MOVIETOP

アンリ・ヴェルヌイユ
Henri Verneuil

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2002 1'11 死去
1993
Mayrig
<A> <楽> 監督・原作・脚本
1992 588 rue paradis 監督・脚本
1991 Mayrig 監督・脚本
1984 Les morfalous 監督・脚本
1982 Mille milliards de dollars 監督・製作・脚本
1979 I... comme Icare 監督・脚本
1976 追悼のメロディ 監督・製作・脚本
1975 Peur sur la ville 監督・脚本
1973 ジャン=ポール・ベルモンドの 恐怖に襲われた街 監督・製作・脚本
エスピオナージ 監督・製作・脚本
1971 華麗なる大泥棒 監督・製作・脚本
1969 シシリアン 監督
1968 サン・セバスチャンの攻防 監督
1967 25時 監督・脚本
1964 ダンケルク 監督
太陽の下の10万ドル 監督・脚本
Diazygio a-la ellinika 脚本
1963 地下室のメロディー 監督・脚本
1962 冬の猿 監督
1961 Les lions sont la^che's 監督
Le pre'sident 監督・脚本
1960 フランス女性と恋愛 監督
艶(つや)ほくろ 監督
1959 牝牛と兵隊 監督・脚本
Le grand chef 監督・脚本
1958 Maxime 監督・脚本
1957 女は一回勝負する 監督・脚本
1956 幸福への招待 監督・脚本
Des gens sans importance 監督・脚本
1955 ヘッドライト 監督・脚本
1954 過去をもつ愛情 監督・脚本
1953 L'ennemi public no 1 監督
Carnaval 監督
Le boulanger de Valorgue 監督
1952 禁断の木の実 監督・脚色
Brelan d'as 監督
1951 La table aux creve's 監督・脚本
1950 La le'gende de Terre-Blanche 監督・脚本
L'art d'etre courtier 監督
Les chansons s'envolent 監督
Maldonne 監督・脚本
On demande un bandit 監督
Pipe chien 監督・脚本
Ve'ronique 助監督
1949 Les nouveaux mise'rables 監督
1920 10'15 ロドスト(トルコ)で誕生

