MOVIETOP

ルイス・ティーグ
Lewis Teague

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991 ウェドロック 監督
1990 ネイビー・シールズ 監督
1989 弁護士シャノン/シャノンの賭け 監督
ベスト・コップ 監督
1988
1987
1986
1985 キャッツ・アイ 監督
ナイルの宝石 監督
1984
1983 クジョー 監督
1982 デス・ベンジェンス 監督
1981
1980 アリゲーター 監督
1979 赤いドレスの女 監督
1978
1977
1976
1975
1974 コックファイター 編集
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938 3'8 ニューヨークで誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ネイビー・シールズ 1990

<amazon>
<楽天>
ブレンダ・フェゲン
バーニー・ウィリアムズ(製)
チャック・ファーラー
ゲイリー・ゴールドマン(脚)
チャーリー・シーン
マイケル・ビーン
ジョアンヌ・ウォーリー=キルマー
リック・ロソヴィッチ
ニコラス・カディ
ビル・パクストン
シリル・オライリー
デニス・ヘイスバート
ポール・サンチェス
ロン・ジョセフ
S・エパサ・マーカーソン
マーク・カールトン
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 隊長のカラン(ビーン)率いる米海軍特殊部隊SEALS(Sea,Air,Land)はアラブゲリラとの交戦の末、彼らが高性能ミサイルを手にしていることを知る。その奪取に失敗したカランは再任務を与えられ、プライドをかけてミサイル奪取に向かうが…
 銃撃戦のリアルさとか、シーンやビーンのプロっぽい演技とか色々と良い部分は多い作品なんだが、総体的に見るとなんだかやっぱり小粒っぽい。それで覚えてるのもあんまりない。印象的なのはシーンが橋から雄叫びを挙げて川に飛び込む所くらいか?
 ところでアラブゲリラと米特殊部隊の戦いって、考えてみれば今としてはえらくタイムリーな話だよな。アラブゲリラが兵器を持ってるから米軍が出撃…ついこの間、同じ事をしてたという事実があるんだがなあ。そう言う意味ではえらくリアリティ溢れる設定だって事だな…結局破壊兵器奪取に失敗してるのも同じじゃん。
現実世界はハッピーエンドにほど遠い…
ナイルの宝石 1985
<A> <楽>
マイケル・ダグラス
ジョエル・ダグラス(製)
マーク・ローゼンタール
ローレンス・コナー(脚)
キャスリーン・ターナー
マイケル・ダグラス
ダニー・デヴィート
スピロス・フォーカス
アブナー・アイゼンバーグ
ポール・デヴィッド・マギッド
ハワード・ジェイ・パターソン
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 豪華ヨットのアンジェリーナ号で世界一周旅行に出かけたジャック(ダグラス)とジョーン=ワイルダー(ターナー)だが、6ヵ月に及ぶ船上生活にも飽き、ジョーンの描く小説もスランプ気味だった。ひょんな事からアフリカに行くことになった二人は、そこで南米で宝石争奪戦をし刑務所に入れられていたチビ悪党ラルフ(デヴィート)と再会し、又しても二人は“宝石”を巡る陰謀に巻き込まれることに…
 『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』(1984)の続編で、相変わらずトラブルに巻き込まれ、喧嘩しながら仲良くなっていくと言う構成に変わりなし。前作と較べ、冒険より恋愛劇の方に重点が置かれた感じで、よりキャラクターが強調された分、ターナーの浮き上がり方がますます増し、更にダグラスの無理のあるヒーローぶりが更に強調される…要するに、前作で散見されていた悪い部分が全部前面に出てしまった感じ。とにかくうざったい。救いはデヴィートのキャラが良く立ってた事か?ギャグ担当の人間の方が目立つってのも、作品としては問題なんだが。
 冒頭ジョーンが描いていた冒険活劇小説と全く同じシチュエーションに陥り、同じ反応したところ、危機に陥るという演出は面白かった。世間知らずのお嬢様の妄想がことごとく打ち砕かれるのは、なかなか小気味良いぞ…
意地悪い観方か?
 撮影はヤン・デ・ボン
クジョー
<A> <楽>
ダニエル・H・ブラット
ロバート・B・シンガー(製)
脚本: ドン・カーロス・ダナウェイ
ローレンス・キュリア(脚)
ディー・ウォーレス
ダニー・ピンタウロ
エド・ローター
ダニエル・ヒュー=ケリー
クリストファー・ストーン
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
クージョ(書籍)スティーヴン・キング
アリゲーター 1980
1982アボリアッツ・ファンタスティック映画祭参加
<A> <楽>
ブランドン・チェイス
マーク・L・ローゼン
ロバート・S・ブレムソン(製)
ジョン・セイルズ(脚)
ロバート・フォスター
ロビン・ライカー
ディーン・ジャガー
ヘンリー・シルヴァ
マイケル・ガッツォ
スー・リオン
エンジェル・トンプキンス
シドニー・ラシック
ジャック・カーター
ペリー・ラング
バート・ブレイヴァーマン
ロイス・D・アップルゲイト
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ

ページトップへ