MOVIETOP

シドニー・J・フューリー
Sidney J. Furie

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000 ロードレージ 監督
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987 スーパーマン4 最強の敵 監督
1986
1985 アイアン・イーグル 監督・脚本
1984 パープル・ハーツ/愛の勲章 監督・製作・脚本
1983
1982 エンティティー 霊体 監督
1981
1980
1979
1978
1977 ヤング・ソルジャー 米海兵隊員/青春の記録 監督・脚本
1976
1975
1974
1973 面影 監督
黄金のプロジェクター 監督
1972 ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実 監督
1971
1970 殺人者の影 監督
お前と俺 監督
1969
1968 裸のランナー 監督
1967
1966 シェラマドレの決闘 監督
1965
1964 国際諜報局 監督
1963
1962
1961 若さでぶつかれ! 監督
おかしなおかしなお金持ち 監督
1960 ブラッド博士の死体 監督
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933 2'28 トロントで誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ロードレージ 2000

<amazon>
<楽天>
グレッグ・メロット(脚)
キャスパー・ヴァン・ディーン
ダニエル・ブレット
ジョセフ・グリフィン
キャサリン・オクセンバーグ
アンソニー・トゥーロ
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

スーパーマン4 最強の敵
1987ゴールデン・ラズベリー最低助演女優賞(ヘミングウェイ)、最低視覚効果賞

<amazon>
<楽天>
メナハム・ゴーラン
ヨーラン・グローバス
ピエール・スペングラー
イリヤ・サルキンド(製)
ローレンス・コナー
マーク・ローゼンタール(脚)
クリストファー・リーヴ
マーゴット・キダー
ジーン・ハックマン
ジャッキー・クーパー
マーク・マクルーア
ジョン・クライヤー
サム・ワナメイカー
マリエル・ヘミングウェイ
マーク・ピロー
スザンナ・ヨーク
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
シリーズ第4作
アイアン・イーグル 1985

<amazon>
<楽天>
ロン・サミュエルズ
ジョー・ワイザン
ケヴィン・エルダーズ(製)
ケヴィン・エルダーズ
シドニー・J・フューリー(脚)
ルイス・ゴセット・Jr
ジェイソン・ゲドリック
デヴィッド・スーシェ
ティム・トマーソン
ラリー・B・スコット
キャロライン・ラガーフェルト
ジェリー・レヴィン
ロビー・リスト
マイケル・ボーウェン
ボビー・ジャコビー
メロラ・ハーディン
デヴィッド・グリーンリー
ショウニー・スミス
物語 人物 演出 設定 思い入れ
エンティティ 霊体 1982
1983アボリアッツ・ファンタスティック映画祭参加

<amazon>
<楽天>
フランク・デ・フェリッタ(脚)
バーバラ・ハーシー
ロン・シルヴァー
デヴィッド・ラビオサ
ジョージ・コー
マーガレット・ブライ
ジャクリーン・ブルックス
ナターシャ・ライアン
トム・スターン
物語 人物 演出 設定 思い入れ
原作:フランク・デ・フェリッタ
 3人の子供を持つシングルマザーのローラ(ハーシー)は、突然見えない何者かに襲われ、レイプされてしまう。大学病院に行っても、精神病と断定されてしまう。度重なるレイプ事件に絶望に陥りかけたローラだったが、彼女の噂を聞きつけた大学の超心理学者たちが、霊の捕獲作戦を開始する…
 
1976年に実際にあった事件を元にした作品らしい。なるほど。実話性を強調したため、最後まで“霊”は何者?と言う解決はさせずに、その霊も姿を現させないのね(現れないから“霊”なんだろうけど)
 本作は専ら霊にレイプされるというショッキングな描写をハーシーが体当たりで演じている事が言われるが、それは裏返すと、
それ以外見所が無いって事。ホラーにカテゴライズされるはずなのに全然怖くないは、ストーリーが単調すぎて退屈だわ、肝心な襲われるシーンも、あんなに長々とやられると飽きる。霊を凍らせようと試みさせると言う設定はなかなか面白いものもあるのだが、それも一番良いところで外されたとしか思えなかった。
 ただ、本作において一番まずかったのは
どっか頭の一部が別の次元にはまりこんでしまったようなキレた人間が出なかった事だろう(笑)。超心理学って言うから期待していたのに、あんな真面目な人間ばかり集めちゃいけませんって。
 作品そのものには相当期待していただけに残念。
国際諜報局 1964
1965英アカデミー作品賞、撮影賞、美術賞、男優賞(ケイン)、脚本賞

<amazon>
<楽天>
ビル・キャナウェイ
ジェームズ・ドーレン(脚)
マイケル・ケイン
ナイジェル・グリーン
スー・ロイド
ガイ・ドールマン
ゴードン・ジャクソン
オーブリイ・リチャーズ
フランク・ガトリフ
トーマス・バプティスト
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
原作:レン・デイトン

ページトップへ