MOVIETOP

スティーヴン・S・デナイト
Steven S. DeKnight

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2018 パシフィック・リム:アップライジング 監督・脚本
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010 スパルタカス(1st)<TV> 企画・製作・脚本
2009
2008
2007
2006 ヤング・スーパーマン(6th)<TV> 監督
2005
2004 ヤング・スーパーマン(4th)<TV> 監督
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

パシフィック・リム:アップライジング
<A> <楽>
トーマス・タル
メアリー・ペアレント
ジョン・ジャシュニ
ケイル・ボイター
ギレルモ・デル・トロ
ジョン・ボイエガ
フェミ・オーガンズ(製)
エミリー・カーマイケル
キラ・スナイダー
スティーヴン・S・デナイト
T・S・ノーリン(脚)
ジョン・ボイエガ
スコット・イーストウッド
ケイリー・スピーニー
菊地凛子
ジン・ティエン
バーン・ゴーマン
アドリア・アルホナ
チャーリー・デイ
マックス・チャン
カラン・ブラル
イヴァンナ・ザクノ
新田真剣佑
シャーリー・ロドリゲス
リーヴァイ・ミーデン
ウェスリー・ウォン
リリー・ジー メイリン
チュウ・チュウ
ニック・E・タラベイ
マデリーン・マックグロウ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 異世界生物プリカーサーによる地球侵略を撃退してから10年。平和を取り戻した地球は急速に発展していった。再びカイジューが現れることを想定したPPDC(環太平洋防衛軍)は新世代のイェーガーの開発と、パイロットの訓練を継続していた。そんな時代の中、地球を救った英雄スタッカー・ペントコストの息子ジェイク(ボイエガ)はイェーガー乗りを辞め、自堕落な生活を送っていた。そんなある日、盗みに入った施設で一人の泥棒の少女と出会う。一人で小型イェーガーを組み上げたアマーラ・ナマーニ(スピーニー)と出会う。
 ギレルモ・デル・トロによる傑作SFロボット作品『パシフィック・リム』(2013)から5年。待望の続編が登場した。
 ただ、「待望の」と一応書いたが、
実は全く待ってなかったというのが正直な感想でもある。
 一作目の時はなんと言っても、
「デル・トロがロボットかよ!上がるなあ!おい!」というノリで、しかも出来たものが予想していたよりも素晴らしくて嬉しすぎる!と言う作品だった。
 だが、あれは一本で充分。あの時の正直な感想は、仮に続いたとしても、あそこまでの出来は期待できない。あれはこれまで誰も作ってこなかったもので、デル・トロだからこそ許される、特権的な作品だったのだ。他の人が作って、しかも出がらしのようなもので何が作れるんだ?
 で、結局の感想は
観る前と同じ
 
「出涸らし」。これ以上言う必要が無いほど完璧な二番煎じ
 観る時間と金を無駄にしたとは言わないけど、せいぜい
「特撮ファンとして税金を払った」と言った感じだろうか?
 せめて続編だから許されるいくつかの裏技を使ってくれれば、それなりに評価も出来るのだが、それすらなかったので、するっと観て終わった感じだ。

 それでも良い部分はいくつかはあった。
 デナイト監督はかなり日本のサブカルチャーには造詣が深いということを感じさせたのが最大だろう。物語の構造や構図の取り方など、アニメや特撮から相当の影響が見える。
 特に感じられるのが、永井豪作品のアニメ演出だろう。巨大な敵とイェーガー部隊が戦うシーンなんて、
「ゲッターロボ」ノリだし、出撃シーンは「グレンダイザー」っぽさを強調してケレン味たっぷり。この辺は東宝特撮リスペクトのデル・トロ演出に対抗して東映リスペクトの逆襲って感じで楽しい。
 それと日本を舞台にして、都市が敢えて富士山の近く、しかも富士山が活火山という、これ又特撮ファンにはにやつける部分がある。
 一応そこを評価しておこう。

 他に評価しようにも出来ないと言う問題もあって、
この点数が私にとっては限界である

ページトップへ