話〜
【えのきだ-ひかり】
 科学警察研究者で、一条とは面識があり、軽口を言い合う仲でもある。グロンギの解剖や新しい武器の開発など、バックアップとして重要な人物。ある種とんでもないマッドサイエンティストでもある。 甘崎
遅いぞ、五代 19話
【おそいぞ-ごだい】
 死んだと思われた雄介がパワーアップして蘇り、メ・ギノガ・デを倒した際、一条が雄介に言った台詞。二人の信頼関係が分かる味わいのある言葉だ。そしてにやけた顔を見られないように後ろを向き、黙ってサムズアップする。良いねえ。 甘崎

飾玉三郎
【かざり-たまさぶろう】
 「おやっさん」の愛称を持つ雄介が下宿している洋食屋「ポレポレ」のマスター。若い頃は、雄介同様、世界各地を冒険しており、様々な職業に精通していたが、何をやってもうまくいかないところが雄介とは大きな違い。雄介がクウガであることは知らないが、クウガの熱烈なファンとなる。 甘崎
仮面ライダークウガ 五代雄介 
【かめん-らいだー-くうが】
 五代雄介が変身する仮面ライダー。未確認生命体4号と呼ばれている。正確には劇中一言も「仮面ライダー」とは呼ばれていない。後のシリーズに登場したはっきりしたが、基本フォームは全ライダー中最弱のライダーとされている。ただし、最強フォームであるアルティメットフォームは全ライダー中最強のパワーを持つとされる。 甘崎
仮面ライダークウガ<amazon> 仮面ライダークウガ<楽天>
組立式DXソフビフィギュア クウガ&電王編 単品:クウガ
体、一つ追加ですね 13話 沢渡桜子
【からだ-ひとつ-ついか-ですね】
 長野から送られてきた古代文字の解読と、修士論文の提出期限が迫っている中、一条から「もっと積極的に事件に関わって欲しい」と呼ばれた時に桜子がつぶやいた言葉。えらいえらい。 甘崎
カラミティタイタン タイタンフォーム
【からみてぃ-たいたん】
 クウガタイタンフォームのタイタンソードを用いた必殺技で、袈裟懸けに敵を一刀両断する。ライジングフォームになると、一撃の威力は更に増す。 甘崎
神崎昭二 11話、12話
【かんざき-しょうじ】
 雄介の小学校時代の恩師。雄介に「人の笑顔のためにがんばれる男になれ」と教えた人物。実は雄介のサムズアップは彼に教えられたものだった。卒業文集で雄介は13年後に2000の技を習得して彼に見せる事を約束する。 甘崎
ギジャバビゴギザ 3話 ラ・バルバ・デ
【ぎじゃば-びごぎざ】
 グロンギ語で「嫌な臭いだ」。古代から一気に現代の、しかも東京に来たグロンギ達が一様に感じる事らしく、何度か使用されている。 甘崎
ギベ グロンギ語
【ぎべ】
 多用されるグロンギ語の一つ。「死ね」という意味。 甘崎
きゃ〜、触りに来て〜 20話 榎田ひかり
【きゃー-さわり-に-きてー】
 動かなくなったトライゴウラムを調べている榎田が携帯で雄介の声を聴いて叫んだ台詞。勿論主語は「私」ではなく「ゴウラムに」だが(笑) 甘崎
究極の闇をもたらす者 アルティメットフォーム
【きゅうきょく-の-やみ-を-もたらす-もの】
 桜子が調査を続けている碑文に書かれた言葉で、たった一人残った最強のグロンギが人間を滅ぼす事を意味する。グロンギのゲゲルはひとえにこれを作り出すことにあった。しかしこれは同時にクウガのアルティメットフォームを意味する言葉とも取れる。 甘崎
キュグキョブンジャリ
【きゅぐきょぶん-じゃり】
 グロンギ語で「究極の闇」を示す言葉。 甘崎
霧島拓 25話、26話
【きりしま-ひらく】
 神崎の受け持っているクラスの小学生。優等生だが、宿題の「未来」と題した作文で「僕の場所がない」と書いた後に家出して東京に向かう。 甘崎
九郎ヶ岳 1話
【くろう-が-だけ】
 日本アルプスにあり、グロンギの古代遺跡が出現した山。 甘崎
グローイングフォーム 京本コレクション 仮面ライダークウガ グローイングフォーム
【ぐろーいんぐ-ふぉーむ】
 未確認生命体第2号と呼ばれるが、実はクウガの最初の形態。体色は白で、兜部分の角も短い。人間よりは強い。と言った程度で、最初の敵ズ・グムン・バを辛うじてヘリコプターからたたき落として倒した。 甘崎
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ グローイングフォーム
グロンギ
【ぐろんぎ】
 超古代に存在した好戦的な先住人類。古代碑文の記述からグロンギと呼ばれる。いずれも異形の姿に変身できる怪人たちで、それぞれクモやコウモリなど動植物の能力を持っている。決められた日数の間に決められた数のリント(人間)を殺すことをルールとした殺人ゲームを行い、倒した人間の数により、ランクアップする。 甘崎
グロンギ語
【ぐろんぎ-ご】
 グロンギ達の語る言葉。一応日本語に対応しているため、ある程度言葉は推測できるのだが、これを知るためには対応表を必要とする。
 ちなみに日本語との対訳は
 「ガ行」→「あ行」
 「バ行」→「か行」
 「ガ行」→「さ行」
 「ダ行」→「た行」
 「バ行」→「な行」
 「ザ行」→「は行」
 「ラ行」→「ま行」
 「ジャ行」→「や行」
 「サ行」→「ら行」
 「ガ行」→「が行」
 「ザ行」→「ざ行」
 「ザ行」→「だ行」
 「ダ行」→「ば行」
 「バ行」→「ぱ行」
 言葉を伸ばす場合は、前の単語を繰り返すとか、他にいくつかの法則がある。例えばグロンギ語の一番最初に登場した台詞「ジョリガゲセ」は「よみがえれ」になる。 甘崎
芸術は、爆発だ 8話 五代雄介
【げいじゅつ-は-ばくはつ-だ】
