MOVIETOP

冨永昌敬

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
_(書籍)
2018
2017
2016 マンガをはみだした男 赤塚不二夫 監督
ディアスポリス -異邦警察-
<A> <楽> 監督・脚本
2015 ローリング 監督・脚本
2014
2013
ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~
<A>
BR
<楽>
BR
2012 同じ星の下、それぞれの夜 監督・脚本
BUNGO〜ささやかな欲望〜 見つめられる淑女たち 監督
ドキュメント 灰野敬二 撮影
2011 明日 監督
劇場版 目を閉じてギラギラ 監督・脚本
庭にお願い 監督・撮影・編集
明日泣く 編集
2010 アトムの足音が聞こえる 監督・撮影
乱暴と待機 監督・脚本・編集
2009 パンドラの匣 監督・脚本・編集
2008 シャーリーの転落人生 監督・脚本・編集
シャーリーの好色人生 脚本
2007 コンナオトナノオンナノコ 監督
2006 パビリオン山椒魚 監督
2005 京マチ子の夜 監督・脚本
シャーリー・テンプル・ジャポン・パートII 脚本・編集
2004 be found dead
2003 亀虫 原案・出演
テトラポッド・レポート 監督・脚本
呪霊 THE MOVIE 編集
1975 愛知県喜多郡内子町で誕生

ページトップへ

マンガをはみだした男 赤塚不二夫 2016
<A> <楽>
赤塚不二夫
青木こずえ
赤塚りえ子
足立正生
荒木経惟
五十嵐隆夫
坂田明
北見けんいち
武居俊樹
藤田陽一
FROGMAN
丸山昭
ちばてつや
古谷三敏
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
パビリオン山椒魚 2006

<amazon>
<楽天>
冨永昌敬(脚)
オダギリジョー
香椎由宇
高田純次
麻生祐未
光石研
KIKI
キタキマユ
斉藤陽一郎
杉山彦々
津田寛治
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 レントゲン技師の飛島芳一(オダギリジョー)はキンジロー財団から動物国宝のオオサンショウウオ、キンジローの真偽の鑑定を頼まれる。ところがキンジローが何者かに狙われているとの情報で財団の娘あずき(香椎由宇)がキンジローを抱いたまま逃亡してしまう。義務感に駆られ、あずきを追う芳一だが…
 オダギリジョーを主演に、どことなく脱力系のギャグ作品に仕上げた物語。
 丁度2000年代はこういった脱力系ギャグ作品が邦画には結構多く、それを当て込んで作ったのだろうと思うのだが、この手の作品は、作り手の感性に多くを負っているため、その感性がはまれるかどうかで評価は大きく分かれるだろう。
 そして少なくとも、私の好みには合わなかった。
 こう言うのが好きな人もいるんだろうけど、それにしてもコメディ部分がどれも外し気味で、笑って良いもんなのかどうかも分からず。
 根本的に笑えないコメディほど寂しいものは無い。
 でも、随所に結構面白いものもあるのはある。特に物語冒頭のオダギリジョーの茫洋としたキャラ作りは不思議な魅力があったし、個々のキャラの真面目なんだかふざけているんだか分からない造形は結構面白かった。ただ、それだけで引っ張るには難しすぎたか?

ページトップへ