MOVIETOP

フローラン・エミリオ・シリ
Florent Emilio Siri

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2010
2009
2008
2007
2006
2005 ホステージ 監督
2004
2003
2002 スズメバチ
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965 3'2 誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ホステージ 2005

<amazon>
<楽天>
ダグ・リチャードソン(脚)
ブルース・ウィリス
ケヴィン・ポラック
ジョナサン・タッカー
ベン・フォスター
ミシェル・ホーン
ジミー・ベネット
マーシャル・オールマン
セレナ・スコット・トーマス
ルーマー・ウィリス
キム・コーツ
ロバート・ネッパー
ティナ・リフォード
ヘクター・ルイス・ブスタマンテ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 かつてロサンジェルスで凄腕交渉人だったタリー(ウィリス)は、ある事件を境に左遷され、ブリスト・カリーノという小さい町の警察署長にされてしまう。たいして大きな事件も起きず、退屈な日々を送っていたタリーだが、そんな時に町一番の金持ちスミス家に三人組の強盗が入ってしまう。
 2000年代に入ってハリウッドの刑事物も随分様変わりした。その特徴の一つとして、交渉人という職業に注目した作品が増えた事がある。ドンパチを少なくし、その代わり犯人と交渉人の会話を中心にする事で、予算はそこそこに、緊張感溢れる演出が出来る上に会話中心の重厚なドラマが出来るという特徴となる。
 この映画の場合、二つの事件を交錯して描くことでミスディレクションを起こし、それが物語を複雑化させ、それに加えて『ダイ・ハード』(1988)っぽいウィリスの泥臭いアクションを加えたことで、それなりに映画としては悪くなくなった。
 ただ、折角の素材を演出の間延びで台無しにしてしまった感はある。FBI絡みの事件がすっきりせず、結局何の計画もなしに強盗を働いた少年達との対決を中心にしてしまったことで、尻すぼみになってしまったし、解決もちょっと強引すぎ。なにより折角の売りである交渉が上手く機能してないのがなんとも残念。
 いつものウィリスらしいB級作品と割り切って観たら、それなりに観られる…かな?

 

スズメバチ 2002

<amazon>まだ
<楽天>
  
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 パリ祭が盛大に行われている裏で、特殊部隊がマフィアの最高幹部アベディンを護送していた。だが、マフィアにより結成されたアベディン救出部隊が倉庫街にさしかかった装甲車を襲うのだった。丁度同じ頃、ナセール(ナセリ)をはじめとした盗賊団が倉庫に新品のパソコンを奪いに倉庫に入っていた。銃撃戦に巻き込まれたナセール達。
 ハリウッド作品とはひと味違うフランス製のガン・アクション作品…と言うか、ガン・アクションのみの作品。ひたすら暗いところでひたすら逃げ回っては銃撃戦。終わったら逃げて又銃撃戦。やっと助かったと思ったら、やっぱり銃撃戦…なんじゃこれは
?設定も何もあったもんじゃない
 そりゃま、確かに銃撃戦は見応えはあったけど、それら全てが暗闇で行われるために分かりづらく、顔も隠れてるので、誰が誰だか分からないのも問題。ウンカの如く湧いて出る敵も何者なのか全然分からないし。それに定番とは言え、主人公達にはあんまり弾が当たらないのもなんだし。
 それを上回るスタイリッシュさがあると言えるのだが、今回に関してはちょっと私には合わないかな?ストーリー的にもう少しメリハリが欲しかった。ちょっとボタンを掛け違えた感じ。
 ハリウッドとは異なる作りのガン・アクション作品として、好きな人にはたまらない作品だろう。

ページトップへ