特撮館Top
特撮事典

事典目次

ウルトラQ

ストーリー解説
<amazon> <楽天>
ソフト

<A> <楽>

<A> <楽>

<A> <楽>

<A> <楽>
<A> <楽>
<A> <楽>

<A> <楽>
DVD-BOX
<A> <楽>
総天然色DVD1
<A> <楽>
Blu-ray
BD BD
総天然色DVD2
<A> <楽>
Blu-ray
BD BD
DVD-BOX
<A> <楽>
書籍
Official File Magazine ULTRAMAN Vol.1 ウルトラQ
ウルトラQアルバム―空想特撮シリーズ
ウルトラQ+ウルトラマン <ウルトラマンシリーズ 金城哲夫シナリオコレクション 1>
「ウルトラQ」の誕生白石 雅彦
ウルトラQ伝説―日本初の空想特撮シリーズの最終資料
ウルトラの常識
ウルトラマン・ウルトラQ 怪獣事典
講談社のテレビ絵本 ウルトラQ 完全復刻
衝撃の完全カラー化映像! 『ウルトラQ』伝説
僕らを育てたウルトラQの時代梶田興治、開田 裕治
僕らを育てたウルトラQのすごい人西條 康彦、唐沢 俊一、高倉 一般
ウルトラQ―Unbalance zone (1)(2)
ウルトラQ―開田裕治画集
甦れ!ウルトラ黄金時代Q マン セブン!!―輝ける怪獣ブームの軌跡(書籍)
僕たちの好きなウルトラマン ウルトラマン・シリース゛誕生編
ウルトラマン99の謎―懐かしのヒーロー
飯島敏宏 「ウルトラマン」から「金曜日の妻たちへ」
総天然色ウルトラQ 公式ガイドブック
コミック
昭和のテレビコミック・ウルトラQ(上) (下)(完)中城健太郎
集合

青葉クルミ 8話 ゴロー
【あおば-くるみ】
 生物を巨大化させる力を持つ新種のクルミ。ゴローという猿が食べ過ぎて巨大化する。 甘崎
アリゲトータス 26話 ダイナマイトジョー、ピーター
【ありげとーたす】
 深海に住む生物で、さほど珍しくはないらしい(?)。温度が上がると巨大化する。 甘崎
イタチ 10話 いなずま号、M1号、ワタシハカモメ
【いたち】
 東京駅で靴磨きをしている少年。宇宙と科学に憧れ、試運転中のいなずま号に乗り込むが、M1号によりいなずま号が暴走。最後は宇宙に吹っ飛ばされてしまう。そこでM1号の「ワタシハカモメ」を目撃するのだが、オチは描かれずに終わった。果たして彼は生きているんだろうか? 甘崎
一の谷博士
【いちのたに-はかせ】
 世界的に有名な科学者で、一体何を専門としているのか分からないが(笑)、あらゆる事に精通してる貴重な人物。三人の相談役として登場するが、四角い顔と大きな眼鏡、巨大な2本の尻尾のような白髭という独特な風貌と相まって存在感は極めて高し。 甘崎
一の谷博士(検索) <amazon> <楽天>
いなずま号 10話 イタチ、M1号、ワタシハカモメ
【いなずま-ごう】
 東京-大阪-北九州間を3時間で結ぶ地底超特急。人工生命体M1号によりコントロールを失い、北九州駅に激突する。その際、先頭車両を宇宙までふっとばしてしまう。 甘崎
浦島太郎 6話 乙姫、ガメゴン
【うらしま-たろう】
 亀を偏愛する少年。亀が99センチになると竜宮城に連れて行ってくれると信じている。強盗に捕まるが、その時亀が突如巨大化。本当に竜宮城に連れて行かれる。 甘崎
ウルトラマーチ
【うるとら-まーち】
 『ウルトラQ』のソノシートに収録されていた歌だが、なんとも不可解な歌である。

