MOVIETOP

マーク・A・Z・ディッペ
Mark A.Z. Dippe

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997 スポーン
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1956 11'9 東京で誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ
10点 ビデオ
マーク=A=Z=ディッペ(監) マイケル=ジェイ=ホワイト、ジョン=レグイザモ、マーティン=シーン、テレサ=ランドル
物語 人物 演出 設定 思い入れ
スポーン

 

スポーン

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 CIA特殊工作員で、妻ワンダをアル=シモンズ(ホワイト)は上司のジェイソン=ウィン(シーン)の卑怯な裏切りによって爆弾工場での作戦中に工場ごとふっとばされてしまう。地獄に堕ちたアルはそこで地獄の王マルボルギアによって、一つの取引を申し出される。最終戦争のためにマルボルギア自らが編成したヘル・スポーン軍団の司令官を引き受けてくれれば、妻と再会させてやるというものだった。それを受けたアルだったが、実はそれさえもマルボルギアによる罠だったのだ…
 アメコミ界における革命児と呼ばれる本作品の原作者トッド=マクファーレン。アメコミでは
「スパイダーマン」「ハルク」「X-MEN」などを擁するマーブル・コミックが大手で(マクファーレン自身もマーブルに籍を置き、彼の手による「スパイダーマン」もある)、コミックのみならずトイも一手に引き受けていた。だがこの「スポーン」を旧態依然としたマーブルの手に任せるのを嫌がったマクファーレンは自身のメーカーを作り、スポーンの世界観のトイを投入し始めたと言う。このフィギュアの出来が非常に良かったため、現在のアクション・フィギュアはどんどん性能が上がっている。そんな彼の代表作が本作。
 その映画化の作品だったが…
 一言言わせてもらうと、これは
映画の投入が早すぎた作品だった。今だったら何作かに分割して映画化も出来ただろうし、演出ももっと良くできただろう。
 なにせ原作の数十話分を僅か90分程度の映画に押し込めようと言うのだから、
土台無理があったし、本来最も重要なはずの主人公アルの内面描写だって稚拙(CGを使った演出はそれなりに見応えはあるけど)。それなのに変なところで間延びしていて、スポーンが全然強く見えなかったりと(地獄の軍勢を率いるだけの力を持ってる割には上司のウィンをなかなか倒せないってのはストレスが溜まる)、脚本の悪さもあって全然すっきりしない。
 中でも酷いのはクラウン役のレグイザモ。彼の体当たり演技はある意味では賞賛に値するんだけど、
あの下品さおよび気持ち悪さは最早私の許容範囲を超えてる。蛆ピザとかミミズのディップもやりすぎ(ところで、あのピザは腐って蛆が湧いてるはずなのに、ドゥの部分がしっかりしすぎてて普通のピザに蛆がトッピングされてるようにしか見えない)。最後のヴァイオレーターに変形するのだって、演出過剰な割に全然強くないのでめげる。
 これは今、復活させるべき作品なのかも知れないぞ。

ページトップへ