MOVIETOP

クライヴ・A・スミス
Clive A. Smith

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997 長くつ下のピッピ
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

長くつ下のピッピ 1997

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 船乗りの父親について、世界中を航海してきたピッピ・ナガクツシタは、父さんと子供の頃に過ごした“ごたごた荘”に帰ってきた。力持ちでおしゃべりな彼女は隣家の兄妹と仲良くなった。彼女のお陰ですっかり混乱に陥る町の人々。そして彼女の持っている多量の金貨を狙う二人の泥棒も絡んでの大騒ぎを描く。
 私の敬愛する童話作家の一人、アストリッド=リンドグレーン原作の映画化(アニメ化)。大昔、NHKのドラマでやっていたテレビドラマを思い出すなあ。
「トゥラホップ、トゥーラララー」ってやつ。
 だけど、観始めて、なんか違和感を感じてしまった。海外物のアニメだからか?
 いや、違う。これは
ピッピ自身に魅力がないんだ
 原作のピッピは確かに非常識な女の子で、町中を混乱に陥れるが、根が善人で、決して自分勝手なだけじゃなく、相手を労る部分を持っているし、どの物語をとっても、必ずハッピーな結果になっていた。
 しかしながら、ここでは単なる勝手な女の子としてしか描かれていないし、二人組の泥棒や意地悪なおばさんも、ただピッピに混乱させられて終わっている。町を混乱に陥れ、そのフォローが全くないのは問題あるぞ。
 ピッピという女の子を魅力的に描けることがこの映画の重要な部分だったはずなのに、それができなくて、何の映画化か。勿体ないな。

ページトップへ