特撮館Top
特撮事典

事典目次

ウルトラマンA

ストーリー解説
<amazon>
<楽天>
書籍
ソフト

BOX

VOL.1

VOL.2

VOL.3

VOL.4

VOL.5

VOL.6

VOL.7

VOL.8

VOL.9

VOL.10

VOL.11

VOL.12

VOL.13

ウルトラマンA 1972

ウルトラマンAのすべて!

Blu-ray
書籍
ULTRAMAN Vol.6 帰ってきたウルトラマン/ウルトラマンA(書籍)
ウルトラマンA1972
ウルトラマンA超獣事典
コミック
ウルトラマンA (1) (2)
ウルトラマンA [完全復刻版]内山まもる
ウルトラマンSTORY 0(徳間書店) コミック 1-8巻セット真船一雄
ウルトラコレクションボックス ザ・内山まもる
集合
最新ウルトラマン大図鑑―ウルトラQからG(グレート)までQ〜グレート
ウルトラマン大図鑑デラックスウルトラマン〜X
ウルトラ戦士特撮大全集―愛蔵版
ウルトラの金言 人生を戦い抜くための勇気と知恵ウルトラマン〜レオ
ウルトラの常識 ウルトラ6兄弟&タロウ篇ウルトラマン〜タロウ
ウルトラヒーロー必殺技スーパーガイドウルトラマン〜ギンガ
ウルトラマン the 45th コレクションウルトラマン〜メビウス
ウルトラマンシリーズ超兵器大研究 ~『帰ってきたウルトラマン』から『ウルトラマン80』まで~ジャック〜80
ウルトラマン全百科
ウルトラ兄弟のひみつ (1) (ひかりのくにテレビえほん)
ウルトラマンM715 1―ウルトラヒーロー必殺技大研究 M715 2
大人のウルトラ怪獣大図鑑ウルトラマン〜80
大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編ジャック〜レオ
語れ! ウルトラマン 兄弟激闘編ジャック〜レオ
円谷プロ図録 ~ウルトラマンメカニック編~ウルトラマン〜ゼロ
ウルトラマン大百科1(講談社) 2 3
ウルトラマン大図鑑ウルトラマン〜メビウス
3Dブック ウルトラマン大決戦ウルトラマン〜ゼロ
僕たちの好きなウルトラマン ウルトラ8大戦士編(書籍)
ウルトラ「怪獣プロレス」超スター列伝ウルトラマン〜オーブ

