MOVIETOP

アナンド・タッカー
Anand Tucker

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998 ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963 6'24 バンコクで誕生

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ 1998
1998米アカデミー主演女優賞(ワトソン)、助演女優賞(グリフィス)
<A> <楽>
  
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 「薄幸の女流チェリスト」としてその早すぎる死がいまだに惜しまれているジャクリーヌ・デュ・プレの42年の半生を姉妹の確執や絆を軸に映画化。フルートの演奏でいくつもの賞を受けた姉に追いつきたい一身で始めたチェロでその才能を開花させたジャクリーヌ(ワトソン)は徐々に自分は何のためにチェロを演奏しているのか分からなくなり、孤独を感じ始める。一方自分の才能に見切りをつけた姉のヒラリー(グリフィス)は結婚して平凡な女の幸せをつかもうとして姉妹は別々の道を歩み始める。
 全く違った生き方をした姉と妹という二人の微妙な関係を上手く映像化している。姉の視点から見た天才としての妹と、妹の視点から見た平凡な幸せを得た姉。音楽的な才能は二人ともあるものの、全く違った道を歩んだお互いを羨み、そして拒絶していく。
 映像論的に言うなら、二人の視点を移動させ、お互いの立場から相手を見させると言う手法は面白いが、それもちょっと徹しきれなかった感じ。実話を元にしているだけに、極端な形での映像化は出来にくかったのかな?共感能力も上手く活かしきれなかった感じ。
 少なくともヒラリー役のグリフィスは素のお母さん役が結構似合っていた。

ページトップへ