MOVIETOP

スティーヴン・ケイ
Stephen Kay

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005 ブギーマン
2004
2003
2002
2001
2000 追撃者
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963 誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ブギーマン 2005

<amazon>まだ
<楽天>
  
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

追撃者 2000
2001ゴールデン・ラズベリー ワースト主演男優賞(スタローン)、ワースト・リメイク・続編賞
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ラスベガスでヤクザの下請けで借金の取立て屋をしているジャック=カーター(スタローン)のもとに弟のリチーが飲酒運転で事故死したとの知らせが届いた。故郷へ弟の葬儀へ向かったジャックは、そこでリチーの娘レイチェルから父が酒を飲んで運転したことは一度もないと告げられる。弟の死に不審を抱いたジャックは真相を探り始めるのだが…
 スタローンを主演に据えたにしても、極めて地味な作品で、内容もほとんど無い。一体どこで盛り上がるのかと思って観ていたら、いつのまにか終わってしまった。オリジナルの
『狙撃者』は未見だが、よくこんなものをリメイクする気になったもんだ
 それにしてもここでのスタローンは、びんびんに伝わってくるはずのカリスマ性も獣っぽさもすっぱり抜けてしまい、ただ淡々と仕事をこなしてるだけにしか思えない。それ以上にミッキー=ロークはどうだ。思いっきり悪い歳の取り方してるぞ。役者は老いを受けいれてこそ輝くってのに、本作の彼は、自分の若々しさの残滓にしがみついてるように見えてしまう。もうちと撮りようがあっただろうになあ。アラン=カミングも弾けっぷりが低すぎ。もうちとイッちまった役作りさせろよ。
 静かに展開する姪とのやりとりはそこそこ緊張感あるけど、それだって一言で言えば
「退屈」でしかない。
 こんな作品を観てしまった事は悔しくもあるけど、考えてみると、これだけ外した作品を観たのは本当に久々だから、かえって清々しい気分になれた。時折こう言った作品は観ておかないと、自分のスタンスが見えなくなっていく。

ページトップへ