MOVIETOP

カルロ・リッツァーニ
Carlo Lizzani

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 1 合計点 3 平均点 3.00
 他にリー・V・ビーヴァー名義
書籍
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988 ゴルバチョフへの手紙 監督・脚本
1987
1986
1985
1984
1983 黄色い悪夢 監督
1982
1981
1980
1979
1978
1977 ホテル 監督
1976 恐るべき少女たち/報告・イタリア版転落の詩 監督・脚本
1975
1974 マンハッタン皆殺し作戦 監督
ブラック・シャツ/独裁者ムッソリーニを狙え! 監督・脚本
1973 小さな刑事 監督
1972
1971
1970
1969 山いぬ 監督・脚本
愛と怒り 監督
1968 ミラノの銀行強盗 監督・脚本
1967 殺して祈れ 監督
1966 目をさまして殺せ 監督
帰って来たガンマン 監督
1965 秘密大戦争 監督
1964
1963
1962
1961
1960 汚れた英雄 監督・脚本
1959 恋に向かって走れ 監督
白い道 監督
1958 黄色い大地 監督
1957
1956
1955
1954
1953
1952 街の恋 監督
1951
1950
1949
1948 にがい米 原案
ドイツ零年 原作
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922 3'4 ローマで誕生

ページトップへ

帰って来たガンマン 1966

<amazon>
<楽天>
マリオ・ピエロッティ(脚)
トーマス・ハンター
ヘンリー・シルヴァ
ダン・デュリエ
ナンド・ガツォーロ
ニコレッタ・マキャヴェリ
ジアンナ・セラ
ロリス・ロディ
ジェフリー・コペルソン
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 南北戦争終了間際に南軍の軍資金を強奪したジェリー(ハンター)とケン(ガツォーロ)という二人の男がいた。追い詰められた彼らはクジ引きでどちらかが囮になることを決め、ジェリーが囮となり騎兵隊に捕まった。数年後、刑期を終えたジェリーが故郷に帰ったとき、家族の面倒を看るという約束を無視したケンは暴虐の限りを尽くして町の支配者となっており、更にジェリーの妻も殺してしまったことを知った。怒りに燃えるジェリーはケンに詰め寄るが、ケンの放った殺し屋により重傷を負わされてしまう。そんなジェリーを助けたのはゲッツ(デュリエ)と言う男。訳ありと見られるゲッツの話に乗り、復讐を練るジェリーだったが…
 1960年代中盤から始まったマカロニウエスタンの大きな特徴の一つは、主人公が決して正義ではなく、自分の野望のためにはどんな犠牲も厭わないというモラルハザードさがあるが、これを演出しやすいのが復讐物語というもの。
 だから結構このタイプの作品はマカロニには多いのだが、本作は一風変わった印象を受ける。
 簡単に言ってしまえば
「マカロニらしくない」。なんか昔からの伝統的な西部劇をマカロニ的演出で作ってみました。といった感じ。
 その分ちょっと中途半端な感じになってしまい、主人公が弾け足りない気分にさせられる。せっかく復讐のお膳立てができているんだから、立ちふさがるやつは皆殺しにして血の海の中で一対一の決闘を演じるとか、その辺のマカロニらしさってのが薄いか?ちょっと不完全燃焼と言った感じ。いつの間にか主人公、いい人になってしまうし。
 でも音楽は良いなあ。なんかモリコーネっぽい…と思ったら本当にモリコーネだった。スタッフロールの名前が違うから分からなかった。

ページトップへ