MOVIETOP

山川元

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002 東京原発
2001
2000
1999
1998 卓球温泉
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

東京原発 2002

<amazon>まだ
<楽天>
  
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 大胆な発想と派手なパフォーマンスで知られる東京都知事の天馬(役所広司)が、都財政再建のため、庁舎のすぐ隣の中央公園に原子力発電所を誘致すると言い出した。そこに集められた都議会議員は大慌てになる。丁度その頃、フランスから極秘裏に運ばれてきたプルトニウム燃料を載せたトレーラーが、爆弾マニアの少年にジャックされてしまう。都庁に向かって疾走するトレーラー…天馬の真意は?そしてプルトニウムはどうなってしまうのか…
 大分前にベストセラーになった広瀬隆の「東京に原発を!」を下敷きに、エネルギー問題を正面から考える部分と、プルトニウム輸送中のトレーラーが都庁に突っ込んで来るというサスペンス部分を両軸に展開されるコメディ作品。
 原子力発電について真面目に考えさせる作品としては『チャイナ・シンドローム』(1979)があるが
(一応『ゴジラ』(1954)もそうか)、それを上手い具合にコメディにしつつ、緊迫した物語展開で見せてくれて、ほんと感心させてくれた。アイディアの勝利で、原発問題を語るにしてもこういう切り口もある。これは絶対学校とかで放映すべき作品だよ。更に個性派役者を揃えてくれたお陰で、テンポの良さと間の絶妙さも上手い。
 後半部分からオチにかけてのブラックジョークも冴えてる。
 ただ、説明だけでは流石に間が持たないと考えたか、プルトニウム輸送の杜撰さを敢えて描いて、アクション作品に仕上げた部分にちょっとあざとさを感じてしまう。もっと人間関係を掘り下げたり、データを出したりして「それでは何故都内に原発を作ってはいけないのか」という部分を出して欲しかったかな?緊迫感を増した分、前半の面白さがちょっと方向転換してしまった。
 いずれにせよ映画の設定としては最上の部類に属するだろう。
特に若い人には絶対観て欲しい作品だ

 

卓球温泉 1998

<amazon>まだ
<楽天>
  
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ビデオ紹介で見かけ、何となく気になっていたので借りて観る。
 監督・脚本の山川元は、伊丹十三の『ミンボーの女』(1992)、周防正行の
『ファンシイダンス』『Shall we ダンス?』(1996)などで助監督を務めていた人。
 時間の都合で映画で観られなかった作品だが、これが実に面白かった。『Shall we ダンス?』の女性版とも言える作品で、雰囲気が兎に角良い。ほのぼのした映画ってのも結構好きなんだな。私って。

ページトップへ