RXミサイル 9話
【あーる-えっくす-みさいる】
 TACの開発した対超獣用ミサイル。9話でガマスに対して使用されるが、全然通用せず。 甘崎
アイスロン 42話 ウー
【あいすろん】
 氷超獣。天候を自在にコントロールし、飯田峠の谷間で人を襲う。その行動原理は不明。 甘崎
赤くて熱い場所 24話 早川よし子
【あかくて−あつい−ばしょ】
 正気に戻ったよし子が発した言葉。北斗と南はその言葉から、今回の事件の首謀者(マザロン人)が噴火した富士山の火口にいる事を突き止める。 クラタ
アクエリウス 49話 水瓶座第3星
【あくえりうす】
 水がめ超獣。水瓶座第3星から地球侵略にやってきた少女が変身した超獣で、着物に似た服を纏っているのが特徴。 甘崎
朝倉雪夫 35話 ドリームギラス
【あさくら-ゆきお】
 超獣ドリームギラスの夢を見て寝小便をしてしまうが、実はその中にドリームギラスが潜んでいる。 甘崎
アタックビーム 15話 キングクラブ
【あたっく-びーむ】
 エースの両手から発射される赤い光線。キングクラブを倒す。 甘崎
アプラサ 21話 アプラサール
【あぷらさ】
 乙女座の精。乙女座の大爆発により住む所を失った所をヤプールに救われるが、超獣アプラサールに改造されてしまう。 甘崎
アプラサール 21話 アプラサ
【あぷらさーる】
 天女超獣。天女を模した姿が特徴の超獣で、乙女座の少女アプラサがヤプールの力を受けて超獣化する。巫女のような服装をしており、袖を伸ばして飛行機をキャッチしたりする。実体がないため攻撃が通用しないらしいが、途中まではエースの攻撃はしっかり当たっている。ヤプールから与えられるエネルギーを遮断することで元の少女に戻る。 甘崎
綾子 11話 ユニタング
【あやこ】
 大東女子大サイクリング部の部長。実は彼女たちはユニタングの部品であり、それを統合するのが彼女だった。ユニタングの角に変身する。 甘崎
新屋三郎 12話 サボテンダー
【あらや-さぶろう】
 露天商の息子。父が売っていたサボテンが蛾を食べるのを見て気に入ったので自分で買うのだが、実はそれはサボテンダーの変化した姿だった。 甘崎
アリブンタ 5話 ギロン人
【ありぶんた】
 大蟻超獣。アリジゴクをモティーフとした超獣で、このデザインもかなり良い。四次元空間から蟻地獄を出現させ、O型の女性ばかりを引きずり込んで喰っていた。蟻酸で地下鉄を溶かし、両手からは炎を出す。ゾフィとAの連係攻撃でギロン人共々倒される。 甘崎
アロー光線
【あろー-こうせん】
 エースが両手を前に突き出して発射する光線でくさび形光弾。色は赤、白、青の3種類で主に牽制に使用される。 甘崎
アングラモン 29話 ギタギタンガ
【あんぐらもん】
 地底超人。緑色をしたサボテンのような地底人。地下水を勝手にくみ上げる人間に怒り、ギタギタンガを使って地上侵略を開始する。口から金縛り光線を吐き、破壊光線を撃ち出す。胸が弱点。 甘崎
アンチラ星人 10話
【あんちら-せいじん】
 変身怪人。エビに似た宇宙人で郷秀樹に化けてTACを騙して基地に潜り込み、ザイゴンを操るためにウルトラレーザーを使う。 甘崎
異次元アリ地獄 5話 アリブンタ
【いじげん−あり−じごく】
 すり鉢状の砂地で獲物を地底に引きずり込む現象。都内の至るところに発生し、O型の女性が次々と消える。目撃者がいるにもかかわらず、発生した痕跡がない。これは空間移動装置を駆使したギロン人がアリブンタに餌であるO型の女性を与えるためであった。 クラタ
一姫二虎三ダンプ 50話 山中一郎
【いち-ひめ-に-とら-さん-だんぷ】
 八百屋の女性と事故を起こした山中が呟いた台詞。 甘崎
命と命を交換すれば勝てる 27話 竜五郎
【いのち-と-いのち-を-こうかん-すれば-かてる】
 竜隊長がヒッポリト星人に勝つためにどうすればいいかを語った時の言葉。まさに特攻精神だ。 甘崎
V7 17話 ホタルンガ
【う゛い-せぶん】
 対超獣用新兵器。この開発を知ったヤプールはホタルンガを差し向けて防止しようとする。 甘崎
V09 33話 バッドバアロン
【う゛い-ぜろ-きゅう】
 子供にも扱える特殊な麻酔銃。バッドバアロンを脅すためにダン少年が使用する。 甘崎
V9 25話
【う゛い-ないん】
 TACの開発した最新の対超獣用兵器。オリオン星人はこれを阻止しようとスフィンクスを差し向ける。 甘崎
ウー 42話
【うー】
 伝説怪獣。アイスロンから娘の小雪を守るために父の良平が姿を変えて甦った姿。アイスロンには敵わないが、生き残る。 甘崎
宇宙仮面 22話 ブラックサタン
【うちゅう-かめん】
 銀星人。全身銀色の宇宙人。隕石に乗って飛来したヤプール人の一人で、地上では坂井一郎という彫刻家に化けている。美川隊員を殺害した後、蘇生させて自らの助手とする。自らの姿を現した後、ブラックサタンを操るが、美川隊員の銃弾に倒れる。 甘崎
海はまっ黄色だ 23話 ヤプール人
【うみ-は-まっきろ-だ】
 ヤプール人が化けた老人が子供達に教えてる言葉。他にも「山はまっ茶色だ」「花は死んでいる」など。 甘崎
梅津香代子 29話〜
【うめづ-かよこ】
 ダン少年の姉。北斗の住んでるアパートの隣部屋に住んでおり、北斗にあこがれを持っているようだ。 甘崎
梅津三郎 39話 ファイヤー星人
【うめづ-さぶろう】
 ダンと香代子の叔父と名乗って現れた人物。外国で死んだと聞かされていたが、実はファイヤー星人の変装だった。 甘崎
梅津ダン 29話〜
【うめづ-だん】
 二年前にトラック運転手だった父をギタギタンガに殺された少年。ウルトラの星が見えるという特殊能力を持ち、ウルトラ六番目の弟を自称する。北斗を兄のように慕っている。 甘崎
ウルトラアレイ 27話 ウルトラの父
【うるとら-あれい】
 ウルトラの父が携えてきたアイテムで、攻撃用アイテムらしく、フラッシュをたくと敵が苦しむ。 甘崎
ウルトラアレイ(検索) <amazon> <楽天>
ウルトラ五つの誓い 10話 坂田次郎
【うるとら-いつつ-の-ちかい】
 かつて郷から次郎に教えられた五つの誓い。客演した次郎がここでも叫んでいた。 甘崎
ウルトラ5つの誓い(検索) <amazon> <楽天>
ウルトラカプセル 44話
【うるとら-かぷせる】
 ウルトラセブンが弱体化したエースを救うために用いたアイテム。 甘崎
ウルトラギロチン 6話
【うるとら-ぎろちん】
 ウルトラスラッシュの強化版で、複数のリングを用いて敵の全身を切り刻む。ブロッケンをバラバラにした。珍しく必殺技の名前を叫んでいた。 甘崎
ウルトラサイン
【うるとら-さいん】
 エースが宇宙に向けて放つ光の信号で、これによって兄たちを呼ぶことが出来る。逆に兄弟達がエースが呼ばれることもあり。 甘崎
 ウルトラ戦士が放つ緊急サイン。シリーズでの初使用は第5話でギロン人の罠にかかったエースが救援を求める時に使用。しかし第13話ではヤプールがウルトラ5兄弟をゴルゴダ星に誘き寄せるためにウルトラサインを悪用した。 クラタ
ウルトラサイン<amazon> ウルトラサイン<楽天>
ウルトラシャワー 11話 ユニタング
【うるとら-しゃわー】
 両手を合わせて噴射する液体状の攻撃。ウルトラ水流とは異なり攻撃力も有し、ユニタングを溶かしてしまった。 甘崎
ウルトラスラッシュ
【うるとら-すらっしゅ】
 ウルトラマン、ジャックに続いて定番とも言える必殺技で、光のリングを敵に投げつけて首を切断する。 甘崎
ウルトラチャージ 13話
【うるとら-ちゃーじ】
 ウルトラ兄弟が円陣を組み、エースにエネルギーを分け与える。これによって兄弟達はエネルギーを使い果たして十字架に付けられてしまう。 甘崎
ウルトラナイフ 10話 ザイゴン
【うるとら-ないふ】
 メタリウム光線のエネルギーを右手に貯め、チョップでザイゴンの首を落とした。 甘崎
ウルトラネオバリヤー
【うるとら-ねお-ばりやー】
 A版ウルトラバリヤー。 甘崎
ウルトラの父 27話、38話 ヒッポリト星人
ULTRA-ACT ウルトラの父
【うるとら-の-ちち】
