MOVIETOP

山口哲平

<amazon>まだ
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
書籍
_(書籍)
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929 此村大吉 監督
花骨牌 監督
1928 鞍馬天狗 恐怖時代 監督
鞍馬天狗 監督
1927 砂絵呪縛 第一篇 監督
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

鞍馬天狗

<amazon>
<楽天>
木村富士夫(脚)
嵐寛寿郎
中村竹三郎
嵐徳昇
嵐橘右衛門
尾上松緑
生駒栄子
嵐佳一
小林勝
木村政治
尾上多摩蔵
秋吉薫
山本礼三郎
五味国枝
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
鞍馬天狗(書籍)大佛次郎
 幕末。新選組隊士に化け大阪城に潜入した志士の倉田天膳。だがその行動は既に新選組の知るところとなり、城奥に潜入したところを捕らえられてしまう。その身柄を取り返すべく、勤王の志士たちが活動を開始するが、佐幕派を引き込んだ近藤勇率いる新選組が待ち構えていた。志士たちを助ける鞍馬天狗は、別働隊として単独で大阪城に潜入する…
 アラカンこと嵐勘寿郎のはまり役となった鞍馬天狗のシリーズの一本。
 たまたまサイレント特集で上映されていたのを知り、一度本物の鞍馬天狗を劇場で観てみよう。とのことで拝見させていただいた。
 出来にはかなり満足がいったし、実際これが後に「月光仮面」を経て「仮面ライダー」シリーズへと、脈々と流れるヒーロー像の原型だと思うと、感無量と言った感じ。
 ただ、本作を観てちょっとだけ違和感を感じたのが、“正義のあり方”についてだった。
 現代は価値観が多様であり、どれが正しくてどれが間違っているのか、曖昧にされる傾向がある(幕末を描いたNHKの大河ドラマでも佐幕派と勤王派のどちら側も主人公になってるし、双方で理解者がいるように描かれる傾向がある)。
 それに対し本作の場合、正義とは極めて単純明快に描かれている。
 即ち、正義は勤王派にあり、佐幕派の新選組は悪人である。
 これが又、見事なレベルで真っ二つに分かれ、正義の人である鞍馬天狗は徹頭徹尾勤王派に味方し、一方の新選組の近藤勇は大声で笑いながらばったばったと志士を叩き斬り、陰謀を張り巡らす(でもこの近藤勇は悪のヒーローとして結構キャラが立ってたりするんだが)。
 当時の考え方では正義は明確にする必要があり、現政府を作ったのが勤王派の直系だから、明確に勤王派は正義、佐幕派は悪。という考え方が浸透していたことがよく分かる。
 別段これが悪いというつもりはない。ここまで明確に正義の味方と悪の組織の対立構図が出来ていると、これはこれで据わりが良い。まっすぐな正義を信じられた時代だと思えばいい。

 そしてここに描かれる鞍馬天狗の姿は、あくまで表舞台には出ず、その正体も知られぬように、時に影に時に堂々と正義のために戦う。まさしく後の特撮ヒーローそのもので、それが又小気味良い。

 原作もそうなんだろうが、何より本作の大きな特徴として杉作少年の造形だろう。概ね足手まといではあるのだが、この小さな存在を守る者としての鞍馬天狗の存在感を増しているのであり、後のヒーローの造形の原型でもある。
 良いもの観させていただいた。
製作年 1928
製作会社 嵐寛寿郎プロ
ジャンル 時代劇、ヒーロー
原作 大仏次郎
歴史・地域 近代
関連 シリーズ
allcinema goo ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ

ページトップへ