特撮館Top
特撮事典

不思議の国のアリス

アリス・イン・ワンダーランド


<amazon>
<楽天>
ティム・バートン(監督)
 かつてワンダーランドで冒険を繰り広げたちっちゃなアリスももう19歳。ワンダーランドでの冒険も最早夢の中の物語となっていた。だが、アリス本人は自分の素直な気持ちを汲んでくれない周囲に対し、かなり反発を覚えていた。そんな時、園遊会で好きでもない幼なじみから結婚を迫られたアリスは、再びチョッキを着た白ウサギの姿を目にする。思わずウサギを追いかけたアリスは、丘陵に開いた穴から落ちてしまい、そのまま懐かしのワンダーランドへ。だがそこは彼女の知っている場所とは随分異なっていた…
 ティム・バートン&ジョニー・デップの最強コンビが織りなす童話の世界。「不思議の国のアリス」の完全続編。
 本作は2010年度春の最大の期待作だった。実際観客動員数は全世界的にもの凄い数に上り、更に3Dと言う事もあって、私にとっても相当な気合いで観に行くことになった。
 …のだが、
やや気分的には落ち込んだ
 少なくとも私としては、この作品は
「無難」としか言えない。心揺さぶられる部分があまりにも少なかった。期待度の高さに裏切られてしまった感じもあり。
 いや、作品としてはかなりまとまっているとは思う。脚本はかなり練られていて、「不思議の国のアリス」の続編としては充分な出来だし、それにアリスの成長を絡めた物語はかなり深いレベルで映画としての完成度も高い。
 良い部分は色々数えることは出来る。例えばワンダーランドの住民達についても、性格が多少変わっているキャラがいるにせよ、ちゃんとオリジナルで登場したキャラはきちんと出ているし、そこでの言動も一々頷けることが多い。私なんぞは、原作読んだのはもう遙かな昔とは言え、
「読み込んでるなあ」という思いにさせられた。
 また、本作は女性の成長物語に焦点を絞っているのも良い感じ。19歳になったアリスは、一見もう大人なのだが、その実は思春期をまだ脱してない女の子に過ぎず、周囲に対して主張を持たないのにただ押しつけられる出来事に対して反発を繰り返している。そんなアリスが様々な冒険を経て、心の成長を遂げ、最後は自立した一人の女性として帰ってくる。この辺の描写はかなり細かく、アリスの立ち居振る舞いは最初と最後で全く異なっているだけでなく、劇中にも刻々と変化して行ってる。描写としてはかなりのレベルに至ってる。
 と、まあ少なくともお膳立てに関してはきっちり揃ってるのだ。
 だけど、
なんでこんなに薄味になるんだ?
 成長物語という意味ではかつて
『ビッグ・フィッシュ』であれだけ見事に人の成長を描けていたバートンが、その描写にまるで力が入ってない。いや、入ってないというか、その変化もちゃんと目に見える形で出してはいるのだ(前半部分、周囲に流されると言う事に対して苛ついていたアリスの視点はふらついていたのに、赤の女王と白の女王の決戦の辺りになると真っ直ぐ前を向いていた辺りとか)。でも、それがまるで心地よく感じない。たくさん出てくるワンダーランドのキャラクタに関しても、マッドハッターとチェシャ猫以外はほとんど存在してるだけって感じ。そして肝心なこの二人のキャラの性格がかなり原作とは変わってる。マッドハッターが言った「この世界は狂ってなければ生きていけない」という言葉がとても虚しく聞こえてしまう。だって狂ってるように見えないんだもん
 これは『ナルニア国物語』の時にも感じた事なのだが、ファンタジー作品の場合、
主題を相当に絞り込まないと、物語がとても表層的になってしまう。何か一点、物語上、ここだけは描かねば。と言う所があると、その部分を中心に物語が広がっていくが、物語を無難にまとめるだけになると物語が広がらない。
 本作で重要なのは、アリスがジャバウォーキーと戦い、それに勝利するという予言がどうなるか。と言う部分だったはず。だったらそこをもっと深めていくべきだったんじゃないか?別段それは時間を長くしろとか、派手にしろ。と言う意味では無く、アリスがその運命を呑み込み、ジャバウォーキーとの戦いに挑むまでをもっと情感たっぷりに仕上げて欲しかった。
 何となく逃げていたらそこにジャバウォーキーがいて、剣を振るったら倒れた…それならそれでも悪くないと思うんだけど、それを劇的に描いてこそ、それが作家の力量になるんじゃないか?
 なんか『チャーリーとチョコレート工場』以降、演出力が変になってきたような気がするよ。単に私の好みが合わなくなっただけ。と言われればそれまでだけど。
 総評を言えば、「上手く作られてはいるけど、好みの作品ではない」としか。

 