 ヒッポリト星人によりブロンズ像にされてしまったウルトラ兄弟を救うべく地球にやってきた。エースを復活させることには成功したが、長い宇宙の旅ですっかり消耗してしまい、ヒッポリト星人により倒されてしまう。38話でサンタクロースの格好をして復活する。 甘崎
ウルトラの父<amazon> ウルトラの父<楽天>
ウルトラパンチ 8話 ドラゴリー
【うるとら-ぱんち】
 左ストレート。ドラゴリーの体をぶち抜いた。 甘崎
ウルトラブレスレット
【うるとら-ぶれすれっと】
 ウルトラマン二世の必殺技。14話でエースキラーに奪われてしまう。それにしても、これ奪われただけでエネルギーを吸い取られたかのように頭がガクンと下がるのはどういう理由だ? 甘崎
ウルトラマジックレイ 35話 ドリームギラス
【うるとら-まじっく-れい】
 ウルトラの星に伝わるアイテムで、湖の水を枯らしてしまうことが出来る。ドリームギラスと湖底で戦っていたエースを助けるために使用される。 甘崎
ウルトラマン 1話、13話、26話、27話
【うるとらまん】
 ウルトラ兄弟次兄。1話に登場した後の登場は結構遅く、13話で兄弟勢揃いした時とヒッポリト星人と戦った時のみ。やられキャラ? 甘崎
ウルトラマン<amazon> ウルトラマン<楽天>
ウルトラマンA ULTRA-ACT ウルトラマンエース
【うるとらまん-えーす】
 準備稿段階では「ウルトラA」。ウルトラマン史上では最も特異なウルトラマンであり、男女合体変身で生まれる性を持たないウルトラマンとして誕生した。また、「ウルトラ兄弟」というものがこの物語から確立し、地球で戦った経験のないウルトラマンの上司ゾフィーを長兄に据えた「ウルトラ5兄弟」という義兄弟がここに誕生する。もっとも、男女合体変身は子供には受け入れられず(怪獣ごっこに女子は加わらない)、やがて南夕子を除いた北斗星司のみの変身に落ち着くことになった。観音菩薩を思わせるセックスレスな外観は異彩を放っていただけに残念である。なおAはウルトラリング(指輪)で変身する。 水那岐
ウルトラマンA(検索) <amazon> <楽天>
アルティメットモンスターズ2 帰ってきたウルトラマン&ウルトラマンA
ウルトラマン ウルトラマンシリーズ 放送開始50年記念 ウルトラ6兄弟 スペシャルセット
ウルトラリング
【うるとら-りんぐ】
 超獣ベロクロンにより瀕死の重傷を負った北斗星司と南夕子に与えられた指輪で、二人がこのリングを合わせることによってウルトラマンAに変身することができる。28話で南が月に帰ってしまい、29話以降は北斗が両手にリングをはめて一人で変身することになった。 甘崎
ウルトラレーザー 10話 郷秀樹
【うるとら-れーざー】
 地球に戻ってきた郷秀樹が携えてきた高性能ビームガン。ザイゴンを一撃で消し去るが、実はこれは郷に化けたアンチラ星人がザイゴンを操るために用いていた。 甘崎
 郷秀樹(実はアンチラ星人)が持っていた光線銃。梶隊員も興味を示したほどの強力な武器だが、アンチラ星人の謀略の一環に使われていたので、威力が未知数なところがある。
事件解決後、TACの武器に加えられた。 クラタ
エースキラー 14話 エースロボット
ULTRA-ACT エースキラー
【えーす-きらー】
 異次元超人。甲冑を思わせるデザインが特徴で、これも良いデザインだ。4兄弟のエネルギーを奪い取り、それぞれの必殺技を使ってエースを倒そうとする。エースのメタリウム光線の直撃を食らっても平気だったが、四兄弟の力を受けてスペースQを放ったエースに粉砕される。“超人”と言うだけに超獣とは違い、改造されたヤプール人の一体なのかもしれない。 甘崎
 ヤプールがエース抹殺のために作った異次元超人。
M87光線・スペシウム光線・エメリウム光線・ウルトラブレスレットを自らの身体に移植し、それを武器に、エースロボットを倒した後、本物のエースを圧倒する。しかし4兄弟のエネルギーを合わせた必殺技・スペースQを喰って破壊された。ヤプールもスペースQの存在までは計算に入れていなかったようだ。
のちに「ウルトラマンメビウス」で"メビウスキラー"として復活した。 クラタ
エーススパーク 3話 バキシム
【えーす-すぱーく】
 エースの身体全体から発射される菱形の光線で、敵に当たるとスパークする。 甘崎
エースドリル 28話
【えーす-どりる】
 体を高速回転させて地中に潜る技。 甘崎
エースバキューム 4話 19話 ガラン、キングカッパー
【えーす-ばきゅーむ】
 両手を合わせて相手の毒ガスなどを吸い込む技。ガランの吐き出したガスを吸収したり、キングカッパーの皿から水を吸い出したり。 甘崎
エースバリヤー 7話 ドラゴリー
【えーす-ばりやー】
 Aが自らの体を高速回転させることで空間に亀裂を作り、そこに怪獣を放り込むという大技。相当のエネルギーを使うらしく、使用すると南が瀕死となってしまう。ドラゴリーに使用。 甘崎
エースファイヤー 25話 スフィンクス
【えーす-ふぁいやー】
 両手に炎のエネルギーをためて敵にチョップをたたき込む技。スフィンクス戦で使用された。 甘崎
エースブレード 25話
【えーす-ぶれーど】
 右手に光の刃を生じさせて敵を切り裂く技。スフィンクスの頭を落とす。 甘崎
エースリフター
【えーす-りふたー】
 怪獣を上空に放り投げ、それをキャッチして再び放り投げる技。エースと言えば光線技が有名だが、この技も多用されている。 甘崎
エースロボット 14話 エースキラー
【えーす-ろぼっと】
 超人ロボット。エースキラーのテスト用にヤプール人によって作られたエースの能力をコピーしたロボット。エースキラーによって破壊されてしまった。 甘崎
 超人ロボット。エースキラーの能力をテストするためにヤプールが作ったエースそっくりのロボットで、メタリウム光線も出せる。本物と違う点は、関節部に金属製のプロテクター付いている事と動きが物凄く鈍い事。メタリウム光線でエースキラーを攻撃したが、エースキラーのスペシウム光線・エメリウム光線・ウルトラブレスレットを立て続けに喰らい、最期はM87光線を受けて木っ端微塵となった。 クラタ
エネルギー光線 46話 ダイダラホーシ
【えねるぎー-こうせん】
 両手の間に発生させたエネルギーを断続的に発射する。ダイダラホーシを倒した。 甘崎
M78光線 ゾフィ
【えむ-ななじゅう-はち-こうせん】
 ゾフィの必殺技。14話でエースキラーに奪われてしまう。 甘崎
エメリウム光線 ウルトラセブン
【えめりうむ-こうせん】
 セブンの必殺技。14話でエースキラーに奪われてしまう。 甘崎
乙女の姿は白鳥に乗ってこそ最も美しいから 21話 アプラサ
【おとめ-の-すがた-は-はくちょう-に-のってこそ-うつくしい-から】
 乙女座の精アプラサを超獣アプラサールから元の姿に戻した際、はくちょう座に連れて行くことにしたのだが、その理由。 甘崎
オニデビル 44話
【おにでびる】
 鬼超獣。名前通り真っ赤な鬼の姿をした超獣で、人間の筋肉を弱体化させる赤い豆を北斗に食べさせ、エースを弱らせた。 甘崎
お前は俺を信じなさい 23話 ヤプール人
【おまえ-は-おれ-を-しんじなさい】
 ヤプール人が化けた謎の老人が踊りながら歌っている文句。その後「お前はお前を信じなさい」と続く。これってクレージーキャッツの「あんたの息子を信じなさい」そのまんまじゃないか? 甘崎
オリオンガス 25話 オリオン星人
【おりおん-がす】
 オリオン星人が操るピラミッドから噴出する赤い煙。地球人にとっては毒だが、オリオン星人はこれがないと生きていけない。 甘崎
オリオン星人 25話 スフィンクス
【おりおん-せいじん】
 古代星人。13,000年前に地球を支配していた宇宙人で、再び地球を植民地化しようとやってくる。ピラミットとスフィンクスを操る。 甘崎
俺もこの船と同じように鎖に繋がれているのだろうか 20話 北斗星司
【おれ-も-この-ふね-と-おなじ-ように-くさり-に-つながれて-いるのだ-ろうか】
 3年も港につながれたまま動かないステラ・ポラリス号を眺めながら北斗が呟いた台詞。今の生活に不満なのか? 甘崎
女ヤプール 48話 ベロクロン二世
【おんな-やぷーる】
 異次元人ヤプール人の生き残りで、女医に扮して北斗の虫歯を治療するふりをして北斗にベロクロン二世の幻覚を見せつける。 甘崎

