特撮館Top
特撮事典

事典目次

仮面ライダーアマゾンズ

ストーリー解説
ソフト

VOL.1

VOL.2

VOL.3
DVD4
<A> <楽>
仮面ライダーアマゾンズ(Amazon)
仮面ライダーアマゾンズ(楽天)
書籍
集合

アームカッター
【あーむ-かったー】
 アマゾンアルファおよびオメガの両腕にある鰭状突起物。これを展開させることで必殺技バイオレントパニッシュを行う事が出来る。 甘崎
アクセラーグリップ アマゾンズドライバー
【あくせらー-ぐりっぷ】
 アマゾンズドライバーに装着されたグリップ。これを捻ることで変身する。 甘崎
アマゾン
【あまぞん】
 @野座間製薬が作っていた生体兵器の実験体。2年前に4000体もの実験体が脱走してしまった。
 A悠および仁が変身する際にかけるかけ声。 甘崎
アマゾン(検索) <amazon> <楽天>
アマゾンアルファ 鷹山仁
【あまぞん-あるふぁ】
 鷹山仁が研究所から持ち出したアマゾン細胞を自らの身体に移植して、ドライバーの力を借りて変身するアマゾン。その実力は高ランクアマゾン以上。その姿は「仮面ライダーアマゾン」のアマゾンライダーの体色を赤くしたようなもの。 甘崎
RAH リアルアクションヒーローズ GENESIS 仮面ライダーアマゾンアルファ
アマゾンオメガ
【あまぞん-おめが】
 水澤悠が変身するアマゾン。アマゾン細胞を人間の遺伝子と結び合わせることで誕生した第三のアマゾンと言われる。体色はグリーンで、トカゲと言うよりもバッタに近い姿をしている。 甘崎
RAH リアルアクションヒーローズ GENESIS 仮面ライダーアマゾンオメガ
アマゾン細胞
【あまぞん-さいぼう】
 野座間製薬が作り出した特異細胞。人間型にまで成長させたものがアマゾンと呼ばれる。 甘崎
アマゾンシグマ 9話〜
【あまぞん-しぐま】
 橘率いる野座間製薬国際営業戦略部によって開発されたアマゾンドライバーと新しいアマゾン細胞を使い、殉職した前原淳の肉体を用いて作られたアマゾン。アルファやオメガを凌駕する能力を持つ。 甘崎
アマゾンズドライバー
【あまぞんず-どらいばー】
 野座間製薬時代の仁が開発したアマゾン細胞を制御するベルト状装置。仁と悠が腰に巻き付け、「アマゾン」と叫ぶことで理性を持ったアマゾンに変身出来るようになる。 甘崎
アマゾンズレジスター
【あまぞんず-れじすたー】
 アマゾンそれぞれに装着された腕輪。食人衝動を抑える薬剤が常に供給される。大半のアマゾンには最早薬剤は残っていないため、単なる飾りとなっている。人間形態の時にも装着されたままのため、これを確認する事でアマゾンと知られる。 甘崎
アマゾンブレイド
【あまぞん-ぶれいど】
 アマゾンズドライバーのバトラーグリップが変形する刀状武器。 甘崎
泉七羽 6話
【いずみ-ななは】
 鷹山仁と行動を共にする女性。バディのような関係で、仁の生活関係を全て面倒みているが、自分の主張はきっちり守らせている姉御肌。悠にアマゾンズドライバーを与えた。 甘崎
大滝竜介
【おおたき-りゅうすけ】
 ノザマペストンサービスの一員。仲間思いで信頼も篤いが、実はトンボアマゾンだった。コウモリアマゾンとの戦いで正体を隠せなくなってその正体を現し、その後食人衝動に耐えられなくなる。 甘崎
俺たちは正義の味方になるな 8話 志藤真
【おれ-たち-は-せいぎ-の-みかた-に-なるな】
 志藤隊長が、殺人犯を殺し損ねた悠に言った台詞。全文は「俺たちは金になるかならないか、それで動くんだ。その一線を越えたらいつか勘違いをするからな。俺たちは正義の味方になるな」 甘崎