 岡本太郎の有名な台詞。五代雄介がペガサスフォームに変身し、五感が極端に増した状態を称して言った台詞。 甘崎
ゲゲル グロンギ語
【げげる】
 グロンギ語で「げーむ」を意味する。人間狩りの事で、グロンギ達によれば、これによって規定数の人間を殺すことで、レベル・アップするらしい。その経緯は「ズ族→メ族→ゴ族」を経て最強の「ン」になるらしい。何故古代日本語のグロンギ語で英語が用いられているのかは不明。 甘崎
ゲリザギバスゲゲル グロンギ語
【げり-ざぎばす-げげる】
 セミファイナルゲームのこと。 甘崎
ケロンパカレー 34話 飾玉三郎
【けろんぱ-かれー】
 おやっさんが未確認生命体第4号(クウガ)の4形態が金になったことを記念して作ったカレー。キンキンカレーにするつもりだったが、一ひねりしたとのこと。ただしこれで分かる人間はちょっと年齢が… 甘崎
恋のクウガ 9話 飾玉三郎
【こい-の-くうが】
 雄介が自分をクウガと主張した時、おやっさんがぽろっと漏らした台詞。元ネタはザ・ピーナッツの「恋のフーガ」。 甘崎
ゴウラム 13話〜 トライゴウラム
【ごうらむ】
 九郎ヶ岳遺跡から発見された遺跡の一つで、ジャンによって発掘されるが、その移送途中で突然東京に向けて飛び立ち、クウガのトライチェイサー2000に合体する。後、クウガがビートチェイサー2000に乗り換えてからはビートチェイサーに合体するようになる。単独でもクウガを乗せて飛行する能力を有する。裏設定では仮にクウガが究極の闇をもたらす者になった場合、自己崩壊するようプログラムされていた。最後まで残った事が、クウガが究極の闇にならなかった証。 甘崎
ゴ・ガドル・バ
【ご-がどる-ば】
 未確認生命体第46号。ゴ族最強のグロンギで、人間体ではかなり長い間登場する。最強の力は伊達ではなく、クウガを瀕死の重傷にまで追いつめる。又、“新たなる力”として、クウガに与えられたダメージを全てコピーする能力を持つ。なんとライジングマイティキックまでもがコピーされてしまう。順調にゲゲルを続けていたが、一条にゲゲル用のバグンダダ(カウンター)を壊されてしまったために、やり直しを余儀なくされた。最終的にクウガのアメイジングマイティによるアメイジングマイティキックにより倒される。 甘崎
ゴ・ガメゴ・レ 29話、30話
【ご-がめご-れ】
 未確認生命体第39号。カメ型のグロンギで、指輪を変化させた鎖鉄球を砲丸のように投げ殺人を行なう。そのルールはルーレットの出た目に従って標的を選んでいる。その装甲は厚く、ライジングタイタンソードをも跳ね返すほど。最終的にライジングマイティフォームのキックで爆死。 甘崎
ゴ・ザザル・バ 36話〜39話
【ご-ざざる-ば】
 未確認生命体第43号。サソリ型のグロンギで(女性型)、強酸性の体液を犠牲者に注ぎ込むことで溶かしてしまう。ゲゲルの法則は色の順番で人を乗せた箱の中にいる人間を溶かしていく。最後は安全な廃工場に誘い込まれ、ライジングブラストペガサスにより大爆発を起こす。 甘崎
ゴ・ジーノ・ダ
【ご-じーの-だ】
 未確認生命体第40号。ウサギ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
ゴ・ジャーザ・ギ 40話、41話
【ご-じゃーざ-ぎ】
 未確認生命体第44号。サメ型の女性型のグロンギ。胸の飾りを槍や剣に変えて攻撃する。謎めいた殺人予告を警視庁に送り、その通りに殺人を犯すことが彼女のゲゲル。ライジングドラゴンロッドの攻撃を受けても一旦はダメージを吸収するも、ダブルライジングカラミティタイタンにて撃破。 甘崎
ゴ・ジャラジ・ダ 34話、35話
【ご-じゃらじ-だ】
 未確認生命体第42号。ヤマアラシ型のグロンギ。緑川学園の2年男子生徒を殺すと言うゲゲルを遂行する。犠牲者の頭に針を埋め込み、一定時間でそれを変化させ、脳を破壊する。又、針を手裏剣のように用いることも出来るが、ライジングタイタンフォームの装甲には通用せず、ライジングカラミティタイタンにより撃破される。 甘崎
ゴ族 グロンギ、メ族
【ご-ぞく】
 グロンギのそれぞれの頭文字に付いている一文字が「ゴ」の一群。グロンギの中ではかなり強い部類に入り、彼らの内ゲゲル(ゲーム)の勝者が最強の称号を受けることとなる。 甘崎
五代雄介
【ごだい-ゆうすけ】
 クウガに変身する主人公。好奇心旺盛な性格で1999の特技を身につけている(クウガへの変身が2000個目の特技となる)。一見お気楽冒険野郎に見えるのだが、実は人の命を大切にし、そのために自分が何をなすべきかをしっかり捉えている。それ故、咄嗟の判断で自ら戦士クウガとなる事を選択する。普段は文京区の小さな洋食店・ポレポレに住み込みで働いている。誕生日は3月18日らしい。 甘崎
五代雄介(検索) <amazon> <楽天>
五代みのり
【ごだい-みのり】
 雄介の妹で、保育士として働いている。雄介の妹だけあって、物事を前向きに捉える性格で、精神的な面で人々を癒していく。 甘崎
ゴ・バダー・バ 25話〜33話 ズ・バヅー・バ
【ご-ばだー-ば】
 未確認生命体41号。バッタ型のグロンギで未確認生命体6号であるズ・バヅー・バの兄弟。ゴ族では早くから登場し、クウガに度々ちょっかいを出していた。変身ポーズと言い、首に巻いたマフラーと言い、明らかに旧作の仮面ライダーを意識していることが分かる。バイクセンスも良く、オートバイによるクウガとの激しいバトルも行っている。あと一人でゲゲルも終わりだというほどの力を持つほどの実力もあるのが、結果的にビートチェイサー2000の登場を促しただけで倒されてしまったのが残念。計9話に渡って登場。 甘崎
