MOVIETOP

バディ・ヴァン・ホーン
Buddy Van Horn

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 2 合計点 5 平均点 2.50
 スタントマン出身で、イーストウッドのダブルをしていた。
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003 クリント・イーストウッド 天性の直感 出演
2002
2001
2000 クリント・イーストウッド アウト・オブ・シャドー 出演
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989 ピンク・キャデラック 監督
1988 ダーティハリー5 監督
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980 ダーティファイター 燃えよ鉄拳 監督
1979
1978
1977
1976
1975 弾丸を噛め 出演
1974
1973
1972 荒野のストレンジャー 出演
1971 白い肌の異常な夜 出演
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929 8'20 誕生

ページトップへ

ピンク・キャデラック 1989

<amazon>
<楽天>
ジョン・エスコウ(脚)
クリント・イーストウッド
バーナデット・ピータース
マイケル・デ・バレス
ジェフリー・ルイス
ティモシー・カーハート
ジョン・デニス・ジョンストン
ジミー・F・スキャッグス
ビル・モーズリイ
マイケル・チャンピオン
ジェームズ・クロムウェル
フランシス・フィッシャー
ジム・キャリー
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
ダーティハリー5 1988

<amazon>
<楽天>
スティーヴ・シャロン(脚)
クリント・イーストウッド
パトリシア・クラークソン
エヴァン・C・キム
リーアム・ニーソン
デヴィッド・ハント
マイケル・カリー
マイケル・グッドウィン
ダーウィン・ギレット
アンソニー・チャルノータ
ジム・キャリー
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 サンフランシスコ市警察のハリー・キャラハン(イーストウッド)刑事は、賭博の元締ルー・ジァネロ(シャルノタ)を逮捕した。その模様がテレビで放映され、ハリーは一躍市民の間で有名人となる。スタンドプレーを好まない上司のドネリー部長(カリー)は、新しい相棒として中国人のクワン(キム)をつけることにした。渋々クワンと組み、新たな連続殺人事件を追うハリーだが、たまたま手に入れた「殺人予告状」には、有名人たちの名前だけではなく、何故かハリーの名前までが書かれていた…
 監督としてのイーストウッドが、思い深いブルースを題材にした『バード』(1988)。これはしみじみとした良作ではあったが、観客には受けず、興業は大失敗に終わってしまう。それで本作はその赤字を補填するためイーストウッドが受けた作品と言われている。
 主演のイーストウッドの思いはともかくとして、コンスタントなヒットが望める作品としてすっかり定着した『ダーティハリー』(1971)シリーズ。シリーズが進むに従い、時代の流れの影響を受けて徐々に派手になっているが、そのエスカレートぶりはそこそこ抑えられ、手堅く作られている部分は好感を持てる。又、サイコな犯人も第1作目を彷彿とさせるものがあって味わい深い。
 だが、本作の評価はそこまで。1作目の影響下にあることを隠しもせず、チャレンジ精神もない作品では、プログラムピクチャー以上の評価を与えることは難しい。
 イーストウッドとしても、本作を受けるには忸怩たる思いがあったんじゃないだろうか。自分が丹精込めて作り上げた監督作が受け入れられず、単純なヒーロー作品の方が受けてしまうわけだから。
 改めて考えてみると、イーストウッド作品はちょっと時代の先を行きすぎていたのかもしれない。監督作が受け入れ始めたのは90年代になって。ちょっとだけ監督としては早かったのかも。でも、そんな挫折がイーストウッドを名監督にしたのだと考えるならば、本作にも又違った味わいを感じることは出来る。

 ただ、今となってみると、このキャスティングって、凄いよな。後の主役級が大挙して出ている。
ダーティファイター 燃えよ鉄拳 1980

<amazon>
<楽天>
フリッツ・メインズ
ロバート・デイリー(製)
スタンフォード・シャーマン(脚)
クリント・イーストウッド
ソンドラ・ロック
ジェフリー・ルイス
ウィリアム・スミス
ハリー・ガーディノ
ルース・ゴードン
マイケル・キャヴァノー
ビル・マッキーニー
ジュリー・ブラウン
バリー・コービン
ジョン・クエイド
アル・ラッシオ
ダン・ヴァディス
ケン・ラーナー
ジョージ・マードック
ジャック・マードック
アン・ネルソン
アン・ラムジー
ローガン・ラムジー
マイケル・タルボット
アート・ラフルー
ロイ・ジェンソン
ウィリアム・オコンネル
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ

ページトップへ