MOVIETOP

クラウス・クネーゼル
Klaus Knoesel

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998 オーメン ミレニアム
1997
1996
1995
1994 ハイ・クルセイド 監督
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

オーメン ミレニアム 1998

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ドイツのケルンからロンドンへやってきた女子大生が突然心臓発作を起こして死亡する。ロンドン警視庁の心霊研究者のジョン=シンクレア(リーズ)は、実は彼女は死んでおらず、魂が抜けていないと判断し、聖パトリック修道院のイグナシオ神父(フィッツ)の協力から、かつてケルンの人々が阻止した悪魔の結婚が再び行われようとしていることを知り、悪魔の協力者を探すため、シンクレアはケルンへ向かう…
 一応邦題では『オーメン』の名は冠してあるが、シリーズとは全く関係のない、ドイツで作られた作品で、英題は
『BRIDGE OF THE DEVIL』となっている。
 流石にこの時代になるとCGを使って悪魔を描写しようとする試みがなされ、派手さにおいては良いのだが、ありがちな物語設定と物語に、話自体はほぼどうでも良いという作品。
 オカルト調にするなら派手さより雰囲気で持って行くべきだろう。確かに最初の雰囲気は決して悪くなく、引き込まれる要素満点なのだが、途中から話が単なる謎解き話に変わっていき、最後はほとんど単なるCGアクション作品。パターンとしては『エンド・オブ・デイズ』(1999)となんら変わらず。
『オーメン』という題が付いただけの作品。

ページトップへ