特撮館Top
特撮事典

事典目次

仮面ライダーストロンガー

ストーリー解説
ソフト

VOL.1

VOL.2

VOL.3

VOL.4
仮面ライダーストロンガー(amazon)
仮面ライダーストロンガー(楽天)
書籍
仮面ライダーX・アマゾン・ストロンガー大全
仮面ライダー 昭和 vol.6 仮面ライダーストロンガー(書籍)
全仮面ライダー大全集 GREAT HISTORIES OF MASKED RIDER(書籍)
コミック
仮面ライダー 2山田ゴロ
仮面ライダーSD疾風伝説 第1巻かとう ひろし
仮面ライダー~決死戦7人ライダー~成井 紀郎
仮面ライダーストロンガーすがやみつる
集合
愛蔵版 仮面ライダー全戦士超ファイル 1971-2016仮面ライダー〜ゴースト
仮面ライダー 感動のエピソード仮面ライダー〜鎧武
仮面ライダーの常識 乱世激闘篇仮面ライダー〜鎧武
仮面ライダーの超常識仮面ライダー〜ゴースト
仮面ライダーオーズ&オールライダー
仮面ライダー 平成 vol.0 31大仮面ライダー集結仮面ライダー〜ドライブ
僕たちの「仮面ライダー」怪人ランキング仮面ライダー〜鎧武

アーク・フラッシュ
【あーく-ふらっしゅ】
 城茂がストロンガーに変身する際に生じる火花。変身時の余剰エネルギーを放出しているらしい。 甘崎
悪魔山
【あくま-やま】
 ブラックサタン本拠地。ストロンガーとタックルはここで改造手術を受ける。13話で一ツ目タイタンとの決戦場となる。 甘崎
アマゾン 36話
【あまぞん】
 アマゾン(地名)から磁石団長を追って日本に来た。最初は白いスーツで決めていたが、戦いが始まると、いつも通りの半裸になる。 甘崎
アマゾン(検索) <amazon> <楽天>
アラクト王国 11話
【あらくと-おうこく】
 最大の石油輸出国。ブラックサタンの奇械人カメレオーンにより日本への石油輸出を止められそうになる。 甘崎
荒ワシ師団長 26話〜28話
【あら-わし-しだん-ちょう】
 デルザー軍団の一員で、唯一空を飛ぶことが出来る。トマホークと盾を武器に、単体でもストロンガーを圧倒する力を持つが、力よりもずるがしこさを自分の武器とし、鋼鉄参謀の攻撃で瀕死の重傷を負ったストロンガーを横からかすめ取る。油断のためにストロンガーに水中に引きずり込まれ、エレクトロファイヤで倒されてしまった。39話で再生怪人として再登場。 甘崎
一郎 21話
【いちろう】
 海女の母を持つ少年で、母をブラックサタンに捕らわれてしまい、鮫ヶ島にストロンガーを案内する。結構な美少年だがなんと赤ふんどしで海に潜ってる。 甘崎
イワ 31話、32話
【いわ】
 岩石男爵および配下の岩石戦闘員のかけ声。「イワ〜ン」と言うこともあり。大変ストレート。 甘崎
ウルトラサイクロン 30話 電波人間タックル
【うるとら-さいくろん】
 タックルの捨て身の攻撃。その破壊力は絶大で、瀕死の重傷を負ったままドクターケイトに対して使用。自らの命をも失ってしまう。 甘崎
エイ、ヤ、トウ タックル
【えい-や-とう】
 岬ユリ子がタックルに変身する時のかけ声。 甘崎
Xライダー 36話
【えっくす-らいだー】
 ヨロイ騎士を追ってスペインから日本に帰ってきた神敬介が変身する。初出ではアマゾンライダーと共闘する。 甘崎
Xライダー<amazon> Xライダー<楽天>
エレキクロス 13話 奇械人エレキイカ
【えれき-くろす】
 エレキイカの技で、目を光らせて相手を気絶させる。 甘崎
エレキ投げ 13話 奇械人エレキイカ
【えれき-なげ】
 タックルに対抗してエレキイカが用いた投げ技。こちらの方が強かった。 甘崎
エレクトラー
【えれくとらー】
 ストロンガーの腰に巻いているベルト。コンデンサーの役割を持っている。 甘崎
エレクトロウォーターウォール 9話 カマキリ奇械人
【えれくとろ-うぉーたー-うぉーる】
 地面から電気の壁を吹き上げさせるストロンガーの技で、電キックをしのいだカマキリ奇械人を倒す。 甘崎
エレクトロキック 26話
【えれくとろ-きっく】
 ジャンプせずに行う電キック。デッドライオンに対して用いるが、あまり効いてなかったようだ。 甘崎
エレクトロサンダー
【えれくとろ-さんだー】
 エレクトロファイヤーの派生型の技で、人間形態でカブトローに乗った状態でも使用可能。 甘崎
エレクトロチャージ
【えれくとろ-ちゃーじ】
 ストロンガーが電気エネルギーを失った際、空中から電気エネルギーを得る技。チャージしきると再び変身することが出来る。 甘崎
エレクトロパンチ
【えれくとろ-ぱんち】
 電気を込めた拳を敵にたたき込むストロンガーの技。 甘崎
エレクトロファイヤー
【えれくとろ-ふぁいやー】
 地面や鉄などを通して敵めがけて火花を飛び散らせる技で、ビジュアル的にもストロンガーを特徴づける技として記憶させるべき。 甘崎
狼男 33話
【おおかみ-おとこ】
 狼長官の先祖で、肖像画で登場。絵に過ぎないが、目が光って言葉を発する。このアドヴァイスによって満月の夜に子供の命を捧げることでパワーアップを図れることが分かる。 甘崎
狼軍団 狼長官
【おおかみ-ぐんだん】
 狼長官配下の戦闘員。満月を表す黄色い面をかけているのが特徴。 甘崎
狼長官 26話〜33話
【おおかみ-ちょうかん】
 狼男の子孫で、顔の周りに球形のワイヤを張っているのが特徴(満月を意味しているらしい)。結構悪知恵が働く。月の光を浴びるとパワーアップし、電キック、超電スクリューキック、超電三段キックをも跳ね返す。だが、月が陰ったときに超電稲妻キックを受けて爆発。 甘崎
女の腐った 28話 鋼鉄参謀
【おんな-の-くさった】
 鋼鉄参謀が荒ワシ師団長のずる賢さを揶揄して言った台詞。 甘崎

