MOVIETOP

スティーヴ・マイナー
Steve Miner

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
書籍
2012
2011
2010
2009
2008 デイ・オブ・ザ・デッド 監督
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001 テキサス・レンジャーズ 監督
2000
1999 U.M.A レイク・プラシッド 監督
1998 ハロウィンH20 監督
ドーソンズ・クリーク(1st)<TV> 製作
1997
1996 スクール・ウォーズ/もうイジメは懲りごり! 監督
1995
1994
1993 恋人はパパ/ひと夏の恋 監督
1992 フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白 監督
1991 ワイルドハート/彼女は空を翔けた 監督・脚本
1990
1989 エルヴィス 監督
ワーロック 監督・製作
1988 メイキング・オブ・ガバリン 出演
1987
1986 ミスター・ソウルマン 監督
ガバリン 監督
1985
1984
1983
1982 13日の金曜日PART3 監督
1981 13日の金曜日PART2 監督・製作
1980 13日の金曜日 製作補
1979
1978 GO!GO!タイガース 製作
がんばれダウンタウンキッカーズ 脚本・編集
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951 6'18 コネティカット州ウェストポートで誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

デイ・オブ・ザ・デッド 2008

<amazon>
<楽天>
ジェフリー・レディック(脚)
ミーナ・スヴァーリ
ヴィング・レイムス
ニック・キャノン
マイケル・ウェルチ
スターク・サンズ
アナリン・マコード
クリスタ・キャンベル
マット・リッピー
パット・キルベイン
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
ハロウィンH20 1998
1999MTVムービー・アワード ブレイクスルー演技賞(ハートネット)

<amazon>
<楽天>
ロバート・ザッピア
マット・グリーンバーグ(脚)
ジェイミー・リー・カーティス
ジョシュ・ハートネット
アダム・アーキン
ミシェル・ウィリアムズ
LL・クール・J
ジョディ・リン・オキーフ
アダム・ハン=バード
ジャネット・リー
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ナンシー・スティーヴンス
ブランデン・ウィリアムズ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
シリーズ第7作
 私立高校で教鞭を執るケリー=テイト(カーティス)は、かつて自分の兄であるマイケルに襲われたことを未だに怯えており、ハロウィン近くなると精神的にかなり危機に陥っていた。そんな彼女を同じ学校に通う息子のジョン(ハートネット)はうんざりしており、ハロウィンの後で彼女モリー(ウィリアムズ)と一緒に行くキャンプに思いを馳せていた。しかし、それをケリーに止められてしまったため、憂さ晴らしに悪友と共に校内で秘密パーティを企画するが…
 これを観たのは実は結構早い。『ハロウィン』(1978)→(随分間があり)→『ブギーマン』(1981)→本作→『ハロウィン レザクション』(2002)『ハロウィンIII』(1982)『ハロウィン4 ブギーマン復活』(1988)→…の順。お陰で本作はかなり素直に観られたのだが、その後で『ハロウィン4』を観て、矛盾を発見。
なんだよ。ケリー、4以降では死んだことになってるじゃないか!つまり本作は4〜6までの物語を無いものとして作り上げた訳か。そりゃ今や実力派女優となったカーティスを出演させるんだから、そのくらいの矛盾は無視してしまおう。と言う事か。まあ、ホラーだからな(笑)。
 本作を特徴づけるのは役者の上手さだろう。怯える少女(?)から徐々に闘士に変わっていく定番の課程をカーティスはきちんと演じ分けてるし、最後のマイケルとの駆け引きのシーンなんて、流石!と言った感じ。それにやっぱりハートネットは、こんな感じでどこかひねたおこちゃま役がよく似合う。
 カーティスにハートネットとは、ホラーとは思えないような豪華なキャストを揃えてくれて、結構嬉しい作品ではあり、シリーズらしい物語展開をしてくれるし、
『学校の怪談』よろしく、学校の施設をフルに使った演出が気に入った。
 ストーリー的はちょっと消化不良っぽいところはあるものの。「お帰り」と言いたいね。
 不死身のマイケル、最後にとうとう首を切られて真っ二つ。これで終わりかと思いきや…
フォーエバー・ヤング 時を越えた告白 1992

<amazon>
<楽天>
ジェフリー・エイブラムス(脚)
メル・ギブソン
ジェイミー・リー・カーティス
イライジャ・ウッド
イザベル・グラッサー
ジョージ・ウェント
ジョー・モートン
ニコラス・サロヴィ
デヴィッド・マーシャル・グラント
ロバート・ハイ・ゴーマン
ミリー・スレイヴィン
エリック・ピアポイント
アート・ラフルー
アマンダ・フォアマン
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
ミスター・ソウルマン 1986

