MOVIETOP

レイチェル・タラレイ
Rachel Talalay

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
書籍
2010
2009
2008
2007 デッド・ゾーン(6th)<TV> 監督
2006 デッド・ゾーン(5th)<TV> 監督
2005
2004 タッチング・イーブル 〜闇を追う捜査官〜<TV> 製作総指揮
2003
2002 デッド・ゾーン(1st)<TV> 監督
2001
2000
1999
1998
1997 ボロワーズ/床下の小さな住人たち 製作
傷だらけの報復(3rd)<TV> 監督
1996 傷だらけの報復(2nd)<TV> 監督
1995 タンク・ガール 監督
傷だらけの報復(1st)<TV> 監督
1994
1993 ヴァイラス 監督
1992
1991 エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア 監督・原案
1990 BOOK of LOVE/あの日の恋 製作
クライ・ベイビー 製作
1989
1988 ヘアスプレー 製作
エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター最後の反撃 製作
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

タンク・ガール 1995

<amazon>
<楽天>
テディ・サラフィアン(脚)
ロリ・ペティ
ナオミ・ワッツ
アイス・T
ジェフ・コーバー
レグ・E・キャシー
マルコム・マクダウェル
アン・キューザック
ドン・ハーヴェイ
イギー・ポップ
ブライアン・ウィマー
スコット・コフィ
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア 1991
1991ゴールデン・ラズベリー最低音楽賞

<amazon>
<楽天>
マイケル・デ・ルカ(脚)
ロバート・イングランド
リサ・ゼイン
ション・グリーンブラット
レズリー・ディーン
リッキー・ディーン・ローガン
ブレッキン・メイヤー
ヤフェット・コットー
エリノア・ドナヒュー
トム・アーノルド
ロザンヌ・バー
★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
シリーズ第6作
 フレディ(イングランド)が消えて時が経過したエルム街。一人の少年ジョン(グリーンブラッド)の夢の中に又してもフレディが登場する。いつもの如く悪夢を伴ってではあるが、何故かフレディはジョンに向かって何かを訴えてくるのだった。彼の夢判断をしているカウンセラーのマギー(ディーン)は、フレディが示すのはスプリングウッドという街であることを突き止め、そこに向かう…
 本作を観て、はっきりと分かった事が一つある。
 このシリーズ、
主人公が女性だと断然面白くなる
 実際、シリーズの最初である『エルム街の悪夢』(1984)の面白さは主人公が女性のランゲンカンプだからだったし、2作目『エルム街の悪夢2 フレディの復讐』(1985)が全然面白くなかったのは既に2作目にしてマンネリズムに陥っていたことだけじゃなく、主人公が男だったから。3作目以降がそこそこのクォリティ持っていたのも、全部主人公が女性だったと言うことに
(これは13日の金曜日のシリーズにおいても同じ事が言える)
 本作は前半が男を中心として、後半は女性を中心としてフレディと戦う過程が描かれているのだが、断然後半の方が面白いのも、その辺に理由があるようだ。
 最初の内、恐怖に顔を歪ませ、絶叫するしか出来ない女性がどんどん強くなって、最後はフレディと戦うってのがやっぱり映えるんだよ。ホラーの良さってのは、
やっぱりSQ(スクリーミング・クィーン)あってこそ
 演出においても前半と後半では全然違っていて、完全におちゃらけていた前半(フレディが手品のように黒板を出して、爪でひっかくのは笑えたけど)と、フレディの過去と対決する後半の物語の切実度がまるで違う。
 それにしてもイングランド本人の顔とフレディになった時の顔のギャップが凄い。素のままで登場すると、全然怖く無いどころか、相当情けなく見えるんだが…
 それと、音楽が酷い。ホラー映画で相当な重要な意味合いがある音楽に力入れないでどうするよ。迷走してるよ。
 一応これが正統なシリーズでは最終作となり、ラストに流れるスコアに今までのシリーズの映像が次々に流れるのが嬉しい。観ながら
「これは何話だ」と突っ込むのが楽しい。

ページトップへ