 ♪渦巻く空に 黒い雲
  山をゆさぶる ゴメスの叫び
  火を吐き 壊し ぶっ飛ばせ
(この歌は怪獣を応援しているのか?と思うと…)
 セリフ
  「一平!行くぞ」
  「まかしときっ!」
(ここだけはウルトラQらしいのだが…)
 ♪ウルトラ ウルトラ ウルトラエース
  大地を蹴って 今日も行く
  我らがエース ウルトラエース
(いったいこの「ウルトラエース」とは何物なのであろうか?大地を蹴るのだから人間のような存在なのだろうが、まさか「ウルトラマンエース」とは考えられないし…)

まさに謎の歌である。 水那岐
江戸川由利子
【えどがわ-ゆりこ】
 毎日新報の記者兼カメラマンで好奇心旺盛。なんでも首を突っ込み、その結果淳と共にアンバランスゾーンに巻き込まれることもしばしば。淳とは仲の良い友達であり、同志って所。一方一平に対しては姉のような存在で、まるで子分のように彼を使ってるのが、作品に花を添えていた。 甘崎
M1号 10話 イタチ、いなずま号、ワタシハカモメ
【えむ-いちごう】
 人工生命体。シャーレの上の微細な細胞だったが、地底超特急のいなずま号の中で突如巨大化。いなずま号を暴走させる。愛嬌のある表情をした猿の化け物みたいな怪獣で、そんなに大きくはない。「ワタシハカモメ」という名台詞を残す。 甘崎
KRS35 M1号 PVC製塗装済完成品フィギュア
乙姫 6話 浦島太郎、怪竜、ガメゴン
【おとひめ】
 浦島太郎がガメゴンに連れて行かれた雲の上に住む女の子。その世界では絶対的な力を持つらしく、太郎少年を翻弄する。 甘崎