改造電気人間
【かいぞう-でんき-にんげん】
 ブラックサタンに改造された仮面ライダーストロンガーの異名。最強の奇械人のはずだったが、ブラックサタンを裏切る。 甘崎
火炎隠れ 31話 ドクロ少佐
【かえん-がくれ】
 ドクロ少佐の持つ暗殺術の一つ。自らを火炎に変えて姿をくらます。 甘崎
風見志郎 35話〜39話
【かざみ-しろう】
 仮面ライダーV3。エジプトで活動していたが、戦っていたマシーン大元帥が日本に来ることが分かり、急遽帰国。「へんっすん!ブイスリャ〜」も健在(笑) 甘崎
風見志郎<amazon> 風見志郎<楽天>
カニ奇怪人 39話
【かに-きっかい-じん】
 再生怪人として最終話に登場。しかし、実は本編には一度も登場しないカニ獣人だったりする。 甘崎
カブテクター チャージアップ、超電子ダイナモ
【かぶてくたー】
 ストロンガーの胸を守るプロテクター。体内で発電した電気をここに溜める電池の役目も果たしているらしい。中央のS字マークの奥に超電子ダイナモが埋め込まれることによって、チャージアップが可能となる。 甘崎
カブトアース
【かぶと-あーす】
 ストロンガーの手足に走る赤いストライプ。アースの役割を果たしている。 甘崎
カブトキャッチャー カブトショック
【かぶと-きゃっちゃー】
 ストロンガー頭部のカブトショックで電波を受信するレーダー。 甘崎
カブトショック
【かぶと-しょっく】
 ストロンガー頭部の触覚状のツノ。 甘崎
カブトロー
【かぶとろー】
 ストロンガーの駆るバイクで、これも無変形のため、城茂の姿でも使用される。電気エネルギーを用いており、その電気を取り込む機構も備わっているため、燃料は必要ない上に、ストロンガーの充電も可能。オンロードタイプ、オフロードタイプ、トライアルタイプの3種類が確認される。 甘崎
カマキリ奇械人 9話、17話
【かまきり-きっかい-じん】
 二つの髑髏を頭に配した姿で鉄球と巨大な鎌で攻撃を行う。ジャズ楽団の指揮者の姿で人間を狂わせる音波を奏でさせたり、神父の姿でオルガンを弾き、その音波で子供を狂わせたりする。電キックをもしのぐが、直後にエレクトロウォーターウォールを喰らって爆死。17話で再生怪人としてちょっとだけ登場。 甘崎
仮面ライダーアマゾン 36話
【かめん-らいだー-あまぞん】
 アマゾンが変身する仮面ライダー。初出ではXライダーと共に現れた。 甘崎
仮面ライダー1号 38話、39話
【かめん-らいだー-いち-ごう】
 アメリカで活動していたが、デルザー軍団の暗躍を防ぐために2号と共に帰国する。 甘崎
仮面ライダーV3 35話〜39話
【かめん-らいだー-う゛い-すりー】
 風見志郎が変身。エジプトで活動していたが、マシーン大元帥の日本上陸を知り、それを追って日本にやってきた。37話でマシーン大元帥の罠にはまり、ライダーマンと共にデルザー軍団に捕らわれてしまう。 甘崎
仮面ライダーストロンガー 城茂 
Real Action Heroes 仮面ライダー ストロンガーDX
S.I.C. 仮面ライダーストロンガー&電波人間タック
【かめん-らいだー-すとろんがー】
 城茂が変身する電気人間。元々はブラックサタンにより改造された改造人間だが、それは全てブラックサタンを倒すためだった。電気人間と言うだけあって、数々の電気を用いた技を使う。 甘崎
RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーストロンガー (リニューアル版) 1/6スケール
仮面ライダー2号 38話、39話
【かめん-らいだー-に-ごう】
 インドで活動していたが、デルザー軍団の暗躍を防ぐために1号と共に帰国する。 甘崎
仮面ライダーはみんな兄弟だ 39話
【かめん-らいだー-は-みんな-きょうだい-だ】
 圧倒的なデルザー軍団大首領の力の前に、全員力を合わせる時にストロンガーが叫んだかけ声。 甘崎
岩石落とし 岩石男爵
【がんせき-おとし】
 岩石男爵が自ら岩に姿を変えて落ちるだけの技。 甘崎
岩石弾 岩石男爵
【がんせき-だん】
 指先から石の固まりをはじき飛ばす岩石男爵の技。 甘崎
岩石男爵 26話〜32話
【がんせき-だんしゃく】
 文字通り岩の固まりのようなデルザー軍団員(別段大首領の子供ってことはないと思うが)。ジェネラルシャドウから「救いようのない単細胞」とか言われるほどの猪突猛進型。自分の頑丈さとパワーだけが取り柄。語尾にいろんな訛りを入れるのが特徴(いったいどこの生まれだ?)。ドクロ少佐との戦いで瀕死の重傷を負ったストロンガーを襲うが、思考が単純なため、まんまと逃げられてしまう。大変直情的…というか、単純な性格をしてる。最後は超電子スクリューキックで頭を吹っ飛ばされた後、超電三段キックで身体も破壊される。 甘崎
岩石粘土細工 岩石男爵
【がんせき-ねんど-ざいく】
 自らの体の一部を引っぺがし、それをこね回して好きな形に仕上げる。シャドウにとらえられている藤兵衛の姿を作り上げるが、単なる粘土の固まりにしか見えない…「本人はそっくりだ」と言っていたようだが。 甘崎
ガンマー虫 10話 奇械人ハゲタカン、サタン虫
【がんまー-むし】
 ブラックサタンの科学者が開発した虫で、人間の耳から入り込んで人間を自在に操ることが出来る。外見上、サタン虫と違って見えないんだが… 甘崎
ガンマー虫作戦 10話
【がんまー-むし-さくせん】
 奇械人ハゲタカンにより遂行された作戦で、人間を自在に操ることができるガンマー虫を一挙に培養しようとする作戦。 甘崎
奇械人 1話〜26話
【きっかい-じん】
 ブラックサタンが有する改造人間。サタン虫を介して一般人の頭脳に乗り移り、その人間を怪物にしてしまう。「きっかいじん」と発音するのが正しく、「奇っ械人」と表記される場合もある。 甘崎
奇械人アルマジロン 25話
【きっかい-じん-あるまじろん】
 極彩色に彩られているが、突起がほとんど無いので印象に残らないデザインをしている。球体となって転がることで完璧な防御力を誇る。デッドライオンと連携してストロンガーを襲うが、大首領に呼ばれたデッドライオンがいなくなってしまった後に倒されてしまう。 甘崎
奇械人アリジゴク 20話
【きっかい-じん-ありじごく】
 アリジゴクをモティーフとしており、気持ち悪いデザインセンスもなかなか良し。ストロンガーとの決戦で右肩を負傷した百目タイタンを治すため、原子力研究所の立木博士をさらおうとするが、間違って籐兵衛をさらってしまう。左手に装着してるドリルを使い、どんな場所にも潜り込むことができ、砂漠の中でアリ地獄を出現させ、ストロンガーを引き込む。ほぼ完全にストロンガーに勝っていたのだが、百目タイタンの命令でじっくり殺させようとした結果、ストロンガーに逃げられてしまう。39話で再生怪人として再登場。 甘崎
奇械人エレキイカ 13話
【きっかい-じん-えれきいか】
 右手に鉄球と左手に剣を装備したイカ型の奇械人。ユリ子の兄である岬守を名乗って茂達に近づく。タックルの電波投げに対抗してエレキ投げや、目を光らせて相手を気絶させるエレキクロスなど、多彩な技を用いるが、タイタンの捨て駒として利用されただけ。 甘崎
奇械人オオカミン 2話
【きっかい-じん-おおかみん】
 名前の通りの狼男。灯台を占拠し、レーダー妨害装置を用いて石油タンカーを破壊。重油による海の汚染を図る。腕にロケット砲を装備するが、あっけなく電キックで倒されてしまう。 甘崎
奇械人カメレオーン 11話
【きっかい-じん-かめれおーん】
 カメレオン型の奇械人。姿を消して相手に近づき、暗殺を得意とする奇械人。目潰しの液体を吐いたり、左手を電気ノコギリに変えて攻撃する。姿を消せるという自分の特質を忘れてしまうこともあるような、どこかとぼけた部分がある。電キックにより空高く吹っ飛ばされて爆発。 甘崎
奇械人ガンガル 1話
【きっかい-じん-がんがる】
