MOVIETOP

渡辺邦男

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
1981 11'5 死去
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962 三百六十五夜 監督・脚本
長脇差(ながドス)忠臣蔵 監督・脚本
民謡の旅・桜島 おてもやん 監督・脚本
愉快な仲間 監督・脚本
べらんめえ芸者と大阪娘 監督・脚本
南太平洋波高し 監督・脚本
1961 銭形平次捕物控 夜のえんま帳 監督・脚本
喧嘩富士 監督・脚本
進藤の社長シリーズ 続次郎長社長と石松社員 監督・脚本
水戸黄門海を渡る 監督
ひばり民謡の旅 べらんめえ芸者佐渡へ行く 監督・脚本
悪魔の手毬唄 監督・脚本
1960 二人の武蔵 監督・脚本
越後獅子祭 監督・脚本
おさい権三 燃ゆる恋草 監督・脚本
源太郎船 監督・脚本
風来物語 あばれ飛車 監督・脚本
天下御免 監督・脚本
1959 蛇姫様 監督・脚本
女の教室 監督・脚本
荒海に挑む男一匹 紀の国屋文左衛門 監督・原案・脚本
暴風圏 監督・脚本
風来物語 仁侠篇 監督・脚本
晴れ姿勢揃い 剣侠五人男 監督・脚本
1958 アンコールワット物語 美しき哀愁 監督・原作・脚本
忠臣蔵 監督・脚色
天竜しぶき笠 監督・脚本
天保水滸伝 監督・脚本
女ざむらい只今参上 監督・脚本
おこんの初恋 花嫁七変化 監督
日蓮と蒙古大襲来 監督・脚本
伊賀の水月 監督・脚本
大暴れ東海道 監督・脚本
1957 ひばりの三役 競艶雪之丞変化 後篇 監督
ひばりの三役 競艶雪之丞変化 前篇 監督
修羅八荒 猛襲伏魔殿 監督・脚本
修羅八荒 薩多峠の剣陣 監督・脚本
明治天皇と日露大戦争 監督・原案
ひばりの三役 競艶雪之丞変化 後篇 監督・脚本
ひばりの三役 競艶雪之丞変化 前篇 監督・脚本
妖雲里見快挙伝 解決編 監督
1956 続勤王?佐幕?女人曼陀羅 監督
勤王?佐幕?女人曼陀羅 監督
はりきり社長 監督
続隠密七生記 龍攘虎搏の決戦 監督
隠密七生記 剣雲碓氷峠の乱陣 監督
森繁の新婚旅行 監督
あばれ行燈 監督・脚本
妖雲里見快挙伝 監督
鬼姫競艶録 監督
怨霊佐倉大騒動 監督・脚本
1955 関の弥太ッペ 監督
森繁のデマカセ紳士 監督
わが名はペテン師 監督
森繁のやりくり社員 監督
のんき裁判 監督・脚本
森繁の新入社員 監督
隠密若衆 監督
花嫁立候補 監督
恋天狗 監督
やんちゃ娘行状記 監督
1954 決戦天の橋立 監督
旗本退屈男 謎の怪人屋敷 監督
お坊主天狗 後篇 監督
お坊主天狗 前篇 監督
重盛君上京す 監督
鳴門秘帖 後篇 監督
鳴門秘帖 前篇 監督
巷説荒木又右衛門 暁の三十八人斬り 監督
ウッカリ夫人とチャッカリ夫人 やりくり算段の巻 監督
続南国太平記 薩南の嵐 監督
南国太平記 前篇 監督
犬神家の謎 悪魔は踊る 監督
1953 べらんめえ獅子 監督
日輪 監督
さすらいの湖畔 監督・脚本
亭主の祭典 監督
大菩薩峠 第三部 監督・脚本
大菩薩峠 第二部 監督・脚本
大菩薩峠 甲源一刀流の巻 監督・脚本
午前零時 監督
神変あばれ笠 後篇 監督
神変あばれ笠 前篇 監督
1952 飛びっちょ判官 監督・脚本
芸者ワルツ 監督
続チャッカリ夫人とウッカリ夫人 監督
はだか大名 後篇 監督
はだか大名 前篇 監督
チャッカリ夫人とウッカリ夫人 監督
水戸黄門漫遊記 第二部 伏魔殿の妖賊 監督
水戸黄門漫遊記 第一部 地獄の豪賊 監督
落花の舞 監督
1951 殴られた石松 監督
のど自慢三羽烏 監督
歌う野球小僧 監督・脚本
伊豆物語 監督
快傑鉄仮面 監督
1950 裸女の愁い 監督・製作・脚本
女三四郎 監督・製作・脚本
いれずみ判官 落花対決の巻 監督
いれずみ判官 桜花乱舞の巻 監督
かっぽれ音頭 監督
エノケンの八百八狸大暴れ 監督・脚本
1949 エノケン・笠置のお染久松 監督・脚本
エノケン・大河内の旅姿人気男 監督・脚本
異国の丘 監督・脚本・製作
エノケンの拳闘狂一代記 監督・脚本
鍋島怪猫伝 監督
1948 歌ふエノケン捕物帖 監督・脚本
続向う三軒両隣り スタコラ人生の巻 監督
向う三軒両隣り 白百合の巻 監督
エノケンのホームラン王 監督
あの夢この歌 監督・脚本
1947 誰か夢なき 後篇 監督・脚本
誰か夢なき 前篇 監督・脚本
1946 麗人 監督
1945
1944
1943 決戦の大空へ 演出
音楽大進軍 監督
1942
1941
1940 熱砂の誓ひ 演出・原案・脚本
新妻鏡 後篇 監督・脚本
新妻鏡 前篇 監督・脚本
1939 白蘭の歌 演出
1938
1937
1936
1935 あばれ行燈 監督
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927 建国史 尊王攘夷 助監督
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901
1899 6'3 三島市で誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