ゴ・バベル・ダ 42話
【ご-ばべる-ダ】
 未確認生命体第45号。バッファロー型のグロンギで、人間体はこれまで何度か登場していた。痩身の若者だったが、変身するとごっつくなてしまう。マイティキックを受けても平気で、手にしたハンマーでタイタンフォームとなったクウガをぼこぼこにぶん殴ってる。最後はライジングビートゴウラムによって粉砕される。 甘崎
ゴ・ブウロ・グ 25話、26話
【ご-ぶうろ-ぐ】
 未確認生命体第37号。フクロウ型のグロンギで、ゴ族の最初の敵となる。飛翔能力に長け、胸の装飾品を変化させた吹き矢で空中からの攻撃を得意とする。ペガサスボウガンで羽根を射抜かれるが、その羽根をむしり取って命を長らえる。ただし、二度目の登場時にはライジングペガサスによって瞬殺。人間の姿をしている時はサングラスをかけて本を読み続けてるようなキャラ。 甘崎
怪人シリーズ 11 フクロウ種怪人 ゴ・ブロウ・グ
ゴ・ベミウ・ギ
【ご-べみう-ぎ】
 未確認生命体第38号。ウミヘビ型のグロンギで、水中から対象者に近づき、超低温で心臓麻痺を引き起こす。音楽に興味を持ち、ショパンの「革命のエチュード」という曲の音階(ドレミ)に合わせ、殺人現場とするプールを(ドルフィンプール、レクサススイミングスクール…)選択した上で、音符の長さに合わせた人数を殺す、という複雑なルールの殺人ゲームを行った。鞭を使った攻撃でクウガを苦しめるが、最終的にライジングドラゴンに超変身したクウガのドラゴンロッドで殺される。 甘崎

ザギバスゲゲル ゲゲル
【ざぎばす-げげる】
 グロンギ語で「ファイナルゲーム」を意味する。グロンギが最終的に目指すゲーム。結果的にすべてのゲゲルはクウガによって阻止され、第0号のみが最後に残ることになる。 甘崎
桜井剛
【さくらい-つよし】
 一条の同僚で未確認生命体を追う刑事。クウガの戦いの全てを手帳に書き記すなど、結構マニアっぽい姿を見せてくれる。好物はパンで、朝から山盛りにしたクロワッサンを食べてたりする。 甘崎
笹山望見
【ささやま-のぞみ】
 警視庁の未確認生命体捜査本部のオペレーターを務める婦人警官。一条のファン。 甘崎
サムズアップ 五代雄介
【さむず-あっぷ】
 笑顔と共に相手に向かって拳を突き出し、親指をあげる仕草。様々な意味合いを持つが、相手を安心させるのが最も大きな使い方。雄介の最大の必殺技。 甘崎
沢渡桜子
【さわたり-さくらこ】
 城南大学の大学院生で、九郎ヶ岳の古代遺跡の文字を解読したことから事件に巻き込まれていく。雄介の先輩でもあり、クウガとなった雄介を碑文解読でバックアップする。 甘崎
邪悪なるものあらば、その姿を彼方より知りて、疾風のごとく邪悪を射抜く戦士あり
【じゃあく-なる-もの-あらば-その-すがた-を-かなた-より-しりて-しっぷう-のーごとく-じゃあく-を-いぬく-せんし-あり】
 桜子が解読したクウガの緑の戦士ペガサスフォームの武器を暗示した古代語。 甘崎
ジャン・ミシェル・ソレル
【じゃん-みしぇる-それる】
 城南大学のルーマニアからの留学生で、桜子と同じ研究室の大学院生。彼のアドバイスで桜子がいくつもの古代語解読の糸口をつかんでいる。梅干しが大好きという変わった面を持つ。 甘崎
ジョリガゲセ 1話 ン・ダグバ・ゼバ
【じょりがげせ】
 一番最初に使われたグロンギ語。日本語訳は「甦れ」。 甘崎
神経断裂弾
【しんけい-だんれつ-だん】
 科警研の榎田が未確認生命体第3号の解剖などによって開発した武器で、これをグロンギに撃ち込むと、連鎖的にグロンギの神経を破壊し、死に至らしめる。 甘崎
ズ・ガズボ・デ
【ず-がずぼ-で】
 未確認生命体第10号。ウツボカヅラ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
杉田守道
【すぎた-もりみち】
 一条の同僚の刑事で、未確認生命体対策のために駆け回る。かつてグロンギに襲われていたところをクウガに助けられ、クウガが雄介であることを知った後、全面的にクウガのバックアップに回る。 甘崎
ズ・グジル・ギ
【ず-ぐじる-ぎ】
 未確認生命体第7号。クジラ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
ズ・グムン・バ 1話、2話
【ず-ぐむん-ば】
 未確認生命体第1号。仮面ライダーの定番とも言えるクモ型の怪人。クウガのベルトを奪いに(破壊に?)来るが、偶然そこに居合わせ、古代のヴィジョンを見ることが出来る五代雄介がベルトを装着。白いグローイングフォームに変身して撃退。 甘崎
ズ・ゴオマ・グ 2話〜39話
【ず-ごおま-ぐ】
 未確認生命体第3号で、仮面ライダーでは定番のコウモリ型の怪人。結果的にクウガのマイティフォームを促すことになる。長野市内にある教会の神父に身を変えていた。光を嫌うらしく、活動は夜に限られるか、昼に活動する場合こうもり傘を常に差していた。36話で謎の遺跡を身体に取り込むことで、極端にパワーアップ。タイタンソードやマイティ・キックを圧倒するほどの力を得るが、どうやらそのン・ダグバ・ゼバ自らの手によって殺されてしまう。雑魚敵のはずなのに、かなり長く生きたグロンギだった。 甘崎
コウモリ種怪人 ズ・ゴオマ・グ
ズ・ザイン・ダ 11話、12話
【ず-ざいん-だ】