 一番最初に登場した全身コイルでグルグル巻の奇械人。腹部についてる顔を瞬時に飛び出させたり、そこからはき出す爆弾を武器とする。ホバークラフトを奪取し、そこから猛毒を撒き散らす花を日本中にばらまこうとしていた。 甘崎
奇械人ケムンガ 22話、23話
【きっかい-じん-けむんが】
 アリジゴク型の奇械人で、口から吐く糸でタックルやストロンガーを絡め取り、左手の針で攻撃する。又、卵をストロンガーに産み付け、そこから糸を吐かせることで、自分もろともストロンガーを繭に包み込んでしまう。最後はストロンガーもろとも爆破されそうになるが、ストロンガーの熱を奪い、奇械人ドクガランとして変態する。 甘崎
奇械人ゴロンガメ 4話
【きっかい-じん-ごろんがめ】
 棘のある甲羅を背負ったゾウカメ型の奇械人で、暴走族“黒薔薇団”のリーダーに憑依し、暴走行為を繰り返す。その甲羅は鋼鉄よりも固く、戦闘時には手足を引っ込めて体当たりをしたり、緑色の溶解液を吐いたりする。珍しく電キックではなく、電気ストリームで倒される。 甘崎
奇械人電気エイ 18話
【きっかい-じん-でんき-えい】
 文字通りエイの姿をした奇械人で、底なし沼に人間を引き込んでは洗脳してストロンガーを罠にはめようとする。右手が鞭となっており、ストロンガーの電気攻撃を自らのエネルギーとして貯め込むことが出来る。最後は復活したストロンガーと電気技比べをして敗北。 甘崎
奇械人ドクガラン 23話 奇械人ケムンガ
【きっかい-じん-どくがらん】
 奇械人ケムンガがストロンガーの熱を吸収して繭の中で変態した姿。毒鱗粉や口から槍状の金属を吐いて攻撃するが、電キック一発で倒されてしまう。はっきり言って変態前のケムンガの方が強かった気もする。 甘崎
奇械人トラフグン 5話
【きっかい-じん-とらふぐん】
 文字通りトラフグ型の奇械人で、身体を膨らませたり、棘を飛ばしたりして攻撃する。フグの毒であるテトロドキシンのカプセルを体内で精製し、学校給食に混入しようとする。 甘崎
奇械人乗り移り サタン虫
【きっかい-じん-のりうつり】
 奇械人が人間に乗り移る際、こう叫んでからサタン虫を人の耳に入り込ませる。言わないことも多いが。 甘崎
奇械人ハサミガニ 24話
【きっかい-じん-はさみがに】
 青地に赤い極彩色の装甲が特徴で、自称「奇械人のエース」胸から泡を出すが、これは人間に幻覚を観させ、ストロンガーやタックルを無力化させることが出来る。二人を見事捕らえるのだが、その処刑は新幹部着任まで待てとの大首領の答えに殺し損ねる。そんなのばっかり。電キックで右手のハサミを失い、シャドウに助けを求めるが、見捨てられ、再度電キックを受けて死亡。 甘崎
奇械人ハゲタカン 10話、17話
【きっかい-じん-はげたかん】
 ハゲタカ方の奇械人で、妙にカラフルな顔が特徴。羽根から突風を巻き起こし、小型バズーカーで攻撃する。細菌研究所の等々力博士に乗り移ってガンマー虫作戦を遂行する。17話で再生怪人としてちょっとだけ登場。 甘崎
奇械人ブブンガー 16話
【きっかい-じん-ぶぶんがー】
 ネーミングセンスが問われる奇械人だ。左手は巨大な注射針とカギ爪に交換可能。子供の血液と自分の体液を交換し、子供達を自らの分身にしようとする。39話で再生怪人として再登場。 甘崎
奇械人メカゴリラ 14話
【きっかい-じん-めかごりら】
 名前の通り機械で出来たゴリラと言った感じ。左手はハンマーやアンカーに換装可能。珍しく素体としての人間が登場する。ジェネラルシャドウから「最強の奇械人」と言われていた割にはタックルの電波投げですっころんだり、あっけなく倒されたりと、あんまり良いところがない。39話で再生怪人として再登場。 甘崎
奇械人モウセンゴケ 8話
【きっかい-じん-もうせんごけ】
 花をモティーフとしているが、モウセンゴケと言うよりはハエジゴクのような格好をしてる。頭部に咲く花から出る花粉で生物を溶かす事が出来、又この花粉を精製した毒液は人間の脳細胞を壊して凶悪化させることが出来る。本人の言によれば、「ブラックサタンでも指折りの悪知恵」の持ち主らしい。ストロンガーの磁力扇風機を喰らった後電キックで爆発。 甘崎
奇械人ワニーダ 7話
【きっかい-じん-わにーだ】
 全身金属に固めたワニのような姿をしてる。拳銃の弾をもはじき返すボディを持ち、噛みつきと尻尾で攻撃する。ドライブインの店主に化け、訪れる人にサタン虫入りの食事を出して奴隷人間を作ろうとする。川に逃げ込んだところ、電気ストリームで水を全部蒸発させられ、むき出しになった身体を電キックにより倒される。 甘崎
クモ奇械人 12話
【くも-きっかいじん】
 クモは仮面ライダーの敵では定番。これまでのクモ怪人とは異なり、ちゃんと六本の手があり、両手の動きに合わせて他の四本の手も動く。造形もレベルも高し。珍しい人間だった過去を持つ奇械人で、大首領曰く、「ブラックサタン最強の奇械人」。冒頭でタイタンと互角の戦いを見せた上、タックルを歯牙にもかけない強さを誇る。一度はストロンガーに敗北するも、再改造を受けてパワーを倍にして再び挑むが、割とあっさり電キックで倒されてしまった。 甘崎
クラゲ奇械人 6話
【くらげ-きっかい-じん】
 眼が一つで、ひね曲げられた口という、なんかふざけたデザインを持つ奇械人で、身体をゲル状にしてあらゆる所に忍び込むことが出来、口からは人を痺れさせる泡を出す。日本中の才能ある子供を集める作戦を敢行する。又頭部は脱着可能で、電キックを受けて傷ついた頭部を外して本体は逃げようとするのだが、海に逃げ込んだところを電気ストリームを喰らって爆発する。 甘崎
黒木 15話 クワガタ奇械人
【くろき】
 重力制御法を確立した工学博士。助手の矢沢に化けたクワガタ奇械人により襲われる。 甘崎
黒薔薇団 4話
【くろ-ばら-だん】
 悪質な暴走行為を繰り返す暴走族。実は奇械人ゴロンガメに操られたブラックサタンの戦闘員。 甘崎
クワガタ奇械人 15話 重力制御法
【くわがた-きっかい-じん】
 ノコギリ状の頭と両手を持ち、デザインセンスは大変良い。怪力の持ち主だが、全てを腕力で片づけようとする短絡的な性格を併せ持つ(シャドウにそれを指摘されて叱責されてる)。黒木博士が完成させた重力制御法の方程式を奪う。 甘崎
ケイトガス 29話
【けいと-がす】
 ドクターケイトの頭や杖から出る真っ赤な毒々しいガス。筋肉弛緩剤。 甘崎
コイルアーム
【こいる-あーむ】
 ストロンガーの腕のこと。コイルが巻き付けられており、そこから高圧電流を発することが出来る。このコイルをスパークさせることによって城茂はストロンガーに変身でき、様々な技を繰り出すことが可能となる。 甘崎
鋼鉄参謀 26話〜29話 デルザー軍団
【こうてつ-さんぼう】
 電キックが全く効かない堅牢な装甲を持つデルザー軍団の一員。性格は謹厳実直で、他の軍団員がジェネラルシャドウを馬鹿にしているのに、彼だけはきちんとシャドウをリーダーとして認めているようだ。ストロンガーを圧倒する力を持ちながら、荒ワシ師団長、ドクターケイトの邪魔を受け、なかなかまともに戦わせてもらえず、ドクターケイトの毒を受けて弱ったところに電キックを受けて死亡。 甘崎
鋼鉄戦闘員 鋼鉄参謀
【こうてつ-せんとういん】
 鋼鉄参謀配下の戦闘員。黒ずくめの服に、顔に銀色の装甲マークが施されている。タックルの電波投げも効かない俊敏な動きを見せる。 甘崎
コウモリ奇械人 17話
【こうもり-きっかい-じん】
 シリーズ定番のコウモリ型の怪人だが、結構メカニカルな感じで極彩色を用いているので、コウモリっぽくはないが、デザインセンスはなかなか良い。お化け大会に紛れ込み、そこにいた人達を口から吐く溶解液で次々と溶かしていった。花の形をした爆弾をばらまくこともあり。 甘崎
ゴリラ地震パンチ 奇械人メカゴリラ
【ごりら-じしん-ぱんち】
 奇械人メカゴリラが左手のアンカーで地面を叩き、地割れを引き起こす技。 甘崎