カイマ 41話 カイマンダ
【かいま】
 獅子舞師だったシンタの父が拾ってきた像のこと。獅子舞を馬鹿にする日本人を懲らしめるため、獅子をかぶって遊んでいたシンタをシシゴランに変えてしまい、自らも巨大化しカイマンダとなる。 甘崎
カイマンダ 41話 カイマ シシゴラン
【かいまんだ】
 邪神超獣。シンタの父が拾ってきたカイマの像が超獣化したもの。後光までついて確かに神サマっぽいけど割とあっけなく倒されてしまう。 甘崎
カウラ 16話 高井
【かうら】
 牛神超人。牛神の呪いを受けた青年が変化した超獣。牛肉を食べてる人間に復讐しようとする。牛らしく鼻息が大変強い。牛を食べる人間を次々と襲っていく。右手に付けた鼻輪を外されることで元の人間に戻る。 甘崎
火炎地獄 26話 ヒッポリト星人
【かえん-じごく】
 ヒッポリト星人の鼻から出る火炎。 甘崎
加島 37話
【かしま】
 高校時代の北斗の同期で自動車の開発技師。スピードに捕らわれており、マッハを超える車を作り上げることを夢見ている。ただし、自分以外の誰も信じることが出来ず、恋人の真弓をも邪険にしている。 甘崎
梶洋一 TAC兵器開発部
【かじ−よういち】
 TAC兵器開発部の主任技師。ビッグレーザー50、異次元転送装置など多くの武器を開発した。第8話ではマリア2号の設計図を頭脳に記憶するなど、天才性を見せる。時には前線に出ることもあり、第3話でバキシムが隊員不在のTAC基地を急襲した時も、美川隊員列びに他の兵器開発部員達と共にエレクトロガンでバキシムを攻撃した。
第31話を最後に姿を見せなくなったが、それは開発中だった「重力制御コイル」の暴走事故で死亡したからである。(「ウルトラ超兵器大図鑑」参照) クラタ
ガスゲゴン 45話
【がすげごん】
 頬がぷっくり膨らんだ妙なデザインの超獣。人工衛星に潜んで地上に落下し、ガスタンクのガスを吸い込んで成長する。体中にガスが充満しているためにエースが宇宙に連れて行って、そこで破壊される。 甘崎
ガス中和剤 45話 ガスゲゴン
【がす-ちゅうわ-ざい】
 体内にガスが充満しているガスゲゴンに対し、周囲に被害を出さないようにTACが用いた薬剤だが、役に立ってるのか立ってないのか今ひとつ分からない。 甘崎
風地獄 26話 ヒッポリト星人
【かぜ-じごく】
 ヒッポリト星人が鼻から強い風を出す。 甘崎
勝った者は常に負けた者たちの恨みと怨念を背負って生き続けているのだ。 48話 女ヤプール
【かった-もの-は-つね-に-まけた-もの-たち-の-うらみ-と-おんねん-を-せおって-いき-つづけて-いるのだ】
 敗北を喫した女ヤプールが北斗に向かって言った台詞。 甘崎
カッパ人間 19話 キングカッパー
【かっぱ−にんげん】
 キングカッパーの頭のプールで泳いだ子供たちがウロコの皮膚を持った怪物(一部ではサイボーグ)に変貌したもの。原因はへそを取られたために体内のホルモン組織のバランスが崩れたためだといわれているが、その真相は不明。
キングカッパーが倒されると元の姿に戻った。 クラタ
カブトガニ 15話 夢二
【かぶとがに】
 天然記念物。夢二の父親の魂が宿っており、夢二にメッセージを残す。 甘崎
ガマス 9話
【がます】
 忍者超獣。とにかく妙な風貌の超獣。忍者超獣の異名を持ち、手裏剣や吹き矢など数々の忍者道具を武器とする。新聞社の写真のネガに身を潜め、雑誌に印刷されて無数に分裂しようとした。一定の音波を浴びると写真から出てしまうため、輪転機にかけられる前に街中に出現してしまった。 甘崎
カメレキング 2話
【かめれきんぐ】
 古代超獣。カメレオンと宇宙翼竜の合成超獣で、そのまんまの姿をしてる…が、これって超獣じゃなくて怪獣じゃないのか?銀の卵と金の卵が合体して誕生する。同時期に放映されている「ミラーマン」にも登場している。 甘崎
ガラン 3話
【がらん】
 怪魚超獣。顔や手など、元の魚のイメージが残るデザインが特徴の超獣。久里虫太郎が中学時代に描いた絵を古代魚類をヤプール人が具現化した超獣。虫太郎が描いたとおりの行動をするため、消しゴムで姿を消すと、本当に消えてしまう。武器は鼻から出す怪光線と、口から噴出する煙。この煙に巻き込まれた物体はガランの口に吸い込まれてしまう。 甘崎
ギーゴン 51話
【ぎーごん】
 バイオリン超獣。バイオリンに取り憑いた超獣で、それを奏でる人間の魂を奪う。巨大化すると超音波攻撃を行う。あんまり強そうに見えないけど、かなりエースを苦しめていた。 甘崎
危険だから私はやるんだ 2話 カメレキング、
【きけん-だから-わたし-は-やるんだ】
 カメレキングの弱点である舌に攻撃をワンポイント攻撃を加えようとした際、竜隊長が宣言した台詞。 甘崎
蟻酸 5話 アリブンタ
【ぎ-さん】
 アリブンタの口から噴霧される酸。人間はおろか、地下鉄まで溶かしてしまう…が、化学上、蟻酸はそこまでの強力さを持たない。 甘崎
岸田 12話
【きしだ】
 植物博士でサボテンに関しては権威と言われている。 甘崎
鬼女 17話 ホタルンガ
【き-じょ】
 ホタルンガと共に現れる般若の面を着けた女性。実は民子という少女がその正体。 甘崎
ギタギタンガ 29話 アングラモン
【ぎたぎたんが】
 地底超獣。顔に多くのツノを持つオーソドックスな怪獣タイプの超獣。アングラモンに操られ、地下水を汲み上げる工場地帯を攻撃する。顔のツノから蒸気を出して攻撃する。 甘崎
君たちの青春を正義と自由のための戦いに賭けて欲しい 2話 竜
【きみ-たち-の-せいしゅん-を-せいぎ-と-じゆう-の-ため-の-たたかい-に-かけて-ほしい】
 竜隊長が北斗と南の歓迎会で二人に与えた訓辞。この時代はこれを言っても問題なかったんだなあ。 甘崎
Q歯科 48話 女ヤプール
【きゅー-しか】
 虫歯になった北斗がかかる歯科。実はこれこそが女ヤプールが張った罠だった。 甘崎
巨大なること山のごとく、恐ろしきこと悪魔のごとし 2話 カメレキング
【きょだい-なること-やま-の-ごとし-おそろしき-こと-あくま-の-ごとし】
 カメレキングについてかかれている文献から抜粋した言葉。古代ヨーロッパにも武田信玄の言葉が伝わっていたらしい…あれ? 甘崎
巨大ヤプール 23話
大怪獣シリーズ 巨大ヤプール
【きょだい-やぷーる】
 異次元超人。ヤプール人全体の集合体。生物と鉱物を合わせたようなデザインは秀逸。異次元空間から老人を送り込み、地球の子供達を異次元空間に取り込んできたが、ゾフィの助けを借りたエースが異次元空間へとやってきて、派手な光線の応酬の末倒される。 甘崎
ギロチンショット
【ぎろちん-しょっと】
 A最大の技で、最終回のみ使用。これが兄弟の力を借りた場合、スペースQとなる。 甘崎
 スペースQの体勢でエネルギーを凝縮し、それをウルトラギロチンの要領で放つ技。メタリウム光線が通用しない超獣ジャンボキングを倒した。一部では"スペース・ギロチン"とも呼ばれている。 クラタ
ギロン人 5話 アリブンタ
【ぎろん-じん】
 地底エージェント。アリブンタを操る異次元人で、アリブンタに東京を壊滅させ、地底に大要塞を作るのを目的とする。アリブンタを使い、わざとAを地下に呼び寄せ、串刺しにしようとする。アリブンタと共に地上で暴れていたが、ゾフィとAの連係攻撃でアリブンタ共々倒される。 甘崎
キングカッパー 19話
【きんぐかっぱー】
 河童超獣。ネーミングセンスを疑うような超獣で、名前の通りカッパの化け物。これもデザイン的には超獣と言うよりは怪獣っぽい。頭の皿には水が入っており、これがプールになっている。その水が無くなると弱体化してしまう。 甘崎
キングクラブ 15話
【きんぐ-くらぶ】
 大蟹超獣。ネーミング通りカニの超獣。カニの怨念がヤプールによって巨大化したものだそうだ。どっちかというと超獣じゃなくて怪獣じゃないだろうか?炎を吐きとがった尻尾で攻撃する。エースと相撲対決の末、浴びせ倒しで倒され、頼みの尻尾をドリル光線で切り刻まれた上で破壊されてしまう。 甘崎
グリップビーム 41話 カイマンダ
【ぐりっぷ-びーむ】
 右拳から発射される光線。カイマンダを倒す。 甘崎
久里虫太郎 4話
【くり-むしたろう】
 人気怪奇漫画家。中学時代の美川隊員のクラスメイトで、美川に惚れていた。妄想力が強く、ヤプール人によって彼の妄想から生まれたガランを操るが、ウルトラマンAによってガランが倒されると、本人も死んでしまう。清水紘治の演技は本気でマッド入っている感じ。電車男の元ネタか?(違う) 甘崎
月星人 28話 南夕子、ルナチクス
【げっ-せい-じん】
 かつて月に文明を築いていたが、ルナチクスによりエネルギーを吸い尽くされて月で生存できなくなり、現在は生き残りが冥王星に細々と暮らしている。ルナチクスを倒すため、南夕子を地球に派遣していた。 甘崎
健太 24話
【けんた】
 航海士の父を持つ少年。父から贈られてきた赤いガラスのようなかけらを母に渡したところ、母が鬼女に変身してしまう。 甘崎
郷秀樹 10話
【ごう-ひでき】
 かつてウルトラマンに変身して地球を守っていたMATの隊員。ゼットンとの戦いで戦死したと思わせていたことが分かる。アンチラ星人が化けて地球にやってきて、TACを混乱に陥らせる。 甘崎
コオクス 32話 星野アキラ
【こおくす】
 超獣人間。星野アキラという少年に変身し、北斗を混乱させる。人間の五感を狂わせる光を出し、迎撃に当たったTACのアローを撃墜する。光を出す指先が弱点で、両手を切り落とされた上にメタリウム光線を食らって破壊される。 甘崎
ゴールデンホーク 44話 オニデビル
【ごーるでん-ほーく】
 TAC兵器部が開発したビーム兵器で、アローに取り付けてオニデビルに使用された。 甘崎
小次郎 18話 ブラックピジョン
【こじろう】
 三郎少年が買っていた鳩。TACの無人飛行機研究の実験のため使用されるが、ヤプール人に捕まり、ブラックピジョンにされてしまう。 甘崎
古代魚類 4話
【こだい-ぎょるい】
 3億年前に成育していたという魚。久里虫太郎の妄想によって超獣ガランに変身する。 甘崎
子供の心が純真だと思うのは人間だけだ 3話 バキシム
【こども-の-こころ-が-じゅんしん-だと-おもう-のは-にんげん-だけだ】
 都会から子供が帰ってきたと喜んでいた老夫婦に対し、その子供に化けたバキシムが言い放った台詞。その後、口から毒矢?を吐いて老夫婦を殺害してしまう。 甘崎
小山 6話
【こやま】
 日本初の有人宇宙船で月旅行を行った人物。帰還中にブロッケンに乗り移られてしまい、手に不気味な目と口が生じる。 甘崎
小山あつし 6話
【こやま-あつし】
 小山の長男。父が宇宙人に乗り移られていることを真っ先に知ることになる。 甘崎
小雪 42話 アイスロン 良平
【こゆき】
 良平の娘。この子を逃がすために良平はアイスロンに殺されてしまう。 甘崎
ゴルゴダ星 13話、14話
【ごるごだ-せい】
 ウルトラ兄弟達がヤプール人によって呼び寄せられたマイナス宇宙にある星。ここで兄弟達は十字架刑にされる。 甘崎

