MOVIETOP

二本松嘉瑞

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 2 合計点 5 平均点 2.50
書籍
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968 昆虫大戦争 監督
1967 宇宙大怪獣ギララ 監督・脚本
1966
1965
1964 恋人よ 監督・脚本
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951 白痴 助監督
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

昆虫大戦争 1968

<amazon>
<楽天>
高久進(脚)
園井啓介
川津祐介
新藤恵美
瞳麗子
キャッシー・ホーラン
ロルフ・ジェッサー
市村俊幸
上田忠幸
チコ・ローランド
ハロルド・コンウェイ
青沼三郎
園江梨子
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
宇宙大怪獣ギララ 1967

<amazon>
<楽天>
元持榮美
石田守良
二本松嘉瑞(脚)
和崎俊也
ペギー・ニール
原田糸子
柳沢真一
岡田英次
フランツ・グルーベル
園井啓介
マイク・ダニーン
浜田寅彦
北竜二
穂積隆信
藤岡弘
キャッシー・ホーラン
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 火星探査に向かっていた宇宙船は突如飛来した物体と接触し、その際に謎の発光体が機体に付着する。地球に持ち帰られたその物体はエネルギーを吸って急成長、ついに怪獣と化してしまう。ギララと命名されたその生物は東京を蹂躙した後、原子力エネルギーを求めて富士山麓の宇宙局へ進撃を開始した。ギララを食い止める鍵は発光体のかけらにあるのだが…
 冒頭から何か気の抜ける歌が流れ、なんじゃこれは?と思っていたら、歌手の名前が
倍賞千恵子…やっぱ松竹だ(笑)
 松竹としてもこの作品についてはかなり期するところがあったらしく、ミニチュアの宇宙船のシーンとか、細かく作られていたりする。ただ、やはり蓄積がない哀しさか、火や水の使い方が下手。ああ言う不定型なものをリアルに見せることも
(見立ては勿論必要としても)大切な技術の一つ。
 それにストーリーの方も、色々凝ったキャラを使っている割には今ひとつ。テレビシリーズの特撮ものの一エピソードをそのまま持ってきただけに思えてしまう。スタッフの方は色々勉強したんだろうけど、多分参考にした作品があまり良くなかったんじゃないかな?人間ドラマの方も緊迫感があまりなく、中途半端な感じ。
 とは言え、良いところもある。なんと言ってもギララのデザインは秀逸。あの円盤状の頭部に蟹のような目。機械と怪獣の合体型みたいなギララの姿は結構格好良い。それにあの「ボエーッ」というギララの鳴き声(?)も何か妙に投げ遣りな感じで、特徴はある(とは言え、あの声を聞かせて緊迫感を持たせるのは無理じゃないか?)。後、多分特撮怪獣映画では
恐らく唯一、わたしの故郷(の近く)を破壊してくれた怪獣だけに、それは買おう(笑)

 尚、本作をとことん愛しまくっている河崎実監督によって『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』が作られ、一応シリーズものとして数えることができるようになった。

ページトップへ