催眠四次元世界 19話 奇械人毒ガマ
【さいみん-よじげん-せかい】
 奇械人毒ガマが噴出するガスを吸った人間を異空間に閉じこめてしまう技。これが幻覚なのか本当に四次元なのかは不明。 甘崎
サソリ奇械人 3話
【さそり-きかい-じん】
 サソリ型の奇械人で、着脱可能な右手の巨大なハサミと左手の「サソリ麻酔銃」が武器。優秀なこども達を集め、ブラックサタンレンジャー部隊を結成しようとするブラックサタンのスカウト部隊を率いる。3発ものエレクトロファイヤーを喰らわせられた上に電キックを喰って死亡。 甘崎
サソリ麻酔銃 3話 サソリ奇械人
【さそり-ますい-じゅう】
 サソリ奇械人の左手に装着された銃。ストロンガー、タックル共に全く効かず。 甘崎
サタンのペンダント 25話〜26話 デッドライオン
【さたん-の-ぺんだんと】
 ブラックサタンの最高機密が記されているという最高幹部である証のペンダントで、。これを持つ者だけが大首領に直接会うことが出来る。ただし戦いの最中にストロンガーに奪われてしまった。 甘崎
サタン虫
【さたん-むし】
 ブラックサタンの奇械人が変化する小さな虫。人間の耳から入り込み、その人間を奇械人の傀儡にしてしまう。 甘崎
鮫ヶ島 21話 サメ奇械人
【さめがしま】
 サメ奇械人の本拠地で、ブラックサタンの海底基地はここで作られていた。 甘崎
サメ奇械人 21話
【さめ-きっかい-じん】
 顔だけでなく右手もサメの顔をしてる。大幹部の座を狙うほどの実力者で、ブラックサタンの海底基地を警護していた…の割にはあっけなくタックルの電波投げにもかかってしまう辺り、本当に強いのか?39話で再生怪人として再登場。 甘崎
ジェットコンドル
【じぇっと-こんどる】
 鋼鉄参謀に仕える騎士の一人としてデザインされたデルザー軍団の改造魔人。戦闘力はさほど高くはないが、背中のジェットパックにより超音速を出すことが出来るとされている。本編には未登場だが、後に「新仮面ライダーspirits」にリファインされた姿を見せている。 甘崎
ジェネラルシャドウ 13話〜38話
【じぇねらる-しゃどう】
 ブラックサタン幹部の一つ目タイタンが死んだ後、雇われ幹部としてブラックサタンに籍を置く。復活した百目タイタンと幹部の座を巡って対立もするが、実はシャドウ自身はデルザー軍団の一員だった。当初はリーダー格だったが、ストロンガー抹殺に失敗し続け、やがてマシーン大元帥によって地位を追われる。結構複雑なキャラクタだ。 甘崎
磁石団長 36話〜39話
【じしゃく-だんちょう】
 磁石の力を用いて金属を引きつけたり、強力な磁力によって炎を発することも出来る。他のデルザー軍団員とは違い、電キックでもダメージを受けていた(超電ドリルキックでも爆発しなかったので、それなりに耐久度は高そうだが)。一度ヨロイ騎士と共に倒されるが復活。再生怪人らと共に爆発する。 甘崎
死の使い 17話、22話
【し-の-つかい】
 タイタン直属の白装束のブラックサタン戦闘員。タイタンの復活に関わる他、城茂に幻覚攻撃を与えたりする。 甘崎
シャークキバ 21話 サメ奇械人
【しゃーく-きば】
 サメ奇械人の右手に付いてるサメの顔で相手を噛む技。ネーミングセンスが問われるな。 甘崎
シャイン 磁石団長
【しゃいん】
 磁石団長のかけ声。 甘崎
シャドウ剣 ジェネラルシャドウ
【しゃどう-けん】
 ジェネラルシャドウの手にする剣…ってそのままか。剣と言うよりはサーベルなんだが。 甘崎
重力制御法 15話 黒木博士 クワガタ奇械人
【じゅうりょく-せいぎょ-ほう】
 文字通り重力を制御する方法で、黒木博士により理論が確立されるが、それをブラックサタンのクワガタ奇械人に狙われる。 甘崎
城茂
【じょう-しげる】
 元城南大学生でアメリカンフットボールプレイヤー。親友の沼田五郎の敵を討つため、ブラックサタンに自らを売り込み、電気人間に改造されるが、頭脳をいじられる前にブラックサタンに反旗を翻し、仮面ライダーストロンガーとして立つ。 甘崎
城南大学
【じょうなん-だいがく】
 城茂がかつて在籍していた大学で、ここでフットボールの選手をしていた。 甘崎
磁力扇風機
【じりょく-せんぷうき】
 ストロンガーの両手を身体の前で構え、特殊な磁力線を発生させ、敵の攻撃を防いだり、敵を攻撃したりする技。 甘崎
神敬介 36話
【じん-けいすけ】
 Xライダー。スペインからヨロイ騎士を追って日本に来た。 甘崎
人面岩
【じん-めん-いわ】
 奇岩山から覗く巨大な顔。実はこれこそがデルザー軍団大首領。 甘崎
スクリューキック 仮面ライダーストロンガー
【すくりゅー-きっく】
 ストロンガーがきりもみ状態になりつつ空中から攻撃する電キックの強化版。だが30倍に強化された百目タイタンには通用せず。 甘崎
スティールボール 鋼鉄参謀
【すてぃーる-ぼーる】
 鋼鉄参謀の必殺技で、手にした巨大な鉄球を投げつけるだけの技だが、何せものがものだけに充分な破壊力を持っているようだ。 甘崎
ストロンガーバーリア
【すとろんがー-ばーりあ】
 ストロンガーの周囲に見えない電磁波の壁を張り巡らせ、敵の攻撃を防ぐ技。 甘崎
スリープガス 7話 奇械人ワニーダ
【すりーぷ-がす】
 ブラックサタンがストロンガー用に開発した眠りガスで、人間に化けた奇械人ワニーダにより使用される。 甘崎
ソナーイヤー
【そなー-いやー】
 ストロンガーの耳。カブトショックが放つ超音波を受信することで、周囲の状況を的確に知ることが出来る。 甘崎
そんなこと、俺が知るか!
【そんなこと-おれ-が-しるか】
 城茂の決め台詞の一つで、奇械人に「何故?」と問われた時に使用される。実際にはちゃんと理由はあるのだが、わざと相手を怒らせるために使うらしい。 甘崎
そんなものは伝説だ 38話 マシーン大元帥
【そんな-もの-は-でんせつ-だ】
 仮面ライダー勢揃い前に、ライダー1号、2号の存在をほのめかされたマシーン大元帥が言い捨てた言葉。 甘崎