怪竜 6話 浦島太郎、乙姫、ガメゴン
【かいりゅう】
 浦島太郎少年が連れてこられた雲の上の竜宮城の乙姫が呼び出す 甘崎
カネゴン 15話 加根田金男
【かねごん】
 お金大好きな加根田金男少年が拾ってきた繭が巨大化。そこに引き込まれた金男が変身する。金を食べ続けないと死んでしまい、胸にあるメーターで、どれだけ金が体内に残っているのかを確認できる。生きるために労働を余儀なくされる姿とか、仲間のこども達に見捨てられて、追いかけてくる姿とか、思いあまって銀行強盗を働くとか、人間味溢れる存在。 甘崎
ウルトラ怪獣シリーズSP カネゴン ラッキーゴールドカラーver.
怪獣郷ソフビシリーズ ウルトラQ カネゴン
KRS35 カネゴン PVC製塗装済完成品フィギュア
怪獣喜怒哀楽 カネゴン
加根田金男 15話 カネゴン
【かねだ-かねお】
 お金大好き少年で、何でも金に換算し、自分の特になることを優先する。ある日振るとお金の音がする繭を拾い、巨大化した繭に引き込まれた挙げ句、翌朝にカネゴンとなってしまう。 甘崎
ガメゴン 6話 浦島太郎、乙姫、怪竜
【がめごん】
 浦島太郎少年が飼っていた亀が太郎の妄想で巨大化したもの。背中にスピードメーターを装備し、マッハ3で空を飛ぶことができる。 甘崎
ガラダマ 13話 ガラモン、チルソナイト
【がらだま】
 弓ヶ沢村に落下した隕石。この村には昔からよく落ちたらしい。空中で燃えつきることもなく、ゆっくりと落下する。ダムに落ちた巨大ガラダマの中からガラモンが現れる。 甘崎
ガラモン 13話 16話 ガラダマ、セミ人間、チルソナイト
【がらもん】
 弓ヶ沢村のダムに落下した巨大ガラダマの中から現れた怪獣(正確にはロボット)。チルソナイトで出来た電子頭脳によって操られる。風貌と言い、コミカルな移動方法と言い、非常に個性的。ちなみによく口に手をやっているのは、これは中に入ってる人が口の部分で見てるから、時折開けてやって視界を良くしてるためだそうだ。 甘崎
全身発光ガラモン450 蓄光オブジェ
HG ブルマァク魂2 ガラモン カプセル・ガシャポン・ウルトラマン・ウルトラQ
怪獣郷「ウルトラマンQ」より 隕石怪獣 ガラモン
昔のポピー キングザウルスシリーズ ガラモン ソフビ
怪獣軒 スタンダードサイズ ガラモン
キール星人 21話 ボスタング、ルパーツ星人
【きーる-せいじん】
 ボスタングを操り、地球を侵略しようとした宇宙人。危機を知ったルパーツ星人ゼミにより地球人に警告が発せられ、ボスタングを倒されてしまう。ちなみに劇中に姿は見せず、名前だけ。 甘崎
ケムール人 19話
【けむーる-じん】
 地球侵略に来た宇宙人。左右非対称なフォルムを持ち、非常に面白いデザインをしている。人間を消したり、高速で走ったり、巨大化したりとなかなか芸達者。 甘崎
怪獣軒 スタンダードソフビ ケムール人 限定ピンク
KRS×NIRASAWA ケムール人 百武朋氏塗装版
ゴーガ 24話 ゴーガの像、古代アランカ帝国
【ごーが】
 巨大カタツムリ。目から溶解液を出し、尻尾(?)はドリルになってる。地球産の怪獣で、文明が進みすぎたと判断すると、その文明を破壊する使命を持っているらしい。古代アランカ帝国を滅ぼした後、ゴーガの像に封じ込められるが、X線を照射されることで復活。 甘崎
ゴーガの像 24話 ゴーガ、古代アランカ帝国
【ごーが-の-ぞう】
 古代アランカ帝国がゴーガによって滅ぼされた際、ゴーガを封じ込めた像。日本でX線を照射された際、封じ込められていたはずのゴーガが復活する。 甘崎
古代アランカ帝国 24話 ゴーガ、ゴーガの像
【こだい-あらんか-ていこく】
 ゴーガによって滅ぼされた古代の超科学国家。詳細は不明だが、カタツムリに滅ぼされるというのも、考えてみれば、悲惨な国だ。。 甘崎
ゴメス 1話 シトロネラ酸、リトラ
【ごめす】
 ウルトラQの栄えある第1話の悪役怪獣。
 恐竜のような格好をしてるが、実は学名ゴメテウスと言う哺乳類なのだそうだ。リトラの放出するシトロネラ酸が弱点で、孵化直後のリトラにより絶命。着ぐるみはゴジラの流用。 甘崎
ゴメス <amazon> <楽天>
ゴルゴス 7話 タケル
【ごるごす】
 単なる岩の塊なのだが、何故か鳴き声を上げる(不思議なことにゴジラの声とそっくりだったりして) 甘崎
これから30分、あなたの目はあなたの身体を離れ、この不思議な時間に入り込むのです
【これから-さんじゅっぷん-あなた-の-め-は-あなた-の-からだ-を-はなれ-この-ふしぎ-な-じかん-に-はいり-こむ-の-です】
 番組冒頭に石坂浩二の声で流れるナレーション。本シリーズを代表するナレーションとなっている。 甘崎
五郎 2話 青葉クルミ、ゴロー
【ごろう】
 淡島での猿の飼育員。ゴローという名の猿を特にかわいがっていたが、青葉クルミを食べさせたことで巨大化させてしまう。 甘崎
ゴロー 2話 青葉クルミ、五郎
【ごろー】
 青葉クルミを食べ過ぎたため、巨大化した猿。その着ぐるみは『キングコング対ゴジラ』のものが使用されている。 甘崎
HG ブルマァク魂2 ゴロー カプセル・ガシャポン・ウルトラマン・ウルトラQ

