MOVIETOP

バート・I・ゴードン
Bert I. Gordon

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
書籍
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960 空飛ぶ生首 監督・製作・原案
海賊少年 監督・製作
1959
1958 巨人獣 監督・製作・原案・特撮
吸血原子蜘蛛 監督・製作・原案・特撮
生きていた人形 監督・製作・原作
1957 世界終末の序曲 監督・製作・特殊効果
戦慄!プルトニウム人間 監督・製作・脚本
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922 9'22 ウィスコンシン州ケノーシャで誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

戦慄!プルトニウム人間
The Amazing Colossal Man
<A> <楽>
バート・I・ゴードン(製)
バート・I・ゴードン
マーク・ハンナ(脚)
グレン・ランガン
キャシー・ダウンズ
ウィリアム・ハドソン
ジェームズ・シーイ
ラス・ベンダー
ジャド・ホールディン
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
特撮事典
 グレン=マニング陸軍大佐(ランガン)は、プルトニウム爆弾の演習中、たまたま墜落してしまった飛行機を助けようとしたところ、爆風に巻き込まれてしまう。奇跡的に助かったが、全身大やけどを負った彼は、甲状腺の異常によって何と巨大化してしまう。婚約者のキャロル(ダウンズ)と医師団の献身的な努力にもかかわらず、巨大化を止めることは出来ず、とうとう巨人となってしまう。絶望したマニングは病院を脱走するが…
 SF映画の古典的名作と言われる本作。その後多くの模倣映画(テレビも含め)が作られるほどだから、アイディアは確かに良かったと思うし、その功績は私も認めたいと思う。
 ただ、残念なことに、
ストーリーそのもののバランスがあまり良くない。巨大化して凶暴化するのならば、主人公マニング大佐の描写をもう少し突っ込むべきだったのでは?
 “巨大化してしまった”存在としての、哀しみの演出が中途半端で、更に凶暴化してからは弱い怪獣ものになってしまった。哀しい存在として、あるいは極端に強いか凶暴なキャラクターとして突出させればもう少し良くなったんじゃないかな?救いようのないラストを活かす方法を考えて欲しかった。
 
もう少し色々な部分で努力すべき作品だったと思える。
 B級感溢れる特撮部分はかなり頑張ってると思うし、あの巨大注射器はかなり笑えた
(あそこであの注射器を人間に対して投げつけなければ救いがあったんだが)。それとやっぱり設定上、あの腰布は笑えた。
 後に東宝で作られる『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965)とか、あるいはほとんどストーリーまで同じの
ウルトラQの22話「変身」方が遙かに完成度が上だぞ。日本のテレビに負けるような作品だったわけか…いや、この作品があったからこそ、出来たんだろうけどね。
製作年 1957
製作会社 マリブ・プロ
ジャンル 特撮SF(怪獣)
売り上げ $
原作
歴史地域
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ

ページトップへ