タイタン破壊銃 13話 一ツ目タイタン
【たいたん-はかい-じゅう】
 一つ目タイタンが持つ銃。炸薬弾が入っているのか、これで撃つと爆発が起こる…単に地面に火薬を仕掛けているだけ…とは言ってはいけない。 甘崎
タイタンパンチ 13話 一ツ目タイタン
【たいたん-ぱんち】
 一ツ目タイタンのパンチ。そのまんま。 甘崎
隊長ブランク 26話〜34話
【たいちょう-ぶらんく】
 デルザー軍団の一員でフランケンシュタインの子孫。力は強いものの、直情的であまり頭は良くないようだ。眠っているストロンガーに迫るが、狼長官の口八丁ですぐに丸め込まれてしまうし、ヘビ女の襲撃の合間にストロンガーを襲うだけしかやってない。存在感が大変希薄。ちょっと可哀想なキャラである。 甘崎
立木籐太郎 20話 立花籐兵衛
【たちき-とうべい】
 原子力研究所の博士で、ストロンガーや百目タイタンの怪我を治せる唯一の存在。立花籐兵衛とそっくりな顔をしており、奇械人アリジゴクは間違えて籐兵衛の方をさらってきてしまう。 甘崎
立花籐兵衛
【たちばな-とうべい】
 ご存じ第一期シリーズの名バイプレイヤー。ここでは黄色いジープを駆って日本中を走り回り、有能なレーサーをスカウトしているが、悪の組織ブラックサタンと戦っているストロンガーに惚れ込み、行動を共にすることになる。これまでのシリーズ以上にアクションに力が入っていて、泥だらけになって頑張っていた。雷が苦手という事実が発覚。 甘崎
ダブルキック
【だぶる-きっく】
 空中から両脚を広げてキックを見舞うストロンガーの技。主に戦闘員に対して使用されるが、23話ではタイタンの傷口を狙って放つことになる。 甘崎
騙す奴が利口で騙される奴が馬鹿なんだ 13話 一ツ目タイタン
【だます-やつ-が-りこう-で-だまされる-やつ-が-ばか-なんだ】
 ユリ子の兄である守に変装させたエレキイカを用い、ストロンガー達を騙したタイタンが言いのけた台詞。格好良いじゃん。 甘崎
タランチュラガス 12話
【たらんちゅら-がす】
 クモ奇械人により遂行される作戦で、これを用いて輸出食料を汚染しようとする。 甘崎
チャージアップ 31話〜
装着変身 仮面ライダーストロンガー チャージアップver
【ちゃーじ-あっぷ】
 ストロンガーが二段階目の変身を遂げ、超電子人間となるためのかけ声。これによって胸のSのエンブレムが回転し、カブトショックが銀色に、カブテクターに白のストライプが入った超電子人間となる。 甘崎
超合金
【ちょう-ごうきん】
 ストロンガーのボディに用いられている。磁石にくっつく性質があるらしい。 甘崎
鳥人戦闘員 27話〜 荒ワシ師団長
【ちょうじん-せんとういん】
 荒ワシ師団長配下の戦闘員。荒ワシ師団長同様空を飛ぶことが出来る。 甘崎
超電稲妻キック 33話
【ちょう-でん-いなずま-きっく】
 電キック、超電スクリューキック、超電三段キックをも跳ね返した狼長官に対し、月が陰ったときに放った技。これで狼長官は爆発した。 甘崎
超電急降下パンチ 34話
【ちょう-でん-きゅうこうか-ぱんち】
 超電子人間となったストロンガーの必殺技。空高く舞い上がり、連続してパンチをたたき込む技。隊長ブランクの身体を地面にめり込ませる。 甘崎
超電逆落とし 39話
【ちょう-でん-さか-おとし】
 超電子人間となったストロンガーの必殺技。相手を抱え上げてジャンプして、相手を頭から地面に激突させる。磁石団長に使用し、身体を砂にめり込ませる。 甘崎
超電三段キック
【ちょう-でん-さん-だん-きっく】
 超電子人間となったストロンガーの必殺技。岩石男爵の身体を粉砕する。 甘崎
超電子ダイナモ 31話〜 正木博士
【ちょう-でんし-だいなも】
 元ブラックサタンの科学者だった正木博士が開発した電気を越える超電子をエネルギーとする回路。ストロンガーに埋め込まれ、ストロンガーはこれまでの電気人間から超電子人間へと変わる。 甘崎
超電子ドリルキック 31話〜
【ちょう-でんし-どりる-きっく】
 超電子人間となったストロンガーの新必殺技。回転しながら敵を蹴る。 甘崎
超電ジェット投げ 36話 磁石団長、ヨロイ騎士
【ちょう-でん-じぇっと-なげ】
 敵の脚を抱え上げ、ぐるぐると回転させて放り投げる技。磁石団長を放り投げ、ヨロイ騎士とぶつけた。 甘崎
超電子人間 31話〜
【ちょう-でんし-にんげん】
 電気人間であるストロンガーがパワーアップした姿。超電子ダイナモは一分間しか使用できないため、当然一分だけの変身となる。 甘崎
超電スクリューキック 33話
【ちょう-でん-すくりゅー-きっく】
 超電子人間となったストロンガーの必殺技。その技を見る限り超電子ドリルキックと変わって見えない。月の光を浴びてパワーアップした狼長官には通用しなかった。 甘崎
超電大車輪キック 35話
【ちょう-でん-だいしゃりん-きっく】
 超電子人間となったストロンガーの必殺技。両手両足を広げたまま空高く舞い上がり、そこで回転してからキックを当てる。ヘビ女に対して使用する。 甘崎
29話 ドクターケイト
【つえ】
 ドクターケイトの持つ、毒花をあしらった杖。明確な名称がないらしく、ケイト本人が「つえーっ」と叫ぶと自分の元に飛んでくる。 甘崎
デッドハンド デッドライオン
【でっど-はんど】
 デッドライオンの右手に装着された鈎爪を飛ばす技。 甘崎
デッドライオン 24話〜26話
【でっど-らいおん】
 右手にカギ爪を持つライオン型の改造人間で、大首領の新任を受け、サタンのペンダントを持つ。着可能な右手のデッドハンドを武器にストロンガーに襲いかかってくるが、結局倒されることなく退場。 甘崎
テトロドキシン 5話 奇械人トラフグン
【てとろどきしん】
 フグの毒。トラフグンはこれを体内で精製して学校給食に混ぜる。 甘崎
デルザー軍団 27話〜39話
【でるざー-ぐんだん】
 遠い魔の国を根城とする悪の集団。彼らはかつて妖怪として人間に追われたもの達の子孫で、その肉体を更なる改造によって極限まで能力を高めている。一人一人が他の軍団の大幹部並の力を有する。その組織には明確な上下関係が無く、それぞれが自分の判断でストロンガーと戦う。ブラックサタンの時代に先行してメンバーの一人であるジェネラルシャドウがやってきており、しばらくは彼をリーダーとして活動していたが、やがてシャドウは失策を問われ、マシーン大元帥にとって代わられる。 甘崎
デルザー軍団大首領 39話
【でるざー-ぐんだん-だい-しゅりょう】
 別名岩石大首領。奇岩山の人面岩にカモフラージュしていたが、集結した7人ライダーの前にその姿を現す。巨大な姿は実はロボットであり、その中にいた一つ目の脳こそがその本体。実はこれまでのライダーの前に現れた全ての首領達の本体であり、宇宙からやってきた事が分かる。最後は7人ライダー全員が大首領の口の中に飛び込むのだが、岩石部分を破壊し、宇宙に逃げ帰ってしまう。 甘崎
天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ
【てん-が-よぶ-ち-が-よぶ-ひと-が-よぶ】
 ストロンガーの戦いを前にしての口上で、正確には「天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ。悪を倒せと俺を呼ぶ。(聞け、悪人ども。)俺は正義の戦士仮面ライダーストロンガー」 甘崎
電気ショック 奇械人電気エイ
【でんき-しょっく】
 ストロンガーの電気エネルギーを奪った奇械人電気エイが使える技で、右手の鞭から電気エネルギーを敵に流し込む。ストロンガー同様エレクトロファイヤーも使える。 甘崎
電気ストリーム
【でんき-すとりーむ】
 両腕のプラスとマイナスの電極の間に高圧電流を生じさせる。4話では川の中に逃げ込んだ奇械人ゴロンガメを感電死させている。 甘崎
電キック
【でん-きっく】
 仮面ライダーストロンガーの必殺技。空高く舞い上がり、そこから急降下してキックをたたき込む。この際蹴りこんだ足から高圧電流を流し込む事によって敵の機能を狂わせる。 甘崎
電気分解
【でんき-ぶんかい】
 ストロンガーは身体を電気に変え、あらゆる所から脱出できる。あまりにもご都合主義且つ卑怯な方法なためか、あまり多用はされなかった。 甘崎
電気マグネ
【でんき-まぐね】
 ストロンガーの体内電気による電磁石の作用で、右手に鉄でできたものを引き寄せる。3話ではブラックサタンのオートバイ部隊を引き寄せるほどの威力を持っている。 甘崎
電タッチ
【でん-たっち】
 触れた相手を黒こげにするストロンガーの技。 甘崎
テントロー 電波人間タックル
【てんとろー】
 岬ユリ子=タックルの愛車。ストロンガーのカブトロー同様無変形 甘崎
電波返し 鋼鉄戦闘員
【でんぱ-がえし】
 鋼鉄戦闘員にタックルが電波投げを見舞った際、これによって全くの無傷のまま技を返してしまった。 甘崎
電波投げ 電波人間タックル
【でんぱ-なげ】
 タックルの必殺技…というか、これしか持ってない。相手を転がすことが出来るが、大体は戦闘員を相手にするくらいが関の山。 甘崎
電波人間タックル 岬ユリ子 S.I.C. 仮面ライダーストロンガー&電波人間タック
【でんぱ-にんげん-たっくる】
 岬ユリ子が変身するストロンガーの相棒で、実質的に初の女性ライダーとなる。電波人間だからと言って、別に「ゆんゆんゆんゆん」とかそういうものを受信したり、「電波届いた?」とか言ったりはしない…多分。 甘崎
電パンチ
【でん-ぱんち】
 打撃と同時に高圧電流を敵に流し込むストロンガーの技。 甘崎
遠い魔の国 デルザー軍団
【とおい-ま-の-くに】
 デルザー軍団の根城。ブラックサタン本部を制圧したジェネラルシャドウの招きに応じ、デルザー軍団がやってくる。 甘崎
ドクターケイト 26話〜
【どくたー-けいと】
 毒花の化身で、山に入った子供達を毒花に変えてしまい、そこから精製した毒を用いてストロンガーを狙う。本人は大変強いものの、そのは以下の戦闘員には名称がついておらず、しかも子供に殴られただけで倒れてしまうほど弱い。初めてストロンガー以外に倒された怪人となるが、そのために払った犠牲は決して軽くなかった。声は曽我町子が担当している。 甘崎
ドクロ機関砲 31話 ドクロ少佐
【どくろ-きかん-ほう】
 ドクロ少佐の暗殺術の一つで、手にした巨大な鎌の先から銃弾を出す…暗殺と言うには派手すぎる気もするが。 甘崎
ドクロ再生 31話 ドクロ少佐
【どくろ-さいせい】
 ドクロ少佐の暗殺術の一つ。ドクロ分解でバラバラになった身体を再生する技。 甘崎
ドクロ忍び集団 ドクロ少佐
【どくろ-しのび-しゅうだん】
 ドクロ少佐配下の戦闘員。文字通り忍者のような身軽さを持つ。 甘崎
ドクロ少佐 26話〜
【どくろ-しょうさ】
 “デルザー軍団きっての暗殺者”と呼ばれ、様々な技を駆使してストロンガーを翻弄する。ストロンガーと化かし合いを繰り広げ、ストロンガーを追いつめるのだが、岩石男爵が間に割って入り、決着は持ち越しに。その後超電子人間となったストロンガーの超電子ドリルキックの最初の犠牲者となった。配下の戦闘員はドクロ忍び集団と呼ばれる。 甘崎
ドクロ分解 31話 ドクロ少佐
【どkろ-ぶんかい】
 ドクロ少佐の暗殺術の一つ。文字通り身体をバラバラにして相手の目をくらましつつ攻撃する。 甘崎
トランプカッター ジェネラルシャドウ
【とらんぷ-かったー】
 ジェネラルシャドウが手にしたトランプを相手に向かって飛ばす技。トランプが巨大化して、敵に突き刺さる。 甘崎
トランプショット ジェネラルシャドウ
【とらんぷ-しょっと】
 ジェネラルシャドウが手にしたトランプを相手に向かって飛ばす技。そのトランプは爆発するため、煙幕のように用いることが多い。 甘崎
トランプパンチ ジェネラルシャドウ
【とらんぷ-ぱんち】
 ジェネラルシャドウが手にしたトランプを相手に向かって飛ばす技。トランプが巨大化し、相手の腹に命中させて動きを止める。 甘崎
トランプフェイド ジェネラルシャドウ
【とらんぷ-ふぇいど】
 ジェネラルシャドウが手にしたトランプをばらまく技で、バリアーや煙幕の代わりに用いる。 甘崎