サーキュラーギロチン バーチカルギロチン
【さーきゅらー-ぎろちん】
 バーチカルギロチンを二つだし、十字架状にして敵を切る。サボテンダーに使用された。 甘崎
サークルバリヤー
【さーくる-ばりやー】
 Aの全身を包み込む半球状のバリヤー。 甘崎
ザイゴン 10話
【ざいごん】
 犀超獣。鼻に巨大な角を持つ四本脚の怪獣で、突進力が強く、炎を吐く。その分小回りがきかないため、闘牛士よろしくマントを振ったエースに誘導されてしまい、最後はウルトラナイフで首を落とされる。 甘崎
細胞破壊ミサイル 26話 ヒッポリト星人
【さいぼう-はかい-みさいる】
 生物の細胞を破壊するミサイルでヒッポリト星人に向かって使用されたが、幻が相手のため、全く通用せず。 甘崎
細胞分解ミサイル 52話 ジャンボキング
【さいぼう-ぶんかい-みさいる】
 生物の細胞を分解するミサイル。最後の最後に完成してジャンボキングに使用される。しかし結果的にジャンボキングのバリヤーの前に通用しなかった。ミサイルという割りに、光線砲に見えるのは何故? 甘崎
サイモン星人 52話 ヤプール人
【さいもん-せいじん】
 遊牧星人。ヤプール人に追われて地球に落下したが、実は彼こそがヤプール人そのもの。地上の人間に北斗の正体を教えるために変装してきたらしい。 甘崎
サウンドギラー 36話
【さうんどぎらー】
 騒音超獣。妙に可愛い感じの姿をしている。騒音がエネルギー源で、暴走族の音に惹かれて出現する。物体停止エネルギーやミサイルで攻撃する。 甘崎
坂井一郎 22話 宇宙仮面
【さかい-いちろう】
 彫刻家の青年。実はヤプール人の一人宇宙仮面が地球上で取った仮の姿。死んだ美川を蘇生させ、自分の彫刻の助手をさせる。 甘崎
坂田次郎 10話
【さかた-じろう】
 かつて「帰ってきたウルトラマン」で主人公郷秀樹の弟のような存在で、 甘崎
三郎 18話 小次郎
【さぶろう】
 鳩好きの少年。母から鳩を飼うことを禁止され、小次郎という鳩を外で飼おうとするが、ヤプールにその鳩を超獣とされてしまう。 甘崎
サブロテン 12話 サボテンダー
【さぶろてん】
 三郎少年が父親から買ったサボテンに名付けた名前。 甘崎
サボテンダー 12話
【さぼてんだー】
 さぼてん超獣。サボテンとハリネズミの合成超獣で、姿はそれに準じてる。小さなサボテンに姿を変え、動物を食べまくって栄養を得てエースと再戦する(皮肉なことにエネルギーを満タンにしたのはその正体を知り、爆発させたTACだった。体を丸くして体当たりをかけたり、針を飛ばして攻撃するが、サーキュラーギロチンにより十文字に切断され、内容物をぶちまけながら倒される。 甘崎
サユリ 47話 ハンザギラン
【さゆり】
 檜原村から追いやられ、近くの鍾乳洞で老人と住んでいる少女。ショウベイという白いオオサンショウウオを飼っていたが、ショウベイはハンザギランとなってしまう。最後は竜隊長の家に引き取られる。 甘崎
サンタクロース 38話 ウルトラの父
【さんたくろーす】
 空を飛んで孤児院を慰問に来た人で、本当にサンタクロースの格好をしているが、実は復活したウルトラの父だった。巨大化してエネルギー切れしたエースを復活させる。 甘崎
シグナリオン 50話 レボール星人
【しぐなりおん】
 信号超獣。デザインの悪さは随一で、色と言い姿と言い、気持ち悪い。人間をおかしくする赤(高熱)、青(血液蒸発)、黄色(発狂)の三色の光線を発する。 甘崎
シシゴラン 41話 カイマンダ、シンタ
【ししごらん】
 シンタ少年が父親の獅子舞の獅子を頭にかぶったところ、超獣に変化してしまう。父親の叩く太鼓の音に操られている。 甘崎
7月7日 南夕子
【しち-がつ-なのか】
 北斗星司と南夕子の誕生日。七夕に生まれたら夕子という名前かと思われたのだが、他にも意味があった。 甘崎
篠田一郎 20話
【しのだ-いちろう】
 ステラ・ポラリス号に乗り込んでいた青年。この船を自分のものにする夢を持っている。かつて学生運動の闘士だったらしいことが言葉の端々から覗える。ちなみに役は篠田三郎。後の東光太郎である。 甘崎
ジャンボキング 52話 ヤプール人
【じゃんぼきんぐ】
 ヤプール人の生き残りにより、ユニタング、マザリュース、マザロン人、カウラ、スチール星人の亡霊を合体させて誕生する。だけど形状からするとブロッケンも入ってそうだ。スペースQ(ギロチンショット)で倒される。 甘崎
 最強超獣。大気中に浮遊する超獣の怨霊分子が合体して誕生した"超獣の王"。ブロッケン型に構成されており、前半身はカウラ、両手はユニタンク、後半身はマザリュース、突き出た目はマザロン人(あるいはスチール星人)となっている。
TACの細胞分解ミサイルもエースのメタリウム光線も通用しない強敵であったが、最期はギロチンショットで首を切断され、夕焼けに染まる大地に倒れ伏した。 クラタ
シュンイチ 36話 サウンドギラー
【しゅんいち】
 暴走族リーダー。この暴走族の改造マフラーの音に惹かれてサウンドギラーがやってくる。 甘崎
ショウベイ 47話 ハンザギラン
【しょうべい】
 村を追われた老人と少女サユリが飼っている白いオオサンショウウオ。巨大化してハンザギランとなる。 甘崎
シルバーシャーク 39話 ファイヤーモンス
【しるばー-しゃーく】
 TACの開発した対超獣用新型ビーム兵器。ファイヤー星人にその秘密を奪われそうになるが、最後に完成。ファイヤーモンスを粉々にする。 甘崎
シンイチ 21話 アプラサ
【しんいち】
 竜隊長にお手伝いを断られた乙女座の少女アプラサをお手伝いとして雇った青年。アプラサの美しさに一目惚れし、彼女に結婚を申し込もうとする。もの凄く単純な青年。 甘崎
人工太陽光線 14話
【じんこう-たいよう-こうせん】
 TACの開発した装置で、瀕死の重傷を負った北斗と南はこれによって蘇生する。 甘崎
シンタ 41話
【しんた】
 ダンの友達。獅子舞師の父を持ち、獅子舞をかぶって遊んでいたら、カイマによって超獣シシゴランに変えられてしまう。 甘崎
スター光線 37話 マッハレス
【すたー-こうせん】
 エースの光線技の一つで片手から星の形をしたビームを連発して出す。マッハレスに使用してたじろがせる。 甘崎
スチール星人 40話
【すちーる-せいじん】
 宇宙超人。人差し指が異様に長いのが特徴の宇宙人。パンダを自分の星に持ち帰るのが目的で、黒マント男に変装し、パンダグッズを次々に消し去り、最後に本物に手を伸ばす。 甘崎
ステラ・ポラリス 20話 篠田一郎
【すてら-ぽらりす】
 駿河湾に浮かんでいる豪華客船。3年前からホテルとして使用されていた。篠田一郎という青年がこの船で世界航海に出ることを夢見ている。ちなみにこれは実在する船で別名スカンジナビア号といい、実際にホテルとして使用されていた。 甘崎
ストレート光線 23話 巨大ヤプール
【すとれーと-こうせん】
 両手を広げ、両手先から光弾を連射する。巨大ヤプールとの光線の撃ち合いで使用した。 甘崎
スノーギラン 38話 ナマハゲ
【すのーぎらん】
 雪超獣(解説では雪だるま超獣)。ナマハゲに操られる超獣で、強烈な光を発して人々の目を見えなくさせ、冷凍光線を用いてエースを危機に陥れるが、加勢に来たウルトラの父からエネルギーを与えられたエースのメタリウム光線で倒される。 甘崎
スフィンクス 25話 オリオン星人
【すふぃんくす】
 古代超獣。オリオン星人の操るピラミッドから現れた超獣で、そのまんまスフィンクスっぽい。頭部の蛇から炎を出す。エースブレードによって頭部が切り落とされるが、胴体だけになっても突進してくる。 甘崎
スペースQ 14話
【すぺーす-きゅー】
 ウルトラマンAの最大の必殺技にして、おそらくシリーズを通しての最強の光線技では無かろうかと思われる。エースキラーによって十字架に付けられたウルトラ兄弟達が残った力をエースに注ぎ込んで発動される、言わば合体技と言っても良い。その威力は絶大で、全てのウルトラ兄弟を捕らえたエースキラーを一撃の下に破壊する(文字通り破壊だった)。ちなみに最終回のジャンボキングを倒した技もスペースQと同じポーズで放たれるが、兄弟の力を用いていないため、ギロチンショットと呼ばれることもある。 甘崎
スペシウム光線 14話 ウルトラマン
【すぺしうむ-こうせん】
 ウルトラマンの必殺技。14話でエースキラーに奪われてしまう。 甘崎
スラッシュ光線
【すらっしゅ-こうせん】
 手から放つ単発の光の弾。 甘崎
ゼミストラー 20話
【ぜみすとらー】
 大蝉超獣。蝉のような顔と象のような鼻(口吻かな?)を持つ超獣で、かなりの不細工さを誇る。鼻から火を出す。どうやら念動力で船を浮かべていたらしいが、その目的は不明。陸で暴れていた所をエースのメタリウム光線で焼き尽くされる。 甘崎
ゾフィ
【ぞふぃ】
 これまであまり存在感の無かった彼も、ここでウルトラ兄弟の長兄という役割を与えられ、よく登場するようになる。ただ、やられ役が多いのはちょっと残念な話でもあり。 甘崎

