MOVIETOP

スティーヴン・シャインバーグ
Steven Shainberg

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002 セクレタリー
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963 2'5 誕生

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

セクレタリー 2002
2003MTVムービー・アワード ブレイクスルー演技賞(ギレンホール)
<A> <楽>
  
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 内向的で自傷癖を持つリー=ホロウェイ(ギレンホール)が就いた弁護士事務所の秘書の仕事。ボスのミスター・グレイ(スペイダー)は彼女に苛烈なしごきを与えるが、やがて二人はその関係に快感を覚えるようになっていった。エスカレートする自分の性癖に危機感を覚えたグレイはリーを解雇。リーもボーイフレンドのプロポーズを一旦は受けるようになったのだが…
 変態の映画!…と、まあ、それだけだと紹介にならないか(笑)
 まあ、それが目的で観に行ったようなものだったが、オープニングでのシーンで思い切り引き込まれてしまった。実際、あのシーンが一番印象深い。
 フェティッシュな愛情と、理性の狭間で悩む二人の愛情が主軸となるが、ストーリー展開で考えるなら、実は本作は
極めてストレートな純愛物語なんだよな。
 お互いに惹かれ合いつつ、社会的な部分が邪魔をして、素直になれず、最後に本当の愛を見つける…ほんとに単純な物語だ。
 ただ、そこにフェティを加えることによって、極めて妖しい作品に仕上がっているのが本作の特徴。この手の作品はちょっと匙加減を間違えると気持ち悪いだけの作品になるもんだが、本作は微妙なところでそれを回避してくれてるから、なかなか好感度が高い。
 難を言えば、描写は良いものの、ギレンホールであれ、スペクターであれ、果たして本当にはまり役だったのかどうか?ちょっとそこがはまりきれなかったのと、ラストシーンが本当にこれで良かったのか?と言う部分があり、その分ちょっとマイナス。
 確かこれ、ポスターが江口寿史が描いていて、そっちの印象の方が強い。

ページトップへ