カニアマゾン 9話
【かに-あまぞん】
 アマゾンたちのために人肉を提供するレストランのオーナーで、最小限度のつながりで人間とアマゾンの共生を願う。硬い甲羅を持つ。 甘崎
加納省吾
【かのう-しょうご】
 水澤令華の秘書。常に淡々と令華の指令に従っているが、何を考えているのか今ひとつわかりにくい。 甘崎
クモアマゾン 1話、
【くも-あまぞん】
 旅館に入り込み、住民や宿泊客を次々に捕食していた。ノザマペストンによって最初に駆除された。 甘崎
コウモリアマゾン 1話、2話、12話
【こうもり-あまぞん】
 羽根を持ち、空を飛べるアマゾン。2体目は地下に潜伏していた。 甘崎
小山ハジメ 7話
【こやま-はじめ】
 モズアマゾンの人間態。 甘崎

沢口
【さわぐち】
 野座間製薬社員。トラロック作戦に従事する。 甘崎
志藤真
【しどう-まこと】
 ノザマペストンサービス駆除班隊長。。元警視庁特殊部隊員で、別れた息子の治療費を稼ぐため駆除班をしている。仲間意識を持つまで時間はかかるが、部下に対しては大変面倒見が良い。 甘崎
ジャングレイダー
【じゃんぐれいだー】
 鷹山仁が自分のために開発した高機動バイク。七羽によって悠に預けられた。「仮面ライダーアマゾン」におけるジャングラーをすっきりさせたデザイン。 甘崎
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾンズ ジャングレイダー
女王アリアマゾン 3話、4話
【じょおう-あり-あまぞん】
 マンションの住民のように装い、やってきた人間を次々捕食していた。パワーだけなら現時点のアマゾンオメガを凌駕する。 甘崎

対アマゾンガス 4話
【たい-あまぞん-がす】
 野座間製薬が開発した対アマゾン用薬品。水と反応することで、アマゾンを駆除するガスを発生させる。 甘崎
高井望
【たかい-のぞみ】
 ノザマペストンサービス隊員。紅一点ではあるが、非常に口が悪く、いつも憎まれ口を叩いている。ここで稼いだ金は育った養護施設へ送っているらしい。 甘崎
鷹山仁
【たかやま-じん】
 アマゾンアルファに変身する青年。元野座間製薬の研究員で、アマゾン細胞の開発者。自ら生み出したアマゾンを全て消し去る事を自らの戒めとしている。 甘崎
橘雄悟
【たちばな-ゆうご】
 野座間製薬の国際営業戦略本部長。アマゾンを生体兵器として用いることを考え、現在の状況を楽しんでいる節がある。 甘崎
蝶アマゾン 5話
【ちょう-あまぞん】
 一体目はバスの運転手のふりをして、バスの住民達を襲っていた。その目的は、トンネルに住む、まだ変化していないもう一体の蝶アマゾンを養うためだった。二体目は一体目により養われていた個体だが、 甘崎
天条隆顕
【てんじょう-たかあき】
 野座間製薬会長。会長室にいつも籠もっているが、その素顔を決して見せる事は無い。限られた人間だけと接触し、他の場合はビデオを通してのみ姿を見せる。 甘崎
トラロック作戦 10話
【とらろっく-さくせん】
 アマゾン細胞を駆除する薬品を用いてアマゾンを一網打尽にしようと言う作戦。 甘崎
トンボアマゾン 1話、2話 大滝竜介
【とんぼ-あまぞん】
 ノザマペストンサービスの一員大滝竜介が変身した姿。アマゾンアルファの攻撃で弱ったが、戦いの中で人を食い、パワーアップを果たす。 甘崎

人間かどうかなんか知るか。あるのは生きてるかどうか。それだけだ 4話 鷹山仁
【にんげん-か-どうか-なんか-しるか-あるのは-いきてるか-どうか-それだけ-だ】
 人間として生きようと志す悠に対して仁が言い放った台詞。この後「そして生きるって言うのは、他の誰かの命を食らうってことだ」と続く。 甘崎
野座間製薬
【のざま-せいやく】
 獣人“アマゾン”を研究していた機関。ミスによって研究中の獣人達が逃げてしまう。 甘崎
ノザマペストンサービス
【のざま-ぺすとn-さーびす】
 野座間製薬がかつてアマゾンを研究所の外に逃がしたことから、その駆除のために作られた別会社。 甘崎

バイオレントストライク
【ばいおれんと-すとらいく】
 アマゾンアルファおよびオメガの必殺技。空中からドロップキックを放つ、いわばライダーキック。 甘崎
バイオレントパニッシュ
【ばいおれんと-ぱにっしゅ】
 アマゾンアルファおよびオメガの必殺技。椀部のアームカッターを展開させて敵を切り裂く。アマゾンライダーの大切断に似た技。 甘崎
バイオレントブレイク
【ばいおれんと-ぶれいく】
 バトラーグリップを用いたアマゾンアルファおよびオメガの必殺技。ブレイドで切り裂く、投擲したスピアを突き刺す、ウィップで敵を拘束する、サイズで敵を突き刺すなどの総称。 甘崎
バトラーグリップ アマゾンドライバー
【ばとらー-ぐりっぷ】
 アマゾンドライバーに装着されている右側のグリップ。引き抜くことで武器に変化させる。 甘崎
福田耕太
【ふくだ-こうた】
  ノザマペストンサービスの一員。主に後方支援で射撃を担当している。 甘崎
フットカッター
【ふっと-かったー】
 アマゾンアルファおよびオメガの足に付いている鰭状武器。 甘崎
兵隊アリアマゾン 3話、4話
【へいたい-あり-あまぞん】
 女王アリアマゾンに使えるアマゾンの群れ。182体もいる。 甘崎

前原淳
【まえはら-じゅん】
 ノザマペストンサービスの一員。トンボアマゾンとの戦いで死亡したが、その遺体を用いてアマゾン細胞実験が行われ、アマゾンシグマとして蘇生する。 甘崎
マモル
【まもる】
 モグラアマゾンに変身する青年。子供のような性格をしており、そのためノザマペストンのメンバーとして受け入れられている。 甘崎
守りたいものは守って、狩りたいものは狩る 6話 水澤遙
【まもりたい-もの-は-まもって-かりたい-もの-は-かる】
 自分自身の事を「勝手ですが」と前置きした上で悠が宣言した戦うためのモチベーション。 甘崎
三崎一也
【みさき-かずや】
 ノザマペストンサービスの一員。本人曰く元サギ師で、メンバーのムードメーカー的役割。 甘崎
水澤悠
【みずさわ-はるか】
 仮面ライダーアマゾンオメガに変身する青年。アマゾン細胞に人間の遺伝子を移植して作られた唯一無二の存在。年齢は20歳程度だが、実は作られたのは2年前。その遺伝子を提供したのは水澤零華。無菌部屋に隔離して生かされていたが、アマゾンの遺伝子が発動することで、アマゾンに変身した。当初は不安定な姿だったが、アマゾンドライバーを用いることで安定した形態を取る事が出来るようになった。 甘崎
水澤美月
【みずさわ-みづき】
 水澤令華の実の娘。悠の事は兄と思っている節があるが、学校でイジメにあっていることもあって、悠を心の拠り所にしている。 甘崎
水澤令華
【みずさわ-れいか】
 悠の母。アマゾンプロジェクトの最高責任者。アマゾン細胞の流出後、自らの遺伝子とアマゾン細胞を融合させ、新しいアマゾンである悠を作り出した。 甘崎
モグラアマゾン
【もぐら-あまぞん】
 マモルが変身するアマゾン。モグラのような姿をしており、理性は残っている。興奮すると鼻が開くという特徴がある。 甘崎
モズアマゾン 7話
【もず-あまぞん】
 最初に出た個体は悠が駆除班に入った直後に駆除した。その後もう一体現れるが、これはまだ幼い感じ。人間を仮死状態にして高いところに吊すという習性を持つ。 甘崎

ライドハンドラー ジャングレイダー
【らいど-はんどらー】
 ジャングレイダーのハンドル部。アマゾン細胞を同調させることでイメージ通りの走りを可能とさせる。 甘崎

名称
【】
  甘崎

事典目次