MOVIETOP

井上梅次

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
窓の下に裕次郎がいた―映画のコツ、人生のコツ(著作)
2010 2'11 死去
1987 暗号名 黒猫を追え! 監督
1985 絶唱母を呼ぶ歌 鳥よ翼をかして 監督・脚本
1983 あいつとララバイ 監督・原作・脚本
1982 湖底の美女 江戸川乱歩の「湖畔亭事件」 監督
化粧台の美女 江戸川乱歩の「蜘蛛男」 監督
新・必殺仕舞人<TV> 監督
右門捕物帖<TV> 監督
1981 白い乳房の美女 江戸川乱歩の「地獄の道化師」 監督
鏡地獄の美女 江戸川乱歩の「影男」 監督
五重塔の美女 江戸川乱歩の「幽鬼の塔」 監督
お命頂戴!<TV> 監督
必殺仕舞人<TV> 監督
新 必殺仕事人<TV> 監督
赤かぶ検事奮戦記(2nd)<TV> 監督
1980 魅せられた美女 江戸川乱歩の「十字路」 監督
エマニュエルの美女 江戸川乱歩の「化人幻戯」 監督
江戸川乱歩の黄金仮面II/桜の国の美女 監督
ミラクルガール<TV> 監督
ザ・ハングマン<TV> 監督
1979 大時計の美女 江戸川乱歩の「幽霊塔」 監督
赤いさそりの美女 江戸川乱歩の「妖虫」 監督
悪魔のような美女 監督
江戸川乱歩「白髪鬼」より 宝石の美女 監督
ザ・スーパーガール<TV> 監督
必殺仕事人<TV> 監督
1978 江戸川乱歩の黄金仮面/妖精の美女 監督
江戸川乱歩「暗黒星」より 黒水仙の美女 監督・脚本
江戸川乱歩「緑衣の鬼」より 白い人魚の美女 監督
江戸川乱歩「悪魔の紋章」より 死刑台の美女 監督・脚本
江戸川乱歩「魔術師」より 浴室の美女 監督
1977 江戸川乱歩「吸血鬼」より 氷柱の美女 監督
1976 撃たれる前に撃て! 監督・脚本
1975 夜霧の訪問者 監督・脚本
1974 怒れ毒蛇 目撃者を消せ 監督
白い滑走路<TV>
1973 男じゃないか 闘志満々 監督・脚本
1972 可愛い悪女 殺しの前にくちづけを 監督・脚本
1971 ひばりのすべて 監督・脚本
可愛い悪女 監督・脚本
人間標的 監督・脚本
1970 花の不死鳥 監督・脚本
美空ひばり・森進一の 花と涙と炎 監督・脚本
1969 夜の熱帯魚 監督・脚本
恋の季節 監督
1968
1967 雌が雄を喰い殺す 三匹のかまきり 監督・脚本
雌が雄を喰い殺す かまきり 監督・脚本
1966 香港ノクターン 監督
恋と涙の太陽 監督
嵐を呼ぶ男 原作
1965 赤い鷹 監督・脚本
ギャング頂上作戦 監督・脚本
復讐の牙 監督・脚本
大勝負 監督・脚本
裏怪談 監督・脚本
1964 黒の盗賊 監督・脚本
悶え 監督
黒の切り札 監督
暗黒街大通り 監督・脚本
1963 踊りたい夜 監督・原案・脚本
犯罪作戦No.1 監督
真赤な恋の物語 監督
暗黒街最大の決斗 監督
第三の影武者 監督
わたしを深く埋めて 監督・脚本
1962 やくざの勲章 監督・脚本
暗黒街最後の日 監督・脚本
宝石泥棒 監督・脚本
閉店時間 監督
女と三悪人 監督・脚本
黒蜥蜴 監督
1961 妻あり子あり友ありて 監督・製作
女房学校 監督・企画
五人の突撃隊 監督
女は夜化粧する 監督
1960 第六の容疑者 監督
三人の顔役 監督・脚本
太陽を抱け 監督・脚本
嵐を呼ぶ楽団 監督・脚本
1959 青春蛮歌 監督・脚本
東京の孤独 監督・脚本
群衆の中の太陽 監督・脚本
嵐を呼ぶ友情 監督・脚本
1958 続夫婦百景 監督
素晴しき男性 監督・原作・脚本
明日は明日の風が吹く 監督・脚本
夫婦百景 監督
夜の牙 監督・脚本
1957 嵐を呼ぶ男 監督・原作・脚本
十七才の抵抗 監督
勝利者 監督
鷲と鷹 監督・脚本
1956 月蝕 監督・脚本
ニコヨン物語 監督・脚本
火の鳥 監督・脚本
裏町のお転婆娘 監督
死の十字路 監督
1955 緑はるかに 監督・脚本
ジャズ娘乾杯 監督・脚本
猿飛佐助 監督・脚本
1954 結婚記 監督
ジャズ・オン・パレード1954年 東京シンデレラ娘 監督・脚本
娘十六ジャズ祭 監督・脚本
1953 わが恋のリラの木陰に 監督・脚本
アチャコ青春手帖第四話 めでたく結婚の巻 監督
三太頑張れッ! 監督・脚本
若さま侍捕物帖 恐怖の折り鶴 脚本
若さま侍捕物帖 江戸姿一番手柄 脚本
1952 サラリーマン喧嘩三代記 監督・脚本
1951 戦後派お化け大会 監督
若様侍捕物帖 呪いの人形師 監督
1950 女左膳 鍔鳴無刀流の巻 脚本
若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷 脚本
1923 5'31 京都で誕生

