MOVIETOP

サイモン・カーティス
Simon Curtis

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2019
2018
2017 グッバイ・クリストファー・ロビン 監督・製作総指揮
2016
2015
2014
2013
2012
2011 マリリン 7日間の恋 監督・製作総指揮
2010
2009
2008 連続誘拐 製作総指揮
クランフォード(1st,2nd)
<A> <楽> 監督
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999 デビッド・コパーフィールド 監督
1998
1997 プリンスは大学生 監督
1996
1995
1994
1993
1992
1991 エドワード II 製作総指揮
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960 3'11 ロンドンで誕生

ページトップへ

グッバイ・クリストファー・ロビン 2017
<A> <楽>
ダミアン・ジョーンズ
スティーヴ・クリスチャン
サイモン・カーティス
サイモン・ヴォーン
フランク・コットレル=ボイス
サイモン・ヴォーン(脚)
ドーナル・グリーソン
マーゴット・ロビー
ケリー・マクドナルド
ウィル・ティルストン
アレックス・ロウザー
フィービー・ウォーラー=ブリッジ
ヴィッキー・ペッパーダイン
スティーヴン・キャンベル・ムーア
リチャード・マッケーブ
ジェラルディン・ソマーヴィル
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 第一次大戦で心に大きな傷を負った作家のミルン(グリーソン)は妻ダフネ(ロビー)の元に帰ってきた。やがて息子クリストファー・ロビンが誕生するが、戦場のトラウマが抜けないミルンは喧噪の多いロンドンにいる事に耐えられなくなり、田舎町に引っ越すことにした。そこでクリストファー・ロビンのために物語を作り始める。一方ロンドンを恋するダフネは二人から離れてロンドンに帰ってしまう。
 「くまのプーさん」および「プー横町に建った家」、総称
「100エーカーの森の物語」の著者AAミルンとその息子クリストファー・ロビンの親子の物語。この親子の物語はとてもドラマチックなので、これまで映画化されなかったのが不思議なくらいだが、突然本作と『プーと大人になった僕』(2018)という二つの作品が投入された。
 この二つの作品、どちらも成長したクリストファー・ロビンについて描くものだが、『プーと大人になった僕』が実際にプーと交流するファンタジーに対し、リアリティを重要視して実際の出来事に限って描いたのが本作となる。どっちかと言えば、本作の方が本来の作り方だろう。
 ミルンとクリストファー・ロビンの関係はここに余すことなく描かれているのだが、本来息子のクリストファーのために語った100エーカーの森の物語を、つい本にしてしまったために息子の人生を狂わせてしまったという皮肉。世界中に愛読される児童書が生み出された代わりに、親子関係はぼろぼろになってしまった。
 クリストファーにとって、100エーカーの森の物語は幼い頃の思い出であると共に、人生における重りであり、呪いとなってしまう。
 ただ子どもを喜ばせたいという純粋な気持ちから始まった物語が呪いとなる。なんともやるせない物語であるが、だからこそ映画にする価値のある物語だったとも言える。

 PTSDを患い、家族に対して愛情を注ぎにくくなったというミルンの設定は分かるのだが、本作を通してミルン自身よりも妻のダフネがあまりにも身勝手すぎるのが気になる。ここまでひどく描く必要あったんだろうか?何故彼女がこのような行動を取らずにはいられなかったか、その説得力は欲しかったな。

ページトップへ