MOVIETOP

ヤン・カダール
Ja'n Kada'r

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 1 合計点 5 平均点 5.00
書籍
1979 7'1 死去
フリーダム・ロード 監督
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970 さまよえる天使 監督
1969
1968
1967
1966
1965 大通りの店 監督・脚本
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918 4'1 ブダペストで誕生

ページトップへ

大通りの店 1965
1965米アカデミー外国語映画賞
1965カンヌ国際映画祭特別表彰(カミンスカ、クロネル)
1966米アカデミー主演女優賞(カミンスカ)
1966NY批評家協会外国映画賞

<amazon>
<楽天>
ラディスラフ・グロスマン
ヤン・カダール
エルマール・クロス(脚)
イダ・カミンスカ
ヨーゼフ・クロネル
ハナ・スリフコワ
★★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 第二次大戦を前にしたチェコスロヴァキアの町に住む大工のトーノ(クロネル)は失業中で、気の弱い彼は妻からも怒られ通しで、それに反論も出来ないでいた。そんな時、ファシスト党の幹部でもある妻の兄からユダヤ人から党が没収した店を任せると言われる。喜んでそのボタン店に乗り込んでいったヨーゼフだったが、そこには耳の遠い老婆(カミンスカ)だけの店で、しかも彼女は店が没収されていることを全く理解していなかった。彼女を追い出すのに忍びないヨーゼフは、自分を彼女の使用人と思わせて店をなんとか繁盛させようとがんばるのだが…
 珍しいチェコスロヴァキアの映画で、この年の日本からアカデミー賞にノミネートされた『怪談』(1965)のオスカー受賞を阻んだ作品として知られる作品。
 たまたまそれだけの情報を手に入れ、興味が出たので拝見。
 なるほど。これだったら『怪談』では敵うまい。テーマと言い、物語展開と言い、ガツンっときた。
 確かに印象としてはストーリーも練り込まれていないし、カメラワークなんかもごつごつした感じ。カラーで原色が映えた『怪談』と較べてみると、モノクロームの本作は美術的には到底かなわない。演出もあまり良くなく、ラスト近くになるまで印象としてはかなり退屈。
 しかし、このストーリーと設定に関してはほんと見事。というか、
驚かされた
 設定は気の弱い主人公による男性版
『細腕繁盛記』みたいなものかと思わされ、その気の弱さで何事にも強く言えない主人公が、いつの間にか小さな店の使用人にされてしまい、ファシストの目が光る中、なんとか店を切り盛りしていこうという奮戦が描かれる、ペーソスあふれるコメディ調の物語だったのだが、それで終わるのかと思っていたのだが、歴史の流れはそれを許さなかった。
 結果的にトーノの気の弱さ、人を思いやる心は、戦争を前にして、
逆に残酷な結果をもたらしてしまう。これが戦争でなければ、彼はちょっと生きるのが下手な、人から同情と笑いを受け取るだけの生き方が出来たはずなのだが(ちょっと書いていてグサッとくるんだが…)、その不器用さは、緊急事態を前にすると、儚いどころか、逆にあらゆるものを傷つけてしまう。何とも悲しい生き方だ。同じチェコ作品で『この素晴らしき世界』(2000)があり、ほぼ同じ状況を描いているにもかかわらず(主人公の性格まで似てる)、ラストがここまで正反対だと、驚くばかりだ。
 時として時代は人に優しさを禁じる。中途半端な優しさは時に残酷なだけにになってしまうこともあるのだ。それを眼前に突きつけられた気分だった。
 私自身が多分このトーノによく似ているからこそ、だからこそこの作品がとてつもなく痛々しく思えるのだろう。はっきり言ってこれは私にとって、
とてつもなく“痛い”作品だった
 それに演出はあまり良くないとはいえ、最後の最後、何の救いもないまま画面がホワイトアウトしたのには驚かされた。しばし、「本当にこれで終わりか?」と、画面から目が離せなかった。これも又衝撃的な作品だ。
 そう言えば貧しいユダヤ人の描写が中心になってる作品って映画では少ないので(『屋根の上のバイオリン弾き』(1970)があるか)、資料的にもかなり貴重な作品と言えるだろう。

ページトップへ