抜け作 磁石団長
【ぬけ-さく】
 磁石団長がふがいない自分の部下をしかりとばす際に使っている。 甘崎
沼田五郎
【ぬまた-ごろう】
 城茂の親友だったが、奇械人とされるべくブラックサタンにより殺されてしまった。その敵を討つべく、城茂は自ら進んで改造人間となり、ストロンガーとなる。 甘崎
呪いの棺 17話 百目タイタン
【のり-の-ひつぎ】
 死んだタイタンが収められていた棺。ここに飾られていた花を城茂が手にした時、その手から血が流れ、その血を吸ったタイタンが百目タイタンとして復活する。 甘崎

歯形爆弾 狼長官
【はがた-ばくだん】
 狼長官が自分の歯を抜き取って投げつける技。この歯形というのが、歯医者においてあるサンプルみたいなものだが、投げると巨大化して爆発する。 甘崎
バッテリーショート
【ばってりー-しょーと】
 ストロンガーから発する電気により、車やバイクのバッテリーをショートさせてしまう技。ブラックサタンの戦闘員によるバイク部隊 甘崎
反磁力線 電気マグネ
【はん-じりょく-せん】
 ストロンガーの能力である電気マグネを反転させたもので、鉄で出来た物質をはじき飛ばす技。 甘崎
反転キック 28話
【はんてん-きっく】
 身体を前に倒し、自分を掴んでいる敵を攻撃する技。荒ワシ師団長に捕まり、空中を運ばれていたストロンガーが脱出の際に用いる。 甘崎
ビッグアイ
【びっぐ-あい】
 ストロンガーの眼。文字通り歴代ライダーの中では最も大きな目として特徴づけられる。 甘崎
ビデオシグナル
【びでお-しぐなる】
 ストロンガーの眼に内蔵されたビデオで、戦闘の記録を空中に投影することが出来る。 甘崎
一ツ目タイタン 1話〜13話 呪いの棺 百目タイタン
【ひとつ-め-たいたん】
 8万度のマグマを体内に内包する改造人間。ブラックサタンの幹部で、ことある毎にストロンガー達の前に立ちふさがり、奇械人の作戦をフォローする。13話で体内のマグマを24万度にまで高めてストロンガーと決戦を行うが、極限まで高熱になった身体を海に投げ込まれて倒されてしまう。17話で呪いの棺の力によって百目タイタンとして復活する。 甘崎
火の玉スカーフ 一ツ目タイタン
【ひ-の-たま-すかーふ】
 一ツ目タイタンが常に付けているスカーフを投げつける技。火の玉となって敵を襲う。 甘崎
百目タイタン 17話〜23話
【ひゃく-め-たいたん】
 死んだタイタンが呪いの棺の力によって復活した姿。これまでの一ツ目ではなく、顔全体に小さな目がたくさん付いた姿として復活する。22話でなんと30倍ものパワーアップを果たすが、逆にそれが仇となり、エネルギーがあふれかえって自爆。 甘崎
ファイヤー返し 20話 百目タイタン
【ふぁいやー-がえし】
 ストロンガーとの決戦で百目タイタンが使用した技で、ストロンガーのエレクトロファイヤーを相殺する力を持つが、結果的に相打ちとなってしまう。 甘崎
ファイヤーボール 21話 百目タイタン
【ふぁいやー-ぼーる】
 百目タイタンが自分の目玉の一つを投げつける技。手榴弾のように爆発する。 甘崎
ファラデーケージ 7話 奇械人ワニーダ
【ふぁらでー-けーじ】
 電波を通さない特殊な部屋で、岬ユリ子がタックルに変身できなくさせてしまう。奇械人ワニーダにより使用された。 甘崎
ブブンガー作戦 16話 奇械人ブブンガー
【ぶぶんがー-さくせん】
 奇械人ブブンガーの体液を子供達に注入し、ブブンガーの分身を作り出す作戦。もの凄く効率が悪い気がする。 甘崎
プラズマ光線 33話
【ぷらずま-こうせん】
 狼長官の顔の周りのワイヤから発する光線。満月の夜になるとパワーアップする。 甘崎
ブラックオートバイ部隊 6話
【ぶらっく-おーとばい-ぶたい】
 ブラックサタンの戦闘員によるバイク集団。6話でストロンガーのカブトローと海岸でバイクアクションを演じる。 甘崎
ブラックサタン 1話〜26話
【ぶらっく-さたん】
 世界征服を狙う大首領に操られる奇械人によって構成される悪の組織。 甘崎
ブラックサタン戦闘員
【ふらっく-さたん-せんとういん】
 ブラックサタンの戦闘員(まんま)。黒ずくめに目だけが黄色で、頭にはツノ状の突起があるのが特徴。タイタン直属だと白頭巾で登場することもあり。 甘崎
ブラックサタン大首領 26話
【ぶらっく-さたん-だい-しゅりょう】
 ブラックサタン本拠地の奥深くにいるブラックサタンの支配者。その正体は巨大なサタン虫で、サタン虫による地球支配を目指していた。このシリーズの伝統か、もったい付けて出てきた割には結構弱い。 甘崎
ブラックサタンレンジャー部隊 3話
【ぶらっく-さたん-れんじゃー-ぶたい】
 気力体力知力に優秀な子供を誘拐してブラックサタンが結成しようとする。サソリ奇械人がそのスカウト実働部隊を率いる。 甘崎
ブラック特攻隊 9話
【ぶらっく-とっこう-たい】
 爆弾を背負ったブラックサタンの戦闘員が相手に抱きつき自爆するという、文字通り特攻隊。タイタンの命令でストロンガーを襲うが、土に潜って事なきを得た。 甘崎
ブランク戦闘員 隊長ブランク
【ぶらんく-せんとう-いん】
 隊長ブランク配下の戦闘員。顔に傷が描かれた青いお面をかぶっている。 甘崎
フランケンシュタイン 隊長ブランク
【ふらんけんしゅたいん】
 隊長ブランクの先祖。しかし、本来はこれは「フランケンシュタインの怪物」というのが正しい。 甘崎
ヘビ女 34話、35話
【へび-おんな】
 シャドウが扱ったトランプのスペードのQから飛び出した。右手に持った鞭が武器だが、左手がヘビになっており、そこから人の血を吸う。ストロンガーを罠にはめて電気エネルギーを奪い取るが、ツメが甘く、最後はストロンガーの超電大車輪キックにより倒される。 甘崎
ヘビ戦闘員 34話、35話
【へび-せんとう-いん】
 ヘビ女配下の戦闘員。顔に緑と赤の色の付いた仮面をかぶっている。蛇に変身することが可能。 甘崎
ホネ 31話 ドクロ忍び集団
【ほね】
 ドクロ少佐配下のドクロ忍び集団のかけ声。何というか、ストレートな。 甘崎

