MOVIETOP

ミック・ジャクソン
Mick Jackson

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 3 合計点 10.5 平均点 3.50
書籍
著作
穴掘り公爵
2008 メモリー・キーパーの娘 監督
2007
2006
2005
2004
2003
2002 シリコンバレーを抜け駆けろ! 監督
ライブ・フロム・バグダッド 湾岸戦争最前線 監督
2001
2000
1999 モリー先生との火曜日 監督
ストレンジ・ワールド<TV> 監督
1998
1997 ボルケーノ 監督
1996
1995 誘導尋問 監督
1994 探偵ボーグ/わたし、忘れてます。 監督
1993
1992 ボディガード 監督
1991 L.A.ストーリー/恋が降る街 監督
1990 理由なき発砲 監督
1989
1988 狙われた政権・英国ダウリング街の謀略 監督
1987
1986
1985
1984 SF核戦争後の未来・スレッズ 監督・製作
1983
1982
1981
1980
1979
1978 トンチキ恋愛講座 監督
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943 10'4 エセックス州アヴェレイで誕生

ページトップへ

モリー先生との火曜日 1999

<amazon>
<楽天>
トム・リックマン(脚)
ジャック・レモン
ハンク・アザリア
ウェンディ・モニツ
キャロライン・アーロン
ボニー・バートレット
アーロン・ラスティグ
ブルース・ノジック
イヴォ・カッツァリダ
ジョン・キャロル・リンチ
ダン・シール
カイル・サリヴァン
クリスチャン・J・メオリ
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
モリー先生との火曜日(書籍)ミッチ・オルボム
ボルケーノ 1997
1997ゴールデン・ラズベリー最低非人道公共破壊貢献賞

<amazon>
<楽天>
ジェローム・アームストロング
ビリー・レイ(脚)
トミー・リー・ジョーンズ
アン・ヘッシュ
ギャビー・ホフマン
ドン・チードル
ジャクリーン・キム
キース・デヴィッド
ジョン・コーベット
ジョン・キャロル・リンチ
マイケル・リスポリ
マルチェロ・テッドフォード
ローリー・レイサム
スージー・エスマン
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ディザスター映画としては並だが、背後の人種差別部分で見所がある。
ボディガード 1992
1992米アカデミー主題歌賞
1992日本アカデミー外国作品賞
1992ゴールデン・ラズベリー最低作品賞、最低主演男優賞(コスナー)、最低主演女優賞(ヒューストン)、最低脚本賞、最低音楽賞、最低新人賞(クール・カットのコスナー、ヒューストン)
1993MTVムービー・アワード ヨーロッパ作品賞、歌曲賞、作品賞、男優賞(コスナー)、女優賞(ヒューストン)、ブレイクスルー演技賞(ヒューストン)、コンビ賞(コスナー&ヒューストン)、魅惑的な男優賞(コスナー)

<amazon>
<楽天>
ローレンス・カスダン(脚)
ケヴィン・コスナー
ホイットニー・ヒューストン
ビル・コッブス
ゲイリー・ケンプ
ミシェル・ラマー・リチャード
マイク・スター
トマス・アラナ
クリストファー・バート
ラルフ・ウェイト
リチャード・シフ
デヴィッド・フォスター
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 世界的な凄腕ボディガードのフランク=ファーマー(コスナー)に与えられた任務はスーパースターであるレイチェル=マロン(ヒューストン)の護衛だった。傲慢で自分勝手ななレイチェルの態度にあまり気乗りのしなかったフランクだが、彼女が実際命を狙われていることを知り、任務を引き受ける。命を張って彼女を守ろうとするフランクに、レイチェルも徐々に心を開き始めるが、何者かの魔の手は執拗に彼女を狙い続ける…
 当時旬の人気を誇ったコスナーが盟友のカスダンが無名時代に書いたという脚本に目を留め、共に製作することで作られた作品。私の場合、コスナーは好きになれないが、当時良く聴いていたヒューストンの初主役作と言うことで拝見。
 正直に言ってしまえば、本当に中身がないカッスカスの作品。
『知りすぎた男』の枠組みだけ持ってきて、中身を改悪しただけの作品。
 コスナーもこんな脚本のどこに惚れたのやら?と思われるほどに起伏が無く、80年代に乱発されたよくあるアクションサスペンスとなんら変わらない上に、設定としても無理ありすぎ。ラストのアカデミー受賞シーンでの狙撃なんて、いくらなんでも犯人は馬鹿すぎるだろ。
 それにキャラクタの設定も、やっぱり役者初挑戦と言うだけあってヒューストンの演技が硬く、ツンケンしている時と、相手を信用してる時のギャップがありすぎ。エキセントリックな演技をさせれば下手さは目立たないのかも知れないけど、それも限界があった感じ。しかも劇中ではオスカーで女優賞受賞って、アカデミーを馬鹿にしてないか?それと、コスナーは常に寡黙さが売りなのは分かるけど、こと本作ではそれが単なるむっつりスケベにしか思えず。ガード対象を自分の家に引っ張り込むなど、
職務怠慢というよりもストーカーっぽいぞ
 ただし、少なくとも本作はたった一つ素晴らしい売りがあることは確か。ヒューストンをスター役にしたのはここだけは正解で、とにかく圧倒的な歌唱力には驚かされる。思わず劇場を出てすぐにCD屋に行ってサントラを買うくらいには素晴らしい出来だった。
 一種のプロモーションムービーだと思って観るのが正しい観方かも?

ページトップへ