 未確認生命体第22号。サイ型の未確認生命体で、比較的早くから人間体として登場していた。彼が人間狩りを始めたのは車に対する憎しみによるもので、ゲームの一環では無いらしい。武器は頭部に生えた角で、この突進でクウガは危機を迎えることになる。更に咄嗟に出したマイティフォームのキックを受けても持ちこたえる。最終的に雄介が最もその威力を発揮できるキックの仕方を編み出すことで撃破する。 甘崎
凄まじき戦士
【すさまじき-せんし】
 物語中盤からのキー・ワード。リントの文献や、グロンギの書いた文字から、これがクウガの最終形態であると推測され、48話でついにクウガはアルティメットフォームに変身する。雄介がヴィジョンで見たその姿(オープニングで登場する)は全てが漆黒だったが、クウガの目は最後まで赤いままだった。雄介がクウガであったことが正解だった証となっている。“究極の闇をもたらすもの”と対比され、その二人が最終決戦を行うこととなる。 甘崎
ズ・ジャモル・レ
【ず-じゃもる-れ】
 未確認生命体第13号。ヤモリ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
ズ族 グロンギ、メ族
【ず-ぞく】
 グロンギのそれぞれの頭文字に付いている一文字が「ズ」の一群。グロンギの中ではかなり弱い部類に入るが、彼らがゲゲル(ゲーム)によってレベル・アップすることでメ族へと変わるらしい。 甘崎
ズ・ダーゴ・ギ
【ず-だーご-ぎ】
 未確認生命体第11号。タコ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
ズ・ネズマ・ダ
【ず-ねずま-だ】
 未確認生命体第12号。ネズミ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
ズ・バヅー・バ 5話、6話 ドラゴンフォーム
【ず-ばづ-ば】
 未確認生命体第6号。バッタ型のグロンギ怪人で、その形態やマフラーなどにより、旧作「仮面ライダー」のイメージを色濃く残しているのが特徴。ドラゴンフォームの力を使いこなせないクウガを圧倒するが、ドラゴンロッドを装備したクウガに倒される 甘崎
スプラッシュドラゴン ドラゴンフォーム
【すぷらっしゅ-どらごん】
 ドラゴンフォームとなったクウガのドラゴンロッドを用いた必殺技で、敵の弱点を一撃して倒す。ライジングフォーム状態だと、その動きが格段に増す。 甘崎
ズ・ミウジ・ギ
【ず-みうじ-ぎ】
 未確認生命体第9号。ウミウシ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
ズ・メビオ・ダ 3話、4話
【ず-めびお-だ】
 未確認生命体第5号。グロンギの女性で。彪型のグロンギだけに、走るのがとても速い。クウガと共に警察の一斉射撃を受け、右目を負傷。クウガの乗るトライチェイサー2000に散々どつき回された後、マイティキックを受けて死亡。 甘崎
戦士の瞼の下に大いなる瞳現れても汝涙することなかれ 19話 メ・ギノガ・デ
【せんし-の-まぶた-の-した-に-おおいなる-ひとみ-あらわれても-なんじ-なみだ-する-こと-なかれ】
 メ・ギノガ・デに胞子を吹き入れられ、心停止に陥った雄介の姿に、桜子が解読した碑文の解説をした言葉。椿によれば、「おおいなる瞳」とは瞳孔拡大を意味するのだそうだ。そしてその後に「戦士の瞼の下、大いなる瞳になりし時、何人たりともその眠りを妨げるなかれ」と言う言葉が続き、その通り雄介は息を吹き返す。 甘崎

大事だからこそ自分の好きなものを守りたい 4話
【だいじ-だから-こそ-じぶん-の-すきな-もの-を-まもりたい】
 未確認生命体第四号と認定されてしまったクウガが警察に一斉射撃された事を受け、一条が雄介に「もっと自分を大事にしろ」と言った言葉を受けて雄介が言った台詞。 甘崎
タイタンソード 10話〜 タイタンフォーム
【たいたん-そーど】
 タイタンフォームのクウガが棒状のものを手にした時変化する剣状の武器。まさに一撃必殺の武器。 甘崎
タイタンフォーム 10話〜 
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ タイタンフォーム
装着変身4 仮面ライダークウガ タイタンフォーム
【たいたん-ふぉーむ】
 クウガの紫の形態。極端に装甲が増し、大剣タイタンソードを振り回す。しかしその分動きは鈍重になるようだ。ゆっくりゆっくり敵に近づき、一撃で敵を葬り去る姿はかなり格好良い。 甘崎
ライダーヒーローシリーズ 仮面ライダークウガ タイタンフォーム
ダブルライジングカラミティタイタン 41話 カラミティタイタン、ゴ・ジャーザ・ギ
【だぶる-らいじんぐ-からみてぃ-たいたん】
 カラミティタイタンの強化版であるライジングカラミティタイタンの更なる強化版。二刀流で攻撃する。ゴ・ジャーザ・ギに対し、一度だけ使用される。 甘崎
ちくちく痒くて大変だった 4話
【ちくちく-かゆくて-たいへん-だった】
 未確認生命体として長野県警に一斉射撃された雄介が桜子に喋った台詞。何というか、これで人間に対して憎悪を持たないところがこの主人公のすばらしいところだ。 甘崎
蝶野潤一 13話
【ちょうの-じゅんいち】
 人間に対する不信感と病気により自暴自棄となり、未確認生命体にあこがれを抱くようになった青年。現代にコミットしたキャラクタと言える。もう少し長く登場するかと思ったが、様々な生きるためのヒントだけを与えられて退場。まあ、これを突っ込んだのは別のシリーズでやってるから良いけど。 甘崎
超変身 タイタンフォーム、ドラゴンフォーム、ペガサスフォーム
【ちょう-へんしん】
