MOVIETOP

君塚良一

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 3 合計点 6 平均点 2.00
書籍
_(書籍)
2010 踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! 脚本
2009 誰も守れない 脚本
ニュース速報は流れた<TV> 脚本
華麗なるスパイ<TV> 脚本
2008 誰も守ってくれない 監督・脚本
課長 島耕作2 -香港の誘惑- 脚本
課長 島耕作 脚本
2007 ファイブ 脚本
はだしのゲン 脚本
2006 弁護士 灰島秀樹 脚本
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 脚本
役者魂!<TV> 脚本
2005 容疑者 室井慎次 監督・脚本
MAKOTO 監督・脚本
ナニワ金融道 6 脚本
交渉人 真下正義 原案
2004 感染 原案
恋人はスナイパー 《劇場版》 脚本
2003 踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2 脚本
心はロンリー気持ちは「・・・」XI 脚本
踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 脚本
2002 恋人はスナイパー EPISODE 2 脚本
2001 恋人はスナイパー 脚本
さよなら、小津先生<TV> 脚本
2000 ナニワ金融道 5 脚本
世にも奇妙な物語 映画の特別編 脚色
ラブコンプレックス<TV> 脚本
1999 ナニワ金融道 4 脚本
1998 ナニワ金融道 3 脚本
踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル 脚本
踊る大捜査線番外編 湾岸署婦警物語 原案
踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間 脚本
1997 心はロンリー気持ちは「・・・」X 脚本
踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル 脚本
踊る大捜査線
<A> <楽> 脚本
1996 ナニワ金融道 2 脚本
ナニワ金融道 脚本
世にも奇妙な物語 春の特別編 脚本
パラサイト・イヴ 脚本
コーチ<TV> 脚本
1995
ヘルプ!
<A> <楽> 脚本
1994 螢の光 脚本
やさしい嵐 脚本
時をかける少女
<A> <楽> 脚本
wiki
1993 欽ちゃんのシネマジャック3 ほのぼの編 脚本
港 脚本
誰にも言えない
<A> <楽> 脚本
wiki
1992 ずっとあなたが好きだった 脚本
世にも奇妙な物語 春の特別編 脚本
1991 世にも奇妙な物語 冬の特別編 脚本
世にも奇妙な物語 秋の特別編 脚本
世にも奇妙な物語 春の特別編 脚本
世にも奇妙な物語 冬の特別編 脚本
1990 The 10th Anniversary Selection 世にも奇妙な物語 ビデオの特別編 脚本
リリが見たやさしい虹<OVA> 脚本
1989 心はロンリー気持ちは「・・・」IX 脚本
心はロンリー気持ちは「・・・」VIII 脚本
ストロベリータイムス2 サンタが恋しにやってきた 脚本
1988 心はロンリー気持ちは「・・・」VII 脚本
1987 心はロンリー気持ちは「・・・」VI 脚本
心はロンリー気持ちは「・・・」V 脚本
1986 心はロンリー気持ちは「・・・」IV 脚本
心はロンリー気持ちは「・・・」III 脚本
1985 心はロンリー気持ちは「・・・」II 脚本
1984 心はロンリー気持ちは「・・・」<TV> 脚本
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958 4'21 東京で誕生

ページトップへ

誰も守ってくれない 2008
2009日本アカデミー新人俳優賞(志田未来)
2009
キネマ旬報日本映画第9位

<amazon>
<楽天>
君塚良一
鈴木智(脚)
佐藤浩市
志田未来
松田龍平
石田ゆり子
佐々木蔵之介
佐野史郎
津田寛治
東貴博
冨浦智嗣
須永慶
掛田誠
水谷あつし
伊藤高史
浅見小四郎
井筒太一
渡辺航
佐藤裕
大河内浩
佐藤恒治
長野里美
野元学二
菅原大吉
西牟田恵
平野早香
平手舞
須永祐介
山根和馬
浮田久重
柄本時生
ムロツヨシ
青木忠宏
渡仲裕蔵
阿部六郎
積圭祐
木村佳乃
柳葉敏郎
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
容疑者 室井慎次 2005