喧嘩富士 1961

<amazon>
<楽天>
渡辺邦男
村松正温(脚)
勝新太郎
小林勝彦
橋幸夫
浦路洋子
弓恵子
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
ひばり民謡の旅 べらんめえ芸者佐渡へ行く 1961

<amazon>
<楽天>
須崎勝弥
渡辺邦男(脚)
美空ひばり
高倉健
木村功
今井俊二
春丘典子
星美智子
桜京美
石黒達也
柳永二郎
中原ひとみ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
悪魔の手毬歌 1961

<amazon>
<楽天>
渡辺邦男
結束信二(脚)
高倉健
北原しげみ
小野透
永田靖
大村文武
志村妙子
不忍郷子
八代万智子
山本麟一
石黒達也
中村是好
花沢徳衛
五月藤江
神田隆
関山耕司
北山達也
山口勇
増田順司
河合弦司
沢彰謙
大野広高
小林裕子
木村梢
岡部正純
高須準之助
菅原壮吉
仲塚光哉
赤尾静子
都健二
大東良
岡野耕作
北峰有二
山田甲一
日尾孝司
山之内修
堀口由紀子
★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
二人の武蔵 1960

<amazon>
<楽天>
渡辺邦男
吉田哲郎(脚)
長谷川一夫
勝新太郎
本郷功次郎
市川雷蔵
中村玉緒
近藤美恵子
阿井美千子
宇治みさ子
中村鴈治郎
田崎潤
林成年
鶴見丈二
千葉敏郎
舟木洋一
小堀阿吉雄
須賀不二夫
見明凡太郎
石黒達也
物語 人物 演出 設定 思い入れ
蛇姫様 1959

<amazon>
<楽天>
渡辺邦男(脚)
市川雷蔵
瑳峨三智子
近藤美恵子
中村玉緒
林成年
黒川弥太郎
河津清三郎
舟木洋一
和泉千太郎
浜世津子
本郷秀雄
竜崎一郎
荒木忍
香川良介
田崎潤
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
蛇姫様 上(書籍) 下(書籍)川口松太郎
忠臣蔵 1958

<amazon>
<楽天>
渡辺邦男
八尋不二
民門敏雄
村松正温(脚)
長谷川一夫
勝新太郎
鶴田浩二
市川雷蔵
京マチ子
山本富士子
木暮実千代
淡島千景
若尾文子
滝沢修
黒川弥太郎
船越英二
川崎敬三
小沢栄太郎
志村喬
中村鴈治郎
東山千栄子
中村玉緒
阿井美千子
長谷川李子
穂高のり子
若松和子
三益愛子
根上淳
林成年
川口浩
菅原謙二
見明凡太朗
潮万太郎
清水将夫
田崎潤
沢村宗之助
信欣三
北原義郎
高松英郎
松本克平
清水元
坊屋三郎
滝花久子
浦路洋子
市川和子
藤田佳子
石井龍一
品川隆二
梅若正二
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 江戸城松の廊下で浅野内匠頭(市川雷蔵)が吉良上野介(滝沢修)の刃傷に及んだため、赤穂藩は取りつぶしとなり、内匠頭は切腹を命じられてしまう。その後始末をする家老大石内蔵助(長谷川一夫)は、密かに家臣を呼び寄せ…
 言うまでもない、日本の誇る歌舞伎演目
「仮名手本忠臣蔵」の映画化作。日本を代表する作品だけに、これまでにも何作もの映画が作られてきたが、その中で最も娯楽性が高いと言われる人気作。1958年邦画興行成績でも堂々の1位を記録している
 なんせ大映の看板スター長谷川一夫に市川雷蔵、鶴田浩二、勝新太郎、女優陣にも京マチ子、山本富士子、木暮実千代、淡島千景、若尾文子といった当時のトップスターを起用しており、まさに絢爛豪華な作品に仕上げられている。
 本作の特徴というか、最大の売りは、「ド定番」という点だろうか。 
 良くも悪くも映画が娯楽の中心だった時代。社会のあれこれとは無縁で、映画館の中では日常を離れた楽しさを提供していた、そんな時代に作られていた作品なので、何の衒いもなく浪花節的な物語が作れる。それはそれで作り手としても、観客としても幸せな時間だったのかも知れない。内容で泣かせられ、それで活力を得ていく。それで充分。映画の役割というのはそこにあったのだから。それ以上を求める必要は無い。
 そして大スター達が渾身の演技でそれに応える。これは本当に幸せな時間だろう。
 まさにこの時代というものを良く表した作品と言える。
明治天皇と日露大戦争 1957

