MOVIETOP

杉村六郎

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993 プロゴルファー織部金次郎 監督
ウルトラマンになりたかった男 監督
1992
1991 仕掛人 藤枝梅安 梅安仕掛針 監督
仕掛人 藤枝梅安 梅安二人旅 監督
1990
1989
1988 裸の大将 清・北の国のキューピッド 演出
裸の大将 清のくれた幸せの星砂 演出
1987 刑事物語5 やまびこの詩 監督
裸の大将 清と赤い自転車 演出
1986
1985
1984 刑事物語3 潮騒の詩 監督
1983 刑事物語2 りんごの詩 監督
1982 刑事物語 助監督
1981
1980
1979 本日ただいま誕生 助監督
江戸の牙<TV> 監督
1978 幽霊列車 助監督
雲霧仁左衛門 助監督
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

プロゴルファー 織部金次郎 1993

<amazon>
<楽天>
中村俊安
黒木照美
名島徹
藤倉博
小坂一雄(製)
武田鉄矢
島裕次
満友敬司(脚)
武田鉄矢
財前直見
阿部寛
高橋ひとみ
平田満
布川敏和
大滝秀治
中嶋常幸
坂田信弘
戸張捷
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
プロゴルファー織部金次郎(コミック)武田鉄矢、高井研一郎
刑事物語5 やまびこの詩 1987

<amazon>
<楽天>
藤倉博(製)
片山蒼
榎本修
鳥居欽圭(脚)
武田鉄矢
賀来千香子
鈴木保奈美
井川比佐志
村井国夫
木村元
野分龍
青木卓
石倉三郎
片桐はいり
大沢逸美
福岡翼
野村将希
江夏豊
小林桂樹
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
刑事物語3 潮騒の詩 1984

<amazon>
<楽天>
黒井和男
黒木照美(製)
ちゃき克彰
武田鉄矢
黒井和男(脚)
武田鉄矢
星由里子
沢口靖子
金田龍之介
佐藤祐介
夏木陽介
ハナ肇
木暮実千代
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 長崎県の五島列島にある福江市に転勤となった片山(武田鉄矢)。しかしここでの彼の扱いはほとんど雑用係。そんな時に東京からやってきた村上警部補から、東京で暴力団の組長を射殺して逃亡した仁科高志の母親が福江市にいる事から、特別捜査を依頼される。新米刑事の木崎(佐藤祐介)と組んで調査を開始した片山は、やがて仁科には清子(星由里子)という妻と海子(沢口靖子)という娘がいることを知る。
 武田鉄矢を主演に据えた人情刑事物語の第3弾。
1984年邦画興行成績9位(「上海バンスキング」「天国の駅」「瀬戸内少年野球団」と4作同着)
 2作目の札幌から今度は長崎と、まるで全国行脚のような作品だが、シリーズが進むに従ってどんどん主人公の扱いが悪くなっていくような気がするし、TVドラマ化してきた感じがする。
 TVの刑事ドラマと大きく違うのは、主人公が東京から出張してやってくるのではなく、そこに住んでいるため、生活臭さが上手く出せると言うことだろう。特に島の暮らしの中、そこに住む人と日常的にふれ合っている生活描写は映画ならではだし、そう言う意味では武田鉄矢はうってつけの役割。少なくとも生活描写は充分に楽しめる。それに配役も適材適所って感じ。本作が10数年ぶりの劇場復帰作となった星由里子はブランクを感じさせない女優っぷりを見せていたし、沢口靖子が可憐な役割を上手くこなしてた(確かこの年にデビューだったはず)。
 ただ、やっぱり物語が弱かったのは否めず。武田鉄矢の泥臭さを強調するあまり、話のテンポも良くなく、終わり方もありがち。1980年代のノリっぽくスタイリッシュにしなかったのは評価できるけど、TVドラマに毛が生えた程度では、ちょっと弱すぎた。
 …
この素材ではこう作るしかなかったのかな
刑事物語2 りんごの詩 1983

<amazon>まだ
<楽天>
黒井和男
藤倉博
黒木照美(製)
武田鉄矢
渡辺寿
黒井和男(脚)
武田鉄矢
酒井和歌子
玉野叔史
園みどり
金子信雄
松村達雄
倍賞千恵子
三浦洋一
タモリ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 片山元(武田鉄矢)の勤務する弘前中央署に、札幌署から二人の刑事がりんごの種を持って訪ねて来た。これは二年前に札幌でおきた現金輸送車襲撃事件の証拠品であり、他の手がかりが亡くなってしまった今、この分析を頼みに来たのだった。結局それでは分からず、種は片山に託されることになる。りんご試験場職員の石戸谷忍(園みどり)にその種を栽培するように頼んだことから、片山と忍はお互いを知り合うようになっていく…
 『刑事物語』の好評を受けて作られた続編で、
1983年邦画興行成績も5位と健闘した。
 第1作目は大変面白かったものだが、それは日本的な人情話と痛快なアクション、コメディ性が上手い具合に噛み合ったお陰であろうと思う。それらがいい加減な設定とか、ストーリーのアラとかを上手く隠しおおせていた。
 それでこの2作目だが…はっきり言ってしまうと、それが噛み合ってなかったのは確か。物語のご都合主義さが気になる作品に仕上がってしまった。
 …とは言え、本作が嫌いか?と言われると、全く逆で
大好きだったりするのが複雑なところ。他の物語はともかく、子供との関わり方が本当に好き。特にラストシーンは大好きで、この辺はやっぱり『3年B組金八先生』仕込みだと思うけど、片山の優しさと辛さがストレートに伝わってくる。それがたとえ子供だとしても、好きな人を守るためには「強く生きろ」という言葉は胸に迫る。片山自身が折角結ばれた恋人が殺されてしまったので、それは自分に言い聞かせてる言葉でもあったのだろう。憎まれても良い。いや、憎んでくれ。その方が良い。そしてその憎しみを強さに変えろ。と言うメッセージだったんじゃないか?
 シリーズ中最高の叙情性に満ちた話だった。ただ、
それ以外に評価する部分が無いというのが残念
 助監督に佐藤雅彦

ページトップへ