<amazon>
<楽天>
君塚良一(脚)
柳葉敏郎
田中麗奈
哀川翔
八嶋智人
吹越満
柄本明
佐野史郎
北村総一朗
小野武彦
斉藤暁
真矢みき
筧利夫
中原丈雄
升毅
大河内浩
寺泉憲
河西健司
矢島健一
浜田晃
小木茂光
大杉漣
並樹史朗
津嘉山正種
大和田伸也
高橋昌也
品川徹
山崎樹範
松永玲子
佐藤恒治
野間口徹
村上航
木内晶子
モロ師岡
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 警視庁管理官の室井慎次(柳葉敏郎)が、自らが指揮を執った殺人事件の捜査で被疑者が死んでしまうと言う事態に陥る。それが問題となり逮捕されてしまった。被疑者の母親を原告に仕立て、警察の不正を暴こうと意気込む弁護士の灰島秀樹(八嶋智人)の追及によって室井は窮地に追い込まれていく。そんな室井の弁護に当たることになったのは新米女性弁護士の小原久美子(田中麗奈)だった。決して良好とは言えない二人の関係だったが、事件が進むに連れ、互いに信頼し合うようになっていくのだが…
 
『踊る大捜査線』のスピンオフ第2作。前作の『交渉人 真下正義』(2005)はTVシリーズ『踊る大捜査線』の生みの親本広克之監督によるエンターテインメント作品だったのに対し、本作は息詰まる人間同士の交渉に重点を置いた作品に仕上げられ、同シリーズの懐の深さを感じることは出来る。
 だが、はっきり言ってしまうと、
これは駄作。物語のテンポが悪くだらだら続くだけで、いっこうに盛り上がりのないまま終わるし、いくつもの伏線がまるで消化できていないのも痛い。大体「何故警視庁はこの事件を明るみに出したくなかったか?」の答えがあれではあまりに拍子抜けだろう。正直、「騙された!」と憤慨を覚えてしまった。リアリティの欠如はともかくも、あれだけ魅力的なキャラクタを多数出しながら、碌に見せ場を作ることなくただ流されてしまったのも問題。
 
『踊る大捜査線』のシリーズが面白いのは、警察もやはり組織であり、出世願望に囚われた上司や、力関係の駆け引きがあることを前提に、それをエンターテインメントとして着実にまとめて見せた部分が強味だった。多分本作はそれを前提に人間ドラマにしようとしたのだとは思う。警視庁と警察庁のぶつかり合いなど、なかなか面白い展開だったのだが(ちなみに警察庁と警視庁の違いは、警視庁はいわば東京の県警であり、警察庁は全国の警察を束ねる組織)、残念ながら、それは単なる怒鳴り合いだけで終わってしまい、肝心な駆け引きや手回しのような部分が全然出てこなかったこと。元々が真面目にそれやると重くなりすぎるからエンターテインメントとしたのに、重くしてしまったのが問題だろう。むしろそう言うトップの部分はコミカルに、現場の部分は重々しく。と言う演出の方が映えたはずなのだが。結局ストーリーも設定部分も練りが足りず。
 キャラに関しては、柳葉敏郎主演作品に哀川翔を持ってくると言う小憎らしい演出は嬉しいのだが
(二人はかつての一世風靡SEPIAメンバー)、二人の関係が今ひとつぎくしゃくしていた感じだし、田中麗奈も熱演は認めるけど、やっぱり柳葉とは今ひとつ噛み合ってなかった。今まで単なる嫌味役でしかなかった筧利夫がおいしいところをもらっていたのと、柳葉敏郎が貫禄を見せ、見事な演技をしていたのが救いか?
 …とはいえ、本作が悪いばかりという訳ではない。約2時間の長丁場で、これだけ重くて面白くない物語展開であるにもかかわらず、演出だけは素晴らしかった。オープニングのヘリ視点での移動も良かったが、特に群衆部分のコントロールが大変巧く、そこら辺はいい加減にはせず、きっちりとコントロールしていた
(あれだけの人物が動き回っていながら、中心がはっきり見えていた)し、主人公がほとんど喋らないのに、二人で喋っていても、全然飽きさせない(この辺は柳葉の巧さにも通じるが)。弁護士事務所や捜査本部などの舞台配置も不自然さを強調する見事な出来。お陰様で、少なくとも飽きずに観ることは出来た。
 そう言う意味ではかなり惜しい作品かな?
MAKOTO 2005

<amazon>
<楽天>
君塚良一(脚)
東山紀之
和久井映見
哀川翔
室井滋
ベッキー
河合美智子
小堺一機
中島啓江
別所哲也
佐野史郎
武田鉄矢
物語 人物 演出 設定 思い入れ
MAKOTO(コミック) 郷田マモラ

ページトップへ