 マイティフォームに一旦変身したクウガが他のフォームに変身する際に叫ぶ台詞。時に応じドラゴンフォーム、ペガサスフォーム、タイタンフォームに変身可能。 甘崎
椿秀一 5話〜
つばき-しゅういち】
 一条の高校時代の友人で現在関東医大に勤める医師。一条の頼みで雄介の体のメンテナンスを引き受ける。綺麗な内臓が好きという一面を持ち、かなりマッドなキャラ。 甘崎
ドドゾ グロンギ語、バグンダダ
【どどぞ】
 グロンギ語で「ボード」を意味する。メ族のゲゲルに則って殺した人間の数をカウントしている道具。ゴ族の場合バグンダダと呼ばれるものとなる。 甘崎
トライゴウラム 15話〜 トライチェイサー2000
【とらい-ごうらむ】
 九郎ヶ岳遺跡で発見された破片が合体し、更にクウガの乗るトライチェイサー2000と合体した姿。重装甲バイクとなる。本来は馬のような人間の乗るものと合体するものらしい。 甘崎
トライゴウラムアタック
【とらい-ごうらむ-あたっく】
 トライゴウラムで敵に突っ込む技。 甘崎
トライチェイサー2000 3話〜 トライゴウラム
【とらい-ちぇいさーにせん】
 制式型名はTRCS−2000。都市用の特殊白バイとして警視庁が開発した特殊バイク。クウガの変身により、性能そのものも変化するように見える。4話で五代雄介の決意を知った一条により貸し与えられる。15話で九郎ヶ岳で出土した意志を持つ破片と合体し、トライゴウラムとなる。 甘崎
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ トライチェイサー2000
ドラゴンフォーム 5話〜 ドラゴンロッド S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム
装着変身 仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム
【どらごん-ふぉーむ】
 クウガの変化の一つで、体色が青くなり、瞬発力や跳躍力が強化される。ただし、マイティフォームと較べ、格段にパワーが劣っているため、ドラゴンロッドと呼ばれる武器を用いる。 甘崎
ドラゴンロッド 6話〜 ドラゴンフォーム、水の心の戦士、長きものを手にして敵をなぎはらえ
【どらごん-ろっど】
 クウガがドラゴンフォームに変身した際に用いる棒状の武器。棒状のものであれば何でもこれに変化させることが出来る。 甘崎

夏目幸吉 1話
【なつめ-こうきち】
 考古学者。九郎ヶ岳遺跡の発掘を指揮するが、目覚めたン・ダグバ・ゼバによって真っ先に殺されてしまう。 甘崎
夏目美加 7話、8話
【なつめ-みか】
 九郎ヶ岳遺跡の発掘を指揮した考古学者夏目教授の娘。父を殺した未確認生命体0号を憎み、警察にその調査を願い出る。思いこみが激しいらしく、警察の対応が悪いと、「死ぬかも知れない」と電話をかけたりする。後に父の意思を継ぎ、ジャンと共に九郎ヶ岳の発掘調査を行うようになる。 甘崎
2000の技
【に-せん-の-わざ】
 雄介がAD2000までに習得することを恩師の神崎に約束した技の数。ちなみに2000番目の技はクウガに変身することだった。 甘崎
ヌ・ザジオ・レ
【ぬ-ざじお-れ】
 未確認生命体B群14号。サンショウウオ型のグロンギ。既に老人でゲゲルには直接関与しないが、ダグンババやグセバなどの作成を行っている裏方。 甘崎
ヌ族
【ぬ-ぞく】
 特殊種族で、職人の役割を担う。劇中登場したのはヌ・ザジオ・レのみだが、ダグバのベルトを修復した。 甘崎

バグンダダ ラ・ドルド・グ
【ばぐんだだ】
 グロンギ語で言うところの「カウンター」。ラ・ドルド・グが持ち、ゲゲルによって殺された人間の数を数えている。 甘崎
バラのタトゥーの女
【ばら-の-たとぅー-の-おんな】
 ラ・バルバ・デの人間体。度々一条の前に現れるが、それが攻略のヒントになることもあった。一条の使用した神経断裂弾によって倒される。 甘崎
ビートゴウラム
【びーと-ごうらむ】
 ビートチェイサー2000とゴウラムが合体したクウガのバイク。トライゴウラムと違い、最初からゴウラムとの合体を前提にビートチェイサーが作られているため、更に性能がアップする。 甘崎
ビートゴウラムアタック
【びーと-ごうらむ-あたっく】
 ゴウラムを装着したビートチェイサーで敵に突っ込む技。42話ではライジングフォームとなって攻撃していた。 甘崎
ビートチェイサー2000 29話〜 トライチェイサー2000
【びーと-ちぇいさーに-せん】
 度重なるゴウラムとの合体により金属疲労を起こしてしまったトライチェイサー2000に代わって雄介のバイクとなる。大きな違いは前面カウルにパトライトが付いたこと。 甘崎
人の気持ちになるなんて、誰にも出来ませんよ。思いやる事なら何とか出来ますけどね 14話 五代雄介
【ひと-の-きもち-に-なる-なんて-だれ-にも-できません-よ-おもいやる-こと-なら-なんとか-できます-けど-ね】
 蝶野潤一の「お前になんか分かるかよ。お前だけじゃない。俺の気持ちが分かる人間なんて誰もいないんだ」という叫びに対して五代が返した答え。 甘崎
ブパガダ グロンギ語
【ぶぱがだ】
 グロンギ語で「クワガタ」のこと。クウガを示す。 甘崎
ブラストペガサス ペガサスフォーム
【ぶらすと-ぺがさす】
 ペガサスフォームとなったクウガのペガサスボウガンを用いた必殺技で、一撃必殺の空気の矢を相手にたたき込む。ライジングフォーム状態だと、連続して何発もの矢が出てくる。 甘崎
ペガサスフォーム 7話〜 
装着変身3 仮面ライダークウガ ペガサスフォーム