シトロネラ酸 →1話 ゴメス、リトラ
【しとろねら-さん】
 リトラの出す溶解液。これによって怪獣ゴメスを倒す。ただし、これを放出してしまうとリトラは死んでしまう。 甘崎
ジュラン →4話 マンモスフラワー
【じゅらん】
 マンモスフラワーの正式名称。丸の内ビルを突き破って成長する。吸血性あり。 甘崎
スダール 23話
【すだーる】
 大ダコだが、この登場シーンは『キングコング対ゴジラ』(1962)のバンクだとか。 甘崎
セミ人間 16話 ガラモン、チルソナイト
【せみ-にんげん】
 ガラモンをコントロールする宇宙人。人間に化けて天体物理学研究所に保管されていたチルソナイトを盗み出し、東京に落下した複数のガラモンを操る。念動力を有し、追跡してきた人間を煙に巻くが、最後は任務に失敗し、粛正を受けて殺される。この着ぐるみは後の『ウルトラマン』におけるバルタン星人の元となった。それ故良く似てるんだが、実は彼の仲間が乗る宇宙船もバルタン星人のものと同じだったりする…あるいはバルタン星人の幼生だったりして? 甘崎

ダイナマイトジョー 26話 アリゲトータス、ピーター
【だいなまいと-じょー】
 無敵のボクサーとして名を馳せ、予告通りのラウンドにKO勝ちしていたのだが、世界タイトルマッチを前にして突如ペットのピーターと共に失踪してしまう。 甘崎
タケル 7話 ゴルゴス
【たける】
 富士山麓に住む野生の少年。素手でゴルゴスに立ち向かう。 甘崎
タランチュラ 9話
【たらんちゅら】
 クモ男爵と呼ばれた男の住んでいた怪しげな洋館に棲みつく巨大グモ。2匹いるが、男爵と娘のなれの果てだろうか? 甘崎
チルソナイト 13話、16話 ガラモン、セミ人間
【ちるそないと】
 ガラモンを操る電子頭脳。これを遮蔽することでガラモンの行動を止めることが出来る。一旦天体物理学研究所に保管されるが、セミ人間によって盗み出され、複数のガラモンを操り、東京を混乱状態に陥らせる。 甘崎
戸川一平
【とがわ-いっぺい】
 万城目淳の助手でパイロット候補。本シリーズでは実はこの人物が一番視聴者の視点に近いので、感情移入がしやすく、ストーリーを一番良く引っ張っていた。淳と由利子のコンビではハードになりそうな展開も、彼の存在によってほどよい笑いの演出が可能となっていたため、貴重な存在でもある。実は隠れた物語の進行役でもある。甘崎
トドラ 27話
【とどら】
 名前通りトドが巨大化したもので、実は『妖星ゴラス』(1962)に登場するマグマの流用。 甘崎
友野健二 28話
【ともの-けんじ】
 SF作家。何をしたのかは明らかにされていないが、空飛ぶ電車を造り上げ、現実のしがらみに満ちた世界を離れ、新しい世界へと導く船頭役を果たす。ちなみに演じるのは天本英世。 甘崎

ナメゴン 3話
【なめごん】
 言わば巨大なナメクジ。ぬめぬめした質感が実に気持ちいい(?)。その姿は生理的嫌悪感を起こさせるので、本当に怖い怪獣ってのは、実はこういう奴だったりする。金星から送られてきた二つの玉から2体登場する。 甘崎
虹の卵 18話 パゴス
【にじ-の-たまご】
 さざめ竹の花と一緒に見つけると何でも願いがかなうと言い伝えられている。少女が祖母の足を治してもらうために探すのだが、見つかった物体は実は濃縮ウランのカプセルで、パゴスに襲われそうになる。 甘崎

