MOVIETOP

レス・メイフィールド
Les Mayfield

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001 アメリカン・アウトロー 監督
2000
1999 ブルー・ストリーク 監督
1998
1997 フラバー
1996
原始のウーマン/氷河時代からこんにちは! 製作総指揮
ザ・ケープ〜宇宙の挑戦者たち
<A> <楽> 製作総指揮
1995 テニス靴をはいたコンピューター 製作総指揮
フォーチュン・ペンダント 製作総指揮
新・ハダシの重役/ねらえ!高視聴率 製作総指揮
1994 34丁目の奇跡 監督
ボクはむく犬1994 製作総指揮
1993
1992 原始のマン 監督
1991 ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録 製作
1990 サイコ4 製作
1989
1988
1987 太陽の帝国 序章〜チャイナ・オデッセイ〜 監督
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

アメリカン・アウトロー 2001

<amazon>
<楽天>
ロデリック・テイラー
ジョン・ロジャース(脚)
コリン・ファレル
スコット・カーン
アリ・ラーター
ガブリエル・マクト
グレゴリー・スミス
ティモシー・ダルトン
ウィル・マコーマック
ハリス・ユーリン
キャシー・ベイツ
ロニー・コックス
テリー・オクィン
ナサニエル・アルカン
タイ・オニール
ジョー・スティーヴンス
バリー・タブ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
ブルー・ストリーク 1999

<amazon>
<楽天>
マイケル・ベリー
ジョン・ブルメンタール
スティーヴン・カーペンター(脚)
マーティン・ローレンス
ウィリアム・フォーサイス
ルーク・ウィルソン
ピーター・グリーン
ニコール・アリ・パーカー
デイヴ・チャペル
グレアム・ベッケル
ジョン・ホークス
ジュリオ・オスカー・メチョソ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
55点 テレビ
レス=メイフィールド(監) ロビン=ウィリアムズ、マーシャ=ゲイ=ハーデン、クリストファー=マクドナルド
物語 人物 演出 設定 思い入れ
フラバー
フラバー 1997

<amazon>まだ
<楽天>
  
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 天才科学者でありながら世辞には疎いフィリップ(ウィリアムス)は研究に没頭するあまり大学の経営者サラ(ハーデン)とこれまで二度結婚式をすっぽかしてしまった過去を持つ。そしてこれが最後と三度目の結婚式の当日を迎えるが、丁度その日長年研究していた透き通った緑色のゼリー状で弾力を無限に増幅する夢のエネルギー物質「フライング・ラバー」略してフラバーの発明に成功してしまい、三度目もすっぽかすことに…フィリップに愛想を尽かしたサラはライバル大学の科学者クロフト(マクドナルド)とデートをする。それを知ったフィリップは…
 ディズニー映画
『うっかり博士の大発明 フラバァ』(1961)のリメイク作。SFXの発展と、ウィリアムズの個性とがうまくはまって楽しい作品に仕上がった。演出もなかなか楽しく、結構見所は多いのだが、本作の魅力はむしろキャラクターにこそある。
 ウィリアムズの個性は当然としても、本作で最も魅力があったのは
ロボットのウィーボだった。博士に作られたロボットでありながら、感情を持ち、博士のために尽くすその姿は感動もの。最後にはなんと殺され(壊され)てしまうっていうのも、それまで感情移入していただけにかなりのショックだった。最後まで博士のために尽くすウィーボは形はどうあれ、立派なヒロインだったよ。
 一方、主題だったはずのフラバーが完全に脇に下がってるのはちょっといただけないか?確かに画面には長く出ているんだけど、今ひとつそれが活かせられなかったな。

 

34丁目の奇跡 1994
<A> <楽>
ジョン・ヒューズ(製)
ウィリアム・ライアン
ウィリアム・S・ビーズレイ(製)
ジョージ・シートン
ジョン・ヒューズ(脚)
リチャード・アッテンボロー
エリザベス・パーキンス
ディラン・マクダーモット
マーラ・ウィルソン
J・T・ウォルシュ
ロバート・プロスキー
ジェームズ・レマー
ジェーン・リーヴス
サイモン・ジョーンズ
ウィリアム・ウィンダム
キャスリン・ナルドゥッチ
メアリー・マコーマック
ジェニファー・モリソン
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 クリスマスシーズン。老舗デパートのコールズは売上が落ち、倒産寸前だった。だが、売り場のサンタ役に町で見かけた老人(アッテンボロー)を雇う。自らサンタクロースと名乗る老人のお陰でコールズデパートの売り上げは一気に増していく。だが、ライバルデパートの陰謀により、その老人は精神障害を持つ男として起訴されてしまう。
 往年の名作で、クリスマスには繰り返しテレビで放映されているという
『三十四丁目の奇蹟』(1947)のカラー・リメイク版。サンタクロースに扮するリチャード=アッテンボローの演技が実に良い。特にサンタを信じていながら素直になれない少女との交流シーンは暖かく、見ていてほんわかする。
 最後は裁判で争われる訳だが、さすが裁判の国アメリカで、こんな事まで裁判にしてしまうのが面白い。陪審員制度の国だからこそのストーリー運びなのだが、結局は世論が強いと言うことになってしまう。分かりすぎるほど単純なストーリーなのだが、それはそれで夢があって良い。
 クリスマスシーズンに、家族揃って観るにはお勧めの映画の一つ。

ページトップへ