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ ペガサスフォーム
【ぺがさす-ふぉーむ】
 クウガの緑の形態。視覚や聴覚などの感覚が極端に増した形態で、格闘は不得意なものの、代わりにペガサスボウガンを用いた遠距離攻撃が増している。蜂形のグロンギ、メ・バチス・バとの戦いで初めて変身する。このフォームに変身すると、エネルギーの消費が激しすぎるため、変身解除後、2時間は変身が出来なくなる。 甘崎
ペガサスボウガン 8話〜 ペガサスフォーム
【ぺがさす-ぼう-がん】
 ペガサスフォームに変身したクウガの武器。この武器は主に拳銃を変形させて使用するために、一条のバックアップがないと基本的に使えない。 甘崎
ベ族
【べ-ぞく】
 グロンギの言葉のみで登場。どうやらグロンギの中では下級に位置する存在らしく、最終的にン・ダグバ・ゼバにより全員粛正されてしまったらしい。 甘崎
ポレポレ 飾玉三郎
【ぽれぽれ】
 五代雄介の下宿先で、「おやっさん」の愛称を持つ飾が経営する喫茶店。雄介も手伝っているが、休んでばかりなので飾の姪の朝比奈奈々が手伝いに来ている。 甘崎
本郷
【ほんごう】
 桜子によれば、城南大学に在籍する教授の名前。 甘崎

マーキング弾 44話〜
【まーきんぐ-だん】
 科警研の榎田が未確認生命体第3号の解剖などによって開発した武器で、これをグロンギに撃ち込むと、グロンギの体内で化学変化を起こし、調査可能となる。 甘崎
マイティアンクレット ライジングマイティ
【まいてぃ-あんくれっと】
 クウガのライジングマイティ状態で右足に付く金色の装甲。マイティキックの威力を格段に増させる。 甘崎
マイティキック
【まいてぃ-きっく】
 マイティフォームのクウガの必殺技で、旧作「仮面ライダー」のライダーキックに当たる。強化版として一度前方宙返りをした後キックを放つようになった。 甘崎
マイティフォーム 2話〜
【まいてぃ-ふぉーむ】
 クウガの基本形態で赤い姿が特徴。特に右脚のパワーが飛び抜けており、ここから必殺のキックが見舞われる。 甘崎
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ マイティフォーム
貯金箱 クウガ マイティーフォーム
RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダークウガ (マイティフォーム) Ver.1.5
松倉貞雄
【まつくら-さだお】
 警視庁警備部長。未確認生命体関連の事件を一手に引き受ける。当初未確認生命体第4号=クウガとの共闘に懐疑的だったが、徐々に理解を示すようになり、警視庁上層部を説得するようになる。 甘崎
未確認生命体
【み-かくにん-せいめい-たい】
 九郎ヶ岳の謎の遺跡から出現した異形の怪人達の総称。クウガもグローイングフォームが未確認生命体第2号、マイティフォームが未確認生命体第4号と呼ばれる。時折B群と呼ばれるものもいるが、これは怪人体が確認されてないものを指す。 甘崎
未確認生命体B群
【み-かくにん-せいめい-たい-びー-ぐん】
 明らかにグロンギではあるものの、怪人体の姿を見せない者達の総称。ラ・ドルド・グとラ・バルバ・デなどがそう呼ばれている。ドルドが9号なので、他にもかなりの数が確認されたか、若しくは後の未確認生命体に名称変更となった者も含まれると思われる。 甘崎
ミカド 9話、10話
【みかど】
 警察犬。グロンギの匂いに反応するように訓練づけられている。警察犬を使うと言う設定はリアルだが、残念ながら登場2話で未確認生命体に殺されてしまう。 甘崎
水の心の戦士、長きものを手にして敵をなぎはらえ 6話 ドラゴンフォーム、ドラゴンロッド
【みず-の-こころ-の-せんし-ながき-もの-を-て-に-して-てき-を-なぎ-はらえ】
 クウガのドラゴンフォームの武器を暗示した古代語で、桜子がこれを解読し、クウガに長い棒を手に持つようアドバイスする。 甘崎
ミレニアム特別バージョン ライジングフォーム
【みれにあむ-とくべつ-ばーじょん】
 古代のクウガでは変身できなかったはずのライジングフォームに何故変身できたかを説明した雄介の言葉。 甘崎
みんなに笑顔でいてもらいたい
【みんな-に-えがお-で-いてもらいたい】
 雄介のモチベーションで、度々語られる。彼が苦しい思いをしてクウガに変身して戦うのも、全てはこのため。39話で第0号が復活するまで生きていたと言うミイラを見た桜子が「この人も〜」と言っていたのが印象的。 甘崎
メ・アグリ・ダ
【め-あぐり-だ】
 未確認生命体第16号。アリクイ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・アンゴ・ギ
【め-あんご-ぎ】
 未確認生命体第15号。アンコウ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・イバエ・バ
【め-いばえ-ば】
 未確認生命体第17号。ハエ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・ウザー・ダ
【め-うざー-だ】
 未確認生命体第29号。ウサギ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・ガーゲ・レ
【め-がーげ-れ】
 未確認生命体第18号。トカゲ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・ガエラ・レ
