MOVIETOP

黛りんたろう

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
著作
大河ドラマ「義経」ができるまで(書籍)
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000 すずらん 少女萌の物語
1999
1998
1997
1996
1995
1994 RAMPO 黛バージョン
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

すずらん 少女萌の物語 2000

<amazon>まだ
<楽天>
  
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 明日萌駅は架空。実際の撮影は留萌線恵比島駅で行われる。

 

RAMPO 黛バージョン
<A> <楽>
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 昭和初期の東京。発行人の横溝正史(香川照之)とともに、小説「お勢登場」の発禁処分を告げられてしまった江戸川乱歩(竹中直人)。そんな時、彼の描いた小説と同じ事件が起こる。驚くほどの符号に興味を持った乱歩は法事で夫殺しの嫌疑をかけられた妻の静子(羽田美智子)の姿を目撃する。彼女の姿を名探偵明智小五郎(本木雅弘)が活躍する小説に登場させるのだが、やがて乱歩は勝手に動き始めた小説の中に入り込んでしまう…
 黛監督により創り出された『RAMPO』のオリジナル版。制作側からストップがかかり、70%も作り直された奥山版の方が公開されたのだが、折角作ったのだから、と言うことでビデオ化された。テレビで奥山版を観て、なんだかしっくり来なかったのでビデオで借りて観たのだが、こっちもやっぱりしっくりしなかった…単に元の脚本が悪かっただけなんじゃないか?設定は面白かったんだけどねえ。
 虚構の世界である明智小五郎と静子の方に強調点が置かれていた奥山版と較べ、現実世界の乱歩と静子の交流の方にやや重点が置かれているのが特徴とも言える。こっちの方がやや分かりやすい部分もあるんだけど、そのどちらも画面の美しさに物語が付いていかなかった。元が魅力的な設定だけに、作り方が失敗すると本当に勿体ない気分になるな。
製作年
製作会社
ジャンル
売り上げ
原作
書籍名 <A> <楽>
著者名 (検索) <A> <楽>
歴史地域
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ

ページトップへ