<amazon>
<楽天>
大蔵貢(製)
館岡謙之助(脚)
嵐寛寿郎
阿部九州男
高田稔
武村新
藤田進
岬洋二
江川宇礼雄
広瀬恒美
原文雄
倉橋宏明
沼田曜一
田崎潤
天城竜太郎
小笠原竜三郎
宇津井健
高島忠夫
中山昭二
若山富三郎
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 日清戦争後、中国東部および半島を巡って日本とロシアが対立していた。交渉も上手くいかず、ロシアの暴虐を前に国内の対露開戦の声が大きくなり、天皇はついに戦争を決意する。困難な戦いになる事は分かっていたものの、その苦難は並大抵のことではなかった…
 1946年に始まった東宝争議によって誕生した新東宝は、組合活動により映画製作が出来なくなってしまった東宝に嫌気が差した十人の旗の会と呼ばれる役者達が東宝を脱退して、自分たちの好きな映画を作ろうという旗印の下に作られた。金はなくとも情熱はあると言う事で、かなり自由な作風で映画が作られ続けた。
 具体的に言えば、他の製作会社が
戦後民主主義の観点に立っての作品作りを強いられたのに対し、新東宝はそこにこだわる必要が無かったと言う事である。
 その自由さを最も顕著に表したのが本作と言う事になる。組合活動が強い東宝では、明治天皇を主演に、しかも日本の勝利を描いた映画は作ることが出来なかったし、何より、どんな映画会社も天皇を役者に演じさせることに二の足を踏んだから。二重の枷を見事に打ち破り、映画にしたと言うその一事で本作は最高に評価されるべきだろう(ただし批評筋からは戦後民主主義の思想とは相容れない反動的な映画とされる)。
 実際、本作こそが、映画のタブーを打ち破った快挙を成し遂げたのだから。それもあってのことだろう。
1957年邦画興行成績1位配給収入5億4300万円という当時の日本映画界における過去最高記録を樹立した。
 そんな事は基本知識にあったので、機会あったら観てみたいと思っていたのだが、2010年代になって、数多くの戦争物が普通にソフト化されるようになり、テレビ放映もされるようになって、ようやく観る事が出来るようになった。
 さてその出来ではあるが、申し訳ないけど「普通」。もっと悪く言えば、
しょぼい。特に特撮的な部分では、他の戦争物と較べてもどうしても弱い。
 これはエポックメイキングな作品の常だ。道を切り拓いた作品は、当時の空気を知ることなしに理解できないし、その後にこの作品を踏み台にして作られたもっと演出力の高い作品の方を先に観てしまっている以上、演出の弱さしか観ることができないものだ。

 ただ本作単体で面白い部分はある。
 日露戦争という大きな事態を前にして現場や政治ではなく、天皇の決断という点に重点を置いたことだろう。勿論画面の見栄えや盛り上げのために戦争のシーンはあるし、会議のシーンとかもかなりあるにせよ、あくまで主人公として天皇がどう決断したかを中心に持っていった。そのため、他の作品とは違った部分に見所があって、それが作品の個性になってたから。現代からすれば、その個性を楽しめるかどうかが本作の評価の分かれ目と言う事になろうか。

 尚、本作で明治天皇を演じた嵐寛寿郎は、この役を演じることに非常に慎重だったそうだ。戦前の人だから、こんな役は不敬罪と思ってるだろうし、そんな恐れ多いことを役者がやったということで、暗殺の可能性だってあったわけだから。しかもこの成功に味を占めた新東宝は次々と天皇役をアラカンに振り、そのため他の役が来なくなってしまったとか…
熱砂の誓ひ 1940

<amazon>
<楽天>
木村千依男
渡辺邦男(脚)
長谷川一夫
李香蘭
江川宇礼雄
汪洋
丸山定夫
華風
高堂国典
鳥羽陽之助
進藤英太郎
藤田進
江藤勇
小島洋々
今成平九郎
水町庸子
里見藍子
伊東薫
三谷幸子
小高たかし
清川荘司
深見泰三
永井柳太郎
真木順
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
製作年 1940
製作会社 東宝
ジャンル 恋愛(戦下)
売り上げ $
原作
歴史・地域 北京
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
白蘭の歌 1939

<amazon>
<楽天>
木村千依男(脚)
長谷川一夫
斎藤英雄
中村英雄
中村健峰
山根千世子
山根寿子
霧立のぼる
悦ちゃん
清川虹子
高堂国典
御橋公
江波和子
榊田敬治
加藤欣子
原文雄
李香蘭
王宇培
徐聡
趙書琴
芦芸庭
李林
張翊
宋来
当波
華愚
小島洋々
生方賢一郎
藤田進
藤輪欣治
横山運平
三條利喜江
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
製作年 1939
製作会社
ジャンル
売り上げ $
原作
歴史・地域 北京
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ

ページトップへ