ページトップへ

黒の盗賊 1964

<amazon>
<楽天>
結束信二
宮川一郎
井上梅次(脚)
大川橋蔵
大友柳太朗
千秋実
林真一郎
金子信雄
多々良純
藤山寛美
安部徹
大坂志郎
石黒達也
待田京介
どんぐり三太
国一太郎
高松錦之助
入江若葉
中西杏子
北条きく子
久保菜穂子
千原しのぶ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
黒の切り札 1964

<amazon>
<楽天>
長谷川公之(脚)
田宮二郎
宇津井健
藤由紀子
万里昌代
山下洵一郎
待田京介
内田朝雄
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 助監督に湯浅憲明
女と三悪人 1962

<amazon>
<楽天>
井上梅次(脚)
山本富士子
勝新太郎
中村玉緒
大木実
市川雷蔵
小林勝彦
浦路洋子
中村豊
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
素晴しき男性 1958

<amazon>
<楽天>
井上梅次(脚)
石原裕次郎
北原三枝
月丘夢路
山岡久乃
大坂志郎
待田京介
三島雅夫
清川玉枝
林茂朗
金子信雄
松岡京志
白木マリ
笈田敏夫
西村晃
キドシン
田端義夫
柳沢真一
結城敬二
高友子
小泉郁之助
横田陽子
雪丘恵介
堺美紀子
志賀夏江
山田禅二
広瀬優
三田容子
芝あをみ
山田美智子
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
嵐を呼ぶ男
<A> <楽>
児井英生(製)
井上梅次
西島大(脚)
石原裕次郎
青山恭二
小夜福子
北原三枝
岡田真澄
高野由美
芦川いづみ
山田禅二
天路圭子
白木マリ
笈田敏夫
金子信雄
市村俊幸
冬木京三
高品格
峰三平
榎木兵衛
光沢でんすけ
八代康二
三島謙
山田周平
寺尾克彦
柳瀬志郎
二階堂郁夫
林茂朗
加藤博司
汐見洋
早川十志子
竹内洋子
小柴隆
坂井一郎
紀原耕
衣笠一夫
阿井喬子
東郷秀実
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 人気ジャズバンドのマネージャーの福島美弥子(北原三枝)才能をに見出された、乱暴者で有名なドラマーの国分正一(石原裕次郎)は、美弥子の厳しい指導と猛練習によって力をつけていく。やがて二人の間に芽生える恋心。しかし作曲家志望の正一の弟である英次(青山恭二)が新人リサイタルに推薦されることになり、美弥子に恋心を抱く評論家・左京(金子信雄)の力が必要となる。正一は弟のため、美弥子から身を引く決心をしたのだが…
 石原裕次郎映画の中では最も有名な作品だろう。
「おっいっらっはっド〜ラマ〜」の歌に合わせてドラムを叩く裕次郎の姿は惚れ惚れする格好良さを持ち、様々な形で紹介されていた。
 本作を観てようやく分かったのだが、あのシーンは実は手を負傷してドラムを上手く叩けない状態での苦肉の策だったとのこと。ちゃんとドラマとして盛り上げてたんだね。
 暴力、恋物語、音楽と兎角盛りだくさんのこの映画、見事に“格好良い男”石原裕次郎を目立たせるためだけに作られたようなもんだ。
如実に高度成長時代の日本という国を示しているような気もする
 そう言や、最近はこう言った“格好良さ”に特化した作品ってのはあんまり作られないね。主人公が弱さを素直に出すのが風潮になってしまってるって事なんだろうけど、このように痩せ我慢をするのが本当に格好良い男の条件だった時代があったわけだし、
痩せ我慢を経て成長する物語ってのも、なかなか捨てがたいものがあると思う。
製作年 1957
製作会社 日活
ジャンル 職業(音楽)恋愛(ストレート)
売り上げ $
原作 井上梅次
歴史地域
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
勝利者
<A> <楽>
坂上静翁(製)
井上梅次
舛田利雄(脚)
石原裕次郎
北原三枝
南田洋子
三橋達也
殿山泰司
清水将夫
安部徹
赤沼明由
宍戸錠
榎木兵衛
山田禅二
衣笠一夫
小林重四郎
荻野弘志
浦島久恵
桂典子
多摩桂子
高野誠二郎
伊藤勇
林国治
阿部幸四郎
高田幸一
伊丹慶治
中西清明
小林旭
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 元ボクサーで、現在場末で燻っている山城(三橋達也)はバーで腕力を頼みにのし上がろうとする夫馬俊太郎(石原裕次郎)を見いだす。かつての自分の夢を彼に託した山城は女性との交際も禁じ、過酷なトレーニングを俊太郎に課して鍛えていく。それによって俊太郎はボクサーとして頭角を現していくが、バレリーナのマリ(北原三枝)と愛し合うようになった俊太郎は山城のもとを飛び出してしまった。そして俊太郎がチャンピオンを賭けたタイトルマッチの当日を迎えるが…
 当時乱発された石原裕次郎主演映画の一本。ストーリーは一見単純に見えながら、かなり骨太で、暴力とダンス。スポーツとしてのストイックさと恋に両ばさみされる裕次郎はなかなかの見所。
 それは主人公としてもう一人、屈折したトレーナー役に三橋達也を起用したのが大きいだろう。俊太郎の才能に惚れ込み、厳しいトレーニングを課し続け、裏切られても彼をあきらめきれない。その屈折した思いが憎しみへと転化する…
まるでこれは男同士の恋物語のようにさえ思えてくる。かなり先進的なストーリーだったんじゃ無かろうか?
製作年 1957
製作会社 日活
ジャンル スポーツ(ボクシング)
売り上げ $
原作 キノトール、小野田勇
歴史地域
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ

ページトップへ