マキビシ攻め 31話 ドクロ少佐
【まきびし-ぜめ】
 ドクロ少佐の暗殺術の一つ。マキビシを撒く…そのままだ。 甘崎
正木
【まさき】
 元ブラックサタンの科学者で、ブラックサタンを裏切り、超電子ダイナモの研究を続けていた。ドクロ少佐および岩石男爵との戦いに傷ついたストロンガーに超電子ダイナモを埋め込む。 甘崎
マシーン大元帥 35話〜39話
【ましーん-だい-げんすい】
 いっこうに進まない日本征服作戦に業を煮やして登場。エジプトから荷物として木箱に入って運ばれる。ジェネラルシャドウから実権を奪い、磁石団長、ヨロイ騎士を使って日本征服作戦を展開するが、7人ライダー集結により、割とあっけなく倒されてしまう。 甘崎
魔の国 27話
【ま-の-くに】
 デルザー軍団の故郷。ブラックサタンが倒れて以降、ジェネラルシャドウによってここから軍団が呼び出される。それがどのような国なのかは最後まで分からなかった。 甘崎
マントフェイド ジェネラルシャドウ
【まんと-ふぇいど】
 トランプを使わず、トレードマークのマントを使って姿を消す技。 甘崎
岬守 13話
【みさき-まもる】
 ユリ子の実の兄。百合子同様ブラックサタンに捕らわれ、 甘崎
岬ユリ子 電波人間タックル
【みさき-ゆりこ】
 電波人間タックルに変身する女性。城茂同様ブラックサタン本部で改造手術を受けていたが、脳改造前にストロンガーにより助け出され、共にブラックサタンと戦う。 甘崎
ミニ磁石 36話
【みに-じしゃく】
 磁石団長の武器で、ストロンガーのボディが超合金で出来ていることを利用し、ストロンガーの体内回路を狂わせ、自爆させようとする。 甘崎

