MOVIETOP

イブ・メルキオール
Ib Melchior

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
書籍
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964 タイム・トラベラーズ 監督・原案・脚本
1963
1962
1961 原始獣レプティリカス 脚本
S.F.第7惑星の謎 脚本
1960
1959 巨大アメーバの惑星 監督・脚本
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917 9'17 コペンハーゲンで誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

巨大アメーバの惑星 1959

<amazon>
<楽天>
シドニー・ピンク
イブ・メルキオー(脚)
ジェラルド・モーア
レス・トレメイン
ノーラ・ヘイドン
ジャック・クラスチェン
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 61日間連絡を絶っていた世界初の火星探査ロケットが地球に帰還した。だが4人いた隊員も生存者は僅かに2人。しかも隊長であるオバニオン大佐(モーア)は奇妙な肉腫に冒されていた。残った女性隊員アイリス(ヘイデン)が語ったのは、火星での恐ろしい体験談だった…
 B級SF作品の監督や脚本(後に小説家に転向)を手がけるメルキオール監督のデビュー作。製作期間は僅かに10日と言う極端な早撮りで作られた作品ながら、実に魅力的なSF作品に仕上がっている(特に怪獣好きな人間にはつとに有名)。
 物語の構成は
エンカウント→逃げる→エンカウント→…と言う、次々と現れるモンスターにどう対処するか。と言う古典的且つ、アニメ的な演出だが、結構これが心地良い。ストーリーは二の次で、怪獣をどう演出するかに特化してる点が大変よろしい。
 最初に登場するのが食肉植物。触手を揺らめかせながら登場人物を絡め取り、本体に引き寄せてくる。ただ、引き寄せられたからすぐに食われるのか、と言うとさにあらずで、捕まったキャラクターは叫んで暴れるだけ。こいつは超音波銃で撃退。
 次はいよいよお待ちかねのコーモリグモ。最初立木だと思って枝を切ったらいきなり暴れ出す。なんと身の丈40フィート…って、12メートル?そんなに小さかった?だったら上見りゃすぐに分かっただろうに。気付けよ!こいつも例の超音波銃をばしばし撃ち込んだら、目を潰されて退場
(しかし文字通りコウモリとクモを合わせたようなこのデザインは今見ても素晴らしい)
 そこで帰ろうとするが、特殊な力場が宇宙船の周りに張られていて帰還を果たせず。
 その後、性懲りもなくまたまた探検に出かけると、そこには湖があり、ゴムボートを出してえっちらえっちら漕いでいくと、そこには何と超近代的な都市が!…
火星に水あったりそんな都市を今までどうして見つけられなかった?とか、どう見ても立体感のない書き割りの都市だとかは言ってはいけない。そして湖を割って登場する表題の巨大アメーバ。肉まんみたいなのの上に一つ目がぎょろぎょろ回る奴で、大急ぎで逃げる隊員を取り込んでしまい、更にロケットにまとわりつく。こいつは宇宙船に電流を流すことで撃退…宇宙船の周りに電流を流すって、凄い用意が良いよな。
 そしてついに姿を表した目を三つ持つ火星人の声が響く。「地球人は戦争ばかりしてる好戦的な種族だから、もう火星には来るな」と言う…
だったら最初っから言ってれば良かったんじゃないか?
 …言わば、アラしかない作品なんだけど、だからこそ魅力がある作品というのも確かにあるんだ。改めてそれを感じさせられた。
 ただ一つ文句を言わせてもらうと、舞台が火星だから、赤いフィルターをかけて撮影してるので、全部観終える頃には目が無茶苦茶疲れると言うところか。本作をご覧になる方がおられたら、充分注意されたし。

ページトップへ