ダイオードSPD 11話
【だいおーど-えす-ぴー-でぃー】
 TACレーダー基地に必要な部品。大変小さな機材だが、高性能を誇る。第三レーダー基地が破壊された際、北斗と南が輸送するのだが、途中で壊れてしまう。 甘崎
ダイダラホーシ 46話
【だいだらほーし】
 タイム超獣。人間に似たシルエットを持つ超獣で、時間旅行が可能で過去と現代を行き来している。過去でエースとチャンバラをしたり死んだふりをしたりとなかなか芸達者な超獣だ。 甘崎
大東女子大 11話 綾子
【だいとう-じょし-だい】
 ユニタングによって破壊された第三レーダー基地の付近に現れたサイクリング部員が属するという女子大。 甘崎
タイマーショット
【たいまー-しょっと】
 カラータイマーから発射される虹色の光線。赤い光線が出ることもある。 甘崎
タイマーボルト 22話 ブラックサタン
【たいまー-ぼると】
 別名ウルトラサンダー。カラータイマーから空に電撃エネルギーを放射し、敵に雷を落とす。 甘崎
ダイヤ光線 18話、37話 ブラックピジョン、マッハレス
【だいや-こうせん】
 別名カッター・ビーム。両手を合わせて出す菱形の光線で、ブラックピジョンを倒した他、マッハレスにダメージを与える。 甘崎
高井 16話 カウラ
【たかい】
 吉村隊員が実家の岡山に帰る際に電車で出逢ったヒッピー風青年。傍若無人な性格で呪いを信じず鼻ぐり塚の鼻輪を腕に付けた所、ヤプール人により超獣カウラに変身させられてしまう。役は蟹江敬三で、怪演ぶりをみせていた。 甘崎
高倉 14話
【たかくら】
 TAC司令官。ゴルゴダ星からのヤプール侵略を前に、ウルトラ兄弟がいるゴルゴダ星の爆破を指令する。 甘崎
TAC
【たっく】
 Terrible monster Attacking Clueの略。新たに地上に現れた超獣により全滅した地球防衛軍に変わって組織された正義の軍団…1話で語られる限り、ベロクロンによって地球防衛軍が全滅してわずか数日で結成されたという割に、すさまじい装備を持っているのはどういうことか?地球防衛軍の遺産なんだろうか?だったら“全滅”なんて言葉は使わないだろ? 甘崎
TAC<amazon> TAC<楽天>
ウルトラマンA TACマグネットエンブレム
タックアロー TAC
EX合金 タックアロー+タックパンサー
【たっく-あろー】
 TAC専用戦闘機。毎回超獣にたたき落とされる羽目に陥るが、隊員は常に無事で、しかも後から後から出てくる。 甘崎
タックガン TAC
【たっく-がん】
 TACの制式拳銃。全員が携行しているが、山中のみ二丁持っている。 甘崎
タックジープ
【たっく-じーぷ】
 野戦用のTAC専用車。車自体は普通のジープ。 甘崎
タックスペース TAC
【たっく-すぺーす】
 宇宙航行も可能な戦闘機。 甘崎
タックパンサー TAC
EX合金 タックアロー+タックパンサー
【たっく-ぱんさー】
 TAC専用車。 甘崎
ダックビル 5話
【だっく-びる】
 タックの保有する万能タンクで、飛行も可能だが、その主な使用は先端に付いたドリルによって地下を探索すること。 甘崎
 TACが対超獣用に開発した万能戦車。地上、地底の走行はもちろんのこと、主翼を広げて空中を飛行し、さらには海中も航行できる。
超獣アリブンタを攻撃、地上に追いやるため、竜隊長と美川、今野両隊員が搭乗し、東京地下80mまで潜行して敵を追ったが、アリブンタの攻撃で車体にダメージを受け、酸素不足に陥ったが、駆けつけたゾフィーに救助された。 クラタ
タックファルコン TAC
【たっく-ふぁるこん】
 TACの大型戦闘機。乗員は5名で、機内にタックアローを3機収納する。宇宙航行も可能。 甘崎
立て。撃て。斬れ 6話
【たて-うて-きれ】
 ブロッケンの光線攻撃に意識が朦朧としたAにウルトラ兄弟達が送ったメッセージ。「斬れ」とあるのは、切断技が多いAに特徴的な台詞だ。 甘崎
ダブルビーム 12話 サボテンダー
【だぶる-びーむ】
 つきだした両手から発射される光線。サボテンダーの舌を切り取った。 甘崎
民子 17話
【たみこ】
 ほたるヶ原で脚の悪い少女。母を失っており、その思いをヤプールに利用され鬼女となる。 甘崎
 5年前の交通事故が原因で、車椅子生活を強いられている少女。母はその時の交通事故で他界しており、父と二人暮らしで生活している。ほたるヶ原バイパスの怪事件を調査していた夕子と仲良しになった。
しかし、母を想う心と車を憎む心をヤプールにつけ込まれ、鬼女として暗躍する。事件解決後は、自力で歩けるようになった。 クラタ
誰の心の中にも住み着いている超獣 4話 久里虫太郎、竜
【だれ-の-こころ-の-なか-にも-すみついている-ちょうじゅう】
 超獣ガランが久里虫太郎妄想によって作り出されたということを知った竜隊長が呟いた言葉。これまた名言だろう。 甘崎
超光速ロケットNO.7 14話 高倉
【ちょう-こうそく-ろけっと-なんばー-せぶん】
 高倉長官がゴルゴダ星爆破のために持ってきた設計図を元に建造されたロケット。二段ロケットで、有人の一段目から無人の二段目ロケットを打ち上げることで超光速を実現し、マイナス宇宙にあるゴルゴダ星を爆破させる事になる。 甘崎
超獣
【ちょうじゅう】
 『ウルトラマンA』の最大の特徴として登場する。ヤプール人が怪獣を機械で改造したと言う設定で、鋭角的かつメカニカルな姿が印象的だった。
ところで途中でヤプール人の大部分が死亡して、既に地球征服は絶望視されていたが、それでも超獣は出続けていた。ヤプール人の執念なのか、別な宇宙人が超獣を送り続けていたのかは不明。 甘崎
 ヤプールが超獣製造機で作り上げた生物兵器。宇宙怪獣と地球上の生物を合成している。その実力は、怪獣の数倍の戦闘力と超能力を持つ。
第8話でドラゴリーがムルチを相手に超獣と怪獣の実力差を見せ付けた。 クラタ
超獣製造機 ヤプール人
【ちょう-じゅう-せいぞう-き】
 ヤプール人が作った超獣を作る機械。第6話でその存在が明らかになった。 クラタ
ドラゴリー 7話、8話
ウルトラマンA超獣コレクション 第1弾 蛾超獣ドラゴリー
【どらごりー】
 蛾超獣。凶悪そうな超獣で、ヤプール人によって作られたらしいが、メトロン星人Jrをサポートするために出現。ムルチをバラバラにし、瀕死のエースを徹底的にいたぶるが、太陽エネルギーを得たエースに腹をぶち抜かれた上で首を落とされ、更にメタリウム光線で破壊される。 甘崎
ドリームギラス 35話
【どりーむぎらす】
 夢幻超獣。極彩色とごてごてした姿でデザイン的には今ひとつ。雪夫の夢の中に現れ、寝小便となって出てくる。雪夫の家の寝小便の中に潜んでいる。なんか汚い超獣だ。口から可燃性の赤い液体やエースを苦しめた白い液体を吐き出す。エースを湖の中に引き込んで有利に戦いを進めるが、ゾフィによって湖の水が枯らされてしまい、弱った所をメタリウム光線で破壊される。 甘崎
ドリル光線 15話 キングクラブ
【どりる-こうせん】
 右手に込めたエネルギーをドリル状に変えて敵を粉砕する技。15話でキングクラブの尻尾をばらばらに破壊する。 甘崎