【め-がえら-れ】
 未確認生命体第28号。カエル型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・ガドラ・ダ 17話
【め-がどら-だ】
 未確認生命体第25号。トラ型の未確認生命体。造形的には大変優れているが、今回はあっけなくやられれる役としてしか登場せず。 甘崎
メ・ガベリ・グ
【め-がべり-ぐ】
 未確認生命体第34号。ペリカン型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・ガリマ・バ 23話、24話
【め-がりま-ば】
 女性型のカマキリ型グロンギで、人間形態では未確認生命体B-6号と呼ばれていたが、変身すると未確認生命体36号と呼ばれるようになる。メ族最強の戦士で、人間形態でも手に持った巨大な鎌であっという間に人間を両断できる。彼女にとってのゲゲルは匂いのマーキングを施した人間だけを殺すというもの。彼女に合わせるようにタイタンフォームに超変身したクウガと互角以上に戦い、更にトライゴウラムの突進をも受け止めた。結果的にクウガのライジング・フォームを促すことになった。 甘崎
メ・ガルメ・レ 21話、22話
【め-がるめ-れ】
 未確認生命体第31号。カメレオン型のグロンギで自在に姿を消すことが出来る。又瞬時に長く伸びる舌で相手を絡め取って壁にたたきつけたり、そのまま突き刺したりして殺人を続ける。彼がゲゲル(ゲーム)でのランクアップに一番近いところにいたらしい。自らの力を試すかのように、殺人予告を残し、予告通りに殺人を繰り返していた。ペガサスフォームとなったクウガに射殺される。 甘崎
メ・ギイガ・ギ 9話、10話
【め-ぎいが-ぎ】
 未確認生命体21号。イカ型のグロンギで、他の物質に触れると爆発的な反応を起こす体液を口から吐き、人間を爆破する。人間形態だと頭にコーン型の帽子を常にかぶっていて、ピエロっぽい。タイタンフォームに変身したクウガの剣により弱点の腹を突かれて爆死。 甘崎
メ・ギネー・ガ
【め-ぎねー-が】
 未確認生命体第32号。トカゲ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・ギノガ・デ 18話〜20話
【め-ぎのが-で】
 未確認生命体第26号。毒キノコ型のグロンギ(仮面ライダーシリーズには何故か毒キノコ型の怪人が出てくるのが多い)。人間型では諸肌を脱いで化粧と金髪のカツラまでしている。まるでキスするかのように犠牲者の口から毒胞子を注入して相手を死に至らしめるのだが、その容貌と合わせ、無茶苦茶はまって見える。活動できる温度の幅が大変短いため、出現場所が限られ、それを知った一条らに追いつめられる。だが、実はこいつは撃たれれば撃たれるほど強くなると言う特性を持ち、熱に対する耐性も上がっていく。最後はパワーアップしたクウガの白いフォームで倒される。その後、なんと再生。マイティフォームのキックにより溶かされてしまう。 甘崎
メ・ギャリド・ギ 15話、16話
【め-ぎゃりど-ぎ】
 未確認生命体第24号。ヤドカリ型のグロンギで、いたくトラックがお気に入りで、それに乗って人間を轢き殺すのを楽しみとする。ちなみに自己紹介で「ゴセパ ガブルンゲ ババゾロ ヅゴドボ メ・ギャリド・ギ ザ」(俺は悪夢の背中を持つ男メ・ギャリド・ギだ)と言ってる…が、割とあっけなく倒されてしまう。 甘崎
メ・ゲグラ・ギ
【め-げぐら-ぎ】
 未確認生命体第33号。クラゲ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・ゴリギ・バ
【め-ごりぎ-ば】
 未確認生命体第20号。ゴキブリ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・ジュウマ・ダ
【め-じゅうま-だ】
 未確認生命体第34号。シマウマ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・ゾエビ・ギ
【め-ぞえび-ぎ】
 未確認生命体第28号。エビ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ族 グロンギ、ゴ族、ズ族
【め-ぞく】
 グロンギのそれぞれの頭文字に付いている一文字が「メ」の一群。ズ族よりは強く、ゴ族となる前段階の形態らしい。 甘崎
メ・デムド・バ
【め-でむど-ば】
 未確認生命体第30号。テントウムシ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎
メ・バチス・バ 7話、8話
【め-ばちす-ば】
 未確認生命体第14号。蜂型のグロンギで、針による空中からの殺人を楽しんでいる。グロンギではズ族よりもメ族の方が上位にあたるらしい。確かにズ族と出会った時「ゴラゲサドバヂバグ」(お前らとは違う)といっている。最後はペガサスボウガンにて射殺される。 甘崎
メ・ビラン・ギ 12話〜14話
【め-びらん-ぎ】
 未確認生命体23号でピラニア型のグロンギ。最初は自分勝手に人間狩りを始めたズ・ザイン・ダを止めるために登場する。水の中から現れるが、地上でももの凄い早さで移動することが出来る。血の匂いに惹かれて殺人を起こすことが分かった警視庁により罠が張られ、最後はドラゴンフォームに変身したクウガにより倒される。 甘崎
メ・ムガド・バ
【め-むがど-ば】
 未確認生命体第19号。ムカデ型のグロンギ。画面には出ず設定のみの存在。 甘崎