ページトップへ

エスピオナージ 1973
<A> <楽>
アンリ・ヴェルヌイユ(製)
アンリ・ヴェルヌイユ
ジル・ペロー(脚)
ユル・ブリンナー
ヘンリー・フォンダ
ダーク・ボガード
フィリップ・ノワレ
ミシェル・ブーケ
マリー・デュボワ
ヴィルナ・リージ
ヘルガ・アンデルセン
ファーリー・グレンジャー
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
原作:ピエール・ノール
華麗なる大泥棒 1971
<A> <楽>
アンリ・ヴェルヌイユ(製)
アンリ・ヴェルヌイユ
バーエ・カッチャ(脚)
ジャン=ポール・ベルモンド
オマー・シャリフ
ダイアン・キャノン
ロベール・オッセン
レナート・サルヴァトーリ
ニコール・カルファン
クロード・ドーファン
ホセ・ルイス・デ・ヴィラロンガ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
華麗なる大泥棒(書籍) デヴィッド・グーディス
シシリアン 1969
<A> <楽>
ジャック・ストラウス(製)
アンリ・ヴェルヌイユ
ジョゼ・ジョヴァンニ
ピエール・ペルグリ(脚)
ジャン・ギャバン
アラン・ドロン
リノ・ヴァンチュラ
イリナ・デミック
シドニー・チャップリン
アメデオ・ナザーリ
マルク・ポレル
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
原作:オーギュスト・ル・ブルトン
 ル・ゴフ刑事(ヴァンチュラ)は必死の捜査の末、ついに凶悪犯サルテ(ドロン)を捕らえる事に成功する。だが、サルテはフランスのシシリアン・マフィア、ヴィットリオ(ギャバン)ファミリーの手引きによって護送車から脱獄を果たす。実はヴィットリオはサルテと組んで大掛かりな犯罪計画を企んでいたのだ。二人の共同で大胆な作戦が行われるが…
 ジャン=ギャバン、アラン=ドロン、リノ=ヴァンチュラという三大スターを配して作り上げられたフィルム・ノワール。
 格好は良いけどやることなすこと大概裏目に出てしまうドロン演ずるサルテは二枚目半と言った役柄で、そんな彼を追うのだが、いつも肝心なところで逃げられるヴェンチュラ演ずる厳つい顔のル・ゴフ刑事。この二人を見ていると、どうしてもあるアニメを思い出してしまう。しかも彼らの行動は穴だらけで、演出がかなり大味なのも、いかにも。と言った感じ
(フランス映画というのはその辺を優しい目で見てあげる必要はあるんだけど)。この二人のやり取りを見てると、まさしく『ルパン三世』を地でやってるな〜。と言う感じ。
 ただ、ここにギャバンが関わると、様相は随分変わっていく。彼は確かにあまり前面に出ることはないけど、ポイントを抑えた登場と、重みのある言葉は画面に締まりと渋みとを与えてくれている。
 だからこそ、
物語はギャバンによって閉じられねばならなかった。これは正解だ。
 あのラストは良い。自分を裏切ったサルテを無表情に殺すヴィットリオ。そして最後のル・ゴフ刑事との対話シーン。軽めの作品とばかり思っていたのに、あれだけ渋いシーンできっちりと抑えてくれちゃ、やっぱ評価を上げたくなる。この物語は間違いなく男を描くための作品なのだ。
 ちょっと難を言えば、ドロンがあくまで狂言回しのようにしか使われなかった所かな?画面上には一番登場していながら、美味しいところは全部取られてしまっていたし…
(濡れ場だけは濃厚だったけど)
 あと、勿論音楽も良い。最初はかなり違和感があったけど、後半、あのビヨョョ〜ンという音を心待ちにしてたっけ。
地下室のメロディー 1963
1963ゴールデン・グローブ外国映画賞
<A> <楽>
アンリ・ヴェルヌイユ
アルベール・シモナン
ミシェル・オーディアール(脚)
ジャン・ギャバン
アラン・ドロン
ヴィヴィアーヌ・ロマンス
モーリス・ビロー
ジャン・カルメ
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 かつて暗黒街で名を馳せた伝説のギャングのシャルル(ギャバン)は、生涯最後の仕事としてカンヌのカジノから10億フランを奪う作戦を立てる。そのために必要な相棒として若いチンピラのフランシス(ドロン)を選ぶ。金持ちの青年を装ってカジノのホテルに滞在するフランシスは、首尾良くカジノの裏舞台への鍵を手に入れる。ところが金を奪う当日となり、思いもしないトラブルが連発してしまう。
 戦前から活躍したフランスの国民的俳優であり、数々の名作の主役を務めてきたジャン・ギャバンも御年60となろうとしている時。引退とまでは考えてないまでも、第一線からそろそろ退こうと考えていたのがこの時代。
 そこでどうやら単純に引退するのではなく、これからのフランス映画界を牽引していくだろう人物にバトンタッチをするよう考えたようである。
 そしてその後継者として選ばれたのがアラン・ドロンであり、そしてこれは大正解。これ以上ない完璧な世代交代が行われた。
 この一事だけで本作はフランス映画界において重要な立ち位置にある作品と言えよう。

 物語自体は他愛ないものだし、設定もユルユル。人物の魅力だけに頼った作品なんだけど、
その魅力を十二分に発揮出来ただけで充分
冬の猿 1962
<A> <楽>
ジャック・バール(製)
フランソワ・ボワイエ(脚)
ジャン・ギャバン
ジャン=ポール・ベルモンド
シュザンヌ・フロン
ガブリエル・ドルジア
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
冬の猿(書籍)アントワーヌ・ブロンダン
ヘッドライト
Des gens sans importance
<A> <楽>
フランソワ・ボワイエ
アンリ・ヴェルヌイユ(脚)
ジャン・ギャバン
フランソワーズ・アルヌール
ピエール・モンディ
ポール・フランクール
ダニー・カレル
リラ・ケドロヴァ
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
セルジュ・グルッサール
製作年 1955
製作会社 パリ・スタジオ
ジャンル 職業(運転手)恋愛(不倫)
売り上げ $
原作
歴史地域
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
過去をもつ愛情
Les amants du Tage
<A> <楽>
ジャック・ゴチエール(製)
ジャック・コンパネーズ(脚)
フランソワーズ・アルヌール
ダニエル・ジェラン
トレヴァー・ハワード
アマリア・ロドリゲス
ジネット・ルクレール
マルセル・ダリオ
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
原作:ジョセフ・ケッセル
製作年 1954
製作会社 ECC、オッシュ・プロ、フィデス
ジャンル 恋愛(ストレート)
売り上げ $
原作 ジョセフ・ケッセル
歴史地域 リスボン(ポルトガル)
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ

ページトップへ