MOVIETOP

ジャック・ドワイヨン
Jacques Doillon

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996 ポネット
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944 3'15 パリで誕生

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ポネット
1996ヴェネツィア国際映画祭女優賞(ティヴィソル)、国際評論家賞(ドワイヨン)
1997NY批評家協会外国映画賞
<A> <楽>
  
★★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 勿論これはヴィクトワール・ティヴィソルの為にあると言って良い映画である。先日観た「ショコラ」では成長した姿(とは言え、未だ小学生くらいなのだが)を見せてくれたが、ここでは未だ4歳。
 実は既にビデオで一回観ているのだが、あの時は全然集中できなかったので、随分惜しい思いをしていたこともあり、その雪辱戦と言う感じで。
 出来は、やはり素晴らしい。ティヴィソルはまだ幼稚園児程度の役なのだが、よくもあそこまで複雑な表情を作れるものだ。半分呆れてしまうほどに演技が上手い。
 物語は、死んでしまった母親を忘れられないポネットの日常を淡々と描いている。こういう作品って、実はかなり好みの範疇。ただし、ラストは一瞬ドキッとする演出がなされていた。不思議な、良い演出を見せてくれた。
 結局彼女は、死というものをきちんと受け止められたのだろうね。単なるお涙ちょうだいではないところが本作の面白い所だろう。
 幼児が演技をすると自己同化を起こしやすくなるため、本作は精神科医が子ども達の心の状態を見守りながら撮影を続けたとの事。

ページトップへ