中森史郎 3話 バキシム
【なかもり-しろう】
 過疎の村に住む老夫婦の元に、「都会から帰ってきた」と称して居着く少年。実はヤプール人が送り込んできた超獣バキシムだった。 甘崎
流れ斬り戦法
【ながれ-ぎり-せんぽう】
 棒状のものを使用し、突進してすれ違いざまに斬りつける技。木を引っこ抜いて使ったり、鉄塔を使ったり。 甘崎
ナマハゲ 38話
【なまはげ】
 そのまんまナマハゲ。八百万の日本の神をないがしろにしてクリスマスを祝う人々に憎しみを抱いており、人間の目を見えなくしてしまうが、踊り狂っている所をウルトラの父によって倒される。 甘崎
ナミコ 34話 ゆうじ
【なみこ】
 ゆうじの姉。ゆうじに貝殻を千枚集めれば父親が帰ってくると嘘をつく。役は「ウルトラマンレオ」の百子役を射止める丘野かおり。 甘崎

バーチカルギロチン
【ばーちかる-ぎろちん】
 大きく広げた両手の間に光の刃を生じさせ、それで敵を両断する。 甘崎
バアロン号 33話 バッドバアロン
【ばあろん-ごう】
 超獣バッドバアロンが化けた気球。この気球に乗った子供達はみんな精気を抜かれ、脳波も消えてしまう。 甘崎
バキシム 3話
【ばきしむ】
 一角超獣。顔が機械っぽい真っ赤で、体は青いという独特のデザインで、これも代表といえる有名な超獣。空を割って出現するシーンは見事な合成だ。更にその口からよだれ(?)まで表現するとは、なかなか力が入ってる。歩く際、地面が陥没するところまでやってくれてる。自在に姿を消して好きな場所に移動することができるため、ほとんどの隊員が出払ったTAC本部を全身に装備されたミサイルを使って襲うが、一旦ウルトラマンAとんお格闘になると、割とあっけなく倒されてしまう。最後はウルトラスラッシュで首を落とされてしまうが、こういう表現はこの時代ならでは。 甘崎
FAVORITE SCULPTORS LINE 円谷30cmシリーズ ウルトラマンA バキシム
ウルトラマンA超獣コレクション 第4弾 一角超獣 バキシム
バクタリ 31話
【ばくたり】
 獏超獣。動物園の獏が黒い水棲の異次元エネルギーで超獣化したもの。好きな時に元の姿である獏に戻ることが出来る。セブンによって元の獏に戻される。 甘崎
獏山 31話
【ばくやま】
 通称獏おじさん。獏が大好きで、研究を続けている内に獏と話せるようになった。 甘崎
バッドバアロン 33話
【ばっどばあろん】
 気球船超獣。気球に化け、乗り込んだ子供達の精気を抜き取ってしまう。子供達を自らの腹に入れ、攻撃できないエースを毒霧と鞭で苦しめる。首を落とされた上でバーチカルギロチンで左右両断されてしまう。 甘崎
鼻ぐり塚 16話
【はな-ぐり-つか】
 吉村隊員の故郷にある牛の霊を祀る塚で鼻輪が集められている。高井というヒッピー青年が 甘崎
早川よし子 24話 マザリュース
【はやかわ−よしこ】
 早川健太の母。妊婦だが安産のお守り(実はヤプールの破片)を得、さらに赤い雨を浴びたために奇行に走り、妖女と化した。
これは、ヤプール復活を企むマザロン人が、よし子の母性本能を利用して超獣マザリュースを産ませようとしたものだった。しかし、健太がお守りを妖女に投げつけた事でもとの姿に戻る。 甘崎
バラバ 13話、14話
【ばらば】
 殺し屋超獣。凶悪な顔つきと怪獣とは一線を画す鋭角的なデザインを持ち、大変素晴らしい造形を誇る。ヤプール人により降らされた放射能の雨に守られ、ほとんどの攻撃を防いでしまう。ゴルゴダ星に行ってしまい、不在のエースを尻目に町を破壊しまくる。武器は頭部から発射される剣と右手から発射されるフック状のアンカー。死んだふりも得意。エース不在の地球で暴れ回るが、帰ってきたエースに左手の爪を奪われてまっぷたつにされる。尚、エースに背後から蹴りを入れられたら目が飛び出す描写あり。 甘崎
春夫 51話 ギーゴン
【はるお】
 母親からバイオリニストになるように強いられている少年。バイオリン嫌いなのだが、ギーゴンを呼び込んでしまう。 甘崎
春山 19話 キングカッパー
【はるやま】
 超獣キングカッパーと共に現れた夫妻で、ヤプールに作られたロボットらしい。北斗を館に引きずり込んで殺そうとする。 甘崎
 プール付きの屋敷に住む夫婦。しかしその正体は、ヤプールの刺客として派遣されたアンドロイドで、子供達をキングカッパーの頭のプールで泳がせ、へそを取ってカッパ人間に変えていた。
しかし、安夫少年の証言で陰謀が露見し、屋敷に踏み込んだTACとの銃撃戦の末、倒された。 クラタ
パンサー
【ぱんさー】
 TAC専用車。 甘崎
ハンザギラン 47話 ショウベイ
【はんざぎらん】
 液汁超獣。珍しい四本足の超獣で、オオサンショウウオの化身。デザインは怪獣っぽいけど、普通の動物がヤプールの力を受けて超獣化することは結構ある。その巨体を利用して地崩れを起こし、口からは溶解液を吐く。超獣化するには太陽光線が必要で、光線を遮断していればオオサンショウウオのまま。 甘崎
パンダ堂 40話
【ぱんだ-どう】
 ダンのアパートの近くにある薬局の名前。店主がパンダマニアだかららしい。なんでもわざわざパンダを見るために中国までいってたとのこと。この薬屋さんは漢方なのか? 甘崎
パンチレーザー
【ぱんち-れーざー】
 Aの額のランプから出す光線で、ウルトラセブンのエメリウム光線のようなものだが、威力は落ちるようだ。数多く用いられる。 甘崎
パンチレーザースペシャル 9話 ガマス
【ぱんち-れーざー-すぺしゃる】
 両手を広げて発生させたエネルギーを手先に集中して3本の赤色光線にして放つ技。ガマスに使用した。 甘崎
ハンディシュート 40話 スチール星人
【はんでぃ-しゅーと】
 合わせた両手先から断続的に発射する光の矢。スチール星人に使用された。 甘崎
ハンドビーム 29話、31話 アングラモン バクタリ
【はんど-びーむ】
 両手を揃えて出す青い光線。連射も利く。 甘崎
ビッグレーザー 2話 カメレキング
【びっぐ-れーざー】
 通常のレーザー銃の50倍の威力を持った特別製の銃で、卵の中にいるカメレキングを卵の外から攻撃する。 甘崎
ヒッポリト星人 26話、27話
【ひっぽりと-せいじん】
 地獄星人。赤を基調とした原色の宇宙人。象のような鼻から風や火を出して攻撃。エースの数倍という巨大な姿をしていたが実は工場地帯に現れたのは幻影で、実際はエースと同じくらいの大きさ。これまでの話の中では確かに最強で、エースのみならず助けに来たウルトラ兄弟までもブロンズ像にしてしまう。竜隊長の特攻によって身体を守るバリアを破られた後、ウルトラの父と戦い、復活したエースのメタリウム光線によって破壊される。 甘崎
ピラミット 25話 オリオン星人
【ぴらみっと】
 かつて地球を支配していたというオリオン星人が乗ってきた宇宙船。ピラミッドではない。 甘崎
ファイヤー星人 39話 ファイヤーモンス
【ふぁいやー-せいじん】
 火炎人。閻魔のような帽子が特徴で、ダンと香代子の叔父三郎に変装してTACの新兵器シルバーシャークを狙う。炎の剣を武器として使うが、その炎の剣をエースに奪われてメタリウム光線で倒される。 甘崎
ファイヤーモンス
【ふぁいやーもんす】
 火炎超獣。久々に超獣らしい鋭角的且つ色合いのデザインで、口から火炎を吐き、ロケット弾を撃ち出す。ファイヤー星人から受け取った炎の剣はエースのメタリウム光線のエネルギーも吸収してしまう。TACの新兵器シルバーシャークにより粉々にされる。 甘崎
福山市 1話
【ふくやま-し】
 広島県東部にある工業都市。ヤプールが人類に対して初めて超獣(ベロクロン)を解き放ち、地球防衛軍を壊滅に追い込んだ場所。そして北斗星司と南夕子が出会った運命の場でもある。 甘崎
フライングタッチ
【ふらいんぐ-たっち】
 北斗と南がウルトラリングを合わせてウルトラマンAになるために取る行動で、二人が空高くジャンプしてタッチするからフライングタッチというらしい。それにしてもこん目立つことをしていて、誰も気づかないのがすごい。 甘崎
ブラックサタン 22話
【ぶらっくさたん】
 暗黒超獣。一つ目の悪魔のような姿をした超獣。坂井青年が幼稚園の園庭で作った超獣の像に命が吹き込まれて巨大化したもの。宇宙仮面のコントロールで、倒されてもすぐに復活するが、宇宙仮面が美川隊員に倒され、コントロールを失った所をタンクの石油を浴びせられた後雷に打たれて炎上した後、メタリウム光線で破壊される。 甘崎
怪獣天国 ブラックサタン
ブラックピジョン 18話
【ぶらっくぴじょん】
 大鳩超獣。ネーミング通り鳩のような顔をした超獣で、鳴き声も鳩っぽい。その帰巣本能を利用して改造したヤプール人はTAC本部を襲わせようとしていた。炎を吐くだけでなく、得体の知れぬ白い液体を出してエースを固めてしまった。お腹から突き出ている一本角もミサイルとして使用できる。メタリウム光線を跳ね返すという力まで持つ。 甘崎
フラッシュハンド 32話 コオクス
【ふらっしゅ-はんど】
 Aの手に熱エネルギーをためて敵にチョップを浴びせる技。多用される。コオクス戦では光輪にして投げつけた。 甘崎
ブルーレーザー 42話 アイスロン
【ぶるー-れーざー】
 交差させた両腕を伸ばして放つ青い光線。雪崩を起こさせてアイスロンの死体を埋めるために使用。 甘崎
ブロッケン 6話 
【ぶろっけん】
 変身超獣。ワニと宇宙怪獣が合成された四本足の超獣で、後ろ足部分には鞭状の目を持つ独特のデザインを持つ。宇宙飛行士の小山に取り憑いて地球にやってくる。最後はウルトラギロチンによってバラバラにされてしまった。本作は他のシリーズと較べても怪獣を切断するシーンが多いが、これは極めつけだろう。 甘崎
ベロクロ液 48話 ベロクロン二世
【べろくろ-えき】
 ベロクロン二世の体内にある毒素で、シャボン玉のように口から吐き出す。 甘崎
 ベロクロン2世の口から吐くシャボン状の溶解液。体内の濃酸袋から作られた。 クラタ
ベロクロン 1話
【べろくろん】
 ミサイル超獣。超獣第1号。初めて現れた超獣で、本シリーズを代表する超獣ともいえる。怪獣とミサイルを合体させたデザインは秀逸に尽きる。全身からミサイルを出し、二度目の登場ではなんと東京タワーを破壊している。ほかに手からビーム兵器が飛び出てきたり、姿を消したりするが、これまでのシリーズでは宇宙人だけに許された攻撃が一介の超獣が出せるということで、その強さを引き立ててる。ところで全身にミサイル装備してる割にウルトラマンAは市街地で格闘してるんだが、よく爆発しなかったな。 甘崎
ベロクロン二世 48話
【べろくろん-に-せい】
 ミサイル超獣。ヤプール人の生き残りにより復活させられた超獣。オリジナルとはデザインが結構違ってるけど、よくこれを同一個体と認識できるものだ。 甘崎
 ミサイル超獣あるいは復讐超獣の異名を持つ。
初代と異なる点は、体の色が緑色になり、しかも長い尻尾が付いている。目も初代の赤い瞳から白い瞳に変わった。装備も突起物からのミサイルのほかにも、胸の発射口からのミサイルと口から万物を溶かすベロクロ液を出すなど、装備もある程度増設されている。
最初は幻影として北斗の前に現れ、本物との区別をつかなくさせた。ベロクロンの攻撃で北斗が正気付いた為、Aとの対決に入ったが、ベロクロ液を吐く口をガスタンク爆弾化能力で攻撃され、さらに鼻の二本角を折られ、それを胸に突き刺され、倒された。 クラタ
北斗星司 ウルトラマンA
【ほくと-せいじ】
 福山市でパン屋店員として働いていたが、最初に現れた超獣ベロクロンにタンクローリーで特攻をかけて絶命。その勇気をウルトラ兄弟達に認められ、Aの命が与えられる。当初南夕子と共に変身していたが、夕子が月に帰ってしまってからは一人で変身することになった。 甘崎
星野アキラ 32話 コオクス
【ほしの-あきら】
 ダンと友達になった少年。度々高熱を出すが、実はコオクスが変身した姿だった。 甘崎
ほたるヶ原バイパス 17話 タックV7
【ほたる-が-はら-ばいぱす】
 TACが開発した新兵器・タックV7を開発工場から本部へ輸送するためのルートとなったバイパス。しかしそこでは、午前2時に車が崖下に転落し、搭乗者が白骨になるという怪事件が続発していた。輸送任務を遂行するには、ほたるヶ原バイパスを通らなければならないため、厳重な警備の中、輸送が行われた。
ちなみに民子の母親は、怪事件が起こる5年前に、ほたるヶ原バイパスでの交通事故で他界しており、その時刻は午前2時だった。 クラタ
ホタルンガ 17話
【ほたるんが】
 大螢超獣。ネーミング通りホタルが超獣化したもの。それでもやはり機械っぽさを持たせたのは超獣デザインと言えるか。尻尾にエースを痺れさせる毒を持ち、頭から溶解液を出す。エースを弱らせたものの、TACのV7によって破壊される。 甘崎
炎の剣 39話 ファイヤー星人、ファイヤーモンス
【ほのお-の-けん】
 ファイヤー星人がファイヤーモンスに与えた炎が吹き出る剣で、なんとエースのメタリウム光線をも吸収してしまい、エースに致命傷を与える。 甘崎
ホリゾンタル・ギロチン ウルトラギロチン
【ほりぞんたる-ぎろちん】
 ウルトラギロチンの派生型で、水平ではなく垂直に発射する。 甘崎