<amazon>
<楽天>
キャロル・ブラック(脚)
C・トーマス・ハウエル
アリー・グロス
レイ・ドーン・チョン
ジェームズ・アール・ジョーンズ
メロラ・ハーディン
レスリー・ニールセン
ジェームズ・B・シッキング
マックス・ライト
ジェフ・アルトマン
ジュリア・ルイス=ドレイファス
ロン・レーガン
ウォーリー・ウォード
マリー・チータム
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ハーバードに合格したマーク(ハウエル)は親からの経済援助を断られてしまった。そこで少数民俗奨学金を得るため黒人に変装し、まんまと奨学金を手に入れる。その金のお陰で遊び暮らすマークだったが、自分の嘘のために奨学金を得ることが出来なかった女性と出会ってしまい…
 笑いの中に切実な人種差別問題を内包した作品。若者らしく全て軽く考えていた主人公が非常にシビアな問題を突きつけられ、絶望を超えて成長していく物語…なんだが、どうにもその演出が気に障る。物語自体があまりにステロタイプだし、それに全てを軽く考えすぎる感じがどうも鼻についてしまう。
 題材自体は悪くないと思うんだが、
演出が悪過ぎたんじゃないかな?
ガバリン 1986
1986アボリアッツ・ファンタスティック映画祭批評家賞

<amazon>
<楽天>
イーサン・ワイリー(脚)
ウィリアム・カット
ジョージ・ウェント
リチャード・モール
ケイ・レンツ
マイケル・エンサイン
スーザン・フレンチ
メアリー・スタヴィン
エリック・シルヴァー
マーク・シルヴァー
アラン・オートリー
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 原案はフレッド・デッカー
13日の金曜日 PART3 1982
1983アボリアッツ・ファンタスティック映画祭参加

<amazon>
<楽天>
マーティン・キトローザー
キャロル・ワトソン(脚)
ダナ・キンメル クリス
ポール・クラッカ リック
トレイシー・サヴェージ デビー
ジェフリー・ロジャース アンディ
キャサリン・パークス ヴェラ
ラリー・ゼルナー シェリー
ニック・サヴェージ アリ
レイチェル・ハワード チリ
デヴィッド・カティムス チャック
リチャード・ブルッカー ジェイソン・ヴォーヒーズ
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
シリーズ第3作
 クリスタルレイクに出没する殺人鬼ジェイソン。かつてクリスと言う女性によって殺されたはずの彼が目を覚ます。丁度クリスタルレイクにキャンプを張った若者と、彼らにバカにされた事に怒り、追ってきた町の不良たちが又しても血祭りに…
 人気シリーズの3作目で、本作が実質的に以降のシリーズを決定づけることになる。ジェイソンの代名詞とも言えるホッケーマスクをかぶったのは本作が最初(たまたま犠牲者の一人が持っていたものを装着)。
 ホラーと3Dというのは相性が良いようで、本作がその代表の一本と言うことになるだろう
。ふんだんに画面に向かって色々なものが突き出される演出に溢れているし(ラスト近くで犠牲者の目玉まで飛んでくるのは悪趣味の局地だな)、殺しの方法もエスカレートして、鉈や素手のみならず銛で突き刺したりとか…最後に追いすがってくる悪夢のイメージも忘れてはいけない。
 興行成績はそこそこ良かったようだけど、既に食傷気味。いかにも「次回に続く」的な演出も既に見飽きた…それにしてもこれ以降6作(その後外伝的に2作が作られる)も作られるってのが凄いね。見逃したのも多いし、折角だからレンタルを活用して全部観てやろうと思ってる。
サイドショウ・シックス・スケール 13日の金曜日PART3 ジェイソン・ボーヒーズ
ARTFX 13日の金曜日 PART3 ジェイソン・ボーヒーズ 13日の金曜日 PART3版
13日の金曜日 Part2 1981

<amazon>
<楽天>
ロン・カーズ(脚)
エイミー・スティール
ジョン・フューリー
ベッツィ・パルマー
エイドリアン・キング
カーステン・ベイカー
ステュー・チャーノ
ウォーリントン・ジレット
マータ・コーバー
ウォルト・ゴーニイ
トム・マクブライド
ビル・ランドルフ
ローレン=マリー・テイラー
ラッセル・トッド
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
シリーズ第2作
 連続猟奇殺人の犯人はジェイソンの母ボーヒーズ夫人だった。しかし、実はジェイソンは死んではいなかった!母親が殺される光景を目撃したジェイソンは、単身復讐の惨劇を繰り広げる!…
 2作目にして初めて後のシリーズ定番のジェイソンが登場する。しかし、彼の登場は、ある意味この映画そのものを限定付け、色物にしてしまったことは否めない。大体、
ジェイソンは死んでいなければならないはずなのだから。
 この作品において
のみジェイソンの殺人の動機が示されている。しかし、結局やってることは母親と全く同じというのも芸がないな。
 結局
“不死身の超人”ジェイソンはこの後何度も生き返り、その度毎に何故か何も知らずにクリスタルレイクに来る者達を血祭りに上げる。パターン化された悪例だが、その大部分を見たという私も馬鹿だ。
 シリーズとして定着していないジェイソンの顔には未だホッケーマスクではなく布袋が被られており、ジェイソンの家も登場。

ページトップへ