MOVIETOP

リサ・チョロデンコ
Lisa Cholodenko

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002 しあわせの法則
2001
2000
1999
1998 ハイ・アート
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

しあわせの法則 2002
<A> <楽>
  
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 新米の精神医サム(ベイル)は婚約者で遺伝子学者のアレックス(ベッキンセール)と共にハリウッドの実家に戻ってきた。ところが、誰も使っていないはずのその家にはサムの母で幾多の賞を得てきた音楽プロデューサーのジェーン(マクドーマンド)と歳の離れたミュージシャンの恋人イアン(ニヴォラ)がいたのだった。そもそも奔放な母の生き方を嫌っていたサムは同居を嫌がるが、他に行く当ても無し、ここから医局に通うことにする。そこで出会った先輩医師のサラ(マケルホーン)に心惹かれていく。一方、それまで真面目一筋だったアレックスは自由気ままなジェーンやその音楽仲間たちの生き方に興味を抱き始める…
 たまたまチョロデンコ監督の特集を上映していて、『ハイ・アート』(1998)と共に鑑賞。最初に観た『ハイ・アート』の出来の凄さがあり、キャストも凄いってのでかなり期待して観たのだが、やっぱりこっちはちょっと落ちるな。
 
ストーリーがそもそもあんまりにも普通過ぎる。それまでの真面目一辺倒の生き方に疑問を覚えて奔放な生き方に憧れるベッキンセール演じるアレックスであれ、結婚前に色気たっぷりの女性が目の前に現れ、ふらふらとそっちに引っ張られるベール演じるサムであれ、結局は元の鞘に収まってめでたしめでたし。だったし。
 演出とかはかなり良いし、キャストの巧さ(特にマクドーマンドの妖艶と言って良い演技の凄さは驚かされた。良い歳の取り方してるね)もあるが、物語で
「これだ!」とは思わせてくれなかったし、そもそも不倫ものが私は嫌いなんだし
 ただ、これでめでたしめでたし。と思った瞬間のラストシーンでの電話シーンで監督の意地を見せてくれたってところ。インディペンデンス作品が似合う監督だからなあ。

 

ハイ・アート 1998
1998全米批評家協会主演女優賞(シーディ)
1998LA批評家協会女優賞(シーディ)

<amazon>まだ
<楽天>
  
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ

ページトップへ