MOVIETOP

野村孝

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 2 合計点 6.5 平均点 3.25
書籍
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977 雨のめぐり逢い 監督
赤い絆<TV> 演出
1976 地上最強のカラテ 監督
赤い運命<TV> 演出
1975
1974
1973
1972
1971 逆縁三つ盃 監督・脚本
1970 ネオン警察 女は夜の匂い 監督
鮮血の記録 監督
1969 昭和やくざ系図 長崎の顔 監督
博徒百人 任侠道 監督
博徒百人 監督
1968
1967 燃える雲 監督
拳銃(コルト)は俺のパスポート 監督
1966 暗黒航路 監督
殺るかやられるか 監督
放浪のうた 監督
1965 血と海 監督
未成年 続・キューポラのある街 監督
1964 無頼無法の徒 さぶ 監督
1963 夜霧のブルース 監督
いつでも夢を 監督
1962 あすの花嫁 監督
遥かなる国の歌 監督
激流に生きる男 監督
1961 黒い傷あとのブルース 監督
大森林に向って立つ 監督
都会の空の非常線 監督
早射ち野郎 監督
1960 都会の空の用心棒 監督
摩天楼の男 監督
爆破命令 監督
特捜班5号 監督
傷だらけの掟 監督デビュー
1958 嵐の中を突っ走れ 助監督
風速40米 助監督
1927 2'18 大阪で誕生

ページトップへ

拳銃(コルト)は俺のパスポート 1967

<amazon>
<楽天>
山田信夫
永原秀一(脚)
宍戸錠
小林千登勢
ジェリー藤尾
嵐寛寿郎
武智豊子
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
「逃亡者」藤原審爾
 横浜を二分する大田原組と島津組の抗争が続いていた。大田原組に雇われた二人組の殺し屋上村周治(宍戸錠)と塩崎駿(ジェリー藤尾)は首尾良く島津を射殺したが、島津の息子(杉良太郎)はそれを見逃さず、二人を執拗に追いつめていく。塩崎を殺され、横浜から脱出できなくなった上村は一人逃げ回っていくのだが…
 一時代を築いた日活和製アクションの一本で、ある意味では無国籍シリーズの極北にあたる作品。
 宍戸錠はどんな役でもこなせる器用な役者だが(日活の渡り鳥シリーズとかでは主人公小林旭の脇に回ったが)、その中で一番似合うジャンルと言えばやっぱりアクション作品。それも非情な主人公を演じさせたら最高の人。その辺よく分かってらっしゃるって感じの作品で、まさしく宍戸錠の魅力満点。
 本作の面白いところは、横浜という町を舞台にウエスタンの脚本をそのままやってしまおうということで、日本的な義理人情に縛られず、一定の信念を持つ主人公がばったばったと人を殺し、それに合わせるように殺し屋達が集まって殺し合いが始まっていく。その描写がなかなかに乾いているのが実に良い。
 完全に封鎖された横浜から抜け出すために、拳銃一つで単身活躍する。まさしくタイトル通り。
 それにこの作品、とにかく宍戸錠が走りまくる。逃げるため、殺すため、時には訳もなく。全編を通して走り回っては銃を撃ちまくる。実際それこそがこの作品の最大の魅力とも言えるだろう。
 ある程度の割り切りは必要とはいえ、宍戸錠という役者の良い部分を見事に切り取って見せてくれたことは賞賛に値する。
黒い傷あとのブルース

<amazon>
<楽天>
山崎巌
吉田憲二(脚)
小林旭
吉永小百合
大坂志郎
稲葉義男
神山繁
郷えい治
近藤宏
深江章喜
金井克子
松本染升
東恵美子
富田洋
木島一郎
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 堤組の組長の密命で初めての密輸に手を出した渡三郎(小林旭)は、何者かの裏切りによって警察に捕らえられてしまった。そして5年後、刑務所から出所した渡はかつて密輸の取引相手だった小牧(大坂志郎)が自分を罠にはめたのだと当たりを付け、彼の行方を捜し回っていた。そんな時ひょんなことからバレリーナの洋子(吉永小百合)と出会い、お互いに惹かれ合うのだが、その後見つけ出した小牧の娘がその洋子であることが分かるのだった…
 昔気質のヤクザものを小林旭を主人公としてモダンに仕上げた作品で、二枚目俳優小林旭をとことん前面に押し出した作品に仕上がっている。物語はスピーディだが、逆に言えばありがちな作品で、要するに小林旭と吉永小百合の恋愛さえ観られればそれで充分って感じ。
 からっとしたキップの小林旭と、しっとりした情感を漂わせる吉永小百合は
ミスマッチのようでいて、しっかりかみ合っているのが面白い。多分これは小林旭の方が、それまでの明るさを捨て、ヤクザ世界の、情緒溢れる世界の中に飛び込ませようと言う試みが見事に成功したためだろう。
 この作品のタイトルともなっている
「黒い傷あとのブルース」というのはアメリカのポップミュージックだったが、それまでからっとした歌ばかりを歌っていた小林旭の転機となった歌となり、大ヒットを記録することになる。
 キャラクタのはまり具合は見事とはいえ、やはり物語があまりにもお粗末な感じのため、評価はさほど上げられない。

ページトップへ