MOVIETOP

遊川和彦

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
著作
〇〇妻(書籍)

_(書籍)
2016 恋妻家宮本 監督・脚本
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

恋妻家宮本 2016

<amazon>
<楽天>
中村理一郎
市川南
福山亮一
三木和史
上田太地
高橋誠
茂田遥子
大川ナオ
堀内大示
市村友一
吉川英作
荒波修(製)
遊川和彦(脚)
阿部寛
天海祐希
菅野美穂
相武紗季
工藤阿須加
早見あかり
奥貫薫
佐藤二朗
富司純子
入江甚儀
佐津川愛美
浦上晟周
紺野彩夏
豊嶋花
渡辺真起子
関戸将志
柳ゆり菜
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
ファミレス(書籍)重松 清
 結婚25年を迎えた宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)。無事息子の結婚を見届け、久々の二人きりの生活へと戻るのだが、そんな時に陽平は部屋の本棚から美代子が書いた離婚届を発見してしまう。激しく動揺した陽平は、教師の仕事も気もそぞろ。折しも陽平の生徒に家庭内の問題を抱えている子がいて…
 重松清の小説
「ファミレス」の映画化作。
 本作は夫婦二人で観に行ったのだが、色々色々複雑な思いにさせられたものだ。
 作品の出来そのもので言うなら、テレビサイズで作った方が良いくらいの小粒感溢れる話で、これと言って話すべき部分はない。
 まずはなんせ夫婦で観たと言う事がネック。離婚届で激しく動揺する阿部寛の姿を観てると、なんというか身につまされるところがあって、ちょっと心に痛みを覚えた。ちょっと横に座ってる嫁さんの視線を感じたような感じてないような…

 それと、単純な物語でも演出がちゃんとしてる。それでちゃんと盛り上がるべき所は盛り上がってる。それで横で観ていた嫁さんが涙を流してるのに気づいた。
 それでやっと映画の観方というのに気づいてしまった。
 映画ってのは、複雑に考えなくても良いのだ。
 確かに映画というのを深く考えればいくらでも深く考えられるし、故にこそこういった単純明快な物語は「物足りない」と思ってしまうこともある。だけど、作品を観て、単純に心動かされて涙を流すという、映画はそれだけでも充分映画として成り立ってるのだ。
 映画ってこう言うので良いんだ。いや、映画ってのは、こう言うのが良いんだ。ようやくそれを知ったのは大収穫と言えよう。

 あと、細かいところだが、これだけ宣伝効果をぶち込んだ作品が作られたってのが驚きでもある。映画に出てくるもののほとんどが、ちゃんとメーカーが分かるように作られてる。冒頭のデニーズだけはメーカー名まで言っているが、それ以外のほとんどはメーカー名こそ言わないが、ちゃんとメーカー統一して、どこから協賛受けているのか分かるように出来てる。いわゆるステルスマーケティングというやつだが、それが明確に出ているのが面白い。こう言うのも映画としては「あり」なんだろうな。

ページトップへ