MOVIETOP

ミシェル・ゴンドリー
Michel Gondry

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 4 合計点 12.5 平均点 3.13
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2010 グリーン・ホーネット 監督
2009 心の棘 監督・出演
2008 僕らのミライへ逆回転 監督・脚本
TOKYO! 監督・脚本
2007
2006 ブロック・パーティ 監督・製作
2005 恋愛睡眠のすすめ 監督・脚本
2004 エターナル・サンシャイン 監督
2003
2002
2001 ヒューマンネイチュア 監督
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963 5'8 ベルサイユで誕生

ページトップへ

 

グリーン・ホーネット 2010
2011MTVムービー・アワードブレイクスルー・スター賞(チョウ)、悪役賞(ヴァルツ)
2011サターンアクション/アドベンチャー作品賞

<amazon>
<楽天>
エヴァン・ゴールドバーグ
セス・ローゲン(脚)
セス・ローゲン
ジェイ・チョウ
キャメロン・ディアス
クリストフ・ヴァルツ
エドワード・ジェームズ・オルモス
デヴィッド・ハーバー
トム・ウィルキンソン
エドワード・ファーロング
ジェイミー・ハリス
チャド・コールマン
ジョシュア・チャンドラー・エレンバーグ
アナリー・ティプトン
テイラー・コール
ロバート・クロットワーシー
ジェームズ・フランコ
アイリーン・ホワイト
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
僕らのミライへ逆回転 2008

<amazon>
<楽天>
ミシェル・ゴンドリー(脚)
ジャック・ブラック
モス・デフ
ダニー・グローヴァー
ミア・ファロー
メロニー・ディアス
シガーニー・ウィーヴァー
アージェイ・スミス
マーカス・カール・フランクリン
キシュー・チャンド
P・J・バーン
チャンドラー・パーカー
クィントン・アーロン
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
恋愛睡眠のすすめ 2006
2006ヨーロッパ映画芸術貢献賞

<amazon>
<楽天>
ミシェル・ゴンドリー(脚)
ガエル・ガルシア・ベルナル
シャルロット・ゲンズブール
ミュウ=ミュウ
アラン・シャバ
エマ・ドゥ・コーヌ
ピエール・ヴァネック
オレリア・プティ
サッシャ・ブルド
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
エターナル・サンシャイン 2004
2004米アカデミー脚本賞、主演女優賞(ウィンスレット)
2004
英アカデミー オリジナル脚本賞、編集賞、作品賞、主演男優賞(キャリー)、主演女優賞(ウィンスレット)、監督賞(ゴンドリー)
2004ゴールデン・グローブ作品賞、男優賞(キャリー)、女優賞(ウィンスレット)、脚本賞
2004ボストン映画批評家協会脚本賞
2004ワシントンDC映画批評家協会作品賞、監督賞、アンサンブル演技賞、オリジナル脚本賞
2004ヨーロッパ映画インターナショナル作品賞
2004放送映画批評家協会作品賞、主演女優賞(ウィンスレット)、脚本賞
2004セザール外国映画賞
2004ナショナル・ボード・オブ・レビューオリジナル脚本賞
2004AFIベスト
2004
ピーター・トラヴァース・ベスト第2位
2004The Village Voice第2位
2004米俳優組合主演女優賞(ウィンスレット)
2005サターンSF作品賞、主演男優賞(キャリー)、主演女優賞(ウィンスレット)、監督賞、脚本賞

<amazon>
<楽天>
チャーリー・カウフマン(脚)
ジム・キャリー
ケイト・ウィンスレット
キルステン・ダンスト
マーク・ラファロ
イライジャ・ウッド
トム・ウィルキンソン
ジェリー・ロバート・バーン
トーマス・ジェイ・ライアン
ジェーン・アダムス
デヴィッド・クロス
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 バレンタインデー当日。ジョエル(キャリー)は最悪の目覚めをして、会社に行く気も無く、理由もなく海岸を散歩していた。そんな時、同じく一人寂しく海岸を散歩している女性と出会う。何かと彼を気にして話しかけるそのクレメンタイン(ウィンスレット)の家にまで行ったジョエルだったが、何か引っかかるものを彼は感じていた。過去に何か…と思返すジョエルだったが…
 監督の名前で観る映画というのは結構多いけど、
数少ない脚本家の名前で観る人『マルコヴィッチの穴』(1999)『コンフェッション』(2002)『アダプテーション』(2002)の脚本を書いたチャーリー・カウフマンがその一人となる。この人が描く作品というのは、どこか不思議な、ずれたような、普通考えつかないようなものを見せてくれる。特にカウフマンの脚本は脳内の出来事を主題としているものが多く、それがうまい具合にはまると実に面白い。だから本作はかなり期待していた。
 ある面において、期待は裏切られなかった。
この脚本は相当に面白い。ディック的な設定で、記憶喪失を題材にした作品は数あれど、ほとんどの作品は記憶を失った後の物語が主題となるものだが、記憶を失っていく課程を主題にするとは盲点だった。鋭い視点を持ち、設定は実に面白い。更に様々な表情を見せ、今や様々な役をこなせるようになったジム=キャリーが主演だけに、巧くはまっていた。ぶっ飛んだ性格を持ったラクーナ職員の面々も含め、全体的にキャラも良し。実際、最後まで全く時間は気にならなかった。これだけでも充分及第点。
 良い作品であることは認める。ただ、
本当の意味ではまりこめたかと言えば、それがちょっと疑問
 結局本作の場合、映像が脚本に見合ってなかったように思える。更に話が平板すぎるし、カメラ・ワークもかなり単調。確かに演技者として凄く巧いのは認めるけど、この静けさの演出がキャリーに見合っていたかどうかもちょっと疑問。これは多分、ジョエルに生活臭が感じられないことにあるのかも知れない。あんな内省的な性格のジョエルだったら、実生活もかなり苦労しているんだろうけど、社会との関わりが冒頭の電話一本だった。それが描けてこそ、本当に感情移入が出来るのでは無かろうか?ジョエルの脳内描写だけじゃなく、実際に生きている所ももう少し描写するんだったら、後20分くらい長くして二時間にしても充分観られただろうに。私がどうしてもギリギリではまりこめなかったのは、最後までジョエルに感情移入が出来なかったから。人間の内面を描く作品の場合、そこが一番大切なんじゃないかと思うんだが。
 監督の責任によるのかどうか、キレが感じられないのが大変残念。あと一歩欲しかった。

 How happy is the blameless vestal's lot!
The world forgetting, by the world forgot.
Eternal sunshine of the spotless mind!
Each pray'r accepted, and each wish resign'd.

幸いなるかな咎なき尼僧
世界を忘れ 世界に忘れられ
一点の汚れなき心の永遠の陽光
すべての祈りは受理され
すべての願いは諦められ
    「エロイーザからアベラードへ」アレクサンダー・ホープ

ページトップへ