MOVIETOP

アレクサンドル・ヴォルコフ
Alexandre Volkoff

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 1 合計点 3 平均点 3.00
allcinema goo ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
1942 5'22 死去
1941 Amore imperiale 監督・脚本
1936 Stjenka Rasin 監督
My iz Kronshtadta 助監督
1934 L'enfant du carnaval 監督
1933 La mille et deuxie`me nuit 監督
1930 白魔 監督
1928 Geheimnisse des Orients 監督
1927 カサノバ 監督
ナポレオン 助監督
1924 過ぎ行く影 監督
キーン 監督・脚本
1923 La maison du myste`re 監督
1921 L'e'che'ance fatale 監督
La pocharde 出演
1920 L'angoissante aventure 脚本
1919 Lyudi gibnut za metall 監督
1917 Ne nado krovi 監督
Est coupable 監督
Konkurs krasoty 監督
Kulisy ekrana 監督・脚本
Otets Sergiy 監督・脚本
Krestnyy put 出演
1916 Yego glaza 監督
Zelyonyy pauk 監督
Au sommet de sa gloire 監督
Le coeur du mal 監督
1915 Portret Doryana Greya 出演
1914 Belle comme la mort 監督
Garun bezhal bystree lani 監督
Ismae"l Bey 監督
1913 Sny mimoletnye, sny bezzabotnye snyatsya lish raz 監督
Klyuchi schastiya 出演
Razbitaya vaza 出演
1885 12'27 グーセヴスカヤで誕生

ページトップへ

カサノバ
Casanova

<amazon>
<楽天>
イワン・モジューヒン
ディナナ・カレーヌ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 イタリアのジェノバで希代のプレイボーイとして名を馳せ、恋のためなら手段を選ばぬ男カサノヴァ(モジューヒン)。そんな彼が次にターゲットに選んだのはあろう事か、ロシアのエカテリーナ皇后だった。どう考えても不可能なこの恋の成就のため、口八丁手八丁を用い、カサノバはロシア宮廷に潜り込み、ついには革命まで先導して彼女を手に入れようとするのだった。
 恋する男の強さを前面に出したコメディ作品。サイレント映画は身体で言葉を伝えなければならないのでパントマイム的手法がよく用いられる。必然的にコメディ作品が多くなるわけだが、こういったかなりの大作までコメディにしてしまうのはいかがなものか?
 話は荒唐無稽なものなのだが、とても大きく風呂敷を広げていて、一人の男の行動でロシアのエカテリーナ女王の誕生まで持っていってしまっている。さらにそれで終わりじゃなく、まだまだ主人公の恋の遍歴が続いていくわけだから、ボリュームだけは無茶苦茶にある。その長さがちょっときつかった。後30分以上は短くないと。
 本作で驚かされたのは、何とこの時代に
パートカラーが用いられていること。後半の祭りのシーンのほんのちょっとの間だし、色も良くないが、確かにカラーだった。この時代に既にカラーフィルムの技術は出来ていたんだな。
 尚、カサノヴァは実在の人物。その一生は謎に包まれているが、まさに神出鬼没でロシアからヨーロッパのほとんどの都市に現れたとされる、神秘主義者として名高い人。現代では色事師として有名になっている。
製作年 1927
製作会社 シネ・アリアンス
ドイリグ・エウロパ・プロダクション
シネロマンス
ジャンル 伝記
原作
歴史・地域 イタリア、ロシア
関連
allcinema goo ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ

ページトップへ