マイナス宇宙 13話
【まいなす-うちゅう】
 ゴルゴダ星のある宇宙空間で、通常宇宙とは裏側にある宇宙。 甘崎
マザリュース 24話
【まざりゅーす】
 異次元超獣。健太の母から生み出された超獣だが、実は実体が無い幻の超獣。健太の母が正気に戻ることで消え去った。 甘崎
マザロン人 24話
【まざろん-じん】
 異次元人。宇宙人としてのデザインはなかなか秀逸。ヤプール人のカケラを手にした健太の母を操り超獣の子供マザリュースを産ませる。 甘崎
マッハレス 37話
【まっはれす】
 鈍足超獣。デザインは「帰ってきたウルトラマン」に登場したゴーストロンのような姿で、地中から現れることから超獣と言うよりは怪獣に近い。高速で走る物体と騒音を嫌い、自動車の開発研究所を襲う。背びれをはぎ取られた後スター光線とメタリウム光線の連携で破壊される。 甘崎
マヤ 7話 山中次郎
【まや】
 防衛軍のオペレータで山中隊員の婚約者。妖星ゴランの接近に対し、新型ミサイルのマリア1号発射の秒読みを行っていたが、そこをメトロン星人Jrに襲われて死亡。メトロン星人Jrに乗り移られてしまう。 甘崎
真弓 37話 加島
【まゆみ】
 加島の恋人で、スピード狂の加島にいくら邪険にされても彼に付いていく健気な女性。 甘崎
マリア1号 7話 妖星ゴラン
【まりあ-いち-ごう】
 地球に接近してきた妖星ゴランを破壊するために開発された新型ミサイル。カウントダウン中にメトロン星人Jrの攻撃を食って司令塔もろとも破壊される。 甘崎
マリア2号 8話 妖星ゴラン
【まりあ-に-ごう】
 梶によって再建造されたミサイル。メトロン星人Jrとドラゴリーが迫る中発射され、見事妖星ゴランを破壊する。 甘崎
マルチ・ギロチン
【まるち-ぎろちん】
 ウルトラギロチンの変形技で頭部と両腕先から小型の光のナイフを複数放つ。別名・ギロチンナイフ。 甘崎
水瓶座第3星 49話 アクエリウス
【みずがめ-ざ-だい-さん-せい】
 地球に侵略にやってきた星人。アクエリウスという少女を使い、ある村の住民を洗脳してしまう。 甘崎
ミチル
【みちる】
 ピラミッドから噴出された赤い煙の中平気で動き回っていた女性で、実はTACの新兵器V9を破壊するために派遣されたオリオン星人の工作員。北斗の優しさに触れる事で、最後はエースを助けるため死亡。 甘崎
南夕子 1話〜28話 38話
【みなみ-ゆうこ】
 福山市で看護師として働いていたが、ベロクロンにより北斗共々殺されてしまうが、そこをウルトラ兄弟に助けられ、ウルトラマンAの命を分け与えられる。実は月星人の子孫であり、28話で仲間のいる冥王星に旅立ち、以降は月星人の特殊能力を持って地上にやってくることがあった。 甘崎
ムーン光線 23話 巨大ヤプール
【むーん-こうせん】
 右手から連続発射される三日月型の光弾。巨大ヤプールに使用されるが、通用しなかった。 甘崎
村田ルミ子 10話 ザイゴン
【むらた-るみこ】
 「帰ってきたウルトラマン」で次郎のお姉さんのような存在。次郎と共に街を歩いていてザイゴンの出現に居合わせる。 甘崎
ムルチ 7話、8話
【むるち】
 巨大魚怪獣。メトロン星人Jrとドラゴリーがエースと戦っているのに触発されたかのように出現。しかし誤ってドラゴリーにパンチを入れ、ドラゴリーの怒りを買って八つ裂きにされてしまう。 甘崎
メタリウム光線
【めたりうむ-こうせん】
 Aのメインに用いられる必殺技で、L字に組んだ両手から虹色の光線が発射される。これで超獣を屠ることが多い。後半になると身体を半回転捻って光線を出すことが多くなった。 甘崎
メディカルレイ 44話 オニデビル
【めでぃかる-れい】
 両目から出す治療光線。オニデビルの赤い豆の毒にやられた人々を回復させる。 甘崎
メトロン星人Jr 7話、8話
【めとろん-せいじん-じゅにあ】
 幻覚宇宙人。「ウルトラセブン」に出てきたのとは多少デザインが異なり、口のようなものも付いてる。だからJrか。妖星ゴランの接近に合わせたように突如地下から現れ、迎撃用ミサイルのマリア1号を破壊した後、司令塔にいた山中隊員の婚約者マヤに乗り移ってしまう。バーチカルギロチンによってまっぷたつにされてしまう。 甘崎
メビウスの輪 23話 梶洋一
【めびうす-の-わ】
 梶が考案した人間を異次元に送る方法の理論。一体これがどういう風に装置に変えられたのかは全くの謎。 甘崎
モトコ 40話 スチール星人
【もとこ】
 ダンの友達でパンダ好き。病気の親のためにいつも薬局で薬を買っている。 甘崎

優しさを忘れないでくれ 52話 ウルトラマンエース
【やさしさ-を-わすれない-で-くれ】
 ウルトラマンエースの最後のメッセージ。全文は「優しさを失わないでくれ。弱いものをいたわり、互いに助け合い、どこの国の人たちとも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。たとえその気持ちが何百回裏切られようとも。それが私の最後の願いだ」。子供達を裏切らないため、子供達の前で敢えてエースに変身した北斗の最後のメッセージでもある。 甘崎
安夫 19話
【やすお】
 有名な嘘つき少年。キングカッパーが町中に現れたのをTACに通報するが誰も信じてくれない。 甘崎
ヤプール死すとも超獣死なず 23話 ヤプール人
【やぷーる-しす-とも-ちょうじゅう-しなず】
 異次元空間でのエースとの戦いに敗れたヤプール人が最後に遺した言葉。その通り、シリーズを通して超獣は出続けた。 甘崎
ヤプール人
【やぷーる-じん】
 異次元を本拠地にする悪意の総体。地球に超獣を送り込んでくるシリーズを通しての敵。23話で巨大ヤプールとなりエースを待ちかまえるが、壮絶な光線の撃ち合いの末倒される。だがその怨念は地球に残り続けた(具体的には「ウルトラマンタロウ」の中盤まで)。これを考えたのはシリーズ構成の市川森一氏だが(語源はなんと「家畜人ヤプー」から)、設定が深すぎたためか、多くの脚本家はこの存在をもてあまし気味だったようだ。 甘崎
ゆうじ 34話 カイテイガガン ナミコ
【ゆうじ】
 タンカー船長の父親が行方不明となった少年。海岸に打ち寄せられる綺麗な貝殻を千枚集めると父親が帰ってくると信じている。 甘崎
ユタカ 45話 ガスゲゴン
【ゆたか】
 ガス会社の警備員を父に持つ少年で、手製の望遠鏡でいつも空を見ているため、友達からは「星馬鹿」というあだ名をもらっている。ガスゲゴンが落下したのを最初に発見。 甘崎
ユニタング 11話
【ゆにたんぐ】
 くノ一超獣。デザインはどうやら鬼女をモティーフとしているらしい。なかなかデザインは良いぞ。くノ一超獣の異名を持ち、10人の女性に身を扮し、合体することで生成する。それぞれがパーツとなるため、バラバラになることも出来る。ウルトラギロチンでバラバラにされても復活してしまった。 甘崎
ユニバーラゲス アクエリウス
【ゆにばーらげす】
 宇宙電気くらげ。くらげ型の宇宙生物で、空に浮かび航空機のエネルギーを吸い取ってしまう。強くはなくファルコンと地上からの攻撃であっけなく消し去られる。 甘崎
ユミコ 15話 夢二
【ゆみこ】
 東京から今野隊員に連れられて瀬戸内海の漁村にやってきた少女。夢二と仲良くなる。 甘崎
夢二 15話
【ゆめじ】
 3ヶ月前に漁師の父を失った少年。密猟者から奪ったカブトガニに父の魂が乗り移っていることが分かる。 甘崎
妖女 24話 早川よし子
【ようじょ】
 安産のお守り(ヤプールの破片)を手にしたよし子が赤い雨を浴びて変貌した姿。マザリュースを「我が子」と思い込む。
しかし、健太にヤプールの破片を頭部に投げつけられ、血を流した後、よし子の姿に戻った。 甘崎
妖星ゴラン 7話、8話
【ようせい-ごらん】
 地球に接近してきた巨大遊星。メトロン星人Jrやドラゴリーの妨害を超えて発射されたマリア2号によって破壊される。 甘崎

ライダータッチ 2話
【らいだー-たっち】
 仮面ライダーの技ではない。北斗と南がバイクに乗ったままウルトラマンAに変身する際に二人で叫ぶ台詞。 甘崎
竜五郎
【りゅう-ごろう】
 TAC隊長。自ら陣頭指揮を執ることも多いが、その言葉は一つ一つ重みがある。ウルトラ警備隊のキリヤマ隊長同様、多くの名言を残している。 甘崎
良平 42話 アイスロン ウー 小雪
【りょうへい】
 小雪の父。アイスロンから小雪を守るために自ら犠牲となるが、その後怪獣ウーとなって復活。 甘崎
ルナチクス
【るなちくす】
 満月超獣。太古の昔、月のマグマを吸い尽くして死の星に変えてしまったという。現在は地球におり、マグマを吸い続けている。マグマの中でも活動でき、火を吐いて両目をミサイルのように飛ばして攻撃する。地中と地上でエースと戦い、最後はマグマに放り込まれて燃えてしまう。 甘崎
レッドジャック 30話
【れっどじゃっく】
 黒雲超獣。機械と生物の融合という大変超獣らしい姿をしている。ツノのような部分は高熱を発し、炎を吐く。黒雲に姿を変えて時折正体を現すのだが、目的や理由は全くの謎。一体何のために出てきたんだろう?ヤプールに作られた超獣がヤプール亡き後、迷って出てきたのか? 甘崎
レボール 50話 レボール星人
【れぼーる】
 レボール星人が地上の人間を脅迫する際に繰り返し語っていた台詞。自己紹介なのか何らかの合い言葉なのか。 甘崎
レボール星人 50話
【れぼーる-せいじん】
 宇宙怪人。東京の地下に前線基地を作り、都内の人間を追い出そうとシグナリオンを使って信号機を狂わせる。 甘崎

ワンポイント攻撃 2話 カメレキング 竜隊長
【わん-ぽいんと-こうげき】
 カメレキングの弱点である舌を集中して攻撃するために竜隊長がアローで特攻をかける。しかし、肝心のミサイルが出ずに断念することに… 甘崎
名称
【】
  甘崎