MOVIETOP

スコット・スピーゲル
Scott Spiegel

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999 フロム・ダスク・ティル・ドーン2
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957 12'24 ミシガン州で誕生

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

フロム・ダスク・ティル・ドーン2 1999
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 武装強盗犯のルーサーが刑務所を脱獄した。仲間のバック(パトリック)は彼から銀行強盗の話を持ちかけられ、仲間を集め、一路メキシコへと向かうのだが…
 一作目は凄まじい映画だった。色々詰め込みたかったんだろうけど、正直
頭を抱えるような変な映画で、作り手がいくら楽しんで作ったとしても、観客を置いてけぼりにしているのではどうしようもない。と思っていた。
 それで、私には理解できないが何故かあれが好評なようで、二作目が作られた。
 しかし、これはちょっと。一作目が
プロットの破壊された映画だとすると、本作は最初からプロットそのものがない映画だと言って良し。
 だってストーリー全般を通してヴァンパイアと人間の戦いしかないんだから(それも全く頭使わず、肉弾戦だけ)。
 ホラー映画とは、徐々に徐々に盛り上げていく過程こそが大切なのに、それが全くなく、ただ襲い来るヴァンパイア。そしてそれを凌いで、最後に反撃を加える人間の姿しかない。これを「映画」というのもおこがましい位だ。
 ただ、カメラ・ワークだけはとても面白い所もある。動く無機物の目から人を見ている描写が結構あり、カメラワークも下から煽りで見たり、回転したりと、実験的な描写があり、これも楽しんで作っている事がよく分かる(そのカメラ・ワークがストーリーと全く結びついていないと言う点は致命的ではあるのだが)。
 暇つぶし程度の映画だね。

ページトップへ