MOVIETOP

フレッド・コー
Fred Coe

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
書籍
1979 4'29 死去
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969 ナタリーの朝 監督
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958 左きヽの拳銃 製作
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914 12'23 ミシシッピー州アリカーターで誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ナタリーの朝 1969
1969ゴールデン・グローブ女優賞(デューク)

<amazon>
<楽天>
マーチン・ツウェイバック(脚)
パティ・デューク
マーティン・バルサム
エルザ・ランチェスター
サロメ・ジェンズ
ジェームズ・ファレンティノ
デボラ・ウィンタース
アル・パチーノ
ナンシー・マーチャンド
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 自分の容姿に劣等感を持つナタリー(デューク)は、両親の反対を押し切ってグリニッジ・ビレッジで一人暮らしを始めた。そこで画家志望の青年デヴィッドと出会い、自分に自信を持つようになっていった。だが、実はデヴィッドには妻が…
 1967年の『俺たちに明日はない』(1967)から始まったアメリカン・ニューシネマの流れで語られる作品。実際ヒッピーの生活が描かれたり、当時の価値観が語られたりしているのだが、雰囲気で言うならむしろフランスのヌーヴェル・ヴァーグに影響を強く受けたような作品に仕上がっている。
 1970年代以降の日本映画では数多く作られるようになった自分探しの作品はこの時代だけはアメリカでもよく作られている。それを端的に表したのが本作だろう。自分に自信を持てない人間が様々な出会いと別れ、危機を乗り越えつつ、自分自身を知っていくという過程が丹念に描かれているのが特徴。ハリウッド作品の中にあってはかなり珍しい部類に入る作品といえるが、それだけキャラクタに難しい演技を要求する。それに見事に応えたデュークの好演が光る(この人は子役時代から演技派と言われた人だから)。
 箱庭のような舞台劇でありながら、当時のヒッピーブームの生き方もよく分かるし、音楽が良い。色々な意味でお薦めな作品(尤も、物語自体は好みじゃないんだけど)。
 尚、本作が
端役でのアル・パチーノのデビュー作になるのだが、それを知ったのは随分後になってからで、私の記憶にはない。

ページトップへ