赤の女王
【あか-の-じょおう】
 ワンダーランドの半分を治める赤の国の女王。「不思議の国のアリス」のハートの女王と、「鏡の国のアリス」の赤の女王をまとめたものらしい。暴虐な性格で、気に入らない者は次々に殺させてしまう。巨大な顔を持つ異形。役はヘレナ・ボナム=カーター。 甘崎
赤の女王<amazon> 赤の女王<楽天>
アブソレム
【あぶそれむ】
 いつも煙草を吸っている芋虫。ワンダーランドの生き字引でもある。 甘崎
アリス
【ありす】
 アリス・キングスレー。かつてワンダーランドに行ったことがある少女。現在19歳になり、その記憶も薄れているが、ワンダーランドの危機に呼び戻された。ジャバウォーキーを倒すことを運命づけられている。役はミア・ワシコウスカ。 甘崎
アリス<amazon> アリス<楽天>
イモージェン
【いもーじぇん】
 アリスの叔母。未だに少女の夢の中にあるようなキャラ。 甘崎
三月ウサギ
【さんがつ-うさぎ】
 「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」双方に登場したキャラクタで、終わりのないお茶会でひたすらお茶を飲んでいるアリスの道案内役。今回も立場は同じ。 甘崎
三月ウサギ<amazon> 三月ウサギ<楽天>
ジャバウォッキー
【じゃばうぉっきー】
 ワンダーランドに住む巨大な龍。現在赤の女王によって飼われており、その力がワンダーランドを恐怖に陥れている。 甘崎
ジャバウォッキー<amazon> ジャバウォッキー<楽天>
ジャブジャブ鳥
【じゃぶじゃぶ-ちょう】
 巨大でどう猛な鳥。ジャブジャブという鳴き声が特徴。 甘崎
白ウサギ
【しろ-うさぎ】
 チョッキ姿で大きな懐中時計を持ったウサギ。アリスをワンダーランドへと誘う。 甘崎
白ウサギ<amazon> 白ウサギ<楽天>
白の女王
【しろ-の-じょおう】
 ワンダーランドの半分を治める白の国の女王。優しい性格のため、赤の女王の攻撃を前にあまり戦いたくない様子を見せる。常に腕をひらひらさせているのは、おそらくディズニーのフルアニメーションで出てくる女の子を意識してのことだろう。役はアン・ハサウェイ。 甘崎
白の女王<amazon> 白の女王<楽天>
チェシャ猫
【ちぇしゃ-ねこ】
 自在に姿を消すことが出来る巨大な猫。原作では何もかも見通していながら、決して人に関わらない皮肉屋として描かれるが、ここではマッドハッター同様積極的に人に関わっている姿があり。 甘崎
チェシャ猫<amazon> チェシャ猫<楽天>
チャールズ
【ちゃーるず】
 チャールズ・キングスレー。アリスの父。東洋海運への投資で莫大な利益を得るが、アリスが19歳になる前に死亡。 甘崎
トゥイードル・ダム
【とぅいーどる-だむ】
 トゥィードル・ディーの双子の兄弟。いつも一緒にいるが、いつも言い争いばかりしている。 甘崎
トゥイードル・ダム<amazon> トゥイードル・ダム<楽天>
トゥイードル・ディー
【とぅいーどる-でぃー】
 トゥィードル・ダムの双子の兄弟。いつも一緒にいるが、いつも言い争いばかりしている。 甘崎
トゥイードル・ディー<amazon> トゥイードル・ディー<楽天>
ドードー鳥
【どーどー-どり】
 ワンダーランドでは普通に住んでいるらしい巨大な陸上歩行鳥。 甘崎
ドードー鳥<amazon> ドードー鳥<楽天>
ハートのジャック
【はーと-の-じゃっく】
 赤の女王の側近で隻眼の剣の使い手。それなりに野望を秘めているらしいが、劇中ではほとんど出すことはなかった。 甘崎
バンダースナッチ
【ばんだーすなっち】
 赤の女王に飼われている獣人。アリスの優しさに触れ、アリスのために行動するようになる。 甘崎
バンダースナッチ<amazon> バンダースナッチ<楽天>
フィオナ
【ふぃおな】
 フィオナ・チャタウェイ。噂好きの双子の女の子。 甘崎
フェイス
【ふぇいす】
 フェイス・チャタウェイ。噂好きの双子の女の子。 甘崎
ヘイミッシュ
【へいみっしゅ】
 ヘイミッシュ・アスコット。アリスの婚約者として現れた青年。アリスの幼なじみだが、アリス本人には全く恋愛感情はない。 甘崎
ベイヤード
【べいやーど】
 白の女王に忠誠を尽くすブラックハウンド。 甘崎
ヘレン
【へれん】
 ヘレン・キングスレー。アリスの母親。夫が亡くし、アリスのお転婆に手を焼いている普通のお母さん。 甘崎
マーガレット
【まーがれっと】
 アリスの姉。既に結婚しており、理想的な家庭を築いていると信じ込もうとしている、ある意味この人も夢みる少女。 甘崎
マッドハッター
【まっど-はったー】
 一般に童話では「帽子屋」とされている人物。延々とお茶会を続け、愚にも付かない蘊蓄を垂れ流す存在。ここではワンダーランドを赤の女王に奪われることを危惧し、積極的に白の女王側に付こうとしている。役はジョニー・デップ 甘崎
マッドハッター<amazon> マッドハッター<楽天>
ヤマネ
【やまね】
 終わらないお茶会に出席している小動物。クリケットの球に使われる事もある。 甘崎
ローウェル
【ろーうぇる】
 マーガレットの夫。かなりの浮気者で、その証拠をアリスに握られている。 甘崎
ワンダーランド
【わんだー-らんど】
 かつてアリスが迷い込み、新たに呼ばれた不思議な世界。マッドハッターによれば「気が狂ってなければやっていけない世界」。赤の女王の勢力によって滅亡に瀕している。 甘崎
ワンダーランド(検索) <amazon> <楽天>