ライジングスプラッシュドラゴン ライジングドラゴン
【らいじんぐ-すぷらっしゅ-どらごん】
 ライジングドラゴンの必殺技。ライジングドラゴンロッドから封印エネルギーを流し込み、その後投げ飛ばす。爆風が大きくなりすぎたため、それを回避できる。 甘崎
ライジングタイタン 24話〜 タイタンフォーム、ライジングフォーム
【らいじんぐ-たいたん】
 ライジングフォームとなったタイタンフォーム。タイタンフォームの強化版でタイタンソードにもライジングパワーを秘めた新しい刃が追加される。 甘崎
ライジングタイタンソード
【らいじんぐ-たいたん-そーど】
 タイタンソードの先端にライジングの力が付与される。 甘崎
ライジングドラゴン ドラゴンフォーム、ライジングフォーム
【らいじんぐ-どらごん】
 ドラゴンフォームの強化版で瞬発生が更に増している。ドラゴンロッドにも新しい刃が付く。 甘崎
ライジングドラゴンロッド
【らいじんぐ-どらごん-ろっど】
 ドラゴンロッドの刃部分に金色の装備が付いたライジングドラゴンの武器。 甘崎
ライジングビートゴウラム ビートゴウラム
【らいじんぐ-びーと-ごうらむ】
 ビートゴウラムがクウガのライジングフォームに対応して強化した形態。 甘崎
ライジングビートゴウラムアタック
【らいじんぐ-びーと-ごうらむ-あたっく】
 ライジングビートゴウラムのカウル前面のツノから稲妻を発し、体当たりによって攻撃する。 甘崎
ライジングフォーム 装着変身 ライジングフォームセット
【らいじんぐ-ふぉーむ】
 クウガに内蔵される霊石アマダムがクウガの命の危機を察知して生み出されたフォームで、雄介の身体に高圧電流を流すことで変身可能となった。。具体的にはそれぞれの形態の強化版だが、消耗度が激しく、30秒しか変身できない。この際、ベルトは形態によらず金色になる。尚、このフォームは古代には存在しなかったという設定があり、雄介の思いによって生み出されたとも言える。 甘崎
ライジングブラストペガサス ペガサスフォーム、ライジングフォーム
【らいじんぐ-ぶらすと-ぺがさす】
 ライジングペガサスボウガンによる必殺技。複数の空気弾を連続して敵に叩き込む。 甘崎
ライジングペガサス ペガサスフォーム、ライジングフォーム
【らいじんぐ-ぺがさす】
 ペガサスフォームの強化版でペガサスボウガンの射程が更に伸び、複数の矢を同時に射出できるようになる。 甘崎
ライジングペガサスボウガン ペガサスボウガン、ライジングフォーム
【らいじんぐ-ぺがさす-ぼうがん】
 ライジング化した際にパワーアップしたペガサスボウガン。今まで単発だった射撃が連続発射できるようになった。 甘崎
ライジングマイティ マイティフォーム、ライジングフォーム S.H.Figuarts 仮面ライダークウガ ライジングマイティフォーム
【らいじんぐ-まいてぃ】
 マイティフォームの強化形態。必殺技のマイティキックのために足に金色の装甲マイティアンクレットが付く。 甘崎
貯金箱 クウガ ライジングマイティーフォーム
ライジングマイティキック ライジングマイティ
【らいじんぐ-まいてぃ-きっく】
 ライジングマイティ状態でのキック技。威力は格段に増すが、この技で怪人を倒した場合、巨大な爆発が発生し、爆心地から半径約3kmが壊滅してしまう。 甘崎
ラ族 ラ・ドルド・グ、ラ・バルバ・デ
【ら-ぞく】
 グロンギの中では特殊な種族で、ゲゲル(ゲーム)を見守る役目を持っている。劇中ではラ・ドルド・グとラ・バルバ・デの二体が確認される。 甘崎
ラ・ドルド・グ
【ら-どるど-ぐ】
 未確認生命体第B群9号。カラス型のグロンギ。ゲゲル開始時から登場しており、手にしたソロバンのようなバグンダダ(カウンター)でゲゲルにより殺された人間の数をカウントしている。45話でカウンターが破壊される。 甘崎
ラ・バルバ・デ 3話〜
【ら-ばるば-で】
 「バラのタトゥを持つ女」と称されるバラの能力を持つグロンギで、殺人ゲームを統括する立場にあるらしい。特殊な指輪をグロンギの腹部に押し当てることでゲームの開始とする。警察のファイルでは未確認生命体B群1号と呼称される。 甘崎
リント グロンギ語
【りんと】
 グロンギ語で「人間」を意味する言葉。グロンギにとって人間は狩りの対象でしかないのだが、実はそのリントにより過去グロンギは封印されてしまった。 甘崎
リント文字
【りんと-もじ】
 古代のリントが使っていた文字。クウガのマークなど、主に表意文字からなる。 甘崎
リントもやがて、我々と等しくなりそうだな 46話 ラ・バルバ・デ
【りんと-も-やがて-われわれ-と-ひとしく-なりそうだな】
 バラのタトゥの女ラ・バルバ・デが神経断裂弾でグロンギを倒した一条を見て呟いた言葉。大変含蓄のある言葉だ。 甘崎

ン・ダグバ・ゼバ S.H.フィギュアーツ ン・ダグバ・ゼバ
【ん-だぐば-ぜば】
 未確認生命体第0号。最初に復活して全てのグロンギを蘇らせた存在。シリーズ中盤から現れるすっきりした青年の本体(最初の頃のシルエットは蓬髪だった)。クウガ同様クワガタ型のグロンギで、“究極の闇をもたらす者”と呼ばれる。これまでのグロンギ達のゲゲルは全て彼に打ち勝つための前段階で、本当の最強のグロンギである。48話でその本性を現すが、それは真っ黒いボディのアルティメットフォームのクウガに対し、純白だった。クウガは最初アメイジングマイティで挑むが、全く歯が立たず、最終的にアルティメットフォームにならざるを得なかった。 甘崎
名称
【】
  甘崎