結城丈二 37話
【ゆうき-じょうじ】
 ライダーマン。デルザー軍団の日本制服を防ぐためにギリシアから上陸。地震発生装置を使おうとしていた磁石団長とヨロイ騎士に向かっていった城茂を敵と間違えて阻止してしまう。性格は随分丸くなったようだ。 甘崎
要塞島
【ようさい-とう】
 タイタンが倒され、新幹部デッドライオンを迎えるためにブラックサタンが建造した新基地。 甘崎
ヨロイ騎士 36話〜39話
【よろい-きし】
 スペインで活動していたが。マシーン大元帥と共に日本にやってくる。右手にサーベルを、左手に短剣を持つ姿をしている。同じ立場の磁石団長と較べると、今ひとつ個性が足りず。一度磁石団長と共に爆発するが復活。39話で再生怪人と共にライダーに挑み、爆発。 甘崎

ライダーマン 37話
【らいだー-まん】
 デルザー軍団の日本制服を防ぐためにギリシアから日本に上陸。当初ストロンガーのことが分からず、戦いを始めてしまう。V3と共に富士ダムの破壊を防ぎに行くが、逆に罠にはまり、V3と共にデルザー軍団に捕らわれてしまう。 甘崎
レーダー妨害装置 2話 オオカミン
【れーだー-ぼうがい-そうち】
 奇械人オオカミンにより灯台に据え付けられた、石油タンカーを破壊するための装置。 甘崎

事典目次