パゴス 18話 虹の卵
【ぱごす】
 四本足の怪獣。北京を壊滅状態にするほどの破壊力を持つ。分子構造破壊光線を吐く。シリーズでは珍しいストレートな怪獣。 甘崎
HG ブルマァク魂2 パゴス カプセル・ガシャポン・ウルトラマン・ウルトラQ
マルサン ウルトラQ パゴス 4期 1966年製
ハニーゼリオン 8話 モングラー
【はにーぜりおん】
 青年科学者木村によって開発された一種の薬。これを食べた動物を巨大化させる。木村のライヴァル伊丹の手により悪用され、モングラーを作り出してしまう 甘崎
バルンガ 11話
【ばるんが】
 あらゆるエネルギーを吸い尽くして大きくなる風船状の謎の物体。小さな風船がたくさん集まって巨大になる。 甘崎
ピーター 26話 アリゲトータス、ダイナマイトジョー
【ぴーたー】
 天才ボクサーであるダイナマイトジョーがペットの深海生物アリゲトータスに付けた名前。予知能力とテレパシーを有する。温度が上がると巨大化し、火事にあったホテルから出現した時はまさに怪獣サイズまで巨大化していた。 甘崎
ペギミンH →5話、14話 ペギラ
【ぺぎみん-えっち】
 ペギラの苦手とする苔状の植物から抽出されたペギラを撃退できる薬。かつてペギラと遭遇した野村隊員が作っていたもの。 甘崎
ペギラ 5話、14話 ペギミンH
【ぺぎら】
 南極に生息する巨大怪獣。自らも超低温の息を吐くことが出来る。あまりの温度の低さに重力をも操れるのだとか。その後、南極の温暖化によって北上。東京に現れる…暑さから逃れるためになんでわざわざ暑いところにいこうとするのかは謎。ペギミンHが弱点。 甘崎
怪獣軒 スタンダードサイズソフビ ペギラ
ボスタング 21話 キール星人、ルパーツ星人
【ぼすたんぐ】
 キール星人に操られる巨大エイ。それ以上の存在ではなし。ルパーツ星人の協力があってこそとは言え、珍しく人間によって退治されてしまう。こんなのでキール星人は本当に地球侵略を考えていたのか、疑問が残る。 甘崎

万城目淳
【まんじょうめ−じゅん】
 星川航空のパイロットでSF小説も書いている。毎日新報の由利子とは名コンビで、彼自身もいくつもの事件を解決するが、一平との絡みで時折三枚目も演じて、芸域の広さを見せてくれる。立場としては、「頼れる兄貴」ってところかな?ほぼ全話に登場してくれる。甘崎
マンモスフラワー →4話 ジュラン
【まんもす-ふらわー】
 ジュランという名前。日本の特撮では結構珍しいコマ撮りアニメーション合成が用いられている。 甘崎
庄野企画 アマプロのモーレツ怪獣シリーズ マンモスフラワー ジュラン
モルフォ蝶 22話
【もるふぉ-ちょう】
 蓼科に生息する巨大な蝶。その鱗粉は人間を巨大化させることが出来る。巨大化した人間はどうやら理性も失うらしいので、かなり薬物に近いのかもしれない。 甘崎
モングラー 8話 ハニーゼリオン
【もんぐらー】
 ハニーゼリオンによって巨大化したモグラ。それだけ。 甘崎

ラゴン 20話
【らごん】
 海底人。自分の産んだ卵を取り返しに来ただけなのに、排斥され、最後はその習性を利用されて崖から落とされてしまう。考えてみると、可哀想な存在。説明によると爬虫類が並行進化したものらしいが、何故か乳房を有する。甘崎
大怪獣シリーズ ウルトラQ編 「海底原人 ラゴン(カラー版)」
ラルゲユウス 12話
【らるげゆうす】
 古代の巨大鳥。大きさを任意に変えられる。しかし、本作ではただ飛んでるだけ。 甘崎
リトラ →1話 ゴメス、シトロネラ酸
【りとら】
 鳥のような巨大生物。卵とも蛹ともとれる土の塊から誕生し、溶解液シトロネラ酸によりゴメスを倒す。本能に従っただけとは言え、結果として人間を救うために命を落とす姿は泣かせる。 甘崎
リトラ<amazon> リトラ<楽天>
リリー 25話
【りりー】
 東洋魔術団で大人気の少女。父親によって催眠術をかけられると、幽体離脱して、空中を自在に歩く事が出来る。しかし、幽体離脱した自分自身に殺されそうになる。 甘崎

ワタシハカモメ 10話 イタチ、いなずま号、M1号
【わたし-は-かもめ】
 宇宙に吹っ飛ばされた人工生命体M1号が宇宙空間で言う台詞。語源はソ連出身の初の宇宙飛行士ワレンチナ・テレシコワがボストーク6号で宇宙飛行をした際(1963年)に語った言葉の和訳。これはテレシコワのコードネームがロシア語でカモメを